人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

乱暴な斜度。

梅雨入り前に行ってきた乱暴な斜度。
一年に一度、暑くもなく寒くもない時期に登りたくなります。
e0149587_04295629.jpg
しょっちゅう行くには斜度が乱暴すぎる(体のダメージが大き過ぎる)のと、
e0149587_04300471.jpg
正直同じ京都市内でありながら、家からいささか遠いのが、年に一度でいい理由です。(家から遠いとその道中の楽しさもポイントになりますが、正直市内中心部を走るのは楽しくない。)
e0149587_04330465.jpg
そして、おそらく人生で最初にの乱暴な斜度を登って20年。登るたびに降車率が多くなってる気がします。
なかなか、そう、なかなか乱暴です。


ゼエハア登って、ボトルの水がなくなっても
e0149587_04331085.jpg
途中で汲める安心感。
e0149587_04321423.jpg
途中の拾い物も、
e0149587_04333174.jpg
持って帰りたいものも、時々ちゃんと落ちてる。
e0149587_04320732.jpg
ただ、一つ欠点があるとすれば、登坂の入り口あたりからずっと携帯電話の”電波圏外”だと言うこと。
10-8を送って(明らかにサイクルジャージを着ているので)”これからちょっと自転車に乗って遊びに行ってきます”と先生たちに伝えても、行き先はもちろん言ってないし、何より昼間子どもに何かトラブルが発生して”お母さんに連絡!”となった場合、ワタシは連絡のつかない場所にいるわけで。。。
10-8を送ってお迎えまでの5時間弱。
あまり携帯の電波なんて確認することはありませんが、そのうち半分くらいの時間は圏外でした。

e0149587_04582099.jpg
来年10-8が小学生になっても、ワタシのお母さん業は続くわけで、あまりワンパクに電波の届かないところへ遊びに出かけるのも良くないな、と思った梅雨入り前の平日。
もちろん10-8に何かあってもいけないし、逆にワタシに何かあってもいけない。

乱暴な斜度との戯れは、ツレが在宅する土日の日中に制限すべきかな、と思ったり。



# by cosset-cosset | 2019-07-01 05:03

ブロンプトン用に、1。

ブロンプトン(BROMPTON)の素晴らしいフロントキャリアシステム。
専用バッグは多々あれど、やっぱりオーダーしたいと言っていただけるのはとても嬉しいです。
e0149587_09492399.jpg
コゼバッグのトート型メッセンジャーMサイズ、に高さを。
なぜ高さをプラスするのか?というと、
e0149587_09492922.jpg
フロントキャリアがTバッグ用だから。

フロントキャリアには色々とサイズがありますが、今回お客さんが”バッグが出来上がってからフロントキャリアを購入する”ということでしたので、コゼバッグで持っている唯一のフロントキャリアTバッグ用のサイズに合わせて作らせてもらいました。
e0149587_09495270.jpg
真っ黒で、シンプルに。
e0149587_09494753.jpg
キャリアシステムの大切なハンドル部分も十分に使えます。
e0149587_09550866.jpg
BROMPTON用に、と言っていただければ、フロントキャリアに合わせて背面を作ります。折りたたんで輪行などする際にキャリアのハンドルが使いやすいようにしますし、キャリアが簡単に外れないよう工夫ももちろん、バッグの中にはキャリア装着時に安定するよう、中敷をしっかりと。


ブロンプトンのフロントキャリアは数年前に比べて純正のみならず、色々と増えたような感じがあります。というのも、ワタシはブロンプトンを持っていないですし、いつも情報はお客さんからいただきます。ワタシは”純正品”という言葉が純粋に好きですが、廉価版やショップオリジナルなど本当に選択肢が増えた印象があります。
以前から、ブロンプトンのお客さんには可能な限りバッグを取り付けるキャリアを預からせてもらっています。不思議とキャリアを二つ持ってるというお客さんが多いのです。もしくは、キャリアを買ったけれどまだバッグは持ってないから、とか、これからバッグに合わせてキャリアを買うから、まずばバッグを、とか。
バッグありきで、バッグ完成後にキャリアを買うお客さんとは、バッグのオーダーの際に取り付けるキャリアのことも話をしなくてはなりません。自転車屋さんではないので、コンピュータを前にお客さんとこのキャリアは?などと話してるうちに少しずつ詳しくなる、という流れです。

ちなみに、コゼバッグが持ってるブロンプトンのフロントキャリアも、ブロンプトンのお客さんが増えてきたし、、、と思って買いました。それもSバッグ用。それを買った直後に来てくれたお客さんがブロンプトン初めての方で、Tバッグ用のフロントキャリアを買って持ってきてくれたけれど、コゼバッグのトート型Mサイズのサイズ感にこだわってTバッグ用だとどうしてもMサイズから高さを加えないとキャリアがはまらないので、ワタシのSバッグ用とお客さんのTバッグ用を交換した結果、ワタシの手元にはTバッグ用があるのです。(最初にも書きましたが、Tバッグ用のキャリアにはMサイズのトートに高さを足します。Sバッグ用はMサイズの高さそのままです)


長くなりました。
今回のブログタイトルは1です。近々2に続きます。

# by cosset-cosset | 2019-06-28 04:54

5歳を連れて山登り。

なかなか梅雨入りしない京都。
6月も20日を過ぎたのに、梅雨入りせず、”こんなに過ごしやすい6月はかつて経験したことがないぞ”と体が信号を発信しています。5月にも”こんなに爽やかな5月は経験したことがない”とひたすら爽やかな空を眺めて思った記憶があるので、やっぱり今年は例年にない特別な年かもしれません。

