人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2019年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ライド and ハイキング。

9月はなかなか週末のお天気と我々の遊びのタイミングが合わず、また、10月に10-8とワタシが比叡山登山遠足を控えているのもあり、ちょっと体を動かしに外へ行きたいなあと思った日曜日。
自転車で行けるところまで行って、
e0149587_17360163.jpg
自転車止めて、歩いて一山越えて
e0149587_17361829.jpg
ずんずん登って
e0149587_17364639.jpg
どんどん登って。
e0149587_17383626.jpg
聖地へ。
池のほとりには無数のオタマジャクシとオタマジャクシからカエルに近づいたヒキガエルが。本当にものすごい数でした。
車で上がってこられる道が崩れてるとかで、お昼時にハイキングのグループがいくつか来た以外は静かな池のほとり。
e0149587_17411268.jpg
カエルとBB弾拾いなら、間違いなくここです。
e0149587_17410470.jpg
携帯の電波も入らず、デジタルデトックス。
気持ちのいい風と気持ちのいい光。
カワセミがオタマジャクシ(もしくはカエル)を捕まえるのを見たり。
すごく遠くへ行ったような気がするものの、実はあの辺て言うあたりが京都のいいところ。
ハイキンググループのおばちゃんに”どうやってお子さん連れてきはったん?”と聞かれたのですが、
実は自転車で山の麓まで乗りつけるのが近道のポイントです。

帰りは麓まで歩いて降りて自転車乗ってビューンと下れば自宅です。



by cosset-cosset | 2019-09-30 04:28

ずっとずっと。

9月も残り5日。
増税前に世間が乱れてますね。
税務署から来た増税に伴う封書を開けたものの、よくわからなくて中身を熟読できず封筒に戻し、書類入れの引き出しにしまいました。
確定申告がややこしくなりそうな予感だけはするのですが、よくわからないので予習せず来年2月を迎えるつもりです。
e0149587_04345904.jpg
わからないことだらけすが、コゼバッグは消費税が8パーセントから10パーセントに上がる、と言うことだけは単純明快。
大手生活雑貨量販店はブランドの努力によって今回の消費税増税分は値上げせず、今の税込み価格表示のまま10月1日からも続くようです。
そう言うの、好きです。

かく言うコゼバッグも、ウェブショップ(ほとんど手付かずですが)は今上がってるものはそのままのお値段で行きます。
オーダーなどは、コゼバッグは仕入れで消費税を支払ってるので税額は10パーセントになります。

コゼバッグは”変わらないを続けていく”を始めた頃から念頭に置いています。
簡単にモデルチェンジをしないのも一つ。
一度買って気に入ってまた欲しいと思った時にはモデルチェンジしてしまってて、同じのは手に入らない、そんな経験は誰にでもあるはずです。
大手は変わらないと進化できない、ような気がしますが、一人親方でお商売してるので、変わらなくても進化はできるしその進化は大声で叫ばなくても目の前のお客さんと真摯に向き合えばいい方向に進化できると信じてるからです。
e0149587_04350571.jpg
コゼバッグは11年前の最初っからトートとメッセンジャーバッグはSサイズが18000 Mサイズが23000 Lサイズが28000円とベースのお値段は変わらずです。
オプションも、決まった料金以外はいただいてません。
正直、材料費は送料を含めると11年前から10パーセント以上上がっています。
個人商店からの仕入れは仕入先さんが”お互い頑張ろうよ”と言ってくれて痛み分けしてくれたり、値上げせずにいける方法をお互い模索するようないい関係でいてくれますが、大手は容赦無く(これはもはや定期的と言えるくらい定期的に)値上げを知らせるfaxを送信してきます。
本来”モノを作る”場合は原価計算をしなくてはいけません。
材料の金額が増えるならば、売り物の値段もあげなくてはいけません。(ワタシの飲んでるコーヒー豆はこの15年で30パーセント値上がりしてる!)

