Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

サイクル。

最新号のサイクル、お手元にありますでしょうか?
e0149587_04322306.jpg
フリーペーパー、サイクル。
子ども乗せ特集に我々もチラッと。
e0149587_04321575.jpg
知り合って20年くらいになるお友達ファミリーと一緒に、”続 子乗せ自転車研究所”というページに出ています。
子どもがおらんかったら全く興味のない世界ですが、小さな子を持つ方にはぜひ今後の参考に読んでいただきたいです。
と言いつつ、ワタシのような乗り方が参考になるかは微妙ですが、手探りで自転車と子どもと歩んだ4年が詰まってます。


そしてそして。
オリンピックで盛り上がる画面をよそに京都市内を横断縦断した京都マラソン。
今年は2年ぶりに辻さんの応援。
e0149587_04454701.jpg
毎回思うけれど、1万6千人の中から辻さん一人を探すのは無理。ウォーリーを探せより無理。
予め応援する場所を辻さんに伝え、予想通過タイムを教えてもらう。
そして、目立つ格好をして決めた場所で待つ。(今回はロシア帽)
1年ぶりの再会は辻さんの通過5秒間ほど。

e0149587_04534737.jpg
今回は10-8が珍しく最後まで見たいというので、辻さん通過後、最後のランナーが過ぎるまで見続けました。
あんまりマラソンの意味がわかってない子どもにマラソンを大人の運動会みたいなもんだと説明することに疲れ、”知らん人でも頑張ってはるんやから応援するんや”と応援する気持ちを持って観戦しました。
なんで走るのか?
なんで帽子の上にぬいぐるみつけてるのか?(多分応援の人に見つけてもらいやすくするためでしょうけれど4時間のペースランナーの人を挟んで前後20分くらいが一番ぬいぐるみ率高かった)
みんなジャンパー着てなくて寒くないのか?(長いこと走ってるから寒くない)
なんであの人は全身黄色なのか?(目立つためでしょうね)

難しい禅問答のような質問に答え、応援し、最後立命館の応援団の胸打つ応援にちょっと涙し、今年の京都マラソンは終わり。
オリンピックもそうですが、スポーツに打ち込む姿は美しい。
それに比べ、へっぽこ自転車乗りのワタシはショボすぎてスポーツの端っこにもいられませんが、サイクルはいい感じなので、どこかで手にとって見ていただけたら嬉しいです。


[PR]
by cosset-cosset | 2018-02-19 05:03