人気ブログランキング | 話題のタグを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

潔さがいい。

帆布の紺色は色あせしやすい色なのですが、潔く”紺一色”で作らせてもらったトート型メッセンジャーMサイズ、プラス高さを3cm。
潔さがいい。_e0149587_05192080.jpg
本当に、紺は紫外線や水濡れの摩擦で色あせしやすく、人によっては”こんなはずじゃなかった”と言いかねないくらい色あせしやすい。
紺に限らず、紺系や発色の鮮やかなパット目をひく色が色あせしやすい。
メーカーの出してる生地見本には”堅牢度”という色に対する丈夫さの基準が色ごとに記載されていますが、それをみても紺系や鮮やか系は堅牢度が低い。ただ、メーカーの基準もあくまで基準であって、使う人の使い方やメンテナンスの仕方によって”モノ持ち”というのは随分と変わるものです。それはメーカーの基準には当てはまらないものだったりします。
潔さがいい。_e0149587_05192725.jpg
なので、”帆布が好き、紺がいい”というお客様には注意点をいくつかお伝えして、それでも”いい!”となればもちろん喜んで作らせてもらいます。
多分、使い込んだアタリが出るのが多色に比べれば早いかと。
それでもきちんとスプレーを吹きかけたりして気にかけてやれば同じ”帆布の紺”でも長期使用を見据えれば将来的には随分と違いが出るはずです。

角の補強部分だけは紺のコーデュラで作らせてもらいました。
帆布に比べれば圧倒的にコーデュラの方が丈夫です。底角というのは摩擦で穴が開きやすい。あまり目立たないポイントなので丈夫さを選んでもらいました。


さて。このトート型メッセンジャーMサイズに”高さを3cm足す”ポイントですが、基本的にMサイズはA4用紙が横に余裕で入る大きさです。クリアファイルに挟んでもバッグの口からは見えません。でも、A4用紙を挟む大判のバインダーとなるとちょっと背表紙がはみ出てしまいます。お仕事をする方にはA4規格というのは共通して大切なもの(ワタシは職業的にもあんまり必要じゃないポイントかも)。なので、特に男性で、せっかくバッグを作るならいつも使いたいとおっしゃる方には高さ3cmをオススメしています。
3cm足してパッと見た感じは足してるとは思えないくらいの違いですが、使用感は全然違うかと思います。
A4横向けはトート型Mサイズがオススメですが、A4を縦に入れるにはトート型Sサイズに高さを10cm足したものがオススメです。こちらは数個前のコゼログを参照してください。

せっかくのオーダーですから、好きな色や好きな雰囲気、使う用途に合わせて作るのはとても素敵だと思います。


by cosset-cosset | 2019-03-28 05:34