人気ブログランキング | 話題のタグを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リャンメンテープ

人間、隙間があれば埋めたくなるもの。
自転車には、そんなに”隙間”はないけれど、フレームの三角を埋めたくなる気持ちは、わかります。

なかなかな、無理な感じでオーダーいただいたのは、これからの時代の主流になると思う(特にワタシくらいの年代からはかなり期待をしてもいいと思う)e-BIKE。
リャンメンテープ_e0149587_11011355.jpg
通常の自転車ではありえないくらいのボリュームの、ダウンチューブ。
かつ、コゼバッグが苦手とするスローピングとこのトップチューブのぐんにゃりしたトップチューブ。
十分、リアキャリアにたくさんモノが積めるじゃないか!と思うけれど、頻繁に出し入れしたいモノが、パニアではなかなか思うようにいかない、ということで作らせてもらいました。

リャンメンテープ_e0149587_11033428.jpg
通常、フレームバッグはフレームにマジックテープのループを巻き付けて装着します。
今回も、そうしたかったけれどできない理由はいくつかあって、極太のダウンチューブにe-BIKEの要と言える取り外すバッテリーがある、ということ。

バッテリーを避けて、まあ、トップとシートチューブでループを巻けばまあ大丈夫じゃない?と思いきや、このフレームバッグに入れる一番重要なものは、
リャンメンテープ_e0149587_11051271.jpg
多分2kgぐらいはあるんじゃないかという自転車の鍵。
ワタシの感じでは、こんな目立つe-BIKEは誰も盗まんやろうと思うのですが、愛車に鍵をかけるのは大事なことです。
こいつが重たい、かつ、フレームの三角がえらい角度でシート側へ向かってるので、トップとシートだけで止めると、絶対にフレームバッグがシート側へ引っ張られます。

そこで二人で考えたのは、
リャンメンテープ_e0149587_11083619.jpg
チューブが極太であることをいいことに、そこに両面テープでマジックテープを貼り、
リャンメンテープ_e0149587_11094918.jpg
バッグのフレーム側にもマジックテープを貼り、
リャンメンテープ_e0149587_11101342.jpg
ピッタリと内側から貼り付ける、ということ。
まず、フレームバッグを頻繁に取り外しするという方にはおすすめできませんし、何より、50mm幅のフレームバッグを取り付けられる自転車というのも、そんなにあるものでは、ありません(見た目を気にしないという方にはおすすめですが、、、)。
リャンメンテープ_e0149587_11123643.jpg
使用する両面テープは、マジックテープを貼り付けるからと言って縫製用を使うのはあんまり良くありません。
自転車は、外で使うもの、
屋外用の、なるべくちゃんとしたメーカーのものをケチらず選び使うことをおすすめします。なぜなら、そんなに頻繁に取り外しするものじゃないから、最初からきっちりしたものを使っておけば劣化による交換時期を遅らせることができるはずです。

リャンメンテープ_e0149587_11141659.jpg
コゼバッグのマジックテープは正式には”面ファスナー”と言います。YKKのを使っています。オスメス相性が良く見た目もいい感じのを使っていますし、なかなか強固に接着してくれます。それがいい時と悪い時があるのですが、いい時といい場面を引き出してやるのも、作り手の手の内かもな、と今回は思った次第。

お客さんと二人でやーやーと取り付けていて思ったのは、あまりにもフレーム側のマジックテープがしっかりしてるので、フレームに巻き付けて使う用のループはいらないんじゃないかな?って。あのループを無くして、内側に貼り付けるだけの極々シンプルな、”どうやって引っ付いてるの?”みたいなフレームバッグもありかもしれません。(もしDIYで作ってみる方は、ダボ穴を使うことをお勧めします。バッグに小穴を開けてねじ止めすれば面からは何もなくても内側ではネジでしっかり止まってる、というワケです)

