人気ブログランキング | 話題のタグを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

目み麗しう。

多分、大学生の頃から数えると、何百回という数では効かないくらい登っている峠道。
目み麗しう。_e0149587_09320250.jpg
残念ながら体力の関係上、そんなに遠くまで行けなくなりました。
だから、なるべく近くの遠くをうろうろうろうろ。
幸い、誰にも会わない山の中、かつ携帯電波圏外でも不安は一つもなく、脳内マップは完璧ですが、Googleマップおよびそういう系のマップには載ってない山道なので人に説明するのは難しい。
目み麗しう。_e0149587_09350741.jpg
もう最近は落ちてる色々を写真に撮るだけで持ち帰ることは少なくなってきましたが、やっぱり見つけると、手にとってしまう色々。
鹿の下の歯は、ニコイチになってるんだな、と。
で、随分とすり減ってる。(そりゃ草をすり潰すんだからすり減るだろうよ、、、)
目み麗しう。_e0149587_09351123.jpg
まだ新しい鳥の巣。
カラ類かな、と。
かわいいなあ、かわいいなあ、といいながらも、ポイです。
もう、持って帰っても増えるばかりなので、記憶と記録にしっかり収めることを覚えた41歳。
目み麗しう。_e0149587_09351717.jpg
10-8は、この峠道の途中にある”ご自由に”を見て”田舎の人は米が出来過ぎて余ってしまったからこうやって道の途中にご自由にとおいておくんだ”と塩化カルシウムの10kgの袋が米だと思ってたそうです。
ワタシがこれをお持ち帰りしないのが不思議で仕方がなかった、と最近聞きました。
大爆笑です。
確かに、家の周りで”ご自由に”とあれば不用品のリサイクルで必要なら持ち帰るシステムですが、山の中ではまさか米が”ご自由に”な訳がないけど、そして融雪剤というのを知らなかったら、この10kgの袋がコメに見えてもまあ、変なはずはないわけで。

目み麗しう。_e0149587_09445950.jpg
何百、何千と登った峠道でも、いまだにふと視点を変えてみると”あれ?こんなところに道があったっけ?”と思うような獣道の始まりが見えて、なんとなく自転車で突入してみて、で、なんとなくそのまま乗れてしまってどこへ出るんだろう?と不思議に思いながらペダルを回してると、思いもかけないところにヒョイっと出てしまったりして。

アスファルトで固められてない道は限りなく自由があって、誰かが通って、さらに誰かが通って少しずつ道になってでも地図にも書かれず、誰かと同行するかでしか知り得ない道が、まだまだ20年も通った峠道の中にも無数にあるようで、遠くへ行けなくなった今でもまだまだ楽しめる余地の残る、未知数な峠道は、なかなかにワタシの大好物だったりします。

by cosset-cosset | 2022-05-23 05:48