人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2019年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

長尺物。

コゼバッグのバックパック類の外ポケットは基本的に深め。
ボトル類を入れるよくあるポケットより深いので、もしかすると水筒なんかを入れるには深すぎるのかな、と思ったりしますが、それでもワタシは折りたたみ傘を入れて毎日持ち歩いてますし、時々ノコギリなんかを挿して登校しています。(山で木を切らせてもらってます)

10-8にはバックパックロールタイプのkidsを縦横を少し大きくしたものを年中進級時に作りました。
(子どものバックパックは大きめを作って長く使いたい親心もあるのですが、年少までの3歳くらいまでとそれ以降というのは体力に雲泥の差があり、水筒一つ自分で持ち歩くのも大変な3歳までに大きなバックパックは厳しいな、というのが5歳の子を持つワタシの見解です。洋服と一緒で適した大きさを持たせてあげるのが親の愛かな、と思います)

使い方について親であるワタシは何にも言わないんだけれど、先日お迎えに行った時、
e0149587_04453198.jpg
10-8だけ、長尺物を手に持たずにバッグに指してた。
e0149587_04474525.jpg
なんか、ああ、よう見とるんやな、と思った次第。
e0149587_04484189.jpg
お使いに行った帰りに外ポケットにゴボウを挿して帰ってきたときも感動しましたが、”これはこうやって使うんやで”と伝えなくても自分なりに工夫できる余白があるってのは大事です。
なんでも決められた通りのやり方ばかりじゃなく自分で工夫を凝らしていってほしい。
子供用バックパックに限らず、大人用も、コゼバッグはあっさりしたバッグなので、お客さん次第で工夫のしどころは満載です。作るときにカスタムして作り込むもよし、使っていくうちにお客さん自身で使い勝手良くカスタムするもよし。作り手のガチッとした”これはこうやって使うべき”みたいなのを押し付けないバッグ作りを心がけています。


by cosset-cosset | 2019-01-31 04:56

やんごとなき事情。

日曜日。若干の雪景色。今出川より下の我が家の積雪は全然大したことないけれど、やんごとなき事情によって山に行かなくちゃいけなくなって雪のような雨のようなややこしいのが降る中、いざ山へ。
e0149587_15415253.jpg
出発からひたすら北へ。
e0149587_15432018.jpg
山の中へ。
雪が音を吸うためか、本当に静かな山の中。

e0149587_15474230.jpg
大切なミッションを終えて、そそくさと山を後にします。
今年は台風からのマウンテンバイクコースパトロールの詰めが甘く、雪が降ったらもう自力で安全に行けるコースが思いつかないという。。。逆に普段安全に行ってるコースはきっと膝くらいまで雪に埋もれて押し歩きせなあかんでしょう。パトロール不足が残念な1月。
e0149587_15494440.jpg
ワタシのやんごとなき理由は、ブログに書いたら炎上しそうなので書くことを控えます。(書けないので気になる人は直接聞いてくださいね)
ま、どんな理由であれ、暖冬の最中ありがたい積雪に恵まれた日に自転車が乗れたのはシアワセです。

と言いながら、降りかたが中途半端すぎて自転車ドロドロ、靴ドロドロ。
車道にまで完全に雪が積もると、乗ってる自転車ってピッカピカになるんです。



by cosset-cosset | 2019-01-28 04:45
随分と昔の話になりますが、コゼバッグは東急ハンズとお付き合いがあってグランフロント大阪店オープンに合わせて店頭に並べてもらってた時期がありました。
”一体、東急ハンズで誰が買うんだろうか”とその時はすごく思ってたのですが、好評につき追加注文分も含めて割とすぐに売り切り終了となりました。

