人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
自論ですが、親というのは、子どものために一肌もふた肌も脱ぐために存在しているようなものだ、と思っているのです。
そして、お知らせです。

前にもちょっとチラッとお知らせしましたが、10-8が”バイトしたいお金稼ぎたい”と言い出したことをきっかけに、今週末お店をすることになりました。
”5歳が考える、子どものためのおもちゃ”を販売します。。

もちろん、作るのはワタシです。
”10-8がボールとお手玉を売りたい”
というので、
e0149587_10530047.jpg
ボールを。
中身は、フーセンバージョンとワタ&鈴バージョン。
ワタ鈴の方が掴みやすいので、小さいお子さんにはピッタリでしょう。
フーセンは、中身がフーセンなのでふんわりしてそうですが、外側が帆布をつなぎ合わせてるので、まあまあな重さになって、フーセンボールなのに結構飛びます。キャッチボールくらい余裕です。が、ガラスに当たっても割れません。中身はフーセンなので。
e0149587_10532288.jpg
フーセンは、もちろん萎んだら新しいのに交換可能。いつまでも遊べます。

お手玉も、中身は秘密ですが、”日本のお手玉の会”が推奨する大きさ重さに合わせて作りました。
e0149587_10581475.jpg
子ども(特に小さい子ども)用のこういう布のおもちゃってどうしても”子ども子ども”しがちなカラーリングで、例えばインテリアに馴染まなかったり親の趣味に合う色ではなかったりしがちなのを打破してやろうと、色合わせは(いくらハギレを集めたものとはいえ)こだわりました。

肝心のお値段ですが、
ボール 1個500円
お手玉 3個500円
と言う、コゼバッグ至上最安値の、5歳児の考える一番価値の高い値段がつけられました。(時給換算したら、冷や汗出ます)

さらに、お持ち帰りの袋も用意しなきゃ!と10-8が言い出し、
e0149587_11022323.jpg
お持ち帰り用に小さいトートかサコッシュが付いてきます。(冷や汗出ます)

”コゼバッグのバッグも売ろうよ”と小さい店主が勧めてくれたのですが、10-8プロデュースの商品とコゼバッグの商品ではお値段の差が大きすぎるのと、バッグ類は取扱店がある以上お値引きが難しいため、今回は、ポーチのノーマルとワイドをショルダーベルト付き5000円で販売することにしました。いつかウェブショップにあげようとコツコツ作りためてきたものを、まずは10-8のお店で販売です。
e0149587_11064149.jpg


出店は14日と15日。
京都市内某所ですが、詳細をここに書くことは控えます。カンのいい方なら”もしかしてあそこか?”と思ってくれるかもしれませんし、コゼバッグに直接問い合わせていただければ詳細をご連絡いたします。

我が子ながらお店をしたい気持ちが2ヶ月以上長持ちしてて途中でやめたいとか言わずにここまでこられたことがすごいなあと思います。

お父さんは出店のための会議に出る係。
ワタシは商品を作る係。
10-8は看板作ったりチラシ配ったりと広報する係。

家族の店がパブリックな場所で開けることを楽しみに、今週土曜日のコゼバッグのアトリエはお休みです。



# by cosset-cosset | 2019-09-12 04:24
新学期。
ようやく日中の自分時間が戻ってきて、ロード乗ってパーっと行くか!と気合を入れて自分の愛車を近くで見ると、タイヤがボロボロ。
ワタシはオンオフ構わずロードで突っ込むので、タイヤの切り傷がスパっ!スパッといたるところに見られました。こんな切り傷だらけのタイヤで10-8のお迎えタイムリミット付きライドに出かけるにはリスクが高すぎる!(つまりパンクしやすい、パンク修理はこの5年で1〜2回しかしたことがない、挙げ句、ディスクブレーキ付きの、ハブに棒を突っ込むナントカっていうシステムのパンク修理は一度しか、それもフロントしかしたことがないので、後輪がパンクしたらどうしたらいいかわからない。多分やったらできるんだろうけれど、ワタシのインチキパンク修理はかなり怪しい)

