Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

始まりは雨。

桜が咲いたと思ったら、雨が続いた週末。
雨が降ってるけれど、せっかく新しい自転車ができたんだから、と仕事前に乗りに行くことに。

ディスクロードを作ろうと昨年12月より動いてました。
朋友REW10にオーダーしようと大体のフレームの寸法も出てました。
でも、でも、ディスクロードっていう新しい規格で、自転車におけるミニマム系な156cmのワタシが選べる選択肢、というのがあるようでなくて、というかフレームを作る前に自分が使うパーツとその規格を選ばなくてはならない、という事実に胃をキリキリ痛めながら近しい有識者会議をメール上で開き、自分が何がしたいのか、全くわからなくなりました。
ディスクをつけるがためにフレームに補強しなくてはいけない云々。(補強というのがどの程度の補強なのかもわからず、補強が必要というツレとワタシの乗り方の違いと体重差30kgが生む補強部分へかかる負荷についてが未だに一番不明です)
わからなくなったことがわかったディスクロードを作る計画。
自転車を作る(オーダーする)のがこんなに難しいとは思わなんだと完膚無きまで挫折したのです。
全くわからなくなってしまい、わからなくなったものをREW10にフルオーダーする勇気がなくツレに”なんでもええからとりあえずディスクロードに乗ってみたい”と頼みました。

と言いながら、
*ディスクシクロ
*ディスクロード
*グラベルロード
の違いは未だによくわからないです。
そして、そもそもなぜ、ワタシがディスクロードが欲しいか?という根本的な始まりの話は、
*下りがしんどい
の一点。


ロード用ブレーキは止まるためのブレーキではなくてスピードをコントロールするためのブレーキ。多分この辺のブレーキの意味は今も変わらないだろうけれど、どんどんと進化し、今やディスクブレーキがロードみたいな自転車に着くようになりました。軽くなって性能も良くなったんでしょうね。で、ワタシの暮らす京都をぐるりと囲む山には素晴らしい峠がたくさんあります。峠は登るのはもちろんしんどい。でも、下りもしんどいんです。指でブレーキを必死で握ってもスピードコントロールが難しいほどの斜度と路面の荒れ。長けたテクニックがあればいいんでしょうけれど、自分のしょぼさでは如何にもこうにも”下りで休憩する”無様さが炸裂する峠があります。”指がちぎれそうだ”と何度思ったことでしょう。
ディスクブレーキは今時のマウンテンバイクについてるブレーキです。山のガタガタ斜面を下るときにスピードコントロールするためについてるブレーキなんで、性能はロードバイクに普通についてるブレーキよりだいぶ良い。ブレーキ握るとキュッときく。キュッときくブレーキが、ロードにつくようになりました。

と前置きが長くなりましたが、大変ワタシらしくないブランドのディスクロード(ツレが言うにはディスクシクロクロス)が来ました。
e0149587_17183403.jpg
好きな”紫色”っていうだけでろくにモノもみてないのに手元に来ました。
e0149587_17182000.jpg
雨が降ってるし仕事前なので峠は行かず、近場のわざわざ荒れた道を。
e0149587_17175334.jpg
いまいち、いいのか悪いのか、わからない。
e0149587_17180720.jpg
というより、サドルが合わず股間が痛くて自転車の良さなんてわからない。
e0149587_17174075.jpg
とりあえず、このディスクロードが自分が乗れるサイズであることがわかった土曜日の朝。


と書きましたが、翌日、そのディスクロードの素晴らしさを80%くらい理解することになりました。その話は長くなったのでまた次回。



[PR]
# by cosset-cosset | 2017-04-10 05:08

早朝のタケノコ。

先日、朝ごはんを抜かなくてはいけない朝がありました。
ご飯の用意をすると、うっかり口に入れてしまう可能性があるので、家を出ることにしました。
あてもなく、早朝の京都をウロウロ。
イラチなので、目的のない行動はなかなかしんどい。なので、西の方へ野菜を買いに行くことにしました。

e0149587_04403401.jpg
早朝とはいえ、無人販売にはたくさんの野菜が並び、地元の人たちが次々と買いに来ます。(このガレージの無人販売が一番美味しいと思う)
今の時期、花の咲く系(ブロッコリーや菜の花)が店頭をにぎわしてるけれど、どっちも食べられないから買いません。
葉付き人参、里芋、ラディッシュ、ほうれん草を各2個づつ買い、千円を缶に入れました。

次は、有人販売。
e0149587_04405595.jpg
出始めの、柔らかなタケノコを買いました。
おっちゃんの演説を聞いて知ったのですが、”自分ところで無農薬のお米を育て、そのワラを竹林に敷き詰めてタケノコを育てるので、他所のとは味が全然違う”とのこと。
うちはこの”岡幸”のタケノコ以外は買わないのですが、すごく美味しい。わざわざ西へ出向く価値ありと思っています。
何より、店番をするおっちゃんのお母さん88歳のちょっとボケてるような”おいでやす〜。見てっておくれやす〜”が絶妙です。

e0149587_04410389.jpg
リュックにパンパンに野菜を詰め、気持ちの良い西エリアを走ります。
e0149587_04404287.jpg
ほうれん草は、リュックのサイドポケットに突っ込んで。こうすれば、せっかくのピンピンの葉っぱをへし折ることなく持って帰って来られます。
ワタシ、この一時間後に胃カメラが予定されていたので、顔がさえてませんが元気です。

