人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2月6日。

今日は関西シクロ最終戦。
今朝レース会場である桂川のコースへ見に行ってきました。
2月6日。_e0149587_1339728.jpg

最終戦&近頃のシクロ人気から、今日のレースエントリーはなんと600人だそうです。
ニッチだったはずのシクロクロスも、今や人気があるようです。

レースをちょっとだけ応援して仕事に来てみると、コゼ宛に分厚い封書が届いてました。
中身は、
2月6日。_e0149587_13405477.jpg

一枚のポスターと、大量のチラシ。
ニッチだったこの分野も、だんだんメジャーになりつつあるのかもしれないシングルスピードのマウンテンバイクの大会のお知らせです。。
SingleSpeedJapanを略して SSJというそうです。
コゼは協賛しています。かつてコゼバッグが協賛したイベントの中で一番準備を始めるのが早く、一番ちゃんとした企画書計画書を送って来てくれました。
しっかりした人たちがちゃんと計画をたてて、レースの準備をしています。
そもそもマウンテンバイクにおいて、変速機をわざわざ取り外し、野山へでかけていくなんてどうかしていると思う素人なワタシですが、玄人なツレが言うには「時間のないヒトが短時間で効率よく満足感を得られ自転車なんだ」と教えてくれます。
変速がないからしんどいところでペダルを軽くする事が出来ないから、踏ん張る。しんどいのを我慢する。→すぐ肉体的にえらくなる。→少しの時間で”今日も楽しかったしよくやったぜ”と思う。
たぶんそんな感じじゃないかなと思います。
ま、ハタから見ると変態ですね。
SURLYから1×1が出た時にいろんなヒトがショックを受けたらしいですが、そんなショックもだんだんなくなって、1×1なんて当たり前になりました。
シングルスピードのマウンテンバイクでレースがある。今年はじめて。でも、海外では世界大会が毎年どこかで開催されてるし、日本でも次第に毎年開催されてるのが当たり前になる。そんな日が来るのも遠くはないでしょう。
2月6日。_e0149587_13531124.jpg

このレースを協賛するにあたり、コゼバッグ、つまりワタシは色々と考えました。

*コゼはニッチである。(メジャーになりたいけど。)
*自転車のことでお金を得ているプロである(と自覚している)から、声がかかれば協賛するのは当たり前だ。
*イベントを一つ開催するのはとんでもないエネルギーとお金が必要である(ワタシは昔”チエ祭”というイベントをやった事があるので、その辺は普通の人以上に理解があると思っている)

ま、本当は考えた事はもっとあるんだけれど、大まかな筋立てはこんな感じです。
自転車でご飯食べさせてもらってるんだから、その業界に貢献するのは当たり前だし、自転車に乗って楽しんでるんだからその自転車の楽しさを広げていくのは当然だし、なによりも自分に出来ない事(ココではイベント)をやってくれるんだから協力するのは当たり前じゃないかと。
コレはただの愚痴です。


SSJはコチラから。
もうレースエントリーは始まってるようですし、なにより、日本選手権が70名、ファンレースが100名ですから、興味ある人はエントリーしておいた方がいいかもしれませんね。

そんな事はさておいて。
2月6日。_e0149587_144441.jpg

昨日の京都から見る事が出来た夕日は素晴らしかった。
そんな事、もしかしたら今日だって明日だってみられるかもしれないけれど、昨日の夕方の夕日がきれいだった事に気づいた人はどれくらいいたんだろうか?
後から、ああ、見たかった。と後悔したって昨日の夕日は昨日もう沈んでしまって二度とはみられない。
レースだってイベントだって、人やモノとの出会いだって、そういう事とスゴく似てるんじゃないかなと思います。

ではでは。
by cosset-cosset | 2011-02-06 14:18