人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今日からワタシは。

少し休ませてもらってましたが、今日から仕事再開です。
今日からワタシは。_e0149587_15270662.jpeg
いやいや、痛かった。
そして、恐怖で震えた。
”ノグチさん頑張ろうな”と先生に声かけてもらって酸素マスクの空気が甘いなあ、と思った次の瞬間”ノグチさん終わりましたよ”でした。
時計見たら、映画一本分の時間過ぎてた。
そっからは、痛かった。
最初は傷よりも横隔膜を持ち上げるために臍から注入したという3リットルの炭酸ガスでお腹パンパンで、それが自然に吸収されるっていう割にはお腹に溜まりまくり、肩関節から気泡が出てるんちゃうか?っていうくらい、肩が痛かった。(ガスは体のいろんなとこから出てくらしいけど、肩関節を通過することも多々あるらしい)
お腹が萎み出した頃からは、せっかく鍛えた腹筋と筋膜を切ったった部分が、まだ痛い。
わたしの内臓から切り取られた臓器は、気の利く主治医が標本として写真を撮り、ご丁寧に写真印刷して届けてくれました。
あまりの生々しさが目に焼きついてホルモンは、多分永遠に食べられないと思う。

ワタシ、入院する日の朝は、さすがにしばらくランニングは無理やろうと思って祇園界隈まで走って来ました。
それがこの写真。
そんな難しい手術じゃない、っていうから退院したらスタスタ歩けるんかと思ったら全然そんなことないし、入院と手術を完全に舐めてました。
祇園でこんな朝の時間が過ごせるようになるのは、、、いつになるだろうか、と。

まだ自転車には乗れません。
でも、人間ってすごいもんで、だいぶまともに歩けるようになりました。
右足も上がるし左足の踏ん張りも効くからミシンを今日から再開です。(本当、自営でよかった)
今月中に送るっていったバッグ、まだ送ってないし、そんなこんなで制作遅れてるし、今日から、ボチボチです。

# by cosset-cosset | 2024-06-27 05:50

シーズン。

とうとう来た。
シーズン。_e0149587_09494229.jpg
野いちごのシーズンが。
この袋に、7種類ほどの野いちごが入ってて、今年はどうにも不作気味だけれど、あっちでポイ、こっちでポイ、と少しずつ収穫するお楽しみ。

シーズン。_e0149587_09505525.jpg
と同時に。
野良山椒の木から山椒の実を一袋。
何年か観察してるけど、人間が誰も取りに来ない。
鳥が食べまくってフンをしてるせいか、ふと気がつくと、そこらじゅう山椒の木が生えてるけど、案外メスの木は少なくて。
ひたすら巨木になる前に、手の届く下の方はワタシがいただく。
かといって。
この季節といえば”山椒”と言えるほど京都人になりきっていないので、収穫を楽しんで持ち帰ったら、路地のおばちゃんに全部、あげる。

シーズン。_e0149587_09533359.jpg
今年はタケノコは正直微妙だった。
畑の、春のお約束の豆類も、微妙だった。
野いちごも、まあこれは誰かがやってくれた大掛かりな草刈りの影響もあるかもしれないけど、微妙。
自然のものって、難しいな。
畑で育ててても微妙なくらいだから、難しいわな、と。
シーズン。_e0149587_09532554.jpg
そして、もっと微妙なのが、ワタシ。
コゼバッグは今週、ちょっと音信不通になります。
土曜日のアトリエの日は臨時休業です。
アトリエの電話には出ませんし、メール、オンラインショップの対応などはまた来週。
アトリエ来訪を予定されてた方、予約の延期をお願いした方には申し訳ないです。
もう、ドキドキしかありません。
納得はしているけれど、恐怖でしかないポイントはいくつかある。
まず、お臍に穴を開けること。(幼少期より、親には臍はいじったらダメだとキツく言われてた、にもかかわらず。。。)
そして、そこからガスを入れ肺と胃を持ち上げるとな。(四十数年生きてきて、肺と胃を動かしたことないわな。。。)
そしてそして。持ち上げた肺と胃のせいで呼吸できなくなるといけないから、気管にチューブを入れるとな。。。(正直、ありえない。)

