人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

プゼレント。

先週、ワタシのところに一足早くサンタクロースがやって来まして、念願のロックミシンをプレゼントしてくれました。
(と言いつつ、自分でアマゾンポチっただけですが。ロックミシンを店頭に置いてる店が京都には全然なくて困りました)

服飾の学校へ行ってないワタシ。
ロックミシンて端っこをかがってくれる素晴らしいミシンなのは知ってますが、初めて触ります。
コゼバッグのバッグには応用できるスペックを持ち合わせてない家庭用ミシンなので、あくまでも趣味の時間でしか触れないロックミシン。
ゆっくり取り扱い説明書でも見て勉強しながら触ろう、、、と思うのはワタシだけ。
依頼主が背後で”習うより慣れろ”と強く訴えて来ました。

断捨離によりタンスから排出された私のボーダーカットソーと、トラを手にし、”服作って!”と依頼主。
プゼレント。_e0149587_04431212.jpg
型紙もなく、適当極まりない。(10-8のトップスはもちろん市販品です)
プゼレント。_e0149587_04441736.jpg
全員お揃い、というのがポイントらしい。
プゼレント。_e0149587_04435678.jpg
トラも、ボーダー。
プゼレント。_e0149587_04433891.jpg
トラは縦縞。

その後、家にあるカチカチの動物達(いわゆるシュライヒなどの動物フィギュアたち)がどんどんアトリエに持ち込まれ、”イタチは茶色、ライオンは王様、カンガルーは赤”と細かな指示の元、ほぼ全員服を着ることになりました。
個人的な一押しはツノ付きのシカが被ったミーシャのような立派な帽子ですが、もちろん依頼主には伝わらない。
ただ、作ってみて思ったのは、動物の服くらいなら、フェルトが一番。切るだけで形になる。端っこかがらなくても良い。

というより、こんなことするためにロックミシンを買ったわけじゃない。
新しいコゼバッグの展開に向けて(何年先になるかわからないけれど、一応前向きに動く気はあります)買ったんや!と早速押入れにしまい込んだロックミシン。

サンタクロースへ。
今はゆっくりミシンを触る自分時間が欲しいです。



by cosset-cosset | 2016-12-22 05:00