人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

装着系。

雨降る前にひとっ走りした昨日の日曜日。
イラチな上にケチなので、何か目的のあるライドは好きです。
e0149587_04201252.jpg
フレームバッグにパトロールキットを。
ハンドルバッグに身の回り品を。
そして昨日も結局持たなかったパンク修理キット。。。
e0149587_04200366.jpg
ハンドルバッグの背板が入ってるポケットには先週のロード→プールの名残、アミノバイタルの残骸がそのまま入ってましたが、こういうポケットがあるとちょっと突っ込みたいゴミをスッと入れられるのが嬉しかったりします。(でも降車後にちゃんとゴミはゴミ箱に入れないとどんどんたまりますね)
e0149587_04200903.jpg
パッと見なんにも入らなさそうな雰囲気だけれど、めちゃくちゃ収納力のあるハンドルバッグは一つあるととても便利だな、と思います。

そう思ってくださるお客様から、
e0149587_03583190.jpg
無事の装着写真を送っていただきました。
ディスクブレーキなら難なく取り付けられますが、通常のロードブレーキでも干渉する心配なはさそうで安心しました。
でもサイズによって、車種によってはどうしてもタイヤに擦ったりブレーキに当たったりする場合があったりするので、誰にでもOKな商品ではないのが、こういう取り付け系バッグのデメリットです。

e0149587_04004957.jpeg
こちらもお客さんに送っていただいた写真ですが、フレームバッグに至っては、ある程度のモデルをコゼバッグがプロダクトとして出すのではなく、フルオーダーした方が確実にいいものが出来上がるので、フルオーダーのみ作っています。
敷居はだいぶ高めですが、その代わり、確実にぴったりといいものができます。
写真のお客さんのはフレームに対して大きめの一個のフレームバッグですが、中は二層になってます。でも二層もいざという時には一つに合体できる仕様です。下の方の荷物も取り出しやすいようにバッグの口も二つ。こういうのは入れるもの、使う場面、フレームの大きさ、ボトルをどこにつけるか、そういうことを踏まえて話をしないといいものは作れないかな、と思います。

一番上のワタシのロードバイクにつけてるフレームバッグも、ワタシが乗れるサイズのフレームなので中の三角は極小です。その極小にボトルの出し入れに干渉せず取り付けられるフレームバッグを作ったので、さらに極小ですが、中身へのアクセスのしやすさを考慮して、バッグの開口は逆L字に目一杯開けられるようになってます。



自転車にバッグを取り付けられると身軽になるのが嬉しいですね。
その代わり自転車が若干重くなりますが。。。軽さをお金で買う先端のロードバイク事情と正反対ですが、焦らないで自分のペースで乗る自転車もいいじゃないですか、と競技も街乗りも経験したワタシが至る今のロードバイク事情が反映されたコゼバッグです。


話は一番最初に戻ります。
何をしに行ったか、というと、遠足の下見です。
”レンゲ祭り”と勝手に名前をつけている右京区主催のレンゲ祭り。
開催日だけは自由に田畑に入ってレンゲを愛でることができます。
入学前には近しいお友達を誘って出かけましたが、平日昼間の開催は誘う人も誘われる人もなかなか都合がつけにくい。ならば、と思って去年10-8の幼稚園的なものにリクエストを出したらあっさり企画が通って、去年から遠足で行けるようになったレンゲ祭り。
正式名はれんげを摘む会です。
今年は19日開催です。咲き具合はどうかな、と思って下見を。
今年は春が寒かったので、金曜日に遠足で出かけて咲いてなかったら寂しいな、と思って、遠足提案者としてまずは下見を。
e0149587_04383186.jpg
一面レンゲ。
今週は暖かそうですし、金曜日には満開になるかなと予想。
写真を見ると、晴れてますが、この二時間後にはきっちり雨が降り出しました。





# by cosset-cosset | 2019-04-15 04:50

格子のヒミツ。

トート型メッセンジャーSサイズ。
e0149587_04570665.jpg
もしかすると、どこかで見た記憶のある方もいらっしゃるかもしれません。
以前某アウトドア雑誌の別注で、小学館のオンラインショップで販売したもの、と似ています。
雑誌側からのデザイン案を受けてコゼバッグで形にしたものなので、特に契約を結んだわけじゃないし、”ああいう雰囲気のバッグがいい”とオーダーの際に言っていただければ、同じものを作っても問題はないかな、と思います。
e0149587_04571851.jpg
が、別注モデルは見る方が買い求め安い価格帯を狙ったので、その価格に見合うための努力(といえば聞こえはいいのですが、ゴニョゴニョゴニョ、、、)をしたので、だいぶアレなバッグでした。
今回作らせてもらったのは、お客さんから”あの別注みたいなバッグ”でしたので、本来のコゼバッグのお値段とコゼバッグのやりたい作業内容で、かつ、耐久性も持たせるために角の補強付きで作らせてもらいました。


