人気ブログランキング |

2013年 02月 03日 ( 1 )

イヌに噛まれた話。

もうひと月近く前の話ですが、一人マウンテンバイクでパトロールへ出かけ、イヌに噛まれました。
そういうと、”野犬か?”とか、”触ったらかまれた?”とか言われるのですが、いえいえ全然。
峠を一つ越えた向こうの集落の農道をマウンテンバイクで走っていて、イヌ2匹を散歩していたご夫人が道を譲ってくれたのでさっさと行こうと追い抜きざまに2匹がご夫人を引きずり、リードを振り切り、うわっと飛びかかられ、足を噛まれたのです。

後から考えれば冗談みたいなシチュエーションなのですが、イヌがワッと襲いかかってきた時にワタシはビビってしまって自転車を止めてしまったんですね。
そのまま全力で逃げればよかったのに、一瞬で”逃げる=追いかけられる”の算段で止まってしまった。
で、一匹がジャンプしてきたからそっちに気を取られているうちにもう一匹が足をがぶり。

ええ。もうその場がパニック状態であったことは言うまでもありません。
飼い犬2匹に引きずられリードを放してしまったご夫人が一番パニックで、とっさの一言が”注射してますから!”
。。。って。
そういう問題じゃない!って怒ってダートを下って帰ってきたのですが、腹がたつわ痛いわで。
バイクタイツとフワフワのフリースのレッグウォーマーをしてたけれど、肌には犬歯の刺さった後がしっかりと。




後日談です。
一応お医者に見てもらったお金くらいは出してもらわなと、再び峠を一つ越えてご夫人の家を訪ねました。(峠の向こうの集落は10世帯もなくてイヌを飼う家は一軒しかないので、どこのお家か分かってたのです)
とても丁寧な対応をしてもらいました。
が、とてもショッキングな話を聞きました。
なんと、その、ご夫人をひきずり、ワタシに飛びかかってきた2匹のイヌが、ちゃんとトレーナーについて3ヶ月間ものしつけのトレーニングを受けていた事実を聞かされ、ワタシの噛まれたショックもさることながら、ご夫人もたいがいショックを受けて、”うちの子がひとを噛むなんて、、、”とかなり意気消沈な様子。



我が家にも、チャロという愛犬がいるので、シツケがいかに大変で、(チャロはもう諦めているけれど)わざわざトレーナーをつけて英才教育を受けさせたのにこんなザマになるなんて、とちょっと同情してしまいます。



お正月に実家の母がイヌの散歩中に野良犬に襲われてたいそう怖かったと話を聞き、そのときはただ笑うだけでしたが、もう今はチャロの散歩中であれ、他所サマのイヌが怖いです。
そして、一昨日通った時も、ワタシを噛んだイヌは声高らかに庭から吠えてました。

イヌに噛まれた傷は、靴がしっかりグリップするマウンテンバイク用のペダルのチョボがスネに刺さった時よりも深く、傷の見た目以上に治りが遅い。
ええ、みなさん、イヌにはどうぞお気をつけて。
自転車など素早く動くものにイヌは気を惹かれるらしいですよ。(チャロはそうでもないけれど)
本当に気をつけて。

イヌに噛まれた話。_e0149587_1592113.jpg


ちなみに、ワタシに飛びかかってきたイヌはラブラドールレトリバー。そして、足を噛んだのはフレンチブルドッグ。
愛玩犬に噛まれるというなんとも情けない話です。
by cosset-cosset | 2013-02-03 16:17