それから数年。
長い年月から見れば一瞬だったハンズの店頭販売ですが、年に数人リピーターさんがいらっしゃってくれます。(そして、こういう人が買ってくれたんだな、と嬉しくなります。)
そして、ハンズではバイヤーさんとワタシで決めた配色のバッグが並んでいたのですが、アトリエではほぼ無限に近いような組み合わせをウンウン唸って決めてくれます。
今回も、ハンズ時代から数えて3つ目のお客さん。

e0149587_04185192.jpg
真っ黒がいい、と
e0149587_04235610.jpg
以前紹介した潔すぎる真っ黒トートに決めようと気合を入れていらっしゃったのですが、やっぱり好きな緑は外せない、となりました。
でも、コゼバッグのトートはウェブサイトを見てもらうと分かりますが、”ボディ”と”ポケット”の組み合わせで成り立っています。でも、その”ボディ”をアトリエでのオーダーならA面とB面に分けることも可能。それを説明して、
e0149587_04190988.jpg
ボディA面を好きな緑に。ボディB面を黒に。

やっぱり好きな色は外せません。
ワタシもそうですが、なかなか単色のバッグというのは作ることが稀で、自分のでさえも、色を多用してしまいます。ましてやお客さんがコゼバッグのアトリエで生地サンプルを目の前に初心を貫くことができたら、それはもう、よほど意思の硬い何か特別な理由があるんだろうな、と思ってしまうほどです。

e0149587_04284330.jpg
出会うきっかけは人それぞれ、好きな色も人それぞれ。
選択肢は広い方がいい。
もっと広くお客さんに手に取っていただける機会を作りたいと思ってるのですが、なかなか、これがなかなか難しい。今の目標はアトリエの営業日を増やすこと。それすらもう1年ちょっと先になりそうですが、、、

毎度思うことは”作らせてもらってありがとう”ということ。
お客様は神様です。



by cosset-cosset | 2019-01-25 04:44

サイクルチャロさん

雨降りの日曜日。
届いたサイクルを見てました。
特集は”犬と猫と自転車”です。

e0149587_04353150.jpg
もしもし、入念な毛繕い中に失礼しますよ。
あなたがた、ストーブに近すぎませんか?
ええと、右の方、犬のチャロさん、あなた、載ってますよ。
e0149587_04361500.jpg
あんまり興味なさそうですね。
猫さん、右足が犬の瞼に突っ込んでますよ。

取材を受けた時、編集者さんに”猫はどうするのか?”と聞くと、”あんまり猫を自転車に乗せてる人いないんですよね〜”と言っておられました。
確かに。
うちも左の猫のクロさんがいますが、クロさん、外を歩いたことは脱走時の3回のみです。それも隣の家の周りを半周しただけです。そのくらい箱入り猫。
どんな紙面になってるか楽しみにしてました。
e0149587_04404737.jpg
が、やはり、猫さんは載ってませんでした。
時々いるんですよ。肩に猫乗せて自転車に乗ってたり、前かごにくくりつけたりて走ってる人が。
でも猫はやっぱり家で飼うものというのが今時。我が家でも猫は家から出しません。
e0149587_04435898.jpg
”なに?猫は載ってないって?”的な。。。

というわけで、最近全然コゼログに登場しないチャロさんですが、久しぶりに光が当たった話です。
e0149587_04443007.jpg

家の中では強いんですが、紙面では不安を隠しきれていない切ない表情をする我が家のチャロさん、ぜひサイクル40号で。

自転車用バッグを作ってるので輪界の片鱗にいるつもりではありますが、如何せん情報に疎い。
ワタシの唯一の自転車情報源であるサイクル。
毎度中身を見ては”まじか!”と驚きを隠せません。
今回は日本を代表するメッセンジャーが街を引退していた、というニュースに腰が抜けそうになりました。
サイクル、コゼバッグにはたっぷり届いています。




by cosset-cosset | 2019-01-21 04:56

メッセンジャーバッグ。

久しぶりに結構”盛り込んだ”メッセンジャーバッグをおさめた話。

まず、 ”右かけのメッセンジャーバッグが売ってない”と。
そうです。基本的に左の肩にかけることそ想定して(つまり一般的に左の肩にかける人が多い)市販品のメッセンジャーバッグは作られていると思います。
時々”左利きだから右掛けだ”と言われますが、長いこと見てきた限り、みんながみんなそうではないようです。
特に女性は右利きでも”右掛け”の人が案外多い。男性は、”左利きだから右かけ”の割合が多いような。でもそんなの関係なく”ショルダーベルトは左の肩からかける”割合が圧倒的に多い。

