人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

confused

なんだかんだと言いながら、12月の東京千駄木受注会から2ヶ月がたとうとしています。
出稼ぎみたいなものなので、ギュッと注文を頂けて、ものすごく嬉しいのです。

そして、お客さまからのオーダーもバリエーションに富み、受注会の時は全神経を研ぎすませてお客様の欲しいと思う形と色、カスタム内容をオーダー用紙に書き込み、話に集中し記憶しようと努めます。
アトリエのオーダーだと、予約制できていただくのでゆっくりと話をしながらオーダーを伺えるので、オーダー用紙に記入したこと、話をしたことが独立した記憶として脳内に記録され、バッグを作るときには一ヶ月前であれ、そのシチュエーションをバッチリ思い出すことができるのです。
が、受注会のとき、それも、混雑時のオーダー用紙のちょっとしたカスタムのメモが、自分で書いたはずなのに、理解に苦しむことがこの一週間ほど続き、なんだか情けなくなっています。
そして、完全に混乱してしまい、お客様に問い合わすことになってます。

自分にとって、カバンを作ることは毎日の仕事であり、”カバン”というくくりだけで言ったらどれも同じになりがちですが、コゼバッグはほとんどが完全にオーダーメイド。
それも、いいお値段を頂いてカバンを作らせてもらっています。
自分にとっては毎日の仕事でも、お客様にとっては、たいせつな一つであること。
一つ作るたびに、作らせてもらってありがとうの気持ちを大切に、
今日も混乱しがちなオーダー用紙を見つめています。

お待たせしているお客さま、もう少し待っていてください。
お約束の期日までにはお届けします。
焦って作るとへっぽこなワタシは失敗するので、確実に落ち着いて一つ一つと向き合ってバッグを作っています。
心身共に万全な状態で仕事に挑みたい。
いつもそう思っています。

confused_e0149587_15201884.jpg

by cosset-cosset | 2013-02-02 15:22