e0149587_04353283.jpg
お値段の裏に隠されたカラクリを見て考えてしてるうちに、廃棄していた帆布をレジャーシートに作り替えたり、コーデュラはポーチのように見栄え良く使いやすく買ってもらいやすい金額にした商品に作り変えることで、今までただ”ゴミ”としてしまっていた材料にも手をかけ息をかけ目線を変えて再利用することで、硬い言い方ですが”どうやって消費者に還元できるか?”を模索しています。
それ以外にも、10-8が生まれてしばらくして、コゼバッグを一番最初から扱って応援してくれていた東京のお店が廃業されました。あのまま卸をハイペースで続けていたら、値上げをしないと潰れていたかもしれません。廃業はとてもとても残念なことでしたが、おかげで10-8を保育園に預けることなく、”自分らしさ”と”今しかできないこと”を優先した時間を6年も過ごすことができました。
週一、それも土曜日だけの予約制という高圧的なお商売も逆にいうと、卸先が減って、かつ一人親方で、自分で自分の仕事量とペースをコントロールできるからこそ、コゼバッグを続けてこられた、とも思います。
e0149587_04380518.jpeg
来年度からは10-8も小学生ですし、もう少しアトリエをオープンする日を増やそうと思います。
いいモノを作り続けるのは大前提。無理をせず、いいお金の流れと自分の理想とするお商売のあり方、無駄とゴミの出ないモノづくり、模索するものと世間の流れにあったいい流れにうまく乗ること、これからもずっと、です。




by cosset-cosset | 2019-09-26 05:08

足し算引き算。

前回、取っ手の長さをちょっとだけ長めに、のバッグの話を書きました。
今回も、取っ手をちょっと長く。
そしてバッグの口もちょっと長く。
e0149587_15570397.jpg
この手の”口をロールする”バッグ、時々ですが作ります。オーダーがあるってことは需要があるってことですね。
e0149587_15565696.jpg
*口をロールする
*インナーターポリンいらない
*フロントラックの隙間に荷物のある部分だけたわまないように中敷を入れる
*ショルダーベルトはいらない

と言うあっさりしたバッグ。それも同じのを色違いで2個目のオーダー。
ターポリンを使わず、かつコーデュラで作ると恐ろしく軽い。エコバッグ的だけれどしかりしたコーデュラで作ってるし、フロントラックにぴったりサイズ(偶然にもトートMサイズがぴったり)。軽さは、衝撃的で風が吹いたら飛びそうなくらいと表現できるレベルと思う。
e0149587_16041201.jpg
年を重ねて色々な重荷を単純な重さと捉え排除する潔さ。
バッグを作っていると”足すこと”が当たり前になってきますが、潔い引き算のアイデアは若輩者には難しい選択です。
結構ステキな軽さと雰囲気のバッグだと思います。


話変わって。
ちょっと耳のせいで自転車でわんぱくし難い状況にあるワタシ。
山をせっせと歩いています。
とある山の展望台横にある防犯カメラ。
e0149587_15545028.jpg
9月の初めに蜂がブンブン巣作りしています。
手がとどく蜂の巣。欲しい欲しいと山に登るたびに睨みつけてたら、蜂が一斉に逃げ出して、
e0149587_15545517.jpg
ありがたくいただきました。
ワタシの蜂の巣コレクションに仲間入りです。
一つ気になるのは、防犯カメラに蜂の巣をとるワタシががっつり映っていること。防犯カメラをチェックする人がギョッとしませんようにと祈るばかりです。

by cosset-cosset | 2019-09-24 04:53

長さギリギリ

女性のお客さんやシティボーイっぽく見えるお客さんから”取っ手を肩からかけられるようにしたい”と相談されることがあります。
取手を肩からかける十分な長さってワタシの市場調査によると随分と長くなっちゃうんですよね。
そうするとショルダーベルトがついてる意味がなくなっちゃうし、十分な長さを携えた取っ手がダランと垂れ下がっちゃってショルダーベルトをたすき掛けしてバッグを背負ってる際に何かに引っ掛けて危ない思いをしかねない。
なので、女性なら通常のコゼバッグのトートの取っ手の長さに5cm足すことをお勧めします。
流石に男性で5cmくらい足しただけでは腕が通らないので10cmくらい。
5cm足すと取っ手の高さが2.5cm上がりますし10cmだと5cm。
コートを重ね合わせた冬服では難しいかもしれませんが、春夏秋服なら十分かと。
e0149587_04495207.jpg
全く自転車に乗らない女性からのオーダー。
取手はちょっとだけ長めのプラス5cm。
5cmだと見た目はあんまり変わりません。
e0149587_04500192.jpg
桜色のピンクとグレーの組み合わせ。
ショルダーベルトをつけずにトートとして使うそうな。
潔くて気持ちのいいトート。

