カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2月の最後に来たモノは

ご近所さん企画で、ボーイフレンドの公開断髪式を行うカップルが。。。
谷中の夕焼けだんだんで道行く老若男女に髪にはさみを入れてもらい、調髪が若干短くなって来た頃、
「こんにちわ〜 髪の毛切ってくださいな〜」
と明るい声が。
いいえ 私は散髪屋じゃありませんよ と思いながら、裁ちバサミを右手に外へ出ました。
e0149587_20274481.jpg

私は控えめにサイドを切らせてもらったのですが、
たまたま来ていたREW10WORKSは思いっきり真ん中をばっさり切ってました。
e0149587_202823100.jpg

この後、このカップルは再び道行くヒトに髪を切ってもらうために、表道へ出て行ったのです。
さて、さて、さて、どんな仕上がりになったのでしょうね。



そして、2月最後の来客は、私の心の友であるTK。
TKは現役メッセンジャーとしてはかなり長老級なのですが、フットワーク軽く、別の仕事で東京に来たついでにせっかくなのでと会いに来てくれました。
TKと私はメッセンジャー時代、2年もの間 職と住を共にした仲なのですが、やはり、時代の流れか、東京〜京都と距離が空いてしまうと、なかなかゆっくり話す時間もなくなってしまうもの。
でも、久々の再開(といってもたかだか3ヶ月ブリですが)に、近況報告やオタクな自転車の話、最近興味のあるモノ(彼は1860年代というピンポイントにタイムスリップして、その時代の自転車に乗ってみたいと言ってました)などなど、常に話は発展し、危うくビール片手に夜明けを迎える所でした。
TKは現在京都メッセンジャーKAZEでメッセンジャーとして走りながら、上京区にあるカフェ工船というカフェの一角で、かなりコアな自転車屋さんを営んでいます。
「あ〜店あけないと」と言って、日曜の正午くらい、
e0149587_20403755.jpg

しぶしぶ電車に乗って東京を去っていきました。
TKまたね。

そういえば、2月は28日までしかないな。30日がないという事は、5の倍数日が休みのコゼバッグ、7日も連続してお店がオープンです。
いや〜働きすぎですかね?いやいやまだまだです。
がんばらせていただきますよ。
[PR]
# by cosset-cosset | 2009-03-01 20:51

今日


同士とも言える奴らが新たな門出を迎えます。
空井戸サイクルと、tranzistar
共に京都です。
カライドサイクルは明日、tranzistarは今日開店です。

以前のコゼログで書いた、あの店長がやっとカライドに、そして、TRACKHEADSの片割れがtranzistarに。

自転車屋さんと服屋さん、どちらの店長もステキです。
もし、京都に行った際は訪ねてみてください。

遠く京都では今日、オープン祝いが開催されるそうな。



そうそう、カライドサイクルはコゼバッグの取り扱い店でもあります。
が、扱う商品はトート型のみです。すみません。
関西方面で見てみたい!という方、ぜひカライドへ足を向けてください。
場所は京都市上京区堀川通り下立売北東角です。
[PR]
# by cosset-cosset | 2009-02-28 12:04

時間の使い方

「私たちが生まれ落ちてから80年間生きるとすると、約70万時間を使うことが出来る計算になります。豊かな人生は万人に共通に与えられた時間をいかに配分し、活用するかによって築かれるものといえるでしょう。日々の仕事に追われている、忙しすぎてモノを考える余裕がないと嘆かれる方には、云々〜〜〜」

これは大切な方にいただいた手帳(能率ダイアリー)の後ろの方に載っている「上手な使い方」ページの冒頭に書かれている文章です。

そうか、時間配分が大切なのか。
先日 休みの日、仕事が水曜休みの母が「東京の桜を見たい」と、上野までやって来ました。
ロングヘアをショートにしたワタシを見て、母は
「あんた中学生に間違えられるでしょ?」と3度ほど言っていました。
まさかまさか、ワタシは28歳ですよ。お母さん。
上野恩賜公園で早咲きの桜を見た後、
ぶっちぎりの母はアメ横で300円の金色のエコバッグを購入。
そのエコバッグには先日、コゼバッグでお客さんからの注文で取り付けた、トートの「ペロン」がついていました。
メイドインチャイナ 恐るべし。
300円のエコバッグにペロンをつけて、取っ手の内側にはレース生地が縫い付けられ、内側ポケットもたくさん。母は金色のエコバッグにアメ横で購入したサンダル、海苔、桜えびを入れて満足気でした。

以前母はメッセンジャーバッグを背負った時、「このベリベリがうるさいわ」とマジックテープを「ベリベリ」と表現し、シビアな意見を言ってくれました。
今回 ワタシは母に会うにあたり、自分の作るカバンを背負っていたのですが、ノーコメントでした。
母のアンテナに引っかからなかったみたいで残念です。

さてさてそんな母は先週沖縄へ友達のナントカちゃんと旅行へいったらしく、



e0149587_1421558.jpg

穴子のぬいぐるみをプレゼントしてくれました。
この穴子は母のアンテナに引っかかったらしいです。

さてさて、冒頭にもどりましょう。
豊かな人生を過ごすために、時間がない、時間がないと言っている場合ではありません。
それはただの言い訳です。
先日、雨雲の隙間を縫って、午前4時起床→始発の電車に乗り
e0149587_1445751.jpg

