カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2018年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

オーダーというと一概に”フルオーダー”と”セミオーダー”がありますが、
e0149587_04434186.jpg
こちら、カラーオーダーしていただいたトート型メッセンジャーMサイズ。
アウターは帆布。そして、全部真っ黒。潔いくらい真っ黒。
”オーダー”というとどうしても欲張ってしまって色味にアクセントを加えがちですが、潔く”真っ黒”はオーダーでいただく事は滅多にありません。作ってて気持ちが良かった!

多分”カラーオーダープラスα”くらいならセミオーダーと呼ばれる部類かもしれません。(コゼバッグ的にはお客さんに合わせて一個ずつ作るので全部”オーダー”ですが。)

先日、関東からはるばるきてくださったお客様。
去年か一昨年作らせてもらったモノが自転車にくっついてるのを初めて見せてもらいました。
e0149587_04410271.jpg
大きなボトルケージにあうツールバッグ、というかモノを入れるバッグ。

e0149587_04404355.jpg
そこが丸くて、なるべくたっぷり入って、入れたものを出し入れしやすいようにバッグを出したらガバッと口だけじゃなくてバッグも開くように。
これはもう、フルオーダーです。
e0149587_04405486.jpg
あーでもないこーでもないとこねくり回し、お客さんの希望の”秘密の作戦”的なものを組み込むのに難儀した記憶がありますが、こうやって具体的に提示してもらえれば、この一個のための”フルオーダー”も可能です。

牛乳パックを差し込むた目の牛乳パックケージも一緒に預かって作ったような気がしますが、今回持ってきていただいたバッグにはついてませんでした。
で、牛乳パックついでに思い出したのは、これもだいぶ前に作った牛乳パックケージのためのバッグ。
e0149587_04584686.jpg
これは、お客さんが図面も書いてきてくれて、アトリエでの共同作業。
お客さん切る係。ワタシ横で指示を受けて縫う係。
e0149587_04583725.jpg
使い勝手のわからないもの(要はワタシ自身が使ったことのないもの)はできるだけ詳細な図面なり仕様書なりがあった方が作りやすく結果としてお値段も安くなります(かかった時間イコール工賃ですから。出来上がりのモノが小さいと材料費云々より工賃がかさみます)。


時代はどんどん進み、大抵のモノは世の中にあるような気がしますが、ないものはどんだけ探してもないです。最近我が家は”猫脱走防止格子扉”を作りましたが、傾いた家屋に合った既製品の猫脱走防止建て具なんて存在せず、これはやっぱり家に合わせて手作りするしかないとツレと作りました。世の中そんなもの、といえばそんなもの。ないものは作ってしまいましょう。頼む先もありますし(我が家の猫脱走防止格子扉はもう一つを大工さんに頼んでるのですが9月の台風で大工さんは未だに捕まらず。。。)。


セミオーダーもフルオーダーも、ぼんやりアイデアもパキッとアイデアも、ご用命はコゼバッグまで。





by cosset-cosset | 2018-11-29 05:08

バロメーター。

多分多くの”お母さん”と呼ばれる人たちは多少体調が悪くても我慢するでしょう。そして多少以上具合が悪くてもあんまりその具合の悪さが伝わりきらず、内心憤りながらもなんやかんやとやる事に追われて自分の具合の悪さはそっちのけでしょう。
我が家も然り。

風邪をひきました。
これは無理だ、と思って斜め前の家の奥さんにチャロの散歩を頼んだものの、まだ元気だった朝に仕込んだハンバーグのタネを夕飯の時には10-8のために38度の熱でフラつきながら丸めて焼いて。で、自分食べられない、っていう。。

具合が多少良くなれば、12月に迫った展示受注会が気になって土曜日はアトリエに引きこもり、思いの外集中してモノを作ってたのでツレは安心したのかよくなったのかと思い込み、明日の朝(つまり日曜日の朝)は走りに行くのか?と聞いてきます。
行けるわけないやん、と答えた瞬間の狼狽っぷりはなんだろう。

日曜日の朝は天気さえ良ければ元気に走りに出かける、というのがワタシの元気のバロメーターらしい。
つまり、走りに行かないということはよほど具合が悪いんじゃないか、と。