このお客さんにコメントをいただいて初めて気づいたのが取っ手の間にある”カチッと”の存在。
コゼバッグではカチッとを標準装備しています。
バッグの口が広がり切らないようにとか、荷物の上に上着などを載せてカチッとすれば荷物はさらに上乗せできるとか、そう言う意味合いを込めてつけてます。
一般的なトートバッグにはこの”カチッと”がついてない、らしいです。
不要だと判断したならばバッグの裏側からカチッとのベルトの上の糸だけハサミで切り取ってもらえば外せるように縫ってますが、ペロン付きでもファスナー付きでも”カチッと”が一つあるととても便利。

あると便利なもの、なくてもいいものは人それぞれですが、取っ手の長さとか色味とかそう言うのを一個ずつ話して自分だけのバッグを誂えるようにするのがコゼバッグの仕事だと思います。


by cosset-cosset | 2019-09-19 05:02

ホッピング

素晴らしい天気に恵まれた3連休。
オシャンティ、来ていただいた方、気にかけてくれた方、ありがとうございました。
はるばる東京から、愛知から、山口から、近所から、たくさんのお客さんが来てくれて、本当に感謝です。
e0149587_15320318.jpg

おかげさまで、我が家的に”こんなに作って売れ残ったらどうするんだ?”と心配していたくらいの量を拵えたのですが、1日目にボールが完売し、お手玉も残り4セットになり、二日目の開始1時間で完売しました。
e0149587_15311528.jpg

売り場を賑わすために持っていったコゼバッグの小物たちも次々と。。。

10-8は1日目が終わった時点で自身の売上金で欲しいものを買う算段を始め、終わってみれば5歳が手にするには少々多すぎるほどのお金を嬉しそうに手にしていました。
自分で企画したものなので、オシャンティの500円商品の売り上げは10-8のものです。準備して働いてお客さんに買ってもらうために色々して店番してお金を手にする楽しみを、ごっこではなく実際に体験できるというのはキッザニア以上の体験になったはずです。
その分親は大変な思いをしたのですが、まあ、裏方の仕事を知るのは10年先で十分です。
お客さんで来てくれた10-8のお友達も”ごっこ”ではなく実際にお金を握りしめて”お友達のお店にお買い物に行く”体験を楽しんでくれて、これはこれでいい体験だな、と思いました。
もしコゼログをご覧の方も”子どもがこういうことをしたい!”ということがあれば全力で協力してみると新しい世界と価値観が広がる気がします。
逆にワタシは遊園地とか人の多い場所は苦手なのでそれだけは折り合いがつかないのですが、時々でも双方の妥協点が一致するポイントがあるならば、これからもぜひ全力で挑んでいきたいと思いました。


出店当日の朝。
e0149587_15344765.jpg
過積載なロングテールバイク。
10-8が乗れないので、
e0149587_15345415.jpg
二台体制で。

そして出店を終えてお金を握りしめてイオンに行き、買い求めたホッピング。
e0149587_15330692.jpg
自転車に乗るより竹馬に乗るより難しい。
体重制限40kgのホッピング。
親が見本を見せてやろうと乗ってみるとバネが振り切ってしまってホッピングにならないって言う、、、
残念ながら両親ともに40kgをはるかにオーバーしています。


