人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

OnlineShopUpdate! 5/7

オンラインショップ掲載情報です。
気づけば売り切れているオンラインショップのポーチ、ワイドタイプ。
せっかくいろんな色を組み合わせて作ってるのに全然選んでいただけない状況です。。。

ですが、今週末は母の日。
もしかしたら母の日のプレゼントがまだ決まってない!という方がいるかもしれないと思って、作りました。
でも、色味は特に母とか女性とか意識せず、コゼバッグらしい感じです。
OnlineShopUpdate! 5/7_e0149587_14162990.jpeg
コゼバッグの顧客さんはコゼバッグのコンセプト上男性が多いのですが、このポーチは”プレゼント”として贈られる方も多々。
OnlineShopUpdate! 5/7_e0149587_14163878.jpeg
お求めやすい金額ですし、相手の方にも負担にならないというのもいいのかもしれません。
何より、ツギハギでできているので、”たった一つ”というのも押しポイントかもしれません。
OnlineShopUpdate! 5/7_e0149587_14165787.jpeg
キャッシュレス化でお財布が小さくなってポーチも小さい方が売れそうですが、今のところ長財布の入るワイドタイプの方が売れ行きは良好です。(なんでだろう?ワタシは小さい方押です。)
OnlineShopUpdate! 5/7_e0149587_14171474.jpeg
中に入れるものの量によって見える生地色も変わるのがこのツギハギでできたポーチの最大の特徴です。

今日は金曜日。
明日8日土曜日の午前中までにお買い上げいただければ9日日曜日の母の日のお届けに間に合います。
その際は”プレゼント包装希望”と明記してくださいね。

母の日用でも、奥様用でも、もちろんご自分用でも。
どなたでも”プレゼント包装希望”とお知らせくだされば、ちょっと驚きの梱包でお届けします。

いつでもいくつもの中から選んでいただける品揃えを目指したいです。

詳しくはオンラインショップをどうぞ。
https://cosset.thebase.in

# by cosset-cosset | 2021-05-07 05:48

雨後のタケノコ。

長い大型連休でした。
京都は緊急事態宣言が出ていたのと、読む本が溜まっていたので、基本的にステイホーム。
そして頭の中で考えていたのは常に食べることばかり。
と言うのも、我が家の冷蔵庫には大量のタケノコが。
タケノコをいかに飽きずに大量に食べるか、そればかり考えていました。
そのタケノコ について、しばしお付き合いを。

4月中旬。
時々行く林道を走っていると、あることに気付きました。
その林道には竹林があるのですが、一様に、タケノコの皮が至る所に捨てられています。
うーむ、中には入れないはずなのに、、、と思っていると、林道の路肩に生えているタケノコを発見。
これか!
雨後のタケノコ。_e0149587_04354912.jpeg

と思った途端、次から次へと目に入ってきます。
そうか、これを林道を歩く人たちは取ってるんやな!と気づき、ハンター心に火がつきました。
雨後のタケノコ。_e0149587_04355695.jpeg
いかに、路肩に生えてきているたけのこ をうまく取るか。
もちろん道具はありません。
そこで生きてくるのは、
雨後のタケノコ。_e0149587_04360731.jpeg
ソールの硬いSPDシューズ。
爪先でサッカーボールを蹴るように、はたまた憎いあいつにかかと落としを喰らわすように。
雨後のタケノコ。_e0149587_04340760.jpeg
そうして持ち帰ったタケノコ20本。

たった30分ほどでこれだけ大量に取れるとなると、かなり盛り上がり、家族で出かけ、そして最後雨降りの翌日に出かけました。
雨後のタケノコ。_e0149587_04360299.jpeg
タケノコは、土に顔を出してたった2日で2mに成長するとテレビ番組で見たばかり。
雨降りの日に取られ損ねたタケノコは、入ってはいけないエリアとの境の柵に絡まり1mほど成長してました。

そう言うことか、と。
雨後のタケノコ。_e0149587_04361189.jpeg
この林道が綺麗なのは、路肩に生えてきているたけのこ を常に皆さんが採取してるから。
暗黙の了解です。
汚れている外の皮はどちらにせよ家で剥ぎ取って茹でるので、竹林に置いていったものを最初にワタシが見つけたようです。
地下茎で伸びるタケノコ。瀬戸際を綺麗にしなかったら林道なんてあっという間に竹林になってしまうことでしょう。