40歳が近くにつれ、色々と戦々恐々し出したワタシ。
何より、毎日元気な10-8をいかに休ませずあんなに遠い幼稚園(片道30分かかるとか、実際幼稚園のある場所を伝えると”遠い!”とほぼ100パーセント言われます)まで毎日送り届けるか、が大事なミッションなのでそこに体のコンディションを合わせると、日曜日にやんちゃに走りに出かけてくたびれ果てると、その翌日から1週間が大変な事になる、というのが年少時に一年通って学んだ事。
我が家はワタシが土曜日にアトリエなので家族の休みは日曜日のみ。あんまり無理せず身体メンテナンスをするのが一番です。


と言いながら、風邪でふらつく体でもいつも通り目が覚める早朝。
また月曜日から始まる弁当生活のために、行ってしまおうと自転車を西へ走らせます。
e0149587_15483084.jpg
約3日。ほとんど外に出ずにいたおかげで、外の空気を浴びて吸ってるだけでかなり活力が湧いてきました。

e0149587_15485588.jpg
無人販売で野菜を買って。
e0149587_15490155.jpg
朝日を浴びるってなんて元気が出るんだろう、とペダルを漕ぐたびに体がどんどん元気になるのを感じたのは何年振りでしょう。
e0149587_15552263.jpg
池では”鯉あげ”に向けて水かさが減りそれを大小様々なサギが狙いに来ています。

元気がみなぎったものの体から風邪のウィルスがいなくなるわけじゃないのですが、病は気から、というのがよーくわかりました。
寒いけれど、朝一番に外の空気を体いっぱい吸い込んで、朝一番の太陽の光を浴びる。基本的な事だけれど、案外そういうことが一番難しいのです。







by cosset-cosset | 2018-11-26 04:43
エプロンをオーダーするとかエプロンを自分なりにカスタマイズするとかって、カバン以上に難しいなあと思います。
だって身に付けるものだし、実際現在使ってるエプロンが壊れる気配はないし、形はいいなと思っても家にエプロンがいくつもあっても体は一つ。それも外へつけて行くこともなくTPOは家内とかなり限られてくる、そんなエプロン。
ただ、お料理を生業にする人や、メカニックなど汚れ作業をする人にとってはユニホームのようなもので、ワタシにとってのミシンと一緒で、体の一部としてなくてはならないもの、なのかもしれません。

先日、旧知の間柄のMさんからオーダーをいただきました。
Mさん、華奢な体で美人さんですが、元プロのダウンヒルライダー。(この間片付けをしていて古い雑誌をめくっていたら体を地面すれすれに傾斜させて斜面を下るMさん発見しました。ワタシはアスファルトの上でもあんなに体を地面に近づけられません。)そして今は自転車のメカニックや”初めてみたいけれど自転車ってどうやって買ってどうやって乗ったらいいのかわからない”人向けの講習会やライドイベントなどを行っています。

e0149587_04405761.jpg
最初は、こんなに色を使ったエプロン、大丈夫かな?と思いながら作りましたが、色の系統がまとまってるので全体のトーンが揃ってていい感じですね。
e0149587_04410379.jpg
本当はタグは見えないところにつけてますが、”ぜひ!”と言ってもらって見えるところに。
そして大きなポケットは仕切りをつけて。
e0149587_04410759.jpg
自転車を組み立てる時に必須の六角レンチはこんな感じに。



帆布のエプロンなんで、最初は本当に硬いです。ゴワゴワ。
でも使って洗濯して使って使って、、、してるうちに硬さが取れて柔らかく馴染みます。
使ってこその”アタリ”も出ます。
股下の割れたエプロンは、一枚仕立てのエプロンに比べて裁断から縫製にかかる手間が遥かに増えますが、その手間こそがカスタムオーダーできるコゼバッグにできること。(手間がかからないから”市販品”があるんですよね)

使ってみなきゃわからない。
Mさんにとって長すぎる腰紐は東京展示受注会の際に一旦お預かりして希望の長さにカットする予定です。そんなことができるのも、コゼバッグだからこそ、かもしれませんね。
ホリデーギフトを選ぶ季節になりました。
ワタシは10-8の希望のプレゼントを近々高島屋へ買いに行かなくてはなりません(今年は早くサンタクロースへ手紙を書いてくれたおかげで余裕があります)
自転車を触るのが好きなボーイフレンドや旦那さんへ、もしくはお料理好きなガールフレンドや奥さんへ。何かの作家活動にもぴったりです。アトリエオーダーだとクリスマスに時間がギリギリな11月下旬。ウェブショップにもエプロンの在庫がありますし、東京展示受注会にもほんの少しですが持って行く予定です。
でも本当はオーダーがいいよ、と内心思ってしまいます。


