人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

campだホイ!2

前回のキャンプの続きです。
結局のところ、ライトも虫除けも持たないツレと10-8のキャンプ組は夜帰ってきませんでした。
勝因は、日の長さにあるような気がします。
普段7時半にはベッドインする我が家。外はまだほんのり明るさが残る時間です。なので、真っ暗になる前にテントに入り眠ってしまって気づけば朝だった、というオチでした。

ある意味すごいな。
そして、まだ虫の少ない季節。奇跡的に蚊取り線香を拾い、それに火をつけて虫から身を守ったようです。



肩すかしを食らい自宅で一人朝を迎えたワタシは犬の散歩をして家で映画を見てご飯を食べ、洗濯を二回回して家中掃除をして、することもなくなり、挙げ句の果てになんだか手持ち無沙汰で落ち着かなくなり、結局キャンプ組を迎えに行くことにしました。
現地は携帯の電波圏外のため連絡が取り合えないので、奴らが別ルートで帰ってしまう前に合流しなければ!と急ぎ足で。

現地へ着くと、家に帽子を忘れた10-8は
e0149587_04561240.jpg
手ぬぐいを頭に巻いて池のほとりにいました。
e0149587_04560568.jpg
”夜はぐっすり眠れた!””マシュマロ美味しかった!”と楽しそうな姿にホッとしました。
水道もない、電気もない。携帯の電波も届かない。
それでも虫も平気、ないものは作る、トイレもどこでも大丈夫というタフさは一体どこから来たのか、と思うほどたくましく成長する姿に安堵したものの、次のキャンプの催促をされ、ワタシは野営が苦手、家のベッドが何より大好きなのでどうしたものか、と。

大人と幼児の二人分とは思えないほど気合いを入れすぎて持って行きすぎた食料を完全消化すべくワタシも昼ごはんを食べさせてもらい、
e0149587_04545711.jpg
食料を食べ尽くし、ぺしゃんこになったクーラーバッグを乗せていざ帰宅。
e0149587_05012238.jpg

下りメインの帰り道。
軽くなったとはいえ、過積載の下りスピードには目を見張るものがあります。



自転車でキャンプって、なんて安上がりなんだ!と通いキャンパーのワタシは思ってしまいます。ツレさえしっかりペダルを踏んでくれたら、あとは家にあるものをパッキングするだけですから。
まあ、あと何回10-8を乗せて行けるかわかりませんが、そしてワタシは野営に参加しませんが、楽しそうでよかった。
峠を越えなくても楽しめる場所はあるかもしれません。探してみよう。

外国人がよく自転車でキャンプに出かけるイメージがありますが(特にSURLYなんてそんなイメージのブランドですよね。SALSAもアドベンチャー系のイメージですし)なかなか山に囲まれた京都では難しいかも、と思いつつ、できなくはないなと思った今回の大型連休でした。

まあ、エンジン(ツレ)さえしっかりメンテナンスしておけば、という前提ですが。



個人的に後ろから見ていてロングテールバイクのサイドバッグをもうちょっと気合入れて作ったらもっと積めるかも、と思ったのです。もっと過積載が可能だ、ということです。
もしワタシも行くことになったら、猫さんは一泊ぐらいは留守番できますが、犬のチャロさんはロングテールに乗せて連れて行かなくてはなりません。三人で寝るとなると、多分テントも二ついるだろうし(大型を一つ買う、という選択肢はありません。家にあるもので。)寝袋ももう一つ増える。そしてワタシはリュックを背負って走るのは嫌なので、何としてもツレの運転するロングテールに全部積みたい。。。


日常生活に必要なものと、非日常のために必要なもの、ものを作るときにはそのバランスが難しいな、と。
特にロングテールバイクは日常になくてはならない自転車ですから、BigDummyについてくる超有能なサイドバッグのようなああいうのを普段からつけてるのも微妙ですし、かといって場面場面でそうやすやすと付け替えられるバッグでもないので、考えの余地が十分にあるアイテムかな、と。
でも、どれだけ需要があるか、と言われると、我が家が10年以上ロングテールバイクに乗って初めて出くわす状況ですから、需要と供給のバランスで言えば、あんまし芳しくないバランス具合かと思います