人生2度目のマウンテンバイクに行って来ました。
その通り、山へ行き、自転車で駆けて来ました。
楽しかったかどうかは別として、早朝森林の新鮮な空気を吸って、アトリエオープンに間に合うように帰宅し、午後から仕事をする。
なんていい時間の使い方でしょう!
そうでもしなければ遊べない勤労意欲にあふれる日本人の気質にちょっとだけ悲しい気持ちにもなりますが、やはり、時間というのは長い短いの捉え方に個人差はあるけれど、誰にも平等に与えられたモノ。
あなたならばどう使いますか?
[PR]
# by cosset-cosset | 2009-02-27 14:13

大人買い

ミネアポリスではなく東京にいるワタシです。

今日 大人買いをしました。
大人のおもちゃです。

e0149587_15311315.jpg


その名も「ハイジャンボハブ毛」

とある自転車問屋さんのガレージセールの中に、少なくとも4ヶ月以上 ありました。
通る度に足を止め、果たしてコレは買うべき価値のある物なのかを考え続け、
さらに、上代を半額にしてあるにも関わらず、毎回一つも売れた気配もなく、ホコリっぽさが重みを増し、
コレはかわいそうだと、ワタシは今日 1200円という大金を払って、在庫品を全部買い占めました。
せっかくなので、問屋さんの中に入っていって、ハブ毛について、ちょっとだけ知識を深めてきました。
ハブ毛は売れない商品なので、メーカーさんも、製造を中止したそうです。
「ハイジャンボハブ毛」はもう手に入らないという事です。あらららら。

ジャンボなだけあって、
e0149587_15353786.jpg

毛足のボリュームだけじゃなく、なぜか全長も長いのです。
さっそくつけてみました。

e0149587_15363517.jpg

はっきり言って、大きすぎてうっとおしいのですが、せっかくなので、しばらく使います。
ジャンボなので、ほんまは原動機付き自転車用では?と思うけれど、「ハイジャンボハブ毛」のパッケージには婦人用自転車とそれを漕ぐ女性の姿が。。。
ということはやはり自転車用です。
ワタシの残念な知識の中で、この「ハイジャンボハブ毛」がぴったりなのは「CHUB HUB」ちゃうか?と思います。



こんな「ハイジャンボハブ毛」、大人なワタシはあと自転車4台分持ってます。
もし、このブログ見て、欲しいと思ったヒトは、ワタシにコンタクトをとってみてください。
自転車にすぐに取り付けてくれる方には譲ります。
[PR]
# by cosset-cosset | 2009-02-24 15:52

そうだ

ミネアポリスに行ってみよう。
と思ってふらっと来てみました。




e0149587_1541379.jpg










な訳もなく、ただただ行ったヒトを羨ましいと思うばかり。
この週末にアメリカ最大の自転車卸し問屋QBPのサイクルショー、その名も「フロストバイク」が開催されました。
つい最近まで「フロストバイク」とはQBPの裏手の凍った池の上で行われる雪上レースの名前と思っていた。
でも、実は全然違っていて、「フロストバイク」に集まるヒトが夜にSURLYPUGSLEYに乗って、ろうそくを立てて作ったコースを走るというもの。
たぶん氷点下20度くらいの世界。そんな中ビールを手にレース。
「チエもおいでよ」と去年言われたけど。。。
寒いし嫌やと思ってても、参加したSHUJIさんのブログ見ると 来年こそ行ってみたいなあと思う。

最近SURLYの日本代理店であるモトクロスインターナショナルさんとよく電話をします。
ワタシの担当者は電話越しに不適な笑みを浮かべているであろうと想像がつくのですが、後で分かって一番大笑いしたのが「BIG CHEESE」について。
担当者「今度 BIG CHEESEがALL CITYになるんですよ」
ワタシ「ほほう。BIG CHEESEとはこれはまた おいしそうなネーミングですね。フムフム」
担当者「???。で、そのALL CITY は新しいトラック系のブランドで〜〜〜」
と話は続いてたのですが、その頃にはビッグチーズ=トムとジェリーの世界がワタシの頭の中で渦巻いていて、その後の自転車の話はあまり記憶に残ってません。
ただビッグチーズがオールシティになるという事だけが分かりました。
でも、ビッグチーズが何なのか?そしてオールシティとは何なのか?結局よく分からずしまい。
その後、そもそものビッグチーズは星がちりばめられたグリップだという事は分かりました。
無知が怖いというか、たぶん、ごくごく一般女子の自転車知識はこういう感じでしょう。

自転車について、若かりし頃のワタシが女子的な観点から大きな買い物をしてしまった事があります。
ただ単にハートマークがかわいいから という理由でDE ROSA買いました。
メーカーさん、女性というのは性能云々よりも、ハートがかわいいとか、ネーミングがいいとか、そういう方向から購買意欲が掻き立てられる事もあるのですよ。

話をもとに戻し、このSHUJIさんのブログに出てくるSURLY,ALL CITY ,EXTRA CYCLEは今後のワタシに大きく関わってきそうな予感です。
気になりますね。


そうそう、コーヒー来ましたよ。
この一行でビビッと来た方、アンテナに引っかかりましたね♪
[PR]
# by cosset-cosset | 2009-02-23 15:06