そして、雨後のタケノコは非常に取りやすい。
地面も柔らかくしめり、タケノコ自体も水分が多くて折れやすい。蹴ってはホイ、蹴ってはホイとナップザックにたけのこ を。

そして収穫したらまっすぐ家に帰ってタケノコ用の大鍋で煮ます。米糠はお米屋さんでもらったものを。
収穫したてなのですぐに火が通ります。
そして一晩置いて皮を綺麗に剥ぎ取って、姫皮と本体に分けて、お裾分け。
取ってすぐに処理してるのでアクもなくそれはそれは柔らかいタケノコです。

3度のたけのこ掘りで我が家には70本ほどのたけのこ が持ち込まれ、せっせと処理をし、食べているけど食べきれそうにもなく、とうとう瓶詰め処理まで手を出し、それでも冷蔵庫の中にはあと数回ぶんのタケノコ料理ができそうです。

楽しかった4月。
食べるのに忙しかったGW。
そんな雨後のタケノコの話でした。


# by cosset-cosset | 2021-05-06 05:44

予告。

緊急事態宣言が出て、不穏な空気に包まれる、ここ京都。
でも、空気は爽やかな5月間近。
今年の大型連休もステイホームです。
緊急事態宣言が出ていない地域の皆さんも、やはりお出かけに対しての構えというかなんというか、なかなか外出しづらいですよね。せっかくの大型連休なのに。

そこで、コゼバッグよりお知らせです。
コゼバッグが昨年に引き続き提案する”大人のプールバッグ的な透明メッセンジャーバッグ”ですが、失敗の原因解明に成功し、オンラインショップでの販売方法を模索し、準備してきました。
ステイホームになりそうな大型連休。
少しでも家で過ごす時間を楽しんでいただけたら、と、オンラインショップで詳細をご覧いただけるよう設定しました。
バッグの予約開始は5月1日ですが、その詳細を今日からご覧いただけます。

メッセンジャーバッグとトート型メッセンジャー、共に”SとMの間のサイズ”でご提案です。
予告。_e0149587_05192084.jpeg
予告。_e0149587_05192541.jpeg
透明って、恐ろしく写真に撮るのが難しいと知ったこの1週間。
何度撮り直したことでしょう。
細部に工夫が満載なのですが、うまくうつりません。
予告。_e0149587_05194456.jpeg
カメラや写真に詳しいわけではないですが、”伝えるための写真”が透明だと全部スケスケなので”このポケットはこうで、、、”と説明のための写真を写すことがとても難しいのです。
予告。_e0149587_05193620.jpeg
精一杯の説明を加えましたが、オンラインショップはもしご覧になって”ここの仕様はどうなってるんだ?”と疑問に思ったらお知らせください。
なんとかわかりやすい説明を心がけようと思ってますので、うまく追加説明を加えられたら、と思っています。

この”クリア”シリーズの販売期間は5月の1ヶ月間とします。
その間に、予定販売数を上回ったら販売は終了です。(暑くなったら作るのが大変になるので終わりです)
お届けまでは1ヶ月ほど。
写真は左掛け用ですが、もちろん一個ずつ作るので、”右掛け””糸色変更””トリム変更”も喜んで。
使いやすそうなサイズとして”SとMの間のサイズ”をオンラインショップには掲載していますが、もちろんサイズ違いをご希望の方も喜んで。
サイズ違いはメールにてご連絡いただければ予定数外でお作りします。

予告。_e0149587_14532883.jpeg

最近出かける際は毎日クリアのトートかメッセンジャー を背負っています。
バッグが透けてる感じを影で確認するのが楽しいこの頃。
空気が爽やかだからか、非常に気持ちも軽くなるバッグです。
向こうが透けて見えてるからか、なんとなく先行き明るいような。
そんなのはただの錯覚だってわかっています。

バッグの詳細はオンラインショップをどうぞ。
https://cosset.thebase.in
発売は、5月1日ですが、詳細までご覧いただけます。

# by cosset-cosset | 2021-04-28 05:39

ハロー琵琶湖!

