人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

挫折。

10年の習慣というのは、恐ろしいなと思ったこの1ヶ月。
10-8誕生とともに、時間のやりくりをなんとかしなくてはと思って、自分が起きる時間を2時間15分早くしたのが始まりの、早起きの習慣。

チャロが死ぬ少し前の自力で歩けなくなった時に”このままチャロが死んだらワタシは夕方チャロの散歩に当ててた1時間、毎日悲しくて時間を無駄にしそうだ”と思ったのと、かつ、朝早すぎる起床時間をなんとかしたいと思っていたのが合わさって、時差ずらし計画というのを立てました。

先の長くなさそうなチャロ不在の時間の空白を埋めるべく、早速行動開始。
まずは朝起きる時間を遅くしようと、寝る時間を遅らせました。
そして、朝ランニングに行くのを、チャロの散歩に当ててた時間の夕方1時間走ることに。

うまくいかなかった。
遅く寝たところで、別に、いつも通り早く目が覚めるのです。
10年ずっとそうしてたから、体は急には変わらない。

そして、夕方1時間走る。
うまく行くように思えて、春の京都は予想以上に人がいっぱいで、気持ちよく走れない。
朝は誰もいないからこっそり赤でも渡ってた信号はきっちり守らなきゃいけないし、歩道をガラガラとキャリーケースを押す観光客の間を縫って走るのは、気持ち良いの真逆のストレスでしかない。。。
そして夕方というのは多くの犬が散歩をする時間であって、元気な犬を見てるだけで涙が出る。

ということで、諦めた。
もう、いい。
もう、三文の徳を得られないくらいの早起きでも、ワタシは構わない。

ということで。
先日出かけた旅先でも早朝ランニング。
挫折。_e0149587_16184526.jpeg
田舎の漁港。蟹工船を横目に橋を渡り、朝日を見る。
いつどこへ行っても、だいたい同じ時間に目が覚める。
日の出より遅い目覚めというのは、もう10年以上経験したことがありませんが、もう、それはそれでいいじゃないか、と思う。

ほんと、世の中には夜型から朝型へシフトしましょうという教本は山ほどあるけれど、逆はない。朝型が健康か?と問われると微妙だとしか思えないけれど、この間友達が”今はテレビでもラジオでも配信があるから時間に縛られることがなくなったし、いつ寝ていつ起きてもいいんじゃない?”って言ってて、ほんと、その通りだなと思ったので、またしばらく、国内一人時差ボケを続けます。

# by cosset-cosset | 2024-04-18 05:42

シンプルに。

結構色々と詰め込んだバッグのオーダーが多いこの頃。
そんな中、作らせてもらったシンプルなメッセンジャーバッグ。
シンプルに。_e0149587_15092640.jpg
カスタムするのも好きだけど、シンプルなバッグもいいです。
シンプルに。_e0149587_15093043.jpg
長い目で見ると、遠い将来、もし修理をすることになった場合はやっぱりシンプルがいいと思います。
色々と付けたくなる気持ちはわかるけど、やっぱり付けたところから痛むのがバッグ。
傷んだバッグを修理するときはバラして平面に戻すのですが、傷んだ生地自体を修理するのは物理的に不可能で、傷んだ部分を切り取って新しいのを繋ぎ合わせるわけですが、そうすると、繋ぎ合わせたところがウィークポイントになるわけで。(まあ正直なところ、バラして元に戻すという修理において、シンプルな方が作業がしやすいということです)

というより、そういうのを踏まえて、コゼバッグがドーンと提示してるのはシンプルなバッグ。
シンプルに。_e0149587_15093718.jpg
付けたい人はつけたらいい。
つけたくない人はそのままでいい。
そのままよりもっとシンプルがよかったら、ポケットもマジックテープも外したらいい。(トート型メッセンジャーバッグなんて、メッセンジャーバッグにフラップいらないよね、でも取手があったら意外と便利だよね、から始まったバッグですから。)
シンプルに。_e0149587_15094584.jpg
そういう、いる要らないをオーダーできるのが、コゼバッグのいいところ。
いる方に目を向けがちだけど、要らないのも全然アリです。
シンプルに。_e0149587_15095244.jpg
でも、タグの位置とかポケットのお部屋を二つに分けたりとか、そういう”自分なりのこだわり”や”自分ならこう使うな”みたいなのを詰め込めるのも、カラーオーダーだけじゃないオーダーの良さだと思います。

色々詰め込んだバッグも好き。ワタシはお客さんの理想を形にする戦いに挑むことで、ものすごくやりがいがある。
シンプルなバッグも好き。多分、さっぱりした性格なんやろなみたいな勝手な妄想をしながらとても丁寧に、一つのバッグを作り上げる。

オーダーくれるお客さん、ありがとうございます。
結構色々作る仕事って楽しいです。



# by cosset-cosset | 2024-04-15 05:37

カゴが欲しい。

ワタシがロングテールバイクを愛用する理由の一つに、”背負わなくてもいい”という快適さがあります。
そんな親を見て10年。
友達の可愛らしいカゴ付きママチャリに憧れがありつつも、言い出せなかった10-8がとうとう”カゴが欲しい”と言い出しました。