梅雨に入って雨が降った日曜日には”アレしよう””コレしよう”と予定しているのですが、毎週日曜日はうまい具合に肩透かしをくらい、雨が降らない。することがない。そんなに暑くもない。家にいるのが勿体無い。ということで、昨日は4月からワタシがコツコツと歩いて体力をつけていってる山登りを。

5歳を連れて山登り。
800メートル級の山登り。
5歳本人は登る気満々で、自分の無敵さをアピールしてくるのですが、ちょっとどころじゃない不安があるので、ツレは我が家愛用の背負子を用意。ちなみに、背負子は総重量23kgまでOKらしい。10-8は21kg。着衣予想22kg。背負子にはまだ入れる。けれど、それを背負って山を登れるかは微妙な重さ。

とにかく、子どもには山を楽しんで欲しいので、子どもの体力温存のために、
e0149587_04352549.jpg
登りではちょっとしんどいと言えば背負子に乗ったり降りたり励ましたりそそのかしたり。
e0149587_04451355.jpg
平坦と下りではすぐ調子に乗ってスキップしたり走ったりチョけて歩くのを窘めて、
e0149587_04481161.jpg
とにかく励まして励まして、おやつで釣って、
e0149587_04320815.jpg
なんとか高みに到着です。
よく登りました。
e0149587_04321286.jpg
高いところからこのあいだ自転車で行った琵琶湖が見られるので、5歳でも距離感はつかめているらしい。


そして、高いところまで登ったなら、下るのみ。ですが、きた道を戻るのは嫌なので違うルートを。
ご飯でお腹もいっぱいで、くたびれて、背負子に乗ったら小気味好い揺れが眠りを誘い、
e0149587_04335285.jpg
ツレは悶絶しながら
e0149587_04565272.jpg
登ったり降りたり。
そして、自分の体力の限界がきたら寝る子を起こして歩いてもらい、
e0149587_04592819.jpg
無事に自転車置き場まで戻ることができました。
歩いた時間6時間半。子連れで歩くと一人でパパッと同じルートを歩くいつもより二時間多くかかりました。
それでも何とか歩けた。
それも10-8は”楽しかった”と言ってくれて、またいつか一緒に同じルートを歩く日がきたらもっと歩けるようになって背負子は不要になって、そうなるとツレが一緒に行く必要も無くなって、子どもの成長と大人の老化を同時に味わえる日が来るんだろうな、と家に向かう自転車に乗りながら思ったのです。
まるでビーパル的な休日。
アウトドア一家と思われても仕方がないような休日。


# by cosset-cosset | 2019-06-24 05:08

B.DにF.B

最初にBigDummyを買ったからバッグを、、、とメールをいただいた時に正直ドキッ!としました。
後ろのサイドバッグだったら嫌やな、と。
心配は杞憂に終わり作らせてもらったのは、
e0149587_04290641.jpg
フレームバッグ。
e0149587_04300761.jpg
大きくないサイズのBigDmmyはワタシの1×1のフレームより小さく、想像以上にコンパクトでした。
e0149587_04291382.jpg
コゼバッグ、10年ぶりにフレームバッグでファスナーを。
10年前はファスナーを持ち込んでもらって無理やりつけた感満載でしたが、今回はきちんとこちらで用意して長さを加工。
ファスナーは止水ファスナーでも防水ファスナーでもないので、雨の侵入を防ぐ覆いをつけようかと思ったのですが、案外フレームバッグをオーダーする方は”ガサッと入れたい”タイプが多いようで、単純でシンプルにそのままです。

三角にフレームバッグをつけてしまうと、ボトルはどこに?となりますが、
e0149587_04293328.jpg
思いもかけず、後ろに。


さて。
新しく手に入れたBigDummy。
さらなる世界の広がりを。
e0149587_04302144.jpg
行ってらっしゃい!


# by cosset-cosset | 2019-06-20 04:41

宮島記

いつかどこかで”奈良の鹿と宮島の鹿を比べるとフンの形が違う”と見聞きした記憶を確認するために、
e0149587_16363570.jpg
宮島へ。
奈良の鹿よりおとなしい印象でした。
e0149587_16381331.jpg
10-8は、ワタシが割と動物なんでもOK(生きてても死んでても)なので、そのDNAを引き継ぎ、鹿との距離は近め。
そして、後で鹿の写真集を見て思い出したのは、宮島の鹿は奈良の鹿に比べて小ぶりなこと。
野生の鹿は本気でデカイ。やっぱり山野を駆け回ってるだけある。そして最近は美味しいものも増えたのかたくさん食べてたくさん運動してるような草食動物としてのシュッとした体が印象的。
奈良の鹿は、鹿せんべいを貪り食ってるせいか、あんまり俊敏に動く印象は少ないものの、まあ、でかい。
宮島の鹿は、鹿せんべいももらえないし住民から甘やかされてない印象で、どんどん小型化している、らしい。確かに全体的に小柄。
e0149587_16443062.jpg
鹿、ずっとモグモグしてるのが可愛い。
”ガムをずっと噛んではるねん”と10-8に嘘を教えておきました。

e0149587_16424888.jpg
宮島へ行って鹿のフンを確かめたかった。
そして、鹿の耳にはめっちゃ件のダニがびっしりでした。。。あー恐ろしや。
e0149587_16471483.jpg
神仏を信じないワタシは、宮島へ行っても厳島神社へも参らず、鹿を愛でて触って大満足。



# by cosset-cosset | 2019-06-17 05:05