というわけで、ツレにタイヤ交換をお願いしたところ、
e0149587_11160755.jpg
朝起きてみると思ってもいないタイヤが装着されてました。
ワタシ、グラベルとかシクロクロスじゃなくてあくまでも”ロードバイク”にこだわりたいので、この手のタイヤには抵抗があります。
e0149587_11172596.jpg
この、凸凹具合が抵抗感満載の理由です。

ですが、
アスファルトの上はもちろん、
e0149587_11202827.jpg
湿って苔むして枝や葉っぱが落ちる旧道も
e0149587_11210754.jpg
田んぼの畔も良く走ります。

安定感のあるタイヤ。
ツレ曰く”見た目以上によく転がる”から試してみて、とのことでしたが、よく転がるかどうかはわからない。
e0149587_11233101.jpg
静かな峠の登り道。タイヤの転がりがいいとか悪いとかそういう以前に自分の体力が落ちてて、転がるイコール楽に走れるわけもなく転がるイコール速く走れるわけでもなく、ただガタガタ道もロードも無難に走れるタイヤ、ということがわかりました。
e0149587_11253165.jpg
人生において”無難”はとても大切ですが、体力低下が尻尾取りゲームのように尻尾の握りこぶし一つ分後ろに迫ってる今、無難に楽するよりもうちょっとスリルある走りの方がいいなあ、と思ったり。
琵琶湖を前に座ってぼんやりとタイヤについて考えてました。

やっぱりロード的タイヤの細さとキレッキレの走り(実際にできるかどうかはおいといて)が好みですが、御所の砂利になんの抵抗もなく突っ込める素晴らしきタイヤ(やっぱり細いタイヤだと御所の轍を進むのは難しいです。ちょっとバランス崩すと砂利にタイヤを取られます)に甘えるべきか。
悩ましき38歳。

いい自転車、いいタイヤ。
調べたり選択するのが面倒なので、ワタシがどこをどう走ってどういう感想だったかを聞き取るツレに自転車のことはほぼ任せっきりなのですが(それもタイヤ代とかツレに払わないし、、、)、”嫁に楽させてやろう”という優しさから無難なタイヤを履かせてくれたのか、それとも、、、、
あんまり深く考えずに、”よく転がる”ということは”こういうことなのか”と自分に思い込ませてせっせと一人時間を満喫しようと思います。


余談ですが、こういうタイヤとこういうフレームが世間に出てくるとグラベル的走りができる場所は限られるものの、ダウンヒルではなくて特にアドベンチャーするようなマウンテンバイクとの住み分けが難しくなりますね。ワタシですら、マウンテンバイクの技術がショボすぎるため、結局どこでも危なかったら歩いてしまうので、自分の技量でいけるところへはこのロード(ロードという言い方にこだわりたい)で行けてしまうような錯覚に陥っています。



# by cosset-cosset | 2019-09-09 05:04

軽いという魔法。

ぴったりと。
そして軽く。
e0149587_12483154.jpeg
それがコゼバッグのフレームバッグの特徴かもしれません。
お客さんのフレームバッグの色が変わってるところはコゼバッグのトートと同じように下側がポケットになってます。
バッグ自体の開口部はトップチューブに沿って横一本のマジックテープ。

ファスナーかマジックテープか選んでいただけますが、ワタシ個人もマジックテープ派。コレばっかりは好みです。
バッグの外側に大きなポケットが実は写真の向こう側の面にもあるので、サッとスマホを入れたり、飴ちゃんのゴミを突っ込んだりがしやすい仕様。
ただ、アクセスの良さからなんでも外側のポケットに入れてしまう予感がプンプンしたので、そこはちょっとイケズしてポケットの入り口は小さいマジックテープのみ。
”過信は良くない”が教訓です。