# by cosset-cosset | 2019-05-09 05:14

campだホイ!1

長かった大型連休も終わりました。
我が家も概ね楽しめたのでは、と。
連休に先立ち10-8のしたいことはいくつかあり、その中から”吉本新喜劇を見に行きたい”という新しい娯楽と、”キャンプがしたい”という我が家では前代未聞の野営に挑むことになりました。

吉本新喜劇については、事前リサーチの結果、祇園花月へ行くことに。
正直、よかったです。とてもよかった。
”ズッコケ体験”という新喜劇後に舞台に上がって劇団員さんと”ズッコケ”をするのも応募したところ見事当選し、初新喜劇で初ズッコケまで楽しめちゃいました。
せっかくなので大阪まで遠征してなんばグランド花月に行きたいところですが、元映画館の祇園花月はこじんまりとして(ちょっと座席は固く狭いのが難点ですが)舞台との距離感がよかったです。


そしてキャンプ。
我が家は犬猫がいるので、野営が好きではないインドア派のワタシは行くだけ行って夜は家に帰ってくる前提で話を進めてました。
10-8は張り切って、ずっと寝袋とマットで寝る練習を繰り返し、日々”持っていくもの”を家の一角に溜めて準備をしてました。
そして、もちろん車を持たない我が家は自転車でキャンプです。
e0149587_04352808.jpg
完全に過積載のロングテールバイク。
テントと寝袋にマットに、食べ物、コンロ、水。
e0149587_04353605.jpg
過積載がゆえ、遅い。
ツレは悶絶しながら坂を登ってますが、とにかく遅い。
ロード一台なら60分で到着する道のりを3倍の時間をかけて。
(この写真、ワタシの自転車のステムの上にツレと10-8がいます。先回りしてスタンバイするくらいタイムラグがあるっていうことで。)

一人で乗るロードと過積載のロングテールでは進むスピードが違いすぎて、本当に気が遠くなりそうな、そして到着するころには、とてもとても遠くへ来たような気がするくらいの時間をかけて現地へ。
e0149587_04392625.jpg
移動だけで一日。
レジャーって感じがしますね。

e0149587_04415530.jpg

何よりも、無事に到着できてよかった。
テントを張るところまで見守りたかったけれど、ワタシは主婦的野暮用のタイムリミットが迫り二人を置いて帰路を急ぎます。
”急がば回れ”に逆らって、
e0149587_04441435.jpg
急ぐなら、最短ルートを担いででも。
e0149587_04445768.jpg
ロードが軽いおかげで担ぎもバッチリ。
行きに3時間かかった道のりも50分で家に着きました。

家に帰り、玄関を開けると、そこにはテント泊の夜の必需品”ライト”一色の入ったトートが。その中には歯ブラシと虫除けと10-8の帽子となんやかんやが入ったまま。
奴らは自転車のライトだけで一夜が過ごせるのか?
もしかしたら夜帰ってくるのか?

久しぶりの一人夜時間は案外ドキドキハラハラで幕が開けました。

長くなったので、続きは次回。


# by cosset-cosset | 2019-05-07 05:09

お弁当。

新学期が始まってもうすぐ一ヶ月になります。
10-8は年長に進級し、色々システムが変わったおかげでお弁当から給食に変わりました。うちのありきたりなメニューの連発に比べはるかに美味しそうで栄養価も高く、なおかつ苦手な食べ物も集団心理でなんとなく食べてしまう、と言うありがたいシステム。
給食になったおかげでワタシは随分楽になりました。

