Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

追加工を。

よくあるデイバック、というのでしょうか。最近よく目につくラップトップと身の回りのものを入れるためのバックパック。
ネットで買ったはいいけれど、胸のカチッとと腰のカチッとがなくて不便だからつけて欲しい、という依頼。
e0149587_04461220.jpg
デイバック。
なるべくバッグ自体に手を加えたくない。コンピュータを守るための機能は十分だけれど、ベルト類に脆弱さが見られるバッグなのでワタシの縫い目がいつか命取り(バッグの寿命を縮める、という意味で)になりかねない。
e0149587_04462136.jpg
荷物の容量や服の厚み(夏のTシャツと冬のダウンジャケットでは倍くらい体の厚みが変わりますからね)にも対応できるよう、さらにこの胸のカチッとがスライドされると予想されるのは見えてる位置より”下”に来ると思われるので、ショルダーベルトに取り付ける部分は縫い付けずにアジャスター機能を持たせて。
そして、腰のカチッとが問題。
依頼主には伝えたけれど、バッグに入る容量に対してベルトが弱すぎて一番ちぎれそうなポイント。針穴一つも開けたくなくて試行錯誤したけれど、”体へのフィット”を優先にすると、腰のカチッとを付けられる位置というのはもう”ここしかない”ポイントが一つだけ。
止むを得ず、腰のカチッとはいつかこのバッグの中で一番弱いポイントに縫いました。
それも、安定を考えると50mmをつけたかったけれど縫い付けるスペースがなかったので25mmで。

e0149587_04462564.jpg
これで、ラップトップと身の回りのものが重たくなっても大丈夫、でしょう。

せっかくここまで手の込んだデザインの外側を作れるのならば、力が加わる部分にもうちょっと配慮してくれる方が長く使えるバッグになるのに、と思うのですが、今の消費社会。買ってもらうペースを上げる秘策がここに埋め込まれてるような気がしないでもない。
ちなみに、コゼバッグのバックパックには腰のカチッとはついてません。
自転車に乗ることが前提のコゼバッグのバックパック。腰につけてないときにサドルに引っかかったり太ももあたりをブラブラするベルトが好きではないのでつけてませんが、もしご希望であれば問題なく取り付けられます。(取り付けるバッグ側のスペースもあります)

よそのバッグの加工も何でも全部できるわけではありませんが、街の洋服のお直し屋さんよりかは専門的ないい仕事ができると思ってます。敷居の高いコゼバッグの予約制ですが、お気軽にご相談を。



[PR]
by cosset-cosset | 2018-06-28 05:05