Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

SF自転車に乗る1

まいど Cossetです。

サンフランシスコでも自転車借りて乗りまくってます。この地で私を泊めてくれてるメイちゃんは、バークレーの大学生。夏まで京都に留学をしていて、SFに帰るために一度東京に来た時、京都に住む私の友人TKから「東京に行くならCossetに会うべきだ!」と言われ、電話番号を書いた紙を渡され、純粋なメイちゃんは素直に電話をかけてきてくれたのです。
突然「TKの紹介で電話しました」って言われてもって思ったけれど、私はそれまで東京で出会った「京都に行きたい」という外国人を、さんざんTKのもとへ送り込んだので、おあいこ。
そういう出会いもなかなか楽しい物です。

今、私はそのメイちゃんをたよりにサンフランシスコに来て、80年代のあまりブレーキの効きのよくない自転車を借りて、サンフランシスコを駆け回ってます。
ロードでありながらブレーキの効きがあまりよくないのは、ここ坂の街SFでは命がけ。

e0149587_2193171.jpg


でも、きれいな所です。

簡単な観光マップしか持ってないので、とりあえずメッセンジャーを捕まえて、いろいろと聞くのがベスト!

e0149587_2212512.jpg


私が色々聞きたいのに、やっぱり来年のCMWCの話になる。
左の彼は「俺は日本への片道切符しか買わないぜ!だって高いやん。帰りはなんとかなるやろ?だから俺はもちろん行くぜ!日本語だって知ってるし!『こんにちわ』『おはようございます』『ありがとー』  どうだ?おれの日本語は?」
ってな具合でがんがんに話してくる。きみの日本語、多分大丈夫よ。私の英語でもなんとかなってんねんから。ってな具合で、肝心の郵便局の場所を聞くのに相当な時間がかかるけど、こういうコミュニケーションがとれるのもメッセンジャーならでは。
メッセンジャーやっててよかったなあ。

一日二日と街を自転車で駆け回り、

e0149587_2332984.jpg



e0149587_2352975.jpg

こんな景色や
e0149587_2354793.jpg

こんな景色が見られる。

たぶん普通の観光バスに乗ってたら見られないような物が自転車だったら見られるし、途中で泊まったり、休憩したり、走りながら大きな声で歌を歌ったり、自由にできる。
自転車サイコーやなあ。
坂の多い街も、海岸沿いは意外とフラットで走りやすく、ゴールデンゲートブリッジを渡った向こう側へ本気のローディーが何人も渡って行きます。いい環境が整ってるみたい。

サンフランシスコは坂の多い街。
自転車じゃあ登れない、そして、下りも怖くて下れない、そんな坂がいくつも。メッセンジャーが歩いて登る姿も見たしな。
かつて、フリー&ノーブレーキでデリバリーするメッセンジャーがいて、その彼はなんとVANSからスポンサーを受けてた。なんで靴メーカーがスポンサーに?って思うでしょ?靴の裏を後輪にあてがってスピード制御。無理やでそんなんって思ってたけど、実際この地に来てみて、やっぱ無理やで そんなん。って改めて思う。
でも、やってたから彼は「神様」
今何してるのか知らんけどね。

せっかくSFに来たのだからZoバッグのErickZOに会いたいなあと思うけど、捕まらず。
また案の定 メッセンジャーを捕まえて訪ねると、「彼のワイフならそこのカフェによく来るけど、Erickは。。。」てな感じで会えず終い。ま、またいつか会えるやろ。

ここサンフランシスコも残りわずか!この長旅も残りわずか!
[PR]
# by cosset-cosset | 2008-12-04 02:58

本当のトリックは?

サンフランシスコに来ました。
ミネアポリスからフィラデルフィアを経てここに来ると、南国気分っていうくらい暖かい。
昼間の街には半袖のヒトが歩いているくらい。
アメリカって広いなあと思います。

休日の今日、中心部を歩いていてもメッセンジャーを見かける事もなく、サンフランシスコ=ピストのイメージな私を奮起させるヒトがいないかパトロール。

すると、発見しました。昼間の3時、とある公園で。

e0149587_8525892.jpg


以下 すべて盗撮です。
なぜ盗撮かというのは 最後のお楽しみ。
ここからの画像の彼は最後まで一切足をついてないです。地面に腰を下ろしてるようにみえるけど、そうじゃない。足は宙に浮いてます。
e0149587_8533775.jpg

e0149587_8535313.jpg

e0149587_854637.jpg

e0149587_8542031.jpg

e0149587_8543513.jpg

e0149587_8545049.jpg

e0149587_855592.jpg


メッセンジャーっぽい雰囲気ないし、きっと彼らはピスト好きなヒトなんやろな。

サンフランシスコは坂がとても多い街。MASH効果でピストのイメージがついてるけれどそんな事もなく、この写真をとる私の背中ではBMXボーイたちがトリックの練習を。そして、湾岸にあるこの公園の横はサイクリングを楽しむローディーたちの姿が。
ピストに限らず、自転車を楽しむヒトが多い街なようです。