# by cosset-cosset | 2022-05-26 05:47

目み麗しう。

多分、大学生の頃から数えると、何百回という数では効かないくらい登っている峠道。
目み麗しう。_e0149587_09320250.jpg
残念ながら体力の関係上、そんなに遠くまで行けなくなりました。
だから、なるべく近くの遠くをうろうろうろうろ。
幸い、誰にも会わない山の中、かつ携帯電波圏外でも不安は一つもなく、脳内マップは完璧ですが、Googleマップおよびそういう系のマップには載ってない山道なので人に説明するのは難しい。
目み麗しう。_e0149587_09350741.jpg
もう最近は落ちてる色々を写真に撮るだけで持ち帰ることは少なくなってきましたが、やっぱり見つけると、手にとってしまう色々。
鹿の下の歯は、ニコイチになってるんだな、と。
で、随分とすり減ってる。(そりゃ草をすり潰すんだからすり減るだろうよ、、、)
目み麗しう。_e0149587_09351123.jpg
まだ新しい鳥の巣。
カラ類かな、と。
かわいいなあ、かわいいなあ、といいながらも、ポイです。
もう、持って帰っても増えるばかりなので、記憶と記録にしっかり収めることを覚えた41歳。
目み麗しう。_e0149587_09351717.jpg
10-8は、この峠道の途中にある”ご自由に”を見て”田舎の人は米が出来過ぎて余ってしまったからこうやって道の途中にご自由にとおいておくんだ”と塩化カルシウムの10kgの袋が米だと思ってたそうです。
ワタシがこれをお持ち帰りしないのが不思議で仕方がなかった、と最近聞きました。
大爆笑です。
確かに、家の周りで”ご自由に”とあれば不用品のリサイクルで必要なら持ち帰るシステムですが、山の中ではまさか米が”ご自由に”な訳がないけど、そして融雪剤というのを知らなかったら、この10kgの袋がコメに見えてもまあ、変なはずはないわけで。

目み麗しう。_e0149587_09445950.jpg
何百、何千と登った峠道でも、いまだにふと視点を変えてみると”あれ?こんなところに道があったっけ?”と思うような獣道の始まりが見えて、なんとなく自転車で突入してみて、で、なんとなくそのまま乗れてしまってどこへ出るんだろう?と不思議に思いながらペダルを回してると、思いもかけないところにヒョイっと出てしまったりして。

アスファルトで固められてない道は限りなく自由があって、誰かが通って、さらに誰かが通って少しずつ道になってでも地図にも書かれず、誰かと同行するかでしか知り得ない道が、まだまだ20年も通った峠道の中にも無数にあるようで、遠くへ行けなくなった今でもまだまだ楽しめる余地の残る、未知数な峠道は、なかなかにワタシの大好物だったりします。

# by cosset-cosset | 2022-05-23 05:48

ほんの2cm。

絶対に、絶対に誰も気づかないと思うけれど、
ほんの2cm。_e0149587_13572607.jpg
このハンドルバッグは、通常のものよりも2cmだけ幅広くしてあります。
というのも、お客さんのオーダーで絶対に譲れなかったポイント、それは
ほんの2cm。_e0149587_13581470.jpg
ペットボトルが入れられること。
ワタシと同じような背丈のお客さん。
ということは、ハンドル幅もほぼ一緒。
それほど広いわけじゃありません。
でも、絶対にペットボトルが入れられる大きさにしたい、と。
ほんの2cm。_e0149587_13592824.jpg
とても綺麗な(思い出すだけで自分の手が恥ずかしくなる)手をしたお客さん。
雰囲気的にも、ロードバイクに乗ってロングライドをするような感じじゃないのですが(いや、人を見た目で判断してはいけませんね)、見た目と反して、とてもとてもロングな距離を乗るそうです。
昨年の盛夏の時。
ロングライドした途中、持っている水がなくなり、ペダルを回せども自販機やコンビニが見つからず、熱中症ぎりぎりのとても辛い経験をしたことから、絶対に予備でペットボトルを持てるアイテムを探しておられたそうな。

ほんの2cm。_e0149587_14020588.jpg
ハンドルバッグ、幅を広げるとグリップを握った時に親指の付け根が当たりそうなのを、ぎりぎり回避できる大きさで、かつ、ペットボトルが入る大きさを。

なるほど、ペットボトルな。
まだ今の時期、ワタシはボトルすら持たず、
ほんの2cm。_e0149587_14123382.jpg
この小型ボトルをハンドルバッグに入れるだけ。そんなに水は飲まない。というより、京都は峠を越えたら水が汲めるという環境があまりにも恵まれていて、水に困ることがないので、なかなか自分にない発想でした。

2cmプラスしたハンドルバッグ、オンラインショップには載せません。
こういうのこそ、オーダーの醍醐味です。
もっとハンドル幅の広い方はもっと余裕を持ってペットボトルを入れるサイズをオーダーすることもできますよ。