三角にぴったり作ると、フレームが大きければ大きいほど面積の大きなフレームバッグが出来上がります。
横風の影響を受けやすい。
例えば、ロードやランドナーなど遠くへ行くタイプの自転車でコレだけの面積のバッグをつけることはお勧めしません。が、どうしてもつけるならば例えば三角を二つに区切って上下をセパレートできるタイプにする(つまりずっと三角前面を覆っているよりも使う場面に応じて使い分けができるようにするのが狙いです。)のがお勧めです。京都はあんまり強い風は吹きませんが、琵琶湖方面へ出ると、結構ビュービューと煽られますし、普段からディスクホイール履いてる人がいないのと同じ仕組みで、時と場合に応じて使い分けができれば、と。

三角の内側のデザインはものすごく興味があるのですが、展開が難しい。
何より、自分が”自分用に一つ誂えれば”大抵満足できてしまう。
それでも、今回初めて”外側に大きなポケットを付けたい”というのを形にさせてもらえて嬉しかったです。

自転車も、ロードフレームは軽量カーボンの剛性からどんどん三角の内側が小さくなる(三角自体はあんまり変わらなさそうですが)傾向で、マウンテンバイクはホイール径が大きくなって(それでもジャンルで違いますが)三角は大きくなってる気がします。全然詳しくないですが、三角の大きさも時代とともに変化。
10年前には写真のお客さんほど大きな三角を持った自転車は珍しかったですから。

せっかくの一台にコゼバッグのぴったりフレームバッグをぜひ一つ。





# by cosset-cosset | 2019-09-05 05:10

ぶーちゃん。

毛のないイノシシのような豚のような、ようわかれへんけれどこれはイノブタかなあ、とその存在に気づいたのはこの夏休みのはじめの事。
e0149587_13235159.jpg
イノブタってこんな感じかな?
でも、毛がなさすぎる。
それも街中やし。
きっと狭い檻に入れられてストレスかかって毛抜けてしまったんやな、と遠い目をするイノブタっぽいのを見てました。
夏休みなので、全然家の近くじゃないけれど、
e0149587_13235503.jpg
ちょっとアレ見にいこか、見ていこか、と遠回りしてわざわざ見に行ってると、飼い主さんと遭遇。
まず、これはイノシシであるという事。
毛がないのは、イノシシは”夏になったら全部毛が抜けて生え変わる”そうな。
そして、5年前に親が猟で殺されてしまい残されたかわいそうなウリ坊を引き取ったのが始まりで、山を離れて5年、大きくなり過ぎて、そして可愛がり過ぎて(そして早朝はちゃんと散歩もしてもらって)食べるタイミングを逃した、らしい。
名前はないけれど、近所の人が”ぶーちゃん”て呼ぶからぶーちゃんやな、と。
e0149587_13304154.jpg
確かに可愛いな。愛のタックルがマジで怖いけど。

”えさ、やってええよ”
とありがたい言葉をもらって、夏休みは”イノシシ餌やり体験”しまくった我々。
e0149587_13324777.jpg
野菜の端っことか皮とか葉っぱとかやってええよって事で、ある時は人参を、そしてジャガイモを。ある時は大根葉を。
e0149587_13360934.jpg

我々が自転車を止める音を覚えてくれたのか、自転車止めるだけで深い眠りから目覚めて起き上がってくれるようになりました。
e0149587_13360332.jpg
可愛い、可愛すぎるぜブーちゃん。
でも、臭い。犬とも猫とも違う臭い。
そして全身を使ったタックルが迫力満点で怖すぎる。
可愛いけれど、ワタシよりはるかに肉付きのいい5歳女子ぶーちゃん。
こんなのに山の中で体当たりされたら、いろいろもう無理やな、と思った夏。
e0149587_13355759.jpg
夏休みの始まりに”コレはストレスで毛がなくなったんちゃうか?”と心配したイノシシは、夏の終わりにはしっかりと剛毛が体を覆い尽くしてました。


