人気ブログランキング | 話題のタグを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

シェルパ・ツレがいる時。


先日、10-8の学校のアレやこれやでツレが会社を休み、二人予定がポッカリあいた平日の午前中。
ならば、ちょっと行ってみたいけれど一人じゃ行く勇気がない(というのはつまり、一人で行くのが怖いとか、道の先の安全確認ができてないとかそういうの)ところへ一緒に行って欲しいと頼みました。

シェルパ・ツレがいる時。_e0149587_14575971.jpeg
朝、ちょっと寒いなくらいに思ってたけれど、峠を登れば雪の世界でした。
ワタシの鉄の塊のマウンテンバイクを軽ーくディスりながら先をゆくのはサスペンションが2個も付いてサドルもボタン一つで上げ下げするようなツレ。
同じところを同じ条件で走る二人とは思えないのですが、それを比べる対象もないので、まあ、今回はワタシのお弁当持ち、ということで。
シェルパ・ツレがいる時。_e0149587_15042819.jpeg
雪の上を楽しく走ったのはほんの束の間。
シェルパ・ツレがいる時。_e0149587_15055913.jpeg
行ってみたかったところへ到着したのはいいけれど、ベチャベチャの雪は非常に進みが悪く、楽しいといえば非日常的で楽しくはあるけれど、本来求めてた楽しさか?というとそうでもなく。。。
シェルパ・ツレがいる時。_e0149587_15051136.jpeg
それでも、行ってみたかったところへ行けた満足感と、鉄の塊MTBとワタシのスキルでは行けない道がどこへ到達するのか疑問がとけたシェルパ付きライド。
シェルパ・ツレがいる時。_e0149587_15075416.jpeg
”夫婦で楽しそうですね”なんてことはなく。
斜度がきついところは、”危ない橋を渡らない派”のワタシは安全のために自転車を置いて一人歩いて斜面を降ります。ということは、ツレは一度自転車で降りた道を歩いて戻り、ワタシの自転車を引き取ってもう一度乗って降りてきます。
”2度美味しいやんか”と斜面の下で笑います。
こういう、歪んだ愛の形が嫌いじゃないので、なんとなく夫婦がやれているような気がするこの頃。

でも、正直なところ、いくらシェルパとしていい働きをしてくれてるとはいえマウンテンバイクは、自分で安全を確かめた道を一人で走る方が楽しいなあ、と。
ツレがいると気が散って仕方がない。
なぜかツレの車輪はやかましく、ヤンキーがバイクのエンジンをワンワンワンワンとフカしてるみたいな、そんな自己主張すら感じられて、うーん、弁当持ちがいてくれて遠くまで行けるのはありがたいけれど、やっぱり一人の方が楽しい山の話でした。

by cosset-cosset | 2021-02-15 05:39