# by cosset-cosset | 2022-05-19 05:43

回収ライド。

畑も少し落ち着いた頃。
回収ライド。_e0149587_09121262.jpg
久々に登った峠道で偶然にも我が家と同じ”ソリ”が落ちているのを見つけたのです。
回収ライド。_e0149587_09125311.jpg
”うちとよく似たソリだな”と。
山の中というシチュエーションと、ここで雪遊びをするような家族は絶対に、絶対にウチしかない、という確信と、我が家では久しくこのソリを見ていないという記憶から、まず、間違いなく、うちのソリだと断定。
最後に雪遊びをしたのはいつか忘れてしまったけれど、忘れたことすら忘れてるくらいの、そういうことだということです。

ただ、バッグの類を持ち合わせておらず、とりあえず、隅っこの方に隠しておいて(何ヶ月も山の中に置き去りにしておいて今更もう誰かに取られるとかそういうのはどうでもいいはずなのに、今更”ソリを失うことによる損した気持ち”がしゃしゃり出てくるあざとい自分がいます)、
回収ライド。_e0149587_09205529.jpg
後日、改めて、軽量ナップザックを背中のポケットに突っ込み、回収。
ソリ、100円ショップのものとはいえ、なかなか尻の大きさに合うサイズなのでサコッシュに突っ込むには微妙なサイズで、ナップザックを持って行ってちょうどよかった次第。

ここまでせっかく登ったので、
回収ライド。_e0149587_09244795.jpg
林道パトロールでエネルギーチャージをば。
回収ライド。_e0149587_09252656.jpg
そして帰りに畑により、スナップエンドウを収穫し、ぼやぼやしてる間に草と同化して見失ってしまったルッコラの可食部分を探し出し、ちぎって持ち帰る回収ライド。

ルッコラを挟んだサンドイッチのうまさに悶絶し、毎日スナップエンドウが貪り食べられる幸せを噛み締めて。腹を減らすために自転車に乗り、食べ過ぎて増えた体重を平均化するために早朝にランニングをして。
出したらしまう。出過ぎたら引っ込める。植えたら育て、育てたら食べる。落としたら探す。見つけたら、拾う。
そんな回収ライド。


# by cosset-cosset | 2022-05-16 05:01

多分また来年。

確か12月に”次のお一人さまシートの製作予定は?”と尋ねられたような気がします。
なんとなーくですが、ハギレの処理と再生のための作業なので年末か年度末にスッキリしたい、という気持ちがこちら側の心に作用するような気がします。

いずれにせよ全部”気がします”なのでなんの意思もないのですが、ミシン左奥のハギレツッコミエリアが溢れ出すと”そろそろやらなあかんな、”となるわけで。
多分また来年。_e0149587_10254634.jpg


帆布を使ってツギハギをしたかったけれど、思った以上にハギレの色数が少なく(ということは、ワタシがあんまり仕事してないってことですね。)気持ちのいい塩梅のツギハギになりそうな気配薄、に反してコーデュラが思った以上にあったので、コーデュラで作りました。
多分また来年。_e0149587_10255078.jpg
幼少期の10-8のお一人さまシートは、コーデュラ製。
すごく軽い。(ちょっとサイズも小さい分、とっても軽いです)
ワタシは山登りで荷物を軽くしたい時は、10-8のを借りていきます。
多分また来年。_e0149587_10260265.jpg
今回、作ってみて重さを測ったところ約300g。
ツギハギの量にもよりますが、帆布で作ったものに比べて50g~100gほど違います。
多分また来年。_e0149587_10260057.jpg
それだけ違うとどのくらい違うのか、わからないのですが手に持った感じは明らかに違います。
軽いから、もしかしたら風でひっくり返るかもしれませんが100円ショップのよりは重たいししっかりしています。(帆布のはその重量故に風で飛ばない良さがあるのです)
多分また来年。_e0149587_10255507.jpg
汚れに対しては、帆布に比べたら強いと思います。(ピクニックで唐揚げとか落としてしまうと、やっぱり油汚れには弱いです)
帆布同様、汚れたら洗うことはもちろんOK。
多分また来年。_e0149587_10260853.jpg
一つだけ、掲載忘れの帆布のも載せてありますが、これはすでに嫁いでいきました。

春ですしね。
ではなくて、もう初夏ですしね。
外で過ごす時間のお尻の下に一枚敷くことをお勧めします。
何より、ペラペラのシートより、映えます。
多分、次作るのは来年になると思います。
ツギハギものの製作が実は色々入ってるので、来年ももしかすると、、、実際のところどうなることやら。

気になる方はオンラインショップをどうぞ。
https://cosset.thebase.in

# by cosset-cosset | 2022-05-12 05:23