成長に伴い大きくなったマウンテンバイク。
キャリアが装着できるらしい。
そしてその上にカゴが装着できるらしい。

ツレがキャリアとカゴを持ち帰って取り付けてくれるのを心待ちにしていた10-8。
カゴが欲しい。_e0149587_11281251.jpeg
春休み突入とともにカゴが自転車に装着されました。

ワタシは詳細を聞かされてなかったので、てっきり前カゴだと思ってました。
だから、この自転車を見た時、朝時々組み込まれる登校中の高校生トレインの中にいる高校球児みたいやんか(彼らは荷物が多いから後ろカゴを駆使していて、ママチャリのおばさんがつける後ろカゴとはまた雰囲気が違う、なんというか、こう、説明が難しい感じの、ヤングなカゴ使いとでもいうのかな、そんな雰囲気)と思ってしまった。

”手ぶらってめっちゃ楽!カゴがあるといいねえ”と自転車に乗るたびに嬉しそうにしています。
カゴが欲しい。_e0149587_11314085.jpeg
クールさはないけどな、とワタシは内心思ってますが、本人がいいなら良かろうと思います。
ただ。
カゴはただのカゴ。
パニアみたいに口をコントロールできないので、いつ後ろかごの荷物が知らない間に消え去っていても不思議ではない状況。その辺は、今後の工夫というか”コゼバッグでカゴカバーつくってよ”と言われてるけど、ワタシは5月いっぱいくらいまではお仕事パンパンなので、シャワーキャップでも被せとけば、というだけで。

ロングテールバイクでワタシは”気づいたら無くなってたもの”がいくつもあって、後ろカゴなどの見えてない入れ物への不安は結構あって、油断を生まないことがなくしもの防止の最大の対策だと思ってます。10-8も、経験積んでどうしたら不安がなくなるか、工夫をしてって欲しいです。

# by cosset-cosset | 2024-04-11 05:38

緑と紫の、紫。

前回と同じく、作らせてもらったフレームバッグ。
緑と紫の、紫の方。
緑と紫の、紫。_e0149587_06000855.jpg
これも、雑な段ボール図面の裏側に書いてあった三角。
なんとなく、イメージですが、一人の人(当然同じ身長)の自転車ってサイズが同じだと思うのですが、同じブランドで車種が変わるとこうも三角の寸法が違うのか!と思わされたフレーム。

同じお客さんからもらったオーダーなのに三角のサイズが違いすぎて、どういうことか分からなくって、書いてあった字を元に車種を調べてしまいました。

緑と紫の、紫。_e0149587_06022656.jpg
ワタシはケチなので、もし、自分が2車両持っててどちらにもフレームバッグつけたかったらどちらにも無難な感じにつけられるのをオーダーしちゃうだろうな、と思うのですが、このお客さんは、太っ腹。
一車種一つ。
緑と紫の、紫。_e0149587_06023670.jpg
仕様は同じ。
緑と紫の、紫。_e0149587_06023122.jpg
これまた、困難を極めた、またがって左側のファスナー付き巨大ポケット。

できれば、見た目はシンプルにしたい。
三角ピッタリサイズだと、見える部分をシンプルにするために、見えない部分にこちゃこちゃっと細工するのですが、見えないはずの部分が見えてしまうシートチューブ側のブランク。

次から、見積りには十分気をつけよう、と思ったフレームバッグ。
ぜひ、また自転車新しく手に入れた際には、フレームバッグのオーダーをお待ちしてますね。
いつもありがとうございます。

# by cosset-cosset | 2024-04-08 05:45

緑と紫の、緑。

作らせてもらったフレームバッグ。
緑と紫の、緑。_e0149587_05541263.jpg
えらい雑な、でも、何個目かのフレームバッグオーダーをもらってるお客さんなので要所はついてる感じのフレームの内側三角をなぞった段ボール。。
それを元に作らせてもらいました。
緑と紫の、緑。_e0149587_05542429.jpg
いつも変なもの(というより、なかなか困った感じのもの)作らせてもらってるのですが、今回も”なかなかワタシ一人では思いつかないな”という感じ。
緑と紫の、緑。_e0149587_05541854.jpg
開口部は、またがって右側。
マジックテープで開くタイプ。
緑と紫の、緑。_e0149587_05542156.jpg
またがって左側は、ファスナーで、バッグ全体サイズのポケットを。
緑と紫の、緑。_e0149587_05542914.jpg
これが、フレームの三角を全部埋めるフレームバッグなら作りやすい。
でも、シートチューブ側にボトル一本分の隙間を開ける、というのが実にネックでネックで。
作り始めるまで、この”何かの落とし穴”のような罠に気づかず、”まあ、こちら側にファスナー付きポケットなら簡単だろう”と思ってオーダーを受けるわけですが、罠にハマったワタシは、このポケットの加工にだいぶ苦戦するのです。

でも、なんとか綺麗に見栄え良くワタシも納得いくフレームバッグができましたし、送ってもらった写真を見ても、気持ち良い佇まいです。

というわけで、次は紫。

# by cosset-cosset | 2024-04-03 05:54