なぜ 盗撮かというと、コレ。
e0149587_8551858.jpg

すがすがしい休日の3時に鞠○を。
勇気を出してハローと声をかけようかと思ったけれど、この行動でその気持ちは折れました。
私こういうの嫌いです。ここはアメリカやしって思うけど、、、
メッセンジャーとかピストとか、言葉が古いけれど、チャラいって思われてるイメージが強いんです。私の勝手な思い込みかもしれないけれど。
たとえば、ギャルが渋谷の街を清掃して、イメージ転化をはかる活動をするような、そういうことをしなくてはいけないメッセンジャーやピスト乗りはよくないと思うんです。ごくごく当たり前に、クールなローディたちともコミュニケーションをとる事が出来なくてはいけないと思うんです。自転車という大きな枠組みの中で、勝手にカルチャーと騒ぎだして、言ったら輪界の一部に含まれる自分たちは、ずっと以前から輪界にいる人たちからすると新しい人間な訳で、法律を犯すような事はもちろんのこと、マナーを守らない、素行が悪いなど、当然煙たがられる訳です。
ま、せめて自分くらいはまともでありたいと思ってます。

なんだか おばちゃん臭い事言ってますが、ここ、サンフランシスコでこんな事を考えてしまいました。
私自身が元々競技者だったからなのかもしれませんが。
[PR]
# by cosset-cosset | 2008-12-01 09:16

感謝祭

日本人の私はアメリカの感謝祭という盛大な祝日を知らずに渡米したのです。
驚く事に、とてもとても多くのヒトが感謝祭に帰省し、街はどのお店も会社もお休みになり、家族で「ハッピー サンクスギビングデー」をするのです。
本当にびっくりするくらいみんな大人しく帰省するし、家族の時間を大切にするし、飛行機の国内線のチケットとれへんし(それくらい多くのヒトが家族のもとへ帰省するのです)、いわゆる日本のお盆みたいなもんかなあと理解してます。

ステイ先のBABA君は奥さんのクレアの故郷に来て二年目でまだパレードを見た事がないというので、
e0149587_8355446.jpg

閑散とした街を自転車で走り、

e0149587_8363097.jpg

国民的異常事態を見に行くのです。

朝からテレビでパレードの生中継を見てたにもかかわらず、会場へ来てみると、やっぱり異常事態としか思えへん。

e0149587_8394081.jpg


寒空の下、州内から集結したブラスバンドやらレオタード姿のお姉さんやら、ボーイスカウトやら、感謝祭を祝う人々が集結し、4時間練り歩くヒト、パレードを見るヒト。私には異常事態としか思えへん。
BABA君曰く アメリカ人パレード好きみたいって。

本当に一昔前の日本の元旦のように街のお店はどこも閉店で、ヒトも少ない。
みんな何をしているのかというと、七面鳥を料理して、ホームパーティ。
アメリカに来てから「感謝祭はどうするんだ?」って聞かれまくり、つい先日Squidにも「感謝祭はどうするんだ?七面鳥は好きか?」って聞かれ、そんなにみんな七面鳥食べるんかいな?って思ってたら、本当に、本当に

e0149587_8452680.jpg


家庭のオーブンで丸焼きに!
そして、パーティーに持って行くのです。私はクレアのおばあちゃんのパーティに招いてもらいました。

そして、今日がフィラデルフィア最終日の私にどうしても会いたいというヒトが深夜にパーティを開いてくれました。

e0149587_847555.jpg


2002年のKyotoLOCO以来!っていうか、まさか会えるとは思わなかったよErick!
私の大好きなRELAXという雑誌にもKyotoLOCOの時に取材を受けてた彼!結婚した今もなおメッセンジャー続けてます。
いや〜 うれしかった!あれから6年もたったなんて。。。そりゃ年とるわなあ。
この日最後までパーティに残ってくれたフィラデルフィアのメッセンジャー(ご近所さん)ありがとう!