by cosset-cosset | 2018-11-22 05:02

早まりすぎた件。

毎年夏の終わりに親戚の叔父さんが畑で作ったトウガラシを大量に送ってくれるものの、米びつに入れる以外子どもがいると口に入る機会のないトウガラシを使うために柚子胡椒を作るようになったのはもう何年も前のこと。
あまりにもトウガラシの量が多すぎるので、作る柚子胡椒もその辺で買った柚子では全然足りずコスパが最悪に上がるため、生産地へ走ります。
毎年12月になると香り高い柚子を求めて山をこえ水尾へ出かけます。
去年は確か12月中旬くらいに出かけました。すると、販売所のおばちゃんに”12月じゃ遅いで”と言われたので、天気のよかった昨日、早々と行ってきました。
e0149587_04411523.jpg
みんな大好き六丁峠を経て向こう側へ。
いい感じの斜度と長さの峠ひとつで一気に景色が変わります。
市内中心部は紅葉はまだですが、一山越えればなんとやら。暑くもなく寒くもなくハイキング日和。たくさんのハイカーが歩いてました。

e0149587_04410941.jpg
ハイカー達とは別の道でワタシは水尾へ。
e0149587_04404464.jpg
毎年のこの写真。
だんだん看板が褪せてきましたな。

まあ、結論から言うと、柚子はなってるけれど収穫時期はまだ。
次の週末くらいから、だそうです。。。。。

早まりすぎた。
せっかくリュック背負って行ったのに。
e0149587_04403834.jpg
それでも、いいお天気の元自転車に乗ることができただけでも幸せです。
毎年帰路に通ってるルート(それも帰りは違う山をこえて輪行して帰る気に入りルート)は多分9月の台風で崩れてるだろうと予想し、来た道を帰ります。
e0149587_04395434.jpg
それでも、空っぽのリュックが悔しくて、
e0149587_04394897.jpg
無人販売を巡って野菜を爆買い。
小さいリュックで行ったので、ひと玉300円の白菜が買えなかったことを未だに悔やむ。

また来週以降柚子はリベンジ。
柚子を買うにはロードで片道1時間。
それより悔しい300円の白菜はロードではちょっと運びきれないのでロングテールでリベンジ。
週末はしばらくリベンジライドに忙しくなりそうです。



by cosset-cosset | 2018-11-19 04:59

ようやく。

撮影に出かけたのは、もう1ヶ月も前の話です。
サラリーマンのツレに平日休みをとってもらい、朝3人で家を出発し10-8を送って、二人で山へ。
10-8が存在するようになってから二人で自転車に乗りに行く、なんて滅多にありません。(去年電波の届かない山奥でパンクして、残念なことにポンプを持ってなかった悲劇が起きたとき、なんとか電波エリアに到達してツレに電話するもツレは電源を切っていて、自宅斜め前の奥さんに電話して自宅のツレに伝言をお願いして山の中に助けにきてもらった時その奥さんが10-8を預かってくれて、何年かぶりに二人で自転車に乗って以来です。)
カメラマンを呼ぶ財力も、モデルを雇う財力もなく、それ以上に全体のスケジュールを合わすのが困難なので、家庭内手工業のコゼバッグ、ツレとワタシがモデルとカメラマンを交互に行うことに。

事前にロケハンを繰り返し、アクセスが良く、何と無く遠くへ行ったっぽい写真にしようと出かけました。
e0149587_09580694.jpg
むかーし昔、雑誌の撮影の時はスタジオに入って照明がセットされた場所で撮ったこともありますが、家内制手工業だし、なるべく自然がいいし、カメラマンとモデルの二人体制だし、白い反射板をもつ役割の人もいない。二人であーだこーだ言いながら”とにかく走れ!”と叫ぶワタシ。
e0149587_09572538.jpg
もうちょっとアレをこうして、もっと走れ!
e0149587_09594782.jpg
e0149587_09573282.jpg
なんとか山の部終了し、家へ向かう道すがら街の部を。
e0149587_09591665.jpg
e0149587_10041610.jpg
e0149587_09593863.jpg
ワイのワイのと言いながら自宅へ戻り路地でブツ撮りを。