そしてサイズ。”Mサイズではちょっと小さい、でもLサイズだとちょっと大きすぎる”から始まったサイズ選び。
オーダーですから、Mサイズのマチのまま、縦方向と横方向にLサイズと間になるくらいの大きさにサイズアップ。
そして、あれもつけられるなら、これもできるなら、と結構盛り込んだ結果、
e0149587_04520897.jpg
こんな感じに。
男性が背負っていい雰囲気のサイズ感。
e0149587_04533438.jpg
パッと見だけでも結構盛り込んでます。

個人的にはシンプルなのが好きですが、それはもしかすると作るのが面倒とかそういう作り手側の勝手な思い込みで、
e0149587_04544372.jpg
用途に応じた作り込みは結構好きかもしれません。

e0149587_04455913.jpeg
ロングテールにメッセンジャーバッグ。
若干ナンセンスな気がしないでもないですが、他の自転車の時もライドのお供に。
ぜひどんどんと使ってもらいたいです。

メッセンジャーバッグのサイズ変更はいっとき”SサイズとMサイズの間”を結構作っていた時があります。
Sでは小さすぎ、Mサイズではちょっと迫力が、、、みたいに。
どのバッグも共通ですが、マチをSサイズやMサイズなどで指定していただければ縦横は自由にカスタム可能です。
市販品に納得できない方、案外オーダーの方がしっくりくるものが手に入るかもしれません。

余談ですが、Mサイズを含めてこのくらい大きなメッセンジャーバッグの方が背負ってて確実に楽です。
肩で背負うイメージより背中全体で背負うので、荷物の重さがワンショルダーにかからなくて負担にならない。

改めて、いい大きさでいい見た目(もちろんいい使い勝手)のバッグです。
作らせてもらってありがとうございます。

by cosset-cosset | 2019-01-18 04:44

11年目。

手に入れて10年を超えた愛車。
モトクロスインターナショナルからロングテールバイクがこの形のまま、そっくり巨大自転車のまま(それもご丁寧にペダルまで付いてた状態)で箱に入って自宅に届いたのが11年前のこと。昨日のことのように思い出せる反面、本当にこの自転車は頑張ってくれています。この自転車なかったら、人生どうなってたかわからない、と言えるくらい助かってます。
今は毎日20kgの子どもを乗せて往復10km以上爆走してるおかげか、それともただの寿命のせいか前後の揺れのタイムラグをより感じるようになったロングテール。(この前後のよじれが自転車の寿命を縮めてると思うけれど、あと一年ちょっとは持って欲しい。)
たまには後ろは空荷で林道を。
e0149587_14064515.jpg
タイヤを交換してもらったおかげかとても快調に走れます。
e0149587_14062434.jpg
なかなかいい。後ろが長くて重たいおかげで下りが超安定しています。

O度でキンキンに冷える山の中も案外動いていればポカポカです。
山を抜ければ
e0149587_14070962.jpg
霜が降りた畑とモヤで霞む景色と朝日。
早起きは三文の徳です。


この連休、うちから下長者町通りを東へ向かったどんつきのところにある護王神社(イノシシを祀る足腰の神様の神社です)にやってきた幸運のイノシシ。
10-8がカメラ貸して、というので貸したところ、大量のイノシシの写真が残ってました。
e0149587_14120190.jpg
彼女たち、はるばる静岡からやってきて4日間よく頑張りました。10-8は4日中3日も見に行ったくらいイノシシが見たかったらしい。それなら、ワタシと山へ出かければいいのに。
山にはイノシシがいる。会った回数は数回だけれど。
ワタシは
e0149587_14090406.jpg
山の向こうでイノシシのがトラクターばりに掘り起こした林道を走り、
e0149587_14081457.jpg
ご飯と混ぜようとムカゴを取り(決して鹿のうんこではない)、
e0149587_14075498.jpg
気持ちよく林道を下りてきました。