全部寝てる間に終わるから、とは言え、話を聞いただけで汗が止まらず、今こうやって書いてるだけで手のひらびちゃびちゃで、怖すぎるんですが、仕方ないです。
しばらく諸々更新ありませんので悪しからず。

そうこうしてる間にも、野いちごの旬が去ってゆく。。。



# by cosset-cosset | 2024-06-17 05:53
ちょうど新緑の季節に、作っていて気持ちよかったメッセンジャーバッグ。
新緑の季節に気持ちいい。_e0149587_10062147.jpg

ああ、今こそこういう色のバッグ背負って自転車乗ったら楽しいだろうなあ、と想像してたら、作ってて楽しくなってきたバッグ。
新緑の季節に気持ちいい。_e0149587_10072841.jpg
どうしても、明るい色の帆布の生地は、特にフラップ部分が紫外線の影響を受けやすく、白く色褪せる傾向にあります。
最初はしっかりファブリック用のUVカットスプレーなどでお手入れをして。
それでも防ぎきれずに色褪せてきたら、色褪せをとことん楽しむのがおすすめです。
あんまりきっちり”スプレーを毎日吹きかけなくちゃ”と使命感たっぷりで使うようなバッグではないと思ってるので、あくまでも道具として、しっかり使って使用感も楽しんでもらえたら嬉しいなあと思います。
新緑の季節に気持ちいい。_e0149587_10094948.jpg
帆布は、全然いい状況にありません。
コゼバッグはたくさんの色数を揃えてますが、メーカーがすでに出してない色が多々。
今後、メーカーの出す色は減る一方だと思って間違い無いと思います。
たくさんある色の中から好きな色を選べるのが良さの一つでもある帆布ですが、特にこういうパッと明るい色は、アトリエにストックがある間にオーダーされるのが良いかと思います。(結構”微妙だな”と思う色も、微妙なだけあってどんどんメーカーは廃盤にしてるので、お急ぎを)
新緑の季節に気持ちいい。_e0149587_10095539.jpg
バッグに仕上げてしまうと、仕舞い込んだらよくはないけど、幾つかのバッグの一つとしてレギュラー入りして時々でいいので使ってもらえると、10年それ以上はこの状態で使うことができます。

UVカットスプレーの日々のもいいけれど、この間紹介した10年以上使ってもらってお直ししたバッグみたいに、とことん使い込んだ部分と傷んだ部分をMIXできるようなバッグにお直しできるのも、帆布のいいところ。

この新緑色のメッセンジャーバッグ。いつか使い込まれていい色合いになった頃にまた戻ってきて欲しいなあと思ってます。




# by cosset-cosset | 2024-06-13 05:43

工夫を重ねて。

右前足のないコハルちゃん。
ロングテールバイクに乗せるも、3本足で踏ん張るのは難しいらしい。
座ってられるほど自転車への信用もないし、かといって伏せてられるほど落ち着いて乗れるものでもないらしい。
結果、立ってるんだけど、バランス崩してロングテールバイクから転がり落ちること、多々。
どんだけ体を固定しようとしても柔らかく細い体はすり抜けて転がり落ちる。
一度顔から落ちて血が出ちゃったし、くくりつけすぎていつかどこかの骨が折れるんじゃないか?と心配になるくらいで、ロングテールバイクは、諦めました。