家に帰って早速タケノコは下ゆでしました。
米ぬかいらず。
その日の晩はもちろんタケノコご飯。タケノコは掘ってすぐならアクも少ない。朝ほりのタケノコを掘った三時間後には下茹でしておけばすごく風味豊かな甘いタケノコに大変身です。


ロードが気持ちいい季節になりました。
昨日、新しい自転車がうちに来ました。好きな紫色の自転車です。(手元に来るまで知らなかった、っていう、、、)
今週末、天気が微妙ですが、絶対乗りに出かけてやると心に強く決めました。



[PR]
# by cosset-cosset | 2017-04-06 04:58

テストライド!

とても天気のいい日曜日でした。
我々は、テストライドをしに山へ。

土曜日は土曜日でお客さんから依頼のバッグをハンドルに括ってテストライド。雨上がり、”汚しても構わない”とテストをさせてもらったけれど、言葉通り泥はねをピシャッとつけてしまいました。
日曜日は日曜日でクリスマスくらいにお客さんからのオーダーで作って、良さげだったので自分の分もついでにもう一個作って、三ヶ月ぶりに日の目を浴びたモノ。
e0149587_05524307.jpg
良さげ良さげ。すごく良さげ。中身は峠の向こうの猟犬にあげるオヤツのみなので、重さや揺れの目安は全くなってないけれど、装着した感じやハンドル周りのもたつきはありません。
数ヶ月かけて試作を重ね、ちゃんと製品にしたいと思います。

e0149587_05522592.jpg
そしてもう一個赤い自転車の付属の赤い三角の純正バッグがあまりにも何も入らないので、パニアを応用し作ってみました。コゼバッグには珍しく左右連結バージョン。純正品はジャンパーすら入らず”これでは通学に使えない!”だったので大容量にして安心です。
ただ、これを手作りする注意点としてはあんまり膨らみすぎると狭いところをすり抜ける際に引っかかる。せめてチャイルドシートの幅プラスαくらいに留めておかないときっと危ない目にあいます。(多分、手作りする人なんていないだろうけれど、いつか誰かの参考になれば。赤い純正品は純正品で”サイクリング”という目的にはぴったりな容量だと思います)
ちなみに、チャイルドシート自体はすごく良くできています。
e0149587_05532760.jpg
本来ボトルを入れるであろうポケットにはおやつがたっぷり入ります。子どもはおやつを食べながらペダルを漕ぎながら景色を楽しむことができます。(トゥーストラップを作ってあげる約束を忘れてることに今気づきました!)


e0149587_05534421.jpg
めちゃくちゃ楽しかった数ヶ月ぶりのロード。
すごくいいお天気でしたし、たくさんのローディー達に抜かれました。

まだちょっと花粉の気配は感じるものの、4月!って感じの天気でした。
コゼバッグ、天気のいい日に走るのも仕事のうちですから。

e0149587_05523549.jpg




[PR]
# by cosset-cosset | 2017-04-03 06:10

コワモテさん。

昨日は子どもの幼稚園的なものへの登校日でした。
入学式に向けて、”入学式の練習をする”というのです。結構緊張しながら行ってみると、本当に入学式の練習をしました。”親子で入学”がコンセプトの幼稚園的なものなので、子だけじゃなくてワタシも入学します。親子で入学式の練習です。校長に一礼、来賓に一礼、在校生に一礼。。。
覚えられへん。
一番目じゃなくてよかったと、本当に安堵です。
入学式では、”入学証書授与”がメインになるようですが、入学証書って今まで通った学校であったっけ?と長い人生を振り返るきっかけになりました。(おそらく、保育園小中高大とそんなものをもらった記憶はない)
そして、入学式本番である4月15日は土曜日ですがコゼバッグアトリエは入学式のためお休みです。

帰り道。
赤い自転車でちょっとだけ寄り道をして丸太町を爆走していると、
e0149587_04392920.jpg
ブーンと真っ黒なBMWが ワタシたちの横を通り過ぎ、ちょっと先で止まりました。そして、中から運転手がおりてきたのです。
そして、”ちょっと止まって!”と強面の運転手さんが行く手をトウセンボしました。

一瞬そのBMWが覆面パトカーで我々の自転車に不備があるのか?と思ったけれど、中から出てきた運転手さんが明らかに警察っぽくない容貌だったのでその選択肢は却下。次に頭に浮かんだのは、気づかへんうちにそのBMWになんかやらかしたか。そうだとしたら相当面倒くさい。でも、”ちょっとゴメンちょっとゴメン、止まって!”と両手を振りながら叫んでるので、車道の端に自転車を寄せて止まりました。