そして、気づけばコゼバッグは10周年を迎えていました。
11年目に突入です。
”好きな自転車に乗ってそれに関わる仕事がしたい”といささか不純な動機で始めたコゼバッグですが、この長い時間の間一度もオーダーが絶えることなく、常にものを作っていられること、ペダルを踏めることは本当に幸せなことです。
これからも皆さんの自転車と日常に寄り添う物作りを続けたい、そう思う新しい幕開けです。




by cosset-cosset | 2019-01-15 04:47

山とおじさん。

今年度は特に自転車に乗るには微妙な隙間時間を利用してせっせと山を歩いています。
特に大学で1コマ目を授業受けて10-8お迎えまでの90分。微妙すぎる。でも外へ出たい。そんなことから山歩き。
一学期に大学裏山にある地図に載るメジャーな道もマイナーな道も歩き尽くしたので、だいたい90分ならどのコースを辿ればちょうどくらいかはわかるようになりました。
が、トラップはたくさん。
e0149587_03572474.jpg
気持ち良い沢沿いには野鳥がたくさんで、そんなんを見つけて愛でてると登りで温まった体が冷え込むことも。
e0149587_03574583.jpg
そして、殺戮現場を見つけては現場検証。
e0149587_03575875.jpg
綺麗すぎるぜ、アオバト。
e0149587_03583004.jpg
強烈なタヌキ臭に包まれ、”どこや?”と探すも見つからず。
e0149587_03584364.jpg
雨上がりなので、ぬかるみに残るいろんな足跡を見てると真面目に歩いてちょうどのコース。90分なんてあっという間にタイムオーバーし兼ねません。
なので、後半3割は走るハメに。
急ごう、そう思って小走りで山を駆けているとT字路でポツンと立つおじさん一人。
”こんにちわ”と声をかけました。

おじさん(以下お)”すみません、今来はった道で誰かに会いました?”
ワタシ(以下ワ)”今日は雨上がりやし誰にもあってませんね”
お”あの、私は今どこにいるんでしょうか。地図をこんだけ用意してきたのにわからなくなりました。山歩き、2回目なんですよ。”

なんか危険な匂いがします。10-8お迎えタイムリミットまであと16分の話です。
ワ”まあ、確かに地図ではわかりにくい場所ですけど、この辺ですよ”
お”私、今めちゃくちゃ怖いんですよ。クマ大丈夫ですかね?静かすぎて怖いんですよ”
ワ”まあ、ここはメジャーなハイキングコースですし、クマは今冬眠中ですから大丈夫と思いますよ。ワタシ、山にまあまあ入りますけどクマ見たことないですし。(と言いながら、こんなのはタイミングの問題でビギナーズラックというものもあるしな、と思ったけど黙ってました)”
お”私、この先一人で大丈夫と思います?”
ワ”そんなん知らないですけれど、地図持ってはるし大丈夫でしょう”
お”でも、怖いんですよ。引き返そうかと思ってるんですよ。ところであなたはどちらへ行かれるんですか?”
ワ”ワタシはこっちへ行きます”
お”地図だとどの道ですか?”
ワ”地図には載ってない道です。子どもを迎えに行かなくちゃいけないので。大学まで直結してる地図に載ってない道です”
お”もう、一人は怖いのであなたについて行っていいですか?”
ワ”え?いいですけど、ワタシ走りますよ。もう時間ギリギリなんで”
お”ついていけないと思います。どうしましょう。。。。”
ワ”OK。じゃ、この今いるポイントの次の分岐ポイントまで案内します。ちょっと急いでるんでしっかりついてきてください”

と、大学とは反対方向に向かっておじさんを案内。そして数分後
ワ”今いるココがこの地図でこのポイントですから。あとは足元しっかり見て踏み跡から外れないようにすれば前に進めますよ。迷うこともないと思います。せっかくのハイキング楽しんでくださいね。”
お”不安すぎます。多分あなたが行ってしまったらワタシは引き返すと思います。でも、とりあえずありがとうございました”

とおじさんに背を向けた瞬間から全速力で大学に向かって走りました。
e0149587_03590056.jpg
こんなに住宅地に近い山道で道を聞かれるとは思ってなかった。
さらに怖いとか言われても、正直どうしようもない。
山が静かすぎるとか言われても、山は静かさが売りな気もする。(山が人の声でうるさかったら最悪ですね)
でも、おじさんの不安はわからなくはない。だからワタシは山を指差して”あの辺”と指せる山にしか入らないし、最近ではiPhoneを持ってGPSに頼ることもある。そして最終は自分の”カン”が一番だと思うからカンを養うべくせっせと山に入るのです。
全力で山を駆けながらおじさんが無事に前に進めたか、きた道を戻る勇退の道をとったかとても気になりましたが、そんなことよりお迎えです。
なんとかギリギリ間に合いました。