工夫を重ねて。_e0149587_09102280.jpeg
次なる運搬車。
チャイルドトレーラー。
新品のワンワン仕様が高すぎるので、家にあるチャイルドをカスタムしたこれで行くしかない。
工夫を重ね、成長したチャイルドが乗れなくなったシート部分にスノコで安心安定の板を敷き、ワンワン仕様に。
工夫を重ねて。_e0149587_09142218.jpg
これで座ってもらうしかない。
工夫を重ねて。_e0149587_09143983.jpeg
乗り心地がどうとかそう言うことは置いといて、と思ったけど、自転車走らせてる時に後ろを見ると案外リラックスモードに入ってるから悪くはないんだと思う。
工夫を重ねて。_e0149587_09155032.jpeg
4本足が当たり前の犬が3本足になると、長く歩くのが難しいみたいで、御所へ行くにもやっぱり自転車移動は必須。
それがかわいそうかと言われると(結構通りすがりの老人たちに足が3本しかない状況を”かわいそうだ”と言われる)別にそうではないと思う。足、まだ3本も残ってるしなって前向きに捉えるか、1本無くなってしまったと後ろ向きに捉えるかで、全然、人生変わると思うんだけどなって、コハルちゃんの右前足を失った説明を何十何百回と重ねるうちに思うようになりました。
工夫を重ねて。_e0149587_09283029.jpeg
義足つけてあげられたらな、って思わなくはないけど、犬にも猫にも足が一つないって、関係ないらしい。
一緒に暮らしてると、本当にそう思う。
工夫を重ねて。_e0149587_09282373.jpeg

ペットとして大事な”おすわり”や”待て”ができないんだとしばらくは思ってたけど、実は全然できるってことを隠してたコハルちゃん。(茹で胸肉にトキメクらしい)
無駄吠えしない、おとなしい、人懐っこい、他の犬にもフレンドリー。
なかなか、完璧です。
それに、自転車にちゃんと乗れるようになったし。
なおさらです。

そして昨日散歩してたら”屋久島犬ですか?”って聞かれて、その人に屋久島犬について教えてもらって、画像検索したら、衝撃の、、、コハルちゃんがたくさん出てきました。
雑種、保護犬ってルーツを探るのが、面白いです。

# by cosset-cosset | 2024-06-10 05:57

お直し、以上に。

10年以上前に作らせてもらったコゼバッグ、トート型メッセンジャーLサイズ。
お直し、以上に。_e0149587_11204256.jpg
”浮気して他所のも使ってみたけど、やっぱりこれが便利やね”と嬉しいお言葉と共に、ちょっとお直しで出戻ってきました。
お直し、以上に。_e0149587_11204764.jpg
Lサイズのいいところは、なんでもどんどんどかっと入る。
お直し、以上に。_e0149587_11205203.jpg
たくさん入ったバッグを、取手を持って持てる。
ショルダーベルトを斜めがけもできる。
ショルダーベルトをワンショルダーでかけることもできる。

ワタシも、コゼバッグ始める前に作ったコゼバッグの原型とも言えるバッグ、Lサイズよりマチが小さめだけど、大荷物の時にはいまだに現役で重宝してます。

帆布で作らせてもらったお客さんのバッグ。
バッグの口の部分は手が当たったり捩れたりで擦り切れて。
お直し、以上に。_e0149587_11252103.jpg
だからグルッと交換。
お直し、以上に。_e0149587_11251680.jpg
ちょっと色を変えて。
底角の補強の部分も痛んでる。
お直し、以上に。_e0149587_11252696.jpg
補強部分だけ交換しようと思ったけど、その近くのボディも痛んでるから、ぐるっと交換つけ足させてもらいました。
お直し、以上に。_e0149587_11250747.jpg
エイっとね。

使えば使うほど味が出る、と言う帆布もいいように言えばそうなのですが、逆に言えば”味”の向こう側に行っちゃったらどうするの?ってなるわけで。使って味が出てそれ以上ははい終わり、ではなくて、また復活できる要素を持たせるって、長い目で見たら大事かもね、って思っていたりします。



# by cosset-cosset | 2024-06-06 06:00