”竹を組むのを手伝って欲しい”と言われ、京都をでて琵琶湖を向こう側へ渡り、琵琶湖もりやまフルーツランドへ行ってきました。
あんまりよくわかってないのですが、5月1日2日に、もりやまフルーツランドで”フルーツランドマルシェ”という催事があり、そこで竹を使って再生可能なイベント会場の土台を地中にこしらえておき、事後ずっとイベントが開催しやすいような土地を作る手伝い、に行ってきました。

広大な畑に竹の杭を打つ、ために畑で簡単な測量をし土台を埋めるために竹で作った目印を打ってきました。
せっかく琵琶湖だし、と朝自転車を自動車に乗せてもらったので、帰りは好天の中、自転車で。


まずは畑の真前の琵琶湖でパチリ。
ハロー琵琶湖!_e0149587_14593833.jpeg
ほぼ京都から出ない暮らしをしているので、琵琶湖岸にいるってだけでお上りさんですが、10-8帰宅時間のタイムリミットのある身としてはのんびりしていられません。
ハロー琵琶湖!_e0149587_15003309.jpeg
高速で、ビワイチで有名なサイクリングロードを走り、
ハロー琵琶湖!_e0149587_15012805.jpeg
(大学を卒業して以来だと思う)琵琶湖大橋を自転車で渡り、目指すは前方山並みの向こう側の左の方の京都市内の我が家。

まずはあの山を越えなくては。
ハロー琵琶湖!_e0149587_15034317.jpeg
と思っても、いろんな誘惑があって、すぐに寄り道してしまいます。。。
そうは言ってもタイムリミットが。

急がなくては。
市内までは、基本一本道。
琵琶湖を渡る大きな橋を渡ってひたすら道なりにまっすぐ行けば大丈夫。
ハロー琵琶湖!_e0149587_15051331.jpeg
超える一山が、昔は全然平気だったのに、背中のリュックに入れた土方仕事のための長靴が、重たい。

滋賀と京都を分ける峠のてっぺんまで、出発して1時間。
そしてそこから新緑を愛でながら下ること1時間。
ハロー琵琶湖!_e0149587_15052935.jpeg
御所を通っている時、ああ、この京都のゴミゴミした感じがワタシは好きだな、と思った暖かな日。



琵琶湖もりやまフルーツランドは京都市内から(ワタシの足で)約2時間。
サイクリングにいい距離、かもしれません。(ワタシは帰りだけでしたが、まあまあ以上に疲れました)
ハロー琵琶湖!_e0149587_15103887.jpeg
催事の名は”琵琶湖もりやまフルーツランドマルシェ”だそうな。
マルシェ他、竹で出来たブースや竹で出来たジャングルジムなどが登場するらしい、です。
ただ、大阪兵庫京都に緊急事態宣言が出ましたし、不要不急の外出は控えたいところ。
滋賀とはいえイベント開催がどうなるのかまだわかりません。
気になる方は、HPやSNSなど要チェックです。





# by cosset-cosset | 2021-04-26 05:45

OnlineShop Update! 4/24

オンラインショップ掲載情報です。

新緑がどんどんと眩くこい緑になっていくこの頃。
サイクリングには持ってこいな気候が続いています。
まだ、半袖でいくには峠の降りでちょっと不安。
手袋も、半袖(っていうのかな?指の半分だけ隠す手袋)より薄手の指全部を覆う手袋で行きたいけど、暑いかな、ちょっとどうしようか、というこの頃。

今日のオンラインショップ掲載はハンドルバッグです。
ボチボチと買っていただけるので在庫が少なくなってきました。

OnlineShop Update! 4/24_e0149587_09551868.jpeg
ワタシは、峠の上りでは結局暑くなって外してしまった手袋を、こうやってくくりつけます。
でもガタガタの下りは、いざ転んで手をついた時が怖いので、手に装着です。

OnlineShop Update! 4/24_e0149587_09552464.jpeg
またある日。
薄いシャカシャカの上着をハンドルバッグ に止めてました。

バッグが大きすぎると存在感ありすぎですが、手元にちょっとの安心感を、と思って作っているハンドルバッグ 。
OnlineShop Update! 4/24_e0149587_09574483.jpeg
ワタシ基準なので380mm幅のハンドルにもピッタリ。
そんなハンドルバッグ 。
OnlineShop Update! 4/24_e0149587_14202550.jpeg
ベージュブラウンと、
OnlineShop Update! 4/24_e0149587_14204174.jpeg
グレー紫の二つを掲載しました。

なかなかに便利なハンドルバッグ 。
大きすぎず、小さすぎず。派手すぎず地味すぎず。

詳しくはオンラインショップをどうぞ。
https://cosset.thebase.in

# by cosset-cosset | 2021-04-24 06:01