なんだったと思います?
”その自転車、どこで売ってるんですか?”って聞かれました。
強面の雰囲気で敬語がすごく苦手そう(と見た目だけで勝手に判断です。ゴメンなさい)だけれど、我々とすれ違って、自転車見てびっくりして慌ててUターンして追いかけてきたことを説明してくれました。
”子どもと乗りたいねん”って強面BMWさんはおっしゃってました。この自転車のキーワードである”空井戸サイクル”を強く推しておきました。
e0149587_04391880.jpg


相当目立つこの赤い自転車。
正直、運転するのがとても難しい。子どもと乗るならロングテールが一番です。
何より重たいし、牽引なので曲がるのは難しいし、バックはあらぬ方向へ進む。安定性は最悪です。駐輪場の確保が難しいし、荷物が乗らない。そして、親子の距離が離れるので会話が弾まない。
でも、後ろに乗る子どもにとってはペダルを回す喜びや、空や景色が広がるのが楽しいらしく、しきりに赤い自転車でお出かけしたがります。
長さが法的にOKかどうかは微妙なのでツレは明るい顔をしませんが、今の所乗ってて何も言われてません。


ロングテールに乗り始めた当初、身近にロングテール乗りは東大横で時々すれ違った外国人だけでした。
一度も会話をしたことはなかったけれど、すれ違うたびに手を振りあったのです。
時を経て、今はロングテールは珍しい自転車じゃなくなりました。(手を振りあう相手もいなくなりました)
次はこの赤い自転車とどこかですれ違いたいなあ、手を振りあいたいなとちょっとだけ欲が出てきました。
後ろに乗る10-8は、本当にいろんな人に手を振ってもらっています。(ワタシは恥ずかしいです)

[PR]
# by cosset-cosset | 2017-03-30 05:05

レインジャケット

もう遥か10年ほどの話になるけれど、メッセンジャーを辞めた時、”もうこれで雨の日に自転車乗らなくてよくなる”ととても安堵したものです。雨の日でも自転車に乗って荷物を配達するのがメッセンジャー。雨の日は、すごく嫌だったのです。だから、辞めたときは”もう絶対雨の日には乗らん!”と決め、よほどのことがない限り雨の日は乗らなかったこの10年。

でも、なんだかんだとレインジャケットは要るのです。
犬の散歩、
防寒を兼ねて、
などなど。
最近タンスを整理したのですが、3枚出て着ました。レインジャケット。

ところが。
値段の高い安いに関わらず、ある一定の期間を経ると、レインジャケットの内張は劣化するのですね。
着れば劣化する防水性能。それを補う防水スプレー。
着なくても劣化する内張の防水機能。それはメーカーでも補修できない残念なこと。
3着のうち、2着は処分を免れないほど内張がポロポロポロポロ。。。。

確かに、私は登山をするわけじゃないので5万円もするようなレインジャケットを持っているわけじゃないけれど2〜3万円のレインジャケットでも10年も経てばポロポロと内側が剥がれてくることがわかりました。(高いレインジャケットは知りませんけどね)2万円しないものでも経験的には5年かな。首元と手首あたりの内張が剥離して着ます。粉々の内張は吸うとあんまり体には良くなさそう。

そこで、友人知人にレインジャケットについて聞いてみると、案外”消耗品”扱いであることが判明。
登山など生命の危機に関わるような使用目的ではなく、あくまでも普段使いのレインジャケット。着ても着なくてもだいたい同じ時間が経てば品質は劣化する。ならば、価格を抑えてダメになったらあっさり買い換えるほうがいいようです。


この春から幼稚園的なものに通学する我々。
この間雨の中登校する日がありました。
一個向こうのバス停から乗り換えなしで30分で到着します。
でも、傘をさした子どもの足でバス停まで15分。雨のため30分のうち10分くらいは満員バス。正直、精神衛生上良くない。雨でも、土砂降りじゃなければレインジャケットを着て自転車で行ったほうが時間も早く心も軽いと気づきました。
10年頑なに”雨の日は乗らない”と決めてたけれど、ここは折れよう。(と言いつつ、子どもの意見を優先しますが。子どもがバスで行きたいと言えばバス通学します。多分)
で、レインジャケットはどうしよう。

e0149587_04434591.jpg
もしあなたが身長が160cm以下であれば、このレインジャケットがおすすめです。
ズボン付き。収納バッグ付き。モンベルのキッズ用160サイズのレインジャケット。1万円でお釣りがきます。

自転車を買うとき、”160cm”という身長はとても目安になる気がします。
160cmあると、割と見た目がシュッとしたいい雰囲気で乗れる自転車が手に入る。でも、それ以下になると選択肢が減って同じバイクでもカタログとは雰囲気が違ってきます。ワタシは最近”あと5cm身長が高かったら”と悔しい思いをしたのですが、レインジャケットに関していえば、150cm台でよかった。
とりあえず、3年持てばOKのレインジャケット。
ただ、キッズ用なので目立つ色しかないのです。


[PR]
# by cosset-cosset | 2017-03-27 05:06