そんな撮影から1ヶ月。ようやくウェブサイトに今年の新商品であるシートバッグハンドルバッグを掲載しました。
なかなかニッチな商品で、とてもとても一般的な売れ筋バッグとはいかないですが、いまのワタシにはどちらもなくてはならないアイテムです。特に10-8を送った後2〜3時間ふらっと走ってそのままお迎えに行くときなんかは、自宅出発で一人山へ出かけるより若干アイテム多め(弁当やウェア類、大学の駐輪場に置いておくわけにはいかない身の回りのものなど)。それでもやっぱりバッグを背負って走りたくない人にはもってこいのシートバッグとハンドルバッグ。
ハンドルバッグは”既存のポーチと何が違うねん?”と言われますが、全然別物です。
ポーチはただの長方形の布をバッグにしてますが、そんな雰囲気を持ちながらもハンドルバッグのパターンは別物。ハンドルに取り付けても、タイヤに干渉しないようにする工夫が満載です。ちなみに、ハンドルバッグにはノーマルのポーチがそのまま入りますし、なんならノーマルポーチに薄手のウィンドブレーカーも入ります。たくさん入れても大丈夫。一眼レフも入れられます。ただ、通常のブレーキの自転車やケーブルの取り回し如何によってはハンドルバッグが取り付けられない場合もあるのでご注意を。

詳しくはウェブサイトのシートバッグとハンドルバッグのページをご覧ください。







by cosset-cosset | 2018-11-15 05:18
今年のコゼバッグ東京展示受注会は先日ちょっとお知らせした通り12月21日(金)から23日(日)までの3日間。
谷中の古美術上田で行います。(詳しくはコゼバッグのウェブサイトをどうぞ)

毎年、子ども連れの方を対象とした”描いてみようサコッシュ!”という企画をしています。
なかなか子連れでは親の都合でお出かけするのが難しいと自分も子を持つようになってからひしひしと感じまして、でもコゼバッグの注文はほとんどが大人を対象としているし、顧客の年齢層は自分と比較的同じくらいの方が多い。必然的に子連れ層もまあまあいらっしゃる。受注会に来てくれた子が狭い会場内で飽きて帰りたいと言い出すのは想像に易い。なので、毎年サラのサコッシュを作っていって”絵を描いて待っててね、そして描き終わったら持ち帰ってね”という企画。
紙に描くのではなく、バッグに描くのが新鮮なのか、毎年人気です。

毎年サコッシュってのもあれやな、と思ったので、今年はトートです。
e0149587_03544475.jpg
大人の手でこのくらい。
e0149587_03545273.jpg
最近5歳になった10-8が持つとこのくらい。
キャンバスとなるボディもずっと”生成りがいい”とサラのキャンバス感を重視してたのですが、案外子どもはカラフルが好き。背景に最初っから色がついてるのも悪くない、らしい。

e0149587_03554640.jpg
そして、布用クレヨンで絵を描いて、
e0149587_03563237.jpg
バッグの中と絵の上をキッチンペーパーで挟んでアイロンをかけてクレヨンの油分を脱脂します。
e0149587_03563878.jpg
今年の”描いてみようサコッシュ!”はトートです。
一昨年くらいに描いたサコッシュと比べると”好きな色を塗りたくる”からそれぞれ自分で好みを選んで好きなものを描けるようになりました。
こうやって一年に一度の成長を紙ではなく形に残せるのもこの企画のいいところ。

もちろん無料です。
アイロンはご自宅に帰ってからかけていただくことになるので、持ち帰り用のビニール袋とキッチンペーパー数枚をお持ちください。
子の性格にもよりますが、クレヨンをベットベトに塗りたくるタイプですと、きちんとキッチンペーパーで抑えてビニールに入れないと絵がぐちゃぐちゃになります。
10-8のハートちゃんくらいの薄さの絵の場合、逆にペーパーなくてもよそに色移りする心配はありません。
縫い始めると10分で終わる作業でも、裁断アイロンと全部手作業で一人で作るので数がかなり限られていますのでなくなってしまった場合は悪しからず。

去年の”描いてみよう!”はコチラ
もちろん、普段の京都のアトリエでもお子様連れのお客さんには”描いてみよう!”をしていただけます。子連れだし、、、なんて怯まずぜひお越しください。


by cosset-cosset | 2018-11-12 04:26

クロちゃんのこと。

うちにネコが来て1ヶ月ちょっと。
少しずつネコのいる暮らしに慣れて来ました。
自転車にネコが乗ったマークを使用しているので”ネコを飼ってるのか?”とお客さんによく聞かれたのですが、飼ってませんでした。
友人は”コゼバッグにほんまもんのネコがきた”と言ってくれましたが、まさにその通り。
黒色なので、クロちゃんです。正式名はネコクロちゃん。
ちなみに、犬の名前は茶色と白色の毛色なので、チャロさんです。
そして、クロちゃんは10-8のネコです。チャロはワタシのイヌ。責任の所在が分かれます。

