Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

祝春休み。

1年間無遅刻無欠席で通った幼稚園。終業式で校長から表彰状をもらって始まった春休み。こんなに春休みの到来を待ち望んだことはなかったかもしれません。
祝 春休み。
と言うことで、
e0149587_04593254.jpg
去年に引き続き明日香村へ。
公社に電話をして予約。村全体で均等に割り振られる平等性が好印象な明日香村のイチゴ狩り。電車で行く旨を伝えると駅近の畑(といっても歩いて2〜30分はかかるけれど)にしてもらえるのが嬉しい。古墳の中を抜けて畑へ向かうなんとなくの非日常感が楽しく、いちごはもちろん美味しい。

e0149587_04592632.jpg
古代の人たちがこの地を好んだ理由が何と無くわかる気がする。去年も今年も駅を降りた瞬間から何と無く”いい気”を感じる明日香村。
e0149587_04591955.jpg
今年学んだ教訓は、いちご狩りへ行くときは下に半袖を着て行くこと。ハウス内、めちゃくちゃ暑い。ズボン下のタイツもいらない。

花粉さえ飛ばなければ春に向かう3月は素晴らしく明るい気持ちになりますが、
e0149587_05012351.jpg
調子に乗ってマスクして山を駆けまくった結果、市販薬が効かないくらいスギ花粉を体内に取り込んだらしく、4月上旬までワタシは花粉休暇と称し山へいかないことにしました。
さて春休み。たった3週間しかない春休み。弁当と送り迎え(週二回の同伴登校も)がないだけでこんなに晴れ晴れするなんて、なんか間違ってるような気がしないでもないけれど、朝時間を有効活用して仕事頑張るぞ。


[PR]
# by cosset-cosset | 2018-03-19 05:16
この頃はみんな被るようになってきたけれど、まだまだ100パーセントとは言い難い幼児のヘルメット被り率。
ヘルメット被らないだけじゃなくてシートベルトしてない子も時々見かけて、なんて恐ろしいことを!と思ったりします。
我が家は、10-8の成長に合わせ生後6ヶ月から被ってたヘルメットが小さくなり、昨年、子ども用ヘルメットをアップデートすることにしました。
10-8の欲しがるヘルメットの発売は翌春との事でとりあえず手頃な頭にあったヘルメットを昨秋から被ってました。
とりあえずで凌いだ数ヶ月を経てようやく希望のヘルメットが届きました。

e0149587_09580553.jpg
じゃん!
e0149587_09584121.jpg
じゃじゃん!
e0149587_09592393.jpg
ネコ好きピンク好きにはたまらないヘルメット。
外国人のこう言うセンスが絶妙。
多分子どもにとっては被り心地がどうこうとかではなくて見た目が大事。うちの10-8にとっては特にそうで、見た目でテンションがマックスに上がる。ご飯食べるときも被ってて、幼稚園の中にまで持ち込んで。

見た目ってすごく大事。
最近Bernをチラチラ見かけるようになって、おしゃれなヘルメットならおしゃれな親御さんでも”これ被らせたい!”って思うのかな、って思います。
頭を守ってくれる(頭の代わりに割れてくれる)ヘルメット、とても大事です。(と言いながらちゃんとヘルメットをかぶってたのに顔から落ちてとんでもないことになったツレがいるのですが)
”子どもが被りたがらない”と言って被らせないヒトもいますが、何かあってからでは本当に遅い。
子どもが被りたがらないヘルメットじゃなくって子どもが率先して被りたくなるようなヘルメットを探してあげるのも親の務めかもしれませんね。




[PR]
# by cosset-cosset | 2018-03-15 04:51

スギ。

三寒四温とはよく言ったもので、まだまだ冬やな、と思わせといて、あったかくして油断させて。
でももう3月も中旬。
花粉症歴20年。ベテランです。ヨーグルトメーカーでR1を培養しまくり今年は花粉症大丈夫かな、と思ってたらやっぱり花粉に反応する我がカラダ。
どうしようもない。舌下療法を試したいけれど今年度前半は別の治療に力を注ぎ気づけば年が明けてて(おかげで完治したけれど)次年度に挑戦しようと密かに企み中。