ちょっと遠回りして(遠回りというには遠過ぎてウチから5km以上あるけれど)ブーちゃんに餌やりに行こか?と言って楽しめた一夏。
e0149587_13521132.jpg
おかげでめっちゃ体力つきました。


# by cosset-cosset | 2019-09-02 04:54

右掛けと左掛け

コゼバッグのメッセンジャーバッグとトート型メッセンジャーバッグはショルダーベルトをたすき掛けするバッグです。
よく”右掛けと左掛けはどう違うのか?”とオーダーの時に質問を受けます。
コゼバッグの7〜8割くらいのお客さんは左掛けです。
女性は5割くらい。男性に比べ右掛けが多いようです。
一概に、”右利きだから右掛け”ではないし、もちろん”左利きだから左掛け”でもなく、体のクセが一番右左に影響を与えているような気がします。
(写真にスマホが写って目障りかもしれませんが、スマホで画像確認しながらシャッターを押してるのでスミマセン。)
e0149587_11440881.jpg
右掛け。
右の肩にかけます。
たすき掛けするカバンを右掛けすると、荷物を取り出すためには
e0149587_11441521.jpg
カバンを前に持ってくる時には左脇下をバッグが通ります。
左脇からバッグが登場するので、右手をスルッとバッグに入れやすい、らしいです。
e0149587_11442650.jpg
らしいです、と言うのはワタシは左掛け派なのでお客さんから聞いた話で理解を深めています。
e0149587_11432746.jpg
左掛けだとこんな感じです。
e0149587_11431689.jpg
”メッセンジャーバッグ”として一番言われるのは、”日本は車道の左端を走るので、自転車走行をしていて後方確認をする際に後ろを向きやすい”と言われています。
確かに、首だけひねって後ろを見ても、上半身をくるっと後ろに回してみる際も、右側から後ろを確認する際は確認しやすいです。


e0149587_11430653.jpg
コゼバッグでは、7~8割のお客さんが左掛け用に、残りが右掛け用にオーダーされます。
なるべく体に沿うように、右掛け左掛けでベルトの付け位置を変えています。
オーダーなのでこの割合ですが、量産される市販品では10割が左掛け用に作られているか、もしくはちょっといいバッグではどちらかへ付け替え可能なバックルが付いているようです。(それも難しいシステムでメカっぽく仕上げてある気がします)

e0149587_11445402.jpg
こちら、ワタシの11年もののトート。犬の散歩用ですが、逆に毎日持って犬の散歩に出かけています。コゼバッグ初期にグラミチの営業さんのバッグを作った際にグラミチのショーツを10数本お預かり解体して作った余りで自分の分を作ったので、コゼバッグで使用している帆布とそのカラーではないのですが、至る所穴が空いたり破れたりしている割にはそれ以上穴が空いたり破れたりすることなく毎日30分365日使っています。
最近は左肩が痛いので、左掛け用を右肩にかけて歩いてますが、ちょっとした違和感があるものの肩の痛みに比べればマシなので、それはそれでアリだな、と。

時々街で”左掛け用のメッセンジャーバッグを右掛けで背負っている”と言う視覚的に違和感満載な場面に出くわします。
メッセンジャーバッグを作る身としてはちょっとしたモヤモヤが残るものの、”きっとこのヒトも肩が痛いんやろな”と思うようにしています。

もしプレゼント用でオーダーされる場合は、相手の方の癖を十分に見極めるかもしくは、ショルダーベルトを右掛けでも左掛けでもできるように(その場合は若干背負った時に背中に沿わないけれど)するかですね。

右も左もいらんようにショルダーベルトなしのトートのオーダーを受けることも最近は多々。
それはそれでバッグ屋として嬉しい限りです。




# by cosset-cosset | 2019-08-29 05:13