このコゼログのネコちゃんを覚えてる方はいらっしゃるでしょうか?
夏の初め頃に見つけた山に捨てられたネコ。
捕まえられずに帰って来てしまったのですが、このコゼログを見た方が捕獲を試みてくれました。
そして、京都市内から峠を越えて足繁く捕獲に通われたのですが、ワタシの見つけたネコちゃんは見つからず、同じ場所で違う捨てネコを拾ってこられました。
そのうちの一匹がうちのネコになりました。

e0149587_10412141.jpg
ネコは捨ててはいけません。
なかなかワタシの暮らすエリアでは”捨てネコ”は見かけることはありません。
町内に限って言えば、地域猫は絶滅し(おばちゃんたちの長年の努力ですね)、越境組のパトロール中のネコさんを時々見かけます。
でも、聞くと、まだまだ野良猫ってのはめちゃくちゃ多いみたいですね。
捨てネコも。ネコがどんなところに捨てられてるのか分からないですが、ネコ電波を出してる人の所にはしょっちゅう捨てネコが出現するらしいです。(ワタシは逆に山で拾い物電波を出してるんで、色々拾うんでしょうね)
クロちゃんに至っては、山の中に兄弟と一緒に捨てられてました。

憧れのネコのいる暮らしは穏やかなものを想像してましたが、全然穏やかじゃない。
外への興味が半端なく常に脱走を計画してるような気配があって、今まで玄関も窓も開けっ放しだった我が家は厳重な注意を払い、ネコが出ていかないようにインナードアを発注したものの、9月はじめの台風のせいで出来上がらず、、、(大工さん、インナードアより切羽詰まったお家をせっせと直し中。)
時々かわいいけれど、基本的にずっとずっと走ってる。ネコってこんなに走るんだ、とため息が出るくらい走ってる。

来た当初はネコはずっとシャーシャーと膨らんで威嚇し、イヌは得体のしれない小動物に興味津々で2匹が近づけば必ずチャロは悲鳴をあげ尻尾を巻いて逃げてたのですが、この頃ようやくこのような微笑ましい姿が見られるようになりました。
e0149587_10541941.jpg
イヌは子猫のハイカロリーフードを食べたくて仕方がない。
ネコはイヌ用の安い動物的嗅覚をくすぐる餌を食べたくて仕方がない。
e0149587_10474617.jpg

最近”25歳のネコを飼ってる”という人に出会い、恐々としています。
チャロ8歳。多分どんなに長くてもあと10年。チャロが死ぬときは10-8は思春期真っ只中。
10-8は5歳。クロちゃんが25歳まで生きた場合、10-8は30歳。10-8のネコだけれど多分ワタシが面倒見てるでしょう。
ワタシ、クロちゃんが25歳まで生きたら63歳。ツレの場合は67歳。老老介護。

動物を飼うというのは責任がついて来ます。最後まで面倒みようと思ったら、自分も元気じゃなきゃ。
間違いなくヨウムやオウムを飼うことは無理です。彼らの平均寿命より自分の方が先に力尽きるのは目に見えてます。
人生であと何匹の動物(多頭飼いは除く)と生活をともにできるのか?と考えたら、縁があったら飼ってみたい。
幸い我が家は飼える住宅事情は整っています。
チャロの次は引退犬飼育ボランティアをして見たいと思ってるけれど、どうなることやら。



by cosset-cosset | 2018-11-09 04:50

一年に一度の。

11月になりました。
そろそろ年賀状の準備をしなくては。
我が家は、遠方の親戚ばかりで一年に一度も顔を合わせない事も多いので、年賀状だけは家族写真付きのモノと決めています。
そしてもう一つ、ルールも設けています。
”近くだけれど遠くへ行った感が溢れる場所で写真を撮る”という事。
だいたい1時間以内で行ける場所へわざわざ写真を撮りに出かけます。
わざわざ行くってのも特別感があっていい。写真館へは行ったことがないけれど、家族予定を合わせて天気予報睨んで”行くぞ!”と気合いを入れるのも悪くない。