e0149587_8494294.jpg

[PR]
# by cosset-cosset | 2008-11-29 08:51

ちょっとそこまで

ここでも自転車を借りたので、

e0149587_23255969.jpg


街へパトロールに出かける。あらかじめメッセンジャーの集まるスポットを聞いて、そこへ行くと、まあまあメッセンジャーが。

e0149587_2327138.jpg


アメリカのメッセンジャーは日本のメッセンジャーに比べて怠け者が多いらしく、オーダーをとらずに待機を好むヒトも多いらしい。
ここフィラデルフィアでメッセンジャーをしている日本人 BABA君に会いたくて、そこら中のメッセンジャーにBABAを知ってるか?ってとりあえず聞きまくる。メッセンジャーって便利で、みんな無線を持ってるからすぐにコールしてくれて、がんばり屋さんのBABA君は忙しいみたいで、BABA君の奥さんのClairに会えました。
BABA君は日本でもメッセンジャーしてて、当時日本で英会話の先生をしていたClairと出会い、昨年結婚。そして、フィラデルフィアに移住してもなお、メッセンジャーを続けているヒト。やっぱ私は言葉に不自由してるので、彼らに助けてもらってます。

メッセンジャーはビッグファミリーなので、みんな親切です。

で、ちょっとそこまで出かけてみようということで、

e0149587_23354319.jpg


往復20ドルの激安チャイナバス。チャリンコもそのまま乗せてくれます。
行った先は
e0149587_23371155.jpg


そうNYC。フィラデルフィアから2時間のバスの旅。チャイナタウンを結ぶこのバス、本当に安い。そして、中国勢力のすごさを実感。たぶんフィラデルフィアとニューヨークの距離は京都〜名古屋と同じくらいだろうけれど、バスが安すぎ!

2005年に開催されたCMWCというメッセンジャーの世界選手権に参加するためにここに来て以来久しぶり。今回の旅の中にNYCは訪れる予定のなかった都市なので、地球の歩き方一冊だけの情報をたよりに街をサイクリング。
でも、本当の目的は

e0149587_23433720.jpg

彼に会うため。彼の名前はSquidといって、2003年のKyotoLOCOで初めて会いました。で、私がピストに乗るきっかけになったのも、メッセンジャーを続けようと思ったのも、彼の影響です。Squidは新しくCycleHawkというメッセンジャー会社を立ち上げ、とても忙しいのに、私のために時間を割いてくれました。
「メッセンジャーはビッグファミリーだから」 といって。
すごくいい言葉だと思います。
私がこんな旅をしていても、いつも誰かに助けてもらってます。次の目的地を言うと、「泊まる所はあるのか?」って聞いてくれるし、ご飯やらビールやら食べさせてもらってるし。
Squidに会って、クリスマスイルミネーションに飾られた街をサイクリングして、またチャイナバスに乗って、フィラデルフィアに帰って来たのです。

最後に。
フィリーでも、ニューヨークでも、「SHINO」の名前と「CMWCinTokyo」の事が必ず話題に出ます。shinoすごいね。来年のCMWCすごいことになりそうね。
[PR]
# by cosset-cosset | 2008-11-27 00:06

さてさて

あっさりとミネアポリスを後にした私。

次はどこに来たかというと、フィラデルフィア。クリームチーズのフィラデルフィア。
メッセンジャーといえば、ニューヨークちゃう?って言われるけれど、3年か4年前に行った事あるし、それも、2週間も滞在したし。でも、ここリフィーからバスで2時間でNYCに行けるようなので、行ってみようかと考え中。

で、ここ、フィラデルフィアに降り立った私。寒いけど、寒くない。極寒のミネアポリスから来たから、全然平気。
空港まで迎えに来てくれたのは、REloadのRoland。
このREloadは、老舗メッセンジャーバッグファクトリーで、日本でもシェアNo1。今年10周年を迎えました。
すげー。
前にも書いたけれど、一つの事を続ける事って難しくて、一つの区切りとして、10年って本当にすごい事だと思う。
で、何がすごいって、スキルの向上、作業場の広さ、スタッフの数。
今、私はREloadの作業場の隅っこでブログ書いてます。

e0149587_245164.jpg


さらにショップもあるらしい。

今週末に行われるセールの準備で、今日はお休みにも関わらず、みんな一生懸命縫ってます。手伝ってあげたいけど、逆に足手まといになるんかなあ と思いながら、隅っこでじっくり観察です。
私はREloadのメッセンジャーバッグを3つ持ってます。そのうち二つはプライズでもらった物ですが、どれもお気に入り♪メッセンジャーはより大きいカバンの方が、一度のデリバリーでたくさん荷物を運べるからという要望が多いらしく、その時作られてる大きなカバンを毎回もらったのですが、一番最後にもらったカバンが一番大きい。どんどん進化しています。
10周年おめでとう!
[PR]
# by cosset-cosset | 2008-11-25 02:19