が、ワタシの昼ごはんはどうするんだ?と。。。
通う幼稚園のおまけシステムでワタシは大学生と一緒に授業を受けたりしてるので、結局週の半分くらいは自分の昼ごはんは外で食べることも多く、それが”おにぎり2個”とかプラスゆで卵と果物などの簡単パックだと案外味気ない。ちょっと野菜が欲しい。ちょっとタンパク質も多めに欲しい。それらを小分けに持つのは面倒くさい。何より”お昼ご飯に何食べよう?”とお昼間近に考えたり激混みの学食で学生に混じるのも微妙なので、結局自分の分だけ弁当を作っている平日。

自分の分だけ弁当。
10-8を送って山に行ったり自転車乗りに出かける時も弁当持参です。

先週の琵琶湖。
バッグ類を背負って走るのは苦手。
e0149587_16540213.jpg
けれど弁当が一番傾かずまっすぐな状態で運べるバッグがついてるおかげで、お昼ごはんの心配も汁漏れの心配もなく走りに出かけられる幸せ。
e0149587_16551844.jpg
実は、ここにまあまあでかい弁当箱が入ってます。
予備チューブ2本とシャカシャカのウィンドブレーカーを底辺にして水平を出し、弁当をまっすぐIN!
e0149587_16565880.jpg
琵琶湖のほとりで、快適なポイントを探したなら弁当を出して、
e0149587_16575802.jpg
一人で弁当タイム。

子どもの分を作ってた頃はなるべく残さず食べてこられそうなものばかり入れてたのですが、自分の分なら残り物を入れて彩りのたくあんと梅干しと緑系が入れば満足です。

誰がシートバッグ、サドルバッグの類に弁当を入れるのか?と思いますが、この”水平に入れられる”のはお弁当を持って会社に行く方や学生さんにはなかなかいいんじゃないかな?と内心思っています。
お茶はサーモスの自転車用魔法瓶にほんのり温かいほうじ茶が入ってますから、体一つでランチタイムが楽しめます。
お弁当はよくある汁漏れの心配もないし、お茶もボトルケージに挿しとけばうっかりこぼれる心配もない。
これはいいアイテムを作ったな、と自画自賛です。

弁当を持って自転車に乗るのはもしかすると日本人だけ(さらにもしかするとワタシだけ)かもしれません。
栄養のバランスを考えるとお弁当はいい!
そしてシートバッグに入れると寄り弁も汁漏れもない。

おすすめです。

# by cosset-cosset | 2019-04-25 05:23

キャンプ。

週末から始まる大型連休。
みなさんはどう過ごされるのでしょうか。

我が家は、10-8が”キャンプに行きたい”と言い出し、どうやら初キャンプをする、らしい。
らしい、と言うのも、ワタシは野営が苦手です。
すごくアウトドア派に見られるけれど、インドア引きこもり派で、何よりもフワフワフカフカに設えた自分のベッドが好きなので、キャンプには行かない宣言をしました。ワタシだけ。
どうぞ二人で行ってきてください。

e0149587_04412536.jpg
まあ、キャンプに行きたい気持ちはわからなくはないけれど、”非日常”を楽しむには”日常”の充実度も比較的重要だと思います。
e0149587_04405811.jpg
ワタシは、比較的”日常”を一人エンジョイしてしまってるので、わざわざ山の中に”非日常”を求めなくてもいいかな、と。
e0149587_04444375.jpg
犬猫も家にいるので、あんまり家を空けてご近所さんに世話を頼むのもなんですし。
と、いろいろ理由をつけてほぼ家から出ないインドア引きこもり、かつネクラなワタシです。
e0149587_04443880.jpg
自分で早起きして自分の行きたいところ、それもあんまり遠くないけれど遠くへ行った感のある”近くの遠く”に恵まれてる京都の我が家の立地を最大限に活かせば、インドア引きこもりネクラな暮らしも十分に成り立ちます。
e0149587_04405392.jpg
キャンプか。
ワタシ、ご飯は家で食べたいし。外で食べたら美味しいかもしれないけれど、苦手な後片付け、家に帰ってもせなあかんし。。。
あの、準備と後片付けがとても面倒くさいですね。
おそらく、そういう”準備”はみんなでするんでしょうが、”後片付け”はきっとお母さんがするんでしょうね。(想像するだけで面倒ですね)
と、ツツドリの鳴き声に初夏の訪れを感じ、キビタキとオオルリの美しい鳴き声に心を潤わせながら、茂みから突如現るヤマドリのもったりボディにドキッとし、ワタシは近くの遠くで十分好きな鳥も好きな自然も楽しめてるぜ、とリア充を確認した昨日の朝。