これが最初で最期のオシャンティ。
先ほど”全力で協力し挑むべし”とか言っておきながらアレですが、今回は出店に際しいろんな好条件が重なった”偶然の産物”です。次も何かで”店をやりたい”って言ったら全力で突き放して”自分でやりな”って言うでしょうね。その時には多分自分でミシンが踏めるようになってるでしょうし(コゼバッグで使っている工業用ミシンではなくて職業用のミシンなら子どもでも足が届くでしょう)次は全部を自分で生み出して稼ぐ楽しみを知ってもらいたいと思っています。




by cosset-cosset | 2019-09-17 05:10
自論ですが、親というのは、子どものために一肌もふた肌も脱ぐために存在しているようなものだ、と思っているのです。
そして、お知らせです。

前にもちょっとチラッとお知らせしましたが、10-8が”バイトしたいお金稼ぎたい”と言い出したことをきっかけに、今週末お店をすることになりました。
”5歳が考える、子どものためのおもちゃ”を販売します。。

もちろん、作るのはワタシです。
”10-8がボールとお手玉を売りたい”
というので、
e0149587_10530047.jpg
ボールを。
中身は、フーセンバージョンとワタ&鈴バージョン。
ワタ鈴の方が掴みやすいので、小さいお子さんにはピッタリでしょう。
フーセンは、中身がフーセンなのでふんわりしてそうですが、外側が帆布をつなぎ合わせてるので、まあまあな重さになって、フーセンボールなのに結構飛びます。キャッチボールくらい余裕です。が、ガラスに当たっても割れません。中身はフーセンなので。
e0149587_10532288.jpg
フーセンは、もちろん萎んだら新しいのに交換可能。いつまでも遊べます。

お手玉も、中身は秘密ですが、”日本のお手玉の会”が推奨する大きさ重さに合わせて作りました。
e0149587_10581475.jpg
子ども(特に小さい子ども)用のこういう布のおもちゃってどうしても”子ども子ども”しがちなカラーリングで、例えばインテリアに馴染まなかったり親の趣味に合う色ではなかったりしがちなのを打破してやろうと、色合わせは(いくらハギレを集めたものとはいえ)こだわりました。

肝心のお値段ですが、
ボール 1個500円
お手玉 3個500円
と言う、コゼバッグ至上最安値の、5歳児の考える一番価値の高い値段がつけられました。(時給換算したら、冷や汗出ます)

さらに、お持ち帰りの袋も用意しなきゃ!と10-8が言い出し、
e0149587_11022323.jpg
お持ち帰り用に小さいトートかサコッシュが付いてきます。(冷や汗出ます)

”コゼバッグのバッグも売ろうよ”と小さい店主が勧めてくれたのですが、10-8プロデュースの商品とコゼバッグの商品ではお値段の差が大きすぎるのと、バッグ類は取扱店がある以上お値引きが難しいため、今回は、ポーチのノーマルとワイドをショルダーベルト付き5000円で販売することにしました。いつかウェブショップにあげようとコツコツ作りためてきたものを、まずは10-8のお店で販売です。
e0149587_11064149.jpg


出店は14日と15日。
京都市内某所ですが、詳細をここに書くことは控えます。カンのいい方なら”もしかしてあそこか?”と思ってくれるかもしれませんし、コゼバッグに直接問い合わせていただければ詳細をご連絡いたします。

我が子ながらお店をしたい気持ちが2ヶ月以上長持ちしてて途中でやめたいとか言わずにここまでこられたことがすごいなあと思います。

お父さんは出店のための会議に出る係。
ワタシは商品を作る係。
10-8は看板作ったりチラシ配ったりと広報する係。

家族の店がパブリックな場所で開けることを楽しみに、今週土曜日のコゼバッグのアトリエはお休みです。



by cosset-cosset | 2019-09-12 04:24
新学期。
ようやく日中の自分時間が戻ってきて、ロード乗ってパーっと行くか!と気合を入れて自分の愛車を近くで見ると、タイヤがボロボロ。
ワタシはオンオフ構わずロードで突っ込むので、タイヤの切り傷がスパっ!スパッといたるところに見られました。こんな切り傷だらけのタイヤで10-8のお迎えタイムリミット付きライドに出かけるにはリスクが高すぎる!(つまりパンクしやすい、パンク修理はこの5年で1〜2回しかしたことがない、挙げ句、ディスクブレーキ付きの、ハブに棒を突っ込むナントカっていうシステムのパンク修理は一度しか、それもフロントしかしたことがないので、後輪がパンクしたらどうしたらいいかわからない。多分やったらできるんだろうけれど、ワタシのインチキパンク修理はかなり怪しい)

