人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ずっとずっと。

9月も残り5日。
増税前に世間が乱れてますね。
税務署から来た増税に伴う封書を開けたものの、よくわからなくて中身を熟読できず封筒に戻し、書類入れの引き出しにしまいました。
確定申告がややこしくなりそうな予感だけはするのですが、よくわからないので予習せず来年2月を迎えるつもりです。
e0149587_04345904.jpg
わからないことだらけすが、コゼバッグは消費税が8パーセントから10パーセントに上がる、と言うことだけは単純明快。
大手生活雑貨量販店はブランドの努力によって今回の消費税増税分は値上げせず、今の税込み価格表示のまま10月1日からも続くようです。
そう言うの、好きです。

かく言うコゼバッグも、ウェブショップ(ほとんど手付かずですが)は今上がってるものはそのままのお値段で行きます。
オーダーなどは、コゼバッグは仕入れで消費税を支払ってるので税額は10パーセントになります。

コゼバッグは”変わらないを続けていく”を始めた頃から念頭に置いています。
簡単にモデルチェンジをしないのも一つ。
一度買って気に入ってまた欲しいと思った時にはモデルチェンジしてしまってて、同じのは手に入らない、そんな経験は誰にでもあるはずです。
大手は変わらないと進化できない、ような気がしますが、一人親方でお商売してるので、変わらなくても進化はできるしその進化は大声で叫ばなくても目の前のお客さんと真摯に向き合えばいい方向に進化できると信じてるからです。
e0149587_04350571.jpg
コゼバッグは11年前の最初っからトートとメッセンジャーバッグはSサイズが18000 Mサイズが23000 Lサイズが28000円とベースのお値段は変わらずです。
オプションも、決まった料金以外はいただいてません。
正直、材料費は送料を含めると11年前から10パーセント以上上がっています。
個人商店からの仕入れは仕入先さんが”お互い頑張ろうよ”と言ってくれて痛み分けしてくれたり、値上げせずにいける方法をお互い模索するようないい関係でいてくれますが、大手は容赦無く(これはもはや定期的と言えるくらい定期的に)値上げを知らせるfaxを送信してきます。
本来”モノを作る”場合は原価計算をしなくてはいけません。
材料の金額が増えるならば、売り物の値段もあげなくてはいけません。(ワタシの飲んでるコーヒー豆はこの15年で30パーセント値上がりしてる!)

e0149587_04353283.jpg
お値段の裏に隠されたカラクリを見て考えてしてるうちに、廃棄していた帆布をレジャーシートに作り替えたり、コーデュラはポーチのように見栄え良く使いやすく買ってもらいやすい金額にした商品に作り変えることで、今までただ”ゴミ”としてしまっていた材料にも手をかけ息をかけ目線を変えて再利用することで、硬い言い方ですが”どうやって消費者に還元できるか?”を模索しています。
それ以外にも、10-8が生まれてしばらくして、コゼバッグを一番最初から扱って応援してくれていた東京のお店が廃業されました。あのまま卸をハイペースで続けていたら、値上げをしないと潰れていたかもしれません。廃業はとてもとても残念なことでしたが、おかげで10-8を保育園に預けることなく、”自分らしさ”と”今しかできないこと”を優先した時間を6年も過ごすことができました。
週一、それも土曜日だけの予約制という高圧的なお商売も逆にいうと、卸先が減って、かつ一人親方で、自分で自分の仕事量とペースをコントロールできるからこそ、コゼバッグを続けてこられた、とも思います。
e0149587_04380518.jpeg
来年度からは10-8も小学生ですし、もう少しアトリエをオープンする日を増やそうと思います。
いいモノを作り続けるのは大前提。無理をせず、いいお金の流れと自分の理想とするお商売のあり方、無駄とゴミの出ないモノづくり、模索するものと世間の流れにあったいい流れにうまく乗ること、これからもずっと、です。




by cosset-cosset | 2019-09-26 05:08