久しぶりに山を全力で走ったおかげで今日は筋肉痛がひどいです。
山が不安なら、なるべく一人で歩くのはやめたほうがいいかもね、とおじさんとのやりとりを振り返って思いました。
大文字山でも遭難が年に数回はあるようですし、無理はしないが一番です。





by cosset-cosset | 2019-01-11 04:39
長いと思った冬休みも、東京遠征から始まってその片付けと疲れを取るのに年内いっぱい時間がかかってしまい、なんだか実質冬休みなんて一瞬だったな(それでもお勤めの人に比べれば随分と長いような、、、でも個人経営はずっと仕事と言ってしまえばそれまで)と思ったのですが、カメラロールを振り返ると、まあまあ充実した休みだったようです。
e0149587_15421730.jpg
スッキリ晴れたお正月。けれど我が家から一山越えればずっと時雨れてて雨だか雪だかみぞれが降ってて、地面にも雪が。
峠の入り口でソウシチョウを見つけテンションが上がり、林道でヤマドリがもったりボディを震わせ全力で逃げてった。そんな鳥好きにはたまらないライドだった走り初め。
e0149587_15425816.jpg
走り続けるほどに記憶にないくらいマウンテンバイクには乗ってないらしい、と気づきました。えげつないほどホコリだらけの愛車。払っても払いきれないホコリと一緒に山を登って下りました。
9月の台風で山が荒れたとかいうのも、自分のテリトリーなのにマウンテンバイクのコースはチェックしてなかった、らしい。多分それだけ乗ってなかった、ということでしょう。
途中とんでもない担ぎに見舞われたものの、
e0149587_15503322.jpg
40手前にしていよいよこの鉄の塊のマウンテンバイクを担ぎあげる体力がなくなってきたと実感。
ロードは、買い換えようとかああしたいこうしたいとか希望があるけれど、マウンテンバイクに望むものがこれと言ってないままこのトレイルヘッドに跨って10年。多少以上重たいのがかなりネックになってきましたが、それ以外は特に何も不満もない。29インチもファットタイヤも自分にはいらないし、今のマウンテンバイク市場がどうなってるのかボチボチ40の王台乗る前にアンテナを張ったほうがいいのかもしれない、と思うほど担ぎ上げられなくなりました。
e0149587_15401325.jpg
まあ、そうは言ってもケチだしまだ乗れるし担ぐコースを選ばなければ(そんな担ぎなしコースがこの京都のワタシのエリア内に存在するのか不明)まだまだ乗りたい鉄の塊。
e0149587_15570396.jpg
どうなることやら。
この色の散弾銃の弾は見たことがなく、もちろんお持ち帰りです。いつもは緑とか青とかビニール感満載なのに、このゴージャス感。

さて。カメラロールを見ていると、
e0149587_15413924.jpg
ワタシがゴマフアザラシを撫でている写真が出てきました。
抜群に楽しかった。
ぱんぱん!って弾けそうなむっちりボディ。
動物園も水族館も、我が家では子どもよりワタシの方が楽しんでる。
まあ、山でも同じです。タヌキのトイレを見つけて喜び、鳥の羽を拾って喜んで。見たい知りたい触りたい(でも噛まれたくない)。
今年は10-8が年長になる年です。ということは、市内東側エリアの探索も最後になるでしょう。(マメな性格じゃないので、10-8卒業後に東側エリアにパトロールに出かけられる気がしないのです)
日々優先すべきこと、今しかできないこと、今やるべきこと、後からでもできること、その選択の日々ですが、今年はちょっとリストの上に上がってくるものが例年とは違う予感がします。コゼバッグの製作も、ちょっと一味違うものになる予感。
今年は始まったばかりですが、楽しみなことが盛りだくさんです。
どうぞ今年も気にかけていただければ幸いです。




by cosset-cosset | 2019-01-07 05:29