というわけで、ツレにタイヤ交換をお願いしたところ、
e0149587_11160755.jpg
朝起きてみると思ってもいないタイヤが装着されてました。
ワタシ、グラベルとかシクロクロスじゃなくてあくまでも”ロードバイク”にこだわりたいので、この手のタイヤには抵抗があります。
e0149587_11172596.jpg
この、凸凹具合が抵抗感満載の理由です。

ですが、
アスファルトの上はもちろん、
e0149587_11202827.jpg
湿って苔むして枝や葉っぱが落ちる旧道も
e0149587_11210754.jpg
田んぼの畔も良く走ります。

安定感のあるタイヤ。
ツレ曰く”見た目以上によく転がる”から試してみて、とのことでしたが、よく転がるかどうかはわからない。
e0149587_11233101.jpg
静かな峠の登り道。タイヤの転がりがいいとか悪いとかそういう以前に自分の体力が落ちてて、転がるイコール楽に走れるわけもなく転がるイコール速く走れるわけでもなく、ただガタガタ道もロードも無難に走れるタイヤ、ということがわかりました。
e0149587_11253165.jpg
人生において”無難”はとても大切ですが、体力低下が尻尾取りゲームのように尻尾の握りこぶし一つ分後ろに迫ってる今、無難に楽するよりもうちょっとスリルある走りの方がいいなあ、と思ったり。
琵琶湖を前に座ってぼんやりとタイヤについて考えてました。

やっぱりロード的タイヤの細さとキレッキレの走り(実際にできるかどうかはおいといて)が好みですが、御所の砂利になんの抵抗もなく突っ込める素晴らしきタイヤ(やっぱり細いタイヤだと御所の轍を進むのは難しいです。ちょっとバランス崩すと砂利にタイヤを取られます)に甘えるべきか。
悩ましき38歳。

いい自転車、いいタイヤ。
調べたり選択するのが面倒なので、ワタシがどこをどう走ってどういう感想だったかを聞き取るツレに自転車のことはほぼ任せっきりなのですが(それもタイヤ代とかツレに払わないし、、、)、”嫁に楽させてやろう”という優しさから無難なタイヤを履かせてくれたのか、それとも、、、、
あんまり深く考えずに、”よく転がる”ということは”こういうことなのか”と自分に思い込ませてせっせと一人時間を満喫しようと思います。


余談ですが、こういうタイヤとこういうフレームが世間に出てくるとグラベル的走りができる場所は限られるものの、ダウンヒルではなくて特にアドベンチャーするようなマウンテンバイクとの住み分けが難しくなりますね。ワタシですら、マウンテンバイクの技術がショボすぎるため、結局どこでも危なかったら歩いてしまうので、自分の技量でいけるところへはこのロード(ロードという言い方にこだわりたい)で行けてしまうような錯覚に陥っています。



by cosset-cosset | 2019-09-09 05:04

軽いという魔法。

ぴったりと。
そして軽く。
e0149587_12483154.jpeg
それがコゼバッグのフレームバッグの特徴かもしれません。
お客さんのフレームバッグの色が変わってるところはコゼバッグのトートと同じように下側がポケットになってます。
バッグ自体の開口部はトップチューブに沿って横一本のマジックテープ。

ファスナーかマジックテープか選んでいただけますが、ワタシ個人もマジックテープ派。コレばっかりは好みです。
バッグの外側に大きなポケットが実は写真の向こう側の面にもあるので、サッとスマホを入れたり、飴ちゃんのゴミを突っ込んだりがしやすい仕様。
ただ、アクセスの良さからなんでも外側のポケットに入れてしまう予感がプンプンしたので、そこはちょっとイケズしてポケットの入り口は小さいマジックテープのみ。
”過信は良くない”が教訓です。