ワタシがすごくせっかちなせいもありますが、去年は11月なかばにツレが自転車で転倒からの意識不明で救急搬送、からの骨折手術(&コゼバッグ恒例受注会)のという怒涛のスケジュールで年末まで大暴走した経験から、やはりこの一年に一度の家族写真撮影会だけは年賀状発売のニュースとともにやっておかなくては!と思うわけです。

e0149587_04420378.jpg
最近チーム入りした猫のクロちゃんだけは連れて行くわけにはいかないですが、毛もの代表のチャロさんとコビト代表10-8と大人二人。今年は10-8リクエストで大文字山へ。

e0149587_04421220.jpg
晴れの天気予報のはずが小雨パラつく中登り、上でおにぎりを食べてる間に雨は止みました。
会を重ねるごとに子ども代表はカメラ目線をきちんと向けられるようになったものの、毛ものがカメラの方を向くのが難しい。
ワタシはカメラのリモコンを忘れタイマーセットしたカメラと立ち位置を何往復もし、十数カットの末に”まあこんな感じか”的な写真が撮れました。

休日の大文字山があんなに混み合うものだとは知らなかったけれど(近くて達成感あっていい山ですから人気ですよね)、いい休日でした。
最近は年賀状を送る習慣が薄れて来てますが、頻繁に会えない人が多い我が家。一年に一度だけ写真を撮って年賀状にしてご挨拶。そして写真は大きくプリントアウトして壁に飾る。10-8だけ成長が見られて眩しく、大人はちょっとずつなんだか残念な感じになって行き、犬はパッと見わからないけれど、確実に一番歳をとってる。そんな変化が楽しい家族写真。

割とオススメです。


by cosset-cosset | 2018-11-05 04:57

よくある話。

結婚して(というより結婚前に付き合って)みて初めて相手方の趣味の世界に出会うことも多々あるでしょう。
まあ、よくある話だと思います。

今回のお客さんの旦那さんは自転車関係のお仕事。ワタシとツレは随分前からよく知っています。
あんまり詳しく聞いてはいないのですが、なんとなくお客さん自身は自転車にガッツリ、というタイプではなく住んでるエリアのこともあって自動車が主たる移動手段のよう。
でも、気になる自転車バッグ。
ということで、
e0149587_10515247.jpg
作らせてもらいました。
パッと見よくあるトート型メッセンジャーですが、ショルダーベルトは取り外しができます。
ささやかにどこにあるかわからないように取り付け部のDカンをつけようかとも思ったのですが、あえて”らしさ”を強調したいな、と思ってあえて通常の取り付けと同じような”右かけ”できる場所に主張気味につけました。
e0149587_10525909.jpg
Sサイズだし、いざ自転車に乗る時には”ギュッ”とショルダーベルトを体に巻きつける、というよりかはショルダーバッグのように使うかな、とお客さんの雰囲気を見て思ったので、こんな感じに。
(多分ギュッとガチガチにベルトを占めるとDカンとナスカンが肩のあたりで違和感満々と思います。)

e0149587_10524463.jpg
多分、普段の車生活ならショルダーベルトはいらないでしょう。
でも、そのバッグを自転車で使うときはカチッとショルダーベルトをつけて。


お客さんの旦那さんとは10年前に一緒にポートランドへ行った仲です。
それも世界大会参戦!(世界大会と聞くと聞こえはいいですが、内容はまあ、本気でチョケル、でも本気、みたいなシクロクロスでした。エントリーしたら誰でも出られます)
その旦那さんとワタシとツレの3人がレースにエントリーした唯一の日本人でした。(ワタシは泥と寒さと雨が嫌でレースに出なかった)
まだポートランドがポパイにも載ってなかったし(多分ポパイ自体が休刊中だったような)ポートランドの自転車ブームのようなものが日本にも輸入されてなかったし、ポートランドが日本でちやほやされる数年前に行った我々の個人的に面白くなかった旅の記録はコチラ
当時はまだ自転車でガタガタ道を走ったことがほとんどなかったせいもあり、雨と泥と寒さで何にも面白くなかった話なので内容はあんまり盛り上がってないですが、時を経ていい感じに刷新された記憶と一時期世間が盛り上がってたポートランドブームがごちゃ混ぜになって中々面白いです。
いまだにポートランドの動物園で広大な展示スペースからオオカミを見つけられなかったことを残念に思ってますが、多分もうポートランドに行くことはないかな、と。

まさかその旅の友の奥さんに10年後にバッグを作らせてもらえるなんて、なんてありがたい話でしょう。
未来はわからない。






by cosset-cosset | 2018-11-02 04:51