カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2019年 01月 31日 ( 1 )

長尺物。

コゼバッグのバックパック類の外ポケットは基本的に深め。
ボトル類を入れるよくあるポケットより深いので、もしかすると水筒なんかを入れるには深すぎるのかな、と思ったりしますが、それでもワタシは折りたたみ傘を入れて毎日持ち歩いてますし、時々ノコギリなんかを挿して登校しています。(山で木を切らせてもらってます)

10-8にはバックパックロールタイプのkidsを縦横を少し大きくしたものを年中進級時に作りました。
(子どものバックパックは大きめを作って長く使いたい親心もあるのですが、年少までの3歳くらいまでとそれ以降というのは体力に雲泥の差があり、水筒一つ自分で持ち歩くのも大変な3歳までに大きなバックパックは厳しいな、というのが5歳の子を持つワタシの見解です。洋服と一緒で適した大きさを持たせてあげるのが親の愛かな、と思います)

使い方について親であるワタシは何にも言わないんだけれど、先日お迎えに行った時、
e0149587_04453198.jpg
10-8だけ、長尺物を手に持たずにバッグに指してた。
e0149587_04474525.jpg
なんか、ああ、よう見とるんやな、と思った次第。
e0149587_04484189.jpg
お使いに行った帰りに外ポケットにゴボウを挿して帰ってきたときも感動しましたが、”これはこうやって使うんやで”と伝えなくても自分なりに工夫できる余白があるってのは大事です。
なんでも決められた通りのやり方ばかりじゃなく自分で工夫を凝らしていってほしい。
子供用バックパックに限らず、大人用も、コゼバッグはあっさりしたバッグなので、お客さん次第で工夫のしどころは満載です。作るときにカスタムして作り込むもよし、使っていくうちにお客さん自身で使い勝手良くカスタムするもよし。作り手のガチッとした”これはこうやって使うべき”みたいなのを押し付けないバッグ作りを心がけています。


by cosset-cosset | 2019-01-31 04:56