スギ花粉。
敵地へ特攻するしかないワタシのホームトレイル。
e0149587_16442325.jpg
キレイにまっすぐ上に上に伸びる杉の木。
多分、この若い杉はスギ花粉を出さない品種。大切に育てられる銘木たちは共生の道へ。
でも、野良化し巨大化しすぎた杉たちは花粉飛ばしまくり。
山に生える杉の木が花粉を出さない種類ばかりになる頃にはワタシはもうこの世にはいないでしょう。もしくは、スギ花粉に反応しないほど老化してるに違いない。

e0149587_16433546.jpg
完全防備で山を走ります。
マスクが呼気でベチャベチャになるので替えは必須。
もう見てくれなんて構わない37歳。(山の中では誰にも会わないけどね)

今年1番のウグイスが思いの外上手に鳴いて
e0149587_16435049.jpg
まさに春。もうひと月もすればツツジで山はピンクに染まるでしょう。
花粉になんて負けたくない。

ところでサドルの下についてるバッグについてはまたいつか。
お客さんからの依頼が発端でテストしてるけれど、手ブライド派のワタシには嬉しいようであんまり入れるものがなくて困ってるアイテム。使わなきゃわからない。テストライドも仕事のうち。

[PR]
# by cosset-cosset | 2018-03-12 05:06

センセイの鞄

”新しい自転車を買うんですよ”という事でオーダーをいただきました。
トート型メッセンジャーMサイズを愛用してもらってるセンセイ。ロングテールのサイドバッグに丁度だと言っていただき愛用し続けてもらってました。
オーダーに際し数年ぶりに見た自分が過去に使ったバッグは、ショルダーベルトが切り取られてました。
まあ、わからなくはない。
ワタシでも洋服の不必要なヒモや装飾は切り取ったりするし。

で、話を最初に戻すと、”新しい自転車”というのが気になるのですが、海外からの入荷待ちのカーゴバイク的なものらしい。カーゴの部分にコゼバッグのトートがぴったりで、ショルダーベルトはいらない代わりに、雨を防ぐように口をロールにできないか?という事でした。
e0149587_09571343.jpg

至極あっさりと、他の寸法そのままに、口をロールしました。
e0149587_09572754.jpg
上からの雨は大丈夫。ただ、伸ばした部分が25cmあるので底までが深く荷物へのアクセスの良さはなくなったもののインナーが明るいターポリンなので荷物を出すのにもたつくことはないでしょう。
荷物を運搬し、自転車から降りた後いい仕事をするバッグだと思います。

ああ、こういうのにショルダーベルトをメッセンジャーバッグみたいにつけて背負うのもアリかもしれない。取手もついてるし、背負う以外の場面でも活躍できて、かつトートのペロンより雨や荷物の落下が防げる。


なかなか自分で作って試すには体一つ手二つでは難しいのですが、もし”ビビッ!”と来た方はぜひコゼバッグへご用命を。



[PR]
# by cosset-cosset | 2018-03-08 05:18

おはようさん。

ツレが日帰り出張の日曜日。前日に”絶対に6時45分までに戻ってきてくれ。6時50分には出発しなくちゃいけない”と3度ほど念を押された早朝パトロール。

最近色々することがありすぎて、もううっかり口を滑らすには憚られるような時間に目覚めるようになりました。(国内時差ボケか体内時計が狂ったとしか思えない)
一仕事終えて日の出時間を逆算し、タイムリミットに帰れるよう出発した日曜日の朝。
e0149587_14333134.jpg
林道は、恐ろしいほど真っ暗でした。かろうじて右手前方に見える街の明かりが救いというか距離が悲しいというか、、、
あと30分後なら薄暗い中走れるのに、、、と思いながら真っ暗を下る恐怖。
何も出ませんように。いらんもん、見ませんように。

e0149587_14365180.jpg
しょぼさに拍車がかかるというより、見えない何かが怖すぎて信じられないスピードで下り終えました。
時間が切羽詰まってるとか、怖いとかそういう外部的要因が強く迫ってくるとガタガタしてようが後輪が滑ろうが関係なく恐ろしく速く走れる事を知ったこの頃です。


e0149587_14405024.jpg
山を出ると遠く東の空が明るくなってきました。
おはようさん。
いつもなら弁当作って朝ごはん作って母さん仕事をバリバリしてる時間。
こんなに綺麗な色の空が広がってることすら気づかないぜ。

そして遠回りして(はよ帰ってこいと言われてるのにギリギリまで朝時間を楽しみたい)帰る途中ふと振り返ると
e0149587_14461329.jpg
西の山の向こうに沈むのが早いか太陽の光に影響される方が早いか、消えゆく月が浮かんでました。






[PR]
# by cosset-cosset | 2018-03-05 05:03