カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

よくある話。

結婚して(というより結婚前に付き合って)みて初めて相手方の趣味の世界に出会うことも多々あるでしょう。
まあ、よくある話だと思います。

今回のお客さんの旦那さんは自転車関係のお仕事。ワタシとツレは随分前からよく知っています。
あんまり詳しく聞いてはいないのですが、なんとなくお客さん自身は自転車にガッツリ、というタイプではなく住んでるエリアのこともあって自動車が主たる移動手段のよう。
でも、気になる自転車バッグ。
ということで、
e0149587_10515247.jpg
作らせてもらいました。
パッと見よくあるトート型メッセンジャーですが、ショルダーベルトは取り外しができます。
ささやかにどこにあるかわからないように取り付け部のDカンをつけようかとも思ったのですが、あえて”らしさ”を強調したいな、と思ってあえて通常の取り付けと同じような”右かけ”できる場所に主張気味につけました。
e0149587_10525909.jpg
Sサイズだし、いざ自転車に乗る時には”ギュッ”とショルダーベルトを体に巻きつける、というよりかはショルダーバッグのように使うかな、とお客さんの雰囲気を見て思ったので、こんな感じに。
(多分ギュッとガチガチにベルトを占めるとDカンとナスカンが肩のあたりで違和感満々と思います。)

e0149587_10524463.jpg
多分、普段の車生活ならショルダーベルトはいらないでしょう。
でも、そのバッグを自転車で使うときはカチッとショルダーベルトをつけて。


お客さんの旦那さんとは10年前に一緒にポートランドへ行った仲です。
それも世界大会参戦!(世界大会と聞くと聞こえはいいですが、内容はまあ、本気でチョケル、でも本気、みたいなシクロクロスでした。エントリーしたら誰でも出られます)
その旦那さんとワタシとツレの3人がレースにエントリーした唯一の日本人でした。(ワタシは泥と寒さと雨が嫌でレースに出なかった)
まだポートランドがポパイにも載ってなかったし(多分ポパイ自体が休刊中だったような)ポートランドの自転車ブームのようなものが日本にも輸入されてなかったし、ポートランドが日本でちやほやされる数年前に行った我々の個人的に面白くなかった旅の記録はコチラ
当時はまだ自転車でガタガタ道を走ったことがほとんどなかったせいもあり、雨と泥と寒さで何にも面白くなかった話なので内容はあんまり盛り上がってないですが、時を経ていい感じに刷新された記憶と一時期世間が盛り上がってたポートランドブームがごちゃ混ぜになって中々面白いです。
いまだにポートランドの動物園で広大な展示スペースからオオカミを見つけられなかったことを残念に思ってますが、多分もうポートランドに行くことはないかな、と。

まさかその旅の友の奥さんに10年後にバッグを作らせてもらえるなんて、なんてありがたい話でしょう。
未来はわからない。






[PR]
by cosset-cosset | 2018-11-02 04:51