三角にぴったり作ると、フレームが大きければ大きいほど面積の大きなフレームバッグが出来上がります。
横風の影響を受けやすい。
例えば、ロードやランドナーなど遠くへ行くタイプの自転車でコレだけの面積のバッグをつけることはお勧めしません。が、どうしてもつけるならば例えば三角を二つに区切って上下をセパレートできるタイプにする(つまりずっと三角前面を覆っているよりも使う場面に応じて使い分けができるようにするのが狙いです。)のがお勧めです。京都はあんまり強い風は吹きませんが、琵琶湖方面へ出ると、結構ビュービューと煽られますし、普段からディスクホイール履いてる人がいないのと同じ仕組みで、時と場合に応じて使い分けができれば、と。

三角の内側のデザインはものすごく興味があるのですが、展開が難しい。
何より、自分が”自分用に一つ誂えれば”大抵満足できてしまう。
それでも、今回初めて”外側に大きなポケットを付けたい”というのを形にさせてもらえて嬉しかったです。

自転車も、ロードフレームは軽量カーボンの剛性からどんどん三角の内側が小さくなる(三角自体はあんまり変わらなさそうですが)傾向で、マウンテンバイクはホイール径が大きくなって(それでもジャンルで違いますが)三角は大きくなってる気がします。全然詳しくないですが、三角の大きさも時代とともに変化。
10年前には写真のお客さんほど大きな三角を持った自転車は珍しかったですから。

せっかくの一台にコゼバッグのぴったりフレームバッグをぜひ一つ。





by cosset-cosset | 2019-09-05 05:10

ぶーちゃん。

毛のないイノシシのような豚のような、ようわかれへんけれどこれはイノブタかなあ、とその存在に気づいたのはこの夏休みのはじめの事。
e0149587_13235159.jpg
イノブタってこんな感じかな?
でも、毛がなさすぎる。
それも街中やし。
きっと狭い檻に入れられてストレスかかって毛抜けてしまったんやな、と遠い目をするイノブタっぽいのを見てました。
夏休みなので、全然家の近くじゃないけれど、
e0149587_13235503.jpg
ちょっとアレ見にいこか、見ていこか、と遠回りしてわざわざ見に行ってると、飼い主さんと遭遇。
まず、これはイノシシであるという事。
毛がないのは、イノシシは”夏になったら全部毛が抜けて生え変わる”そうな。
そして、5年前に親が猟で殺されてしまい残されたかわいそうなウリ坊を引き取ったのが始まりで、山を離れて5年、大きくなり過ぎて、そして可愛がり過ぎて(そして早朝はちゃんと散歩もしてもらって)食べるタイミングを逃した、らしい。
名前はないけれど、近所の人が”ぶーちゃん”て呼ぶからぶーちゃんやな、と。
e0149587_13304154.jpg
確かに可愛いな。愛のタックルがマジで怖いけど。

”えさ、やってええよ”
とありがたい言葉をもらって、夏休みは”イノシシ餌やり体験”しまくった我々。
e0149587_13324777.jpg
野菜の端っことか皮とか葉っぱとかやってええよって事で、ある時は人参を、そしてジャガイモを。ある時は大根葉を。
e0149587_13360934.jpg

我々が自転車を止める音を覚えてくれたのか、自転車止めるだけで深い眠りから目覚めて起き上がってくれるようになりました。
e0149587_13360332.jpg
可愛い、可愛すぎるぜブーちゃん。
でも、臭い。犬とも猫とも違う臭い。
そして全身を使ったタックルが迫力満点で怖すぎる。
可愛いけれど、ワタシよりはるかに肉付きのいい5歳女子ぶーちゃん。
こんなのに山の中で体当たりされたら、いろいろもう無理やな、と思った夏。
e0149587_13355759.jpg
夏休みの始まりに”コレはストレスで毛がなくなったんちゃうか?”と心配したイノシシは、夏の終わりにはしっかりと剛毛が体を覆い尽くしてました。


ちょっと遠回りして(遠回りというには遠過ぎてウチから5km以上あるけれど)ブーちゃんに餌やりに行こか?と言って楽しめた一夏。
e0149587_13521132.jpg
おかげでめっちゃ体力つきました。


by cosset-cosset | 2019-09-02 04:54