人気ブログランキング |
カレンダー

暑さに注意です。

今年、ロードバイクを手に入れてからというもの、せっせと峠を登るようになりました。
そのおかげで、全然やせないけれど足はシュッとしたし、トライアスロン現役の頃に近い時間で京見峠を登れるようになりました。

みんなが”鞍馬温泉からてっぺんまで○○分”というのにちょっと自分も挑戦してみようと、昨日は一人エッサホイサと花背峠を登りました。
暑い。
暑すぎる。
鞍馬温泉あたりで、だいぶ市内よりかは涼しいはず、そして、さらに登れば涼しくなるはず。なのに、汗は滝のようにながれ心臓はドキドキドキドキと。
苦しすぎてもうダメだと休憩をして息を整えてまた登り始めても、暑さですぐに心臓がドキドキと。
スネを流れる自分の汗を見ながらジリジリと登りました。
頭を守るはずのヘルメットが逆に頭を保温しちゃって、思考はぼんやりし始めるし心臓のドキドキは激しさを増す一方だし。。。
てっぺんについた時は、しんどさを通り越して気分が悪くなってました。
熱中症の一歩手前。

ビューッと花背を下って市民農園でキュウリをもいで(補陀落山荘のんちゃんより、きゅうりをどんどん収穫しろとメールが来てたので、とりあえず自分のカラダを冷やす分をもいで)みんなの補陀落山荘へ。


e0149587_13251249.jpg

きゅうりはネギ味噌をもらってつけてたべ、ツレに塩気多めで作ってもらったおにぎり二個を食べて、お茶をのみ、やっと落ち着きました。


暑すぎる峠は、カラダに良くない。
多少の暑さはガマンできるけれど、花背峠くらい長い峠はカラダに良くない。
やっぱ自分には近所のぐるっと一周コースが程よいなと改めて思いました。
今朝、チャロの散歩で会ったご近所さんは”今から美山行ってきまっさー”と言っていたけれど、大丈夫か?この暑さ。


みんなが○○分と言ってる花背峠は、まだまだ恥ずかしくてタイムを公表できません。
もう少し早く楽に走れるようになりたい。
そして、みんなと笑いながら一緒に登れるようになりたい。
by cosset-cosset | 2012-07-26 13:34