よく、この格子ステッチのことを聞かれます。
”こういう生地が売ってるんですか?”と。
いえいえ、そんなことはありません。自分で縫うんです。
ほつれないようにしっかりと縫うだけです。
引っ掛けても全部ほつれないように二重三重に重ねて縫うだけです。
そして時々ミシンをする方からも”まっすぐ縫うコツは?”と聞かれたりしますが、まっすぐ縫うコツは左手だと思います。右手で生地を送り、左手の人差し指と中指でずれないように、それも抑えのギリギリ(手を巻き込まないよう注意ですが、コゼバッグの使用するミシンでは何をどうしても指が巻き込まれないようになってますので、手を縫ってしまうなんてことは愛得ないのです)のところでガイドをするのがコツです。
格子ステッチのように同じラインを二回三回重ねて同じ針穴にトントントンと縫う練習をするとまっすぐ縫えるようになるかもしれませんね。


別注モデルは過去に色々と作りました。
中にはバイヤーさんやデザイナーさんが入ったモデルもありますし、”ああいうのがいいな”みたいなのをオーダーの際に言っていただければ喜んで。


# by cosset-cosset | 2019-04-11 05:18

二部練。

プールに行く10-8と山に行くワタシ。
e0149587_04431620.jpg
”パンクしないでね〜プールに迎えに来てね〜”と見送られ、いざ今年初ロードへ。
桜満開の市内を背に峠を登り、というところで丸腰であることに気づき、あんまり冒険できない流れになりました。
ロードが久しぶりすぎて、パンク修理キット一式を忘れた。先週のマウンテンバイクの時もそうですが、意識低い系の自分は”パンクしない”と自負しているもののお守りがわりの修理キットだけは持ち歩きたい。次回必ず忘れずに。(本当に滅多にパンクしないのが自慢ですが、いざという時のためには持ち歩きたいですね。滅多にパンクしないからパンク修理できるか不安はあります。チューブ交換くらいなら、と言いたいけれど普段適当すぎてディスクブレーキの後輪外せるか微妙です。。。)

e0149587_04444798.jpg
丸腰だけれど、楽しみたいグラベル。
全くのタイミングの問題だけれど、林道を走っていて猟師さんに会うこと10人以上。多分チームで張ってるナワバリの外郭がちょうどワタシのパトロールコースと合うのか、完全に気配を消して眼光鋭く銃を構える猟師さんを杉の木の中に見つけては”うわ!”と驚きの声をあげて(まあそれは人がいることにビビるより首を括った人を発見したんじゃないかとビビってる)6回目くらいに会った猟師さんにいよいよ”ワタシ、通って大丈夫ですよね?(撃たれませんよね)”と確認。この先の道にあと何人いるかと無線でワタシが通る旨を流してもらい安全なコースを確認。
e0149587_04511970.jpg

銃声響く山の中。
この写真にも斜め前にオレンジの猟師さんが写り込んでますが、明るいジャージを着ておかないと、うっかり誤射なんてことは本当にごめんです。(まあ、ワタシが鹿のように俊敏に走れているかは別問題として)

春ですしね。
e0149587_04554589.jpg
鹿もそろそろ衣替えかしら。
ツノもそろそろ生え変わる時期ですし、山パトロールも走りたいところばっかりじゃなくてツノ探しコースを重点的にパトロールする時期がやってきました。
大人の宝探しです。

そして、ぐるっと山を巡ったなら、時間的にもプールに間に合うし急ぎ足でプールへ。
クールダウンにプールなんてアスリート的すぎるじゃないか、と言いたい。
e0149587_04583114.jpg
プールに浸かってたツレと10-8と合流し、一時間ほど行水してお昼に終了。

桜満開の帰り道。
いい一日にでした。




# by cosset-cosset | 2019-04-08 05:09

すごくいいんだ。

随分と前にカクバリズムの角張さんがインタビューか何かで”気に入って買ったバックパックが中身が入ってないと形が綺麗じゃないからいつもスウェットを無駄に入れてバックパックの形を整えてる”と答えてるのを読んで、そんなことをする人がいるんだ、と思ったのですが。。。



e0149587_04200610.jpg
先日納めさせてもらったバックパックフラップタイプ。
個人的には、めちゃくちゃいいバックパックだと思います。
e0149587_04194943.jpg
ロールタイプに比べるとバッグの中身へのアクセスはいい。
それにこのくらいの大きさの一般的なバックパックに比べて随分軽い。
ただ、開口にマジックテープが使ってあるのでベリベリと音はするけれど、こういう”コロン”とした形が背中にあるのはとても好きです。
そして、とてもたくさん入る。弁当水筒着替えに防寒着、パソコンと筆記具と一眼レフ。それでもフラップを留める延長ハーネスの出番はなくて、さらにヘルメットやアウターをバッグに突っ込む時にだけ、延長ハーネスが登場する想定でこのバッグパックを作りました。
でもワタシは何も背負わず自転車に乗って出かけるのが好きなので、このバックパックを作る最初の目論見は外れてしまいましたが、タウンユースにもぴったりでワタシの学生生活にはなくてはならない必須アイテムになっています。
e0149587_04193330.jpg
昨日も10-8を送ったあと時間があったので四時間みっちり(時間があったので、と言うほどの短時間でもなくフラフラになるくらい真剣に)山を歩いてのですが、4月とは言え余りに変わりやすい天気。晴れたかと思えば雨になり雪の混じったみぞれになり。ビュービュー冷たい風が吹いて、でも日がさせば暖かくて。そんな天気の中でもこのバッグならインナーターポリンが入ってるので雨でも平気。アウターポケットにはターポリンはついてないですが、それでもフラップでポケットの入り口は覆われているので、山の中の雨なら平気。

