Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

グラべりたい。

いいお天気に恵まれた日曜日と月曜日。
”自分のバースデーカードを自分で選ぶ”という10-8と街へ買い物へ行き、小さくなった靴を買い替え、お子さま接待で満足させたのちに”あのさあ、明日天気良さそうだから自転車乗りに行ってきてもいいかな?”とお伺いを立てる。
話には順番と段取りが必要だとこの頃身を以て学んだので、接待からの提案という王道で10-8の許可をえた体育の日。

素晴らしく天気がいい。
e0149587_03573398.jpg
暑すぎず寒すぎず。
寒くなる前にあそこの林道へ行っておこうと気合いを入れて走ってきました。
e0149587_03574043.jpg
峠を越えていくつかさらに山超えて。
山を越えるたびに光に鋭さが増して空気がピンと張り詰めて。そして何より静かで。
e0149587_04013868.jpg
道が小川と化そうがなんのその。超えてやるぜ、と息巻いていたら、
e0149587_04030425.jpg
道路をふさぐ倒木が。
ムムム、これまでか?と思ったけれど、潜ったり超えたりできて、さらに向こうへ。

グラべりたい。
集中して静かに走りたい。
向こうへ抜けたい。
e0149587_04041760.jpg
思考はいたって単純なのですが、行く手を阻む倒木は多く、
e0149587_04030912.jpg
はたと携帯を見てみると”圏外”の文字。
家族に行く先は伝えたものの、もし何か(例えば自分がスカタンをして倒木がさらに倒れて下敷きになって身動きが取れなくなったとか、、、)あった場合助けにくるのは本当にこの上なく大変だろう、そもそもそれを伝えることすら難しい、とか想像てしまい、そしてさらにワタシはガタガタの多少がれたところをロードで登ることは好きだけれど、例えば向こう側へ抜けられなくて(抜けられる可能性は限りなく低い)引き返すことになった場合、ほぼ全行程を歩いて降りてこなくてはいけないとわかったら、前進することはスマートな大人の選択とは言えず後ろ髪を引かれつつ引き返すことにしました。
これだけ倒木が多いと林業の人はおろかモーターサイクルも全く見かけませんでしたから、サバイバル能力に乏しい自分には正しい選択だったと思います。

山の光と澄んだ空気。
あれは秋から冬の乾いた季節にしか味わえない色。
目と心を癒す、、、はずが一番嫌いな行き道を戻るという選択。
e0149587_04124483.jpg
やけっぱちのクサクサした気持ちを栗拾いにぶつけ、山ぐりをご飯一回分拾って帰宅。

グラべりたい。



[PR]
by cosset-cosset | 2018-10-09 04:20