10-8は最近寝袋で寝る練習をしています。(もちろん家の中で)
昔キャンプ付きの自転車イベントに参加するために一応用意したワタシの寝袋が、今ここで役立っています。
ツレの寝袋は、我が家に盛大にネズミが出没していた頃にこれまた盛大に齧り破られ廃棄処分したため、キャンプに行くためにまずは寝袋を買うところから我が家の大型連休はスタートしそうです。

そして、コゼバッグは大型連休中も変わらず”土曜日営業”です。
4月27日と5月4日の土曜日は休まず影響します。京都にご来訪予定の方は是非コゼバッグへ。


# by cosset-cosset | 2019-04-22 05:03

五時間一本勝負。

今年度は、去年度までより一人自由時間が増えました。
晴れてたら”今日は乗りに行こうかな”ができる素晴らしい時間。
ただ、お迎え時間の制限付きです。五時間一本勝負。いかに遊ぶか。と言いながらカラオケに行くとかお買い物に行くとかそう言うのではなく、せっかく10-8の通う幼稚園の素晴らしい立地を生かして山に自然に溶け込むか、最後の一年に勝負をかけた次第。

平日朝の南禅寺(多分これが南禅寺だと思います。2年前に発見しました。入ったことはまだない。)
e0149587_04521939.jpg
そして京都を抜けます。

e0149587_04465850.jpg
e0149587_04471214.jpg
この頃よく参加する野鳥の会主催の平日の鳥見の会と同じくシニアの方がとても多く、狭い遊歩道ですがお互い気持ちよく道を譲り合って春の良き日を楽しみます。
e0149587_04480422.jpg
そして一山超えて、
e0149587_04475785.jpg
食べられる、そして道にはみ出てて採って帰っても良さそうなタケノコがないか探して、でもワタシには目視できず。動物が食べ散らかした跡はあったので、そろそろタケノコの季節ですね。
e0149587_04482916.jpg
あちこち寄り道しまくって予定の倍の時間をかけて”ハロー琵琶湖!”
たくさん走る体力もなく、でも時間だけはたっぷりあるので、バス釣りYouTuberっぽいメンズ二人を横目に弁当食べて昼寝して。
そして再び一山登って10-8のお迎えへ。
e0149587_04575060.jpg
この写真。この間、向こうに見える一番高い山から撮った写真がこちら。
e0149587_04585490.jpg
この写真の左三分の一のライン、上下も下から三分の一のラインくらい。

どちらにせよ高いところと開けたところは気持ちがいいですね。

e0149587_04534232.jpg
寒かったり忙しかったりで何気にこのながーい牽引自転車も今年初。
この自転車がなかったら、ワタシのこの実りある五時間のんびりポタリングは成り立たないので、本当にサマサマです。
いつかトレーラーが欲しい欲しいと思ってますが、10-8の送り迎えも残り一年。ロングテールと牽引車でなんとかしようと思います。
トレーラーを持つママ友曰く、”トレーラーは案外不便だよ。公園も鴨川も車止めがあると入れないしね”だそうです。
そうか、確かに。
でも、雨の日もお母さんさえ頑張れば荷物も子どもも濡れませんし、やっぱり憧れます。




# by cosset-cosset | 2019-04-19 05:06