このバックパックがトート型メッセンジャーのようにコゼバッグの主流商品となると、遠くない将来コゼバッグは潰れてしまうだろうな、と作る時に思うくらいエネルギーを使うバックパックフラップタイプですが、非常にいい。

ただ最初に書いたように角張さんが言ってた”形を整えるためのスウェット”的なものはこのバックパックには必要です。スカスカだとフラップの形がぺちゃんこになる。2年前にバージョンアップしたことでフラップがぺちゃんこになるのを防げるよう工夫はしたものの、バックパックというのは、ある程度形をキープするために中身があってこそ全体が成り立つのだな、と。なので荷物の少ない方には向いてない気がします。もしくは荷物がたくさんの時のためのバックパック。

写真が悪いのですが、底角に補強の入ったバックパックフラップタイプ。
とてもいい仕上がりです。
長く使っていただければと思っています。

# by cosset-cosset | 2019-04-04 04:43
土曜日。
ミシンをカタカタと踏んでいると不意に郵便局に行く用事を思い出しました。
でも、外に置いてあるパッと乗れる自転車はツレと10-8が梅田のバイクロアに行くために乗って行ってしまってました。
そこで、ツレの自転車をちょっと拝借。
スイッチ一つでシートの上げ下げができるいきった仕様。
乗ってみると、ワタシでも乗れるサイズでかつ、まあまあいい感じでした。
e0149587_17215360.jpg
ので、日曜日の朝、ちょっと自転車を借りて山へ。
e0149587_17185089.jpg
普段感じることのない踏み心地の不思議な自転車。タイヤの太さからかふわりふわりと走ります。
e0149587_17221859.jpg
そして、気づきました。
この自転車は、適当に走っても転ばない。滑らない。
タイヤが太いから(ではなく考え尽くされたジオメトリのおかげ)安定性が抜群で、ルートを選ばなくてもハンドルさえ握って下りさえすれば無難に下れる。
ガレガレポイントでもハンドルが遊ばない。(上半身が非常に楽チンです)
ヒヤリハットが全くない、と言いたいけれど、ツレは北米かぶれなのでブレーキが左前。ワタシは常に右前なのでブレーキコントロールがとても難しく”左前、左前”と呟きながら降りましたが、一度失敗してスネを強打。。。でもブレーキ以外は安定感抜群です。
e0149587_17214767.jpg
小枝倒木はもちろん普段なら怯みがちな木の根っこも滑ったりはまったりが怖いドロドロのヌタ場も、何にも考えなくてもぐんぐんいける。

まるで、自分が上手くなったかのように錯覚する不思議な自転車でした。
パンク修理キットも持たない手ぶら丸腰にも関わらず、何を踏んでも不安要素のない自転車ってなかなかない。これがファットバイクの場合はトレイルに入るまでの峠の登りで地球からの引力をすごく感じるのでファットバイクは登坂向きではないなと以前思ったのですが、このオレンジ色はなかなか登りよる。
e0149587_17184354.jpg
いい自転車だ、と言いたいのですが、天邪鬼のワタシから言わすと、上手になった気にさせてもらえた反面、この自転車では全然山では上手くなれない。適当に走ってもヒヤリハットなく安定して走れてしまうのはいいけれど、適当では本当は山道は走れないことを知ってるので、ある程度のスリルというか自分の今日のコンディションを知るためにはこの自転車はうまくできすぎている。

もうあと10年くらい歳をとって体力も動体視力も感覚も衰えた頃にこの自転車に電動がついてきたら無敵かもしれないけれど、アラフォー女子としてまだこの辺りを甘えるわけにはいかない。自分に厳しく山で走るためには、いつものトレイルヘッドで”ひゃあ”とか”うわー!”とか独りごちながら下るのがいい。

e0149587_17401709.jpg
とまあ、人の自転車で勝手に感想を書きました。
感じ方は人それぞれ。
ワタシとツレの身長差は13cmほど。体重差は25kgほど。それでも同じ自転車に乗れて山で楽しめるのか、という新たな発見があった一方、ワタシにはこういう自転車は向いてないな、と。
でも、そんなの乗ってみなきゃ乗り味ってわからないですよね。
ジオメトリの寸法みても、試乗会で試乗してみてもわからない。自分のホームで走ってこそわかる感想もあるわけで。

マウンテンバイク選びって難しい。
ちなみにツレはこの自転車はナイトライド用らしいです。確かに夜道では何にも見えないですからね。何を踏んでも安定している走りは大事かもしれません。




# by cosset-cosset | 2019-04-01 04:56