Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

マジカルツール。

京都市内、爆発的にゲストハウスが増えていますが、我が町内も同様で、同時期にゲストハウスとほぼ外国人向けのキッチン付きホテルができました。ほぼ横並び。方や一泊2000円から。方や一泊6000円から。どちらも客層が異なって見てて面白いのですが、何より安い方のゲストハウスに泊りにくる人が、言葉が雑ですが、まあまあヤバイ。
先日、面白い自転車が表に止まってました。
e0149587_04341256.jpg
パッと見、リカンベント。
1日目は”リカンベントで来はったんやな”くらいで通り過ぎたのですが、次の日に良く見てみると、リカンベントにチャイルドシートがくっついているのです。子ども用ヘルメットも。で、リカンベントのパーツは全然高級でもなく、ワタシが言うのもなんですが、汚い。
まじか!と思ったのはいうまでもありません。
それから毎日このゲストハウスの前を通って”今日もまだ泊まってる!”と10-8と歓喜しては持ち主と接触のタイミングを図ったのですが、なかなか会えず。

焦りすぎてゲストハウスに突入し、オーナーさんに話を聞くと、
*ファミリーで来ている。
*ドイツ人である。
*延泊している。
この三つを聞くことができました。


ますます興味が。
そうこうしてる間に梅雨に入ってしまい、でも表に泊まるリカンベント。
小雨降る夕方、我々の帰宅時にようやく会えました。
e0149587_04454284.jpg
ワタシ:おお!どんな人がこの素晴らしい自転車に乗ってるのか会ってみたかったんだよ。ようやく会えて嬉しいよ。
ドイツ人:君達も似たような自転車だけれど、自分で作ったのかい?
ワタシ:まあ、そんなところだけれど。。。ところで、その自転車はどうやって日本に持って来たの?
ドイツ人:バラしてダンボール3箱に詰めて飛行機で持って来たよ。まず、沖縄の那覇に入って、それからフェリーで大分。九州を回ってまたフェリーに乗って大阪から京都に来たよ。これから境港に行って、フェリーでロシアに行く。
ワタシ:まじ?ロシア?もう夕方だけれど境港、まあまあ遠いよ。
ドイツ人:大丈夫。日本はいい国だね。
ワタシ:ところでお姉ちゃん、シートベルトしてないけど大丈夫?
ドイツ人:(お父さん以外英語喋れないからお父さん代弁)シートベルト嫌いだって。
ワタシ:気をつけてね。良い旅を!

出発のタイミングに見事出会えたことに感謝!
e0149587_04514482.jpg
お母さん、抱っこでリカンベント運転して境港へ出発しました。
ビニールがたくさん引っかかってるところに、赤ちゃんが乗るシートがあるけれど、ぐずってるから抱っこで出発。
二人乗りのリカンベントで3ヶ月の家族旅行。
”君達もせっかくいい自転車(オレンジ色のエクストラサイクル)があるんだから、旅をすべきだよ”

世界は広い。
自転車ってだけで拙い英語を駆使して話しかけたくなるこのマジカルツール。
調べてみると、本当に境港からロシアに定期的にフェリーが出てて日本から3日後にロシアに着くらしい。
一つ賢くなった。
そもそも、日本人てファミリーでゲストハウスに泊まるって概念がないけれど、このゲストハウスはまあまあ外国人の子どもも泊まりにきてて、子どもの姿をみるたびに自分の考えの狭さを痛感させられるのです。

このドイツ人家族、そろそろロシアについただろうか。
多分まだ日本の山陰におるやろな。山陰もいいところだから。




[PR]
by cosset-cosset | 2018-06-14 05:03