Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今日は半袖

まいどです。
サンフランシスコでライトアップされたクリスマスツリーを見ていたら、マフラーの色と私から出る偉大なオーラを(当然)知らないおばちゃんにほめちぎられたコゼットです。私はこの先ビックになれるらしいです。
今日は余裕で半袖です。ボサノバ聞きながらブログ書いてます。優雅やなあ。
私の泊まってる家のハス向かいにはマイケルジャクソンのスリラーで撮影に使われた家があります。空には撮影用のヘリコプターがホバリングしてます。
そう、今はロサンジェルスに来ています。
サンフランシスコから高速バスで8時間弱。車窓はアメリカっぽい広大な「ナッシング」の世界。一度「ナッシング」の世界を見てみたくて、敢えて飛行機ではなく、高速バスを選んだ私。アメリカの広大さを実感しました。もう二度と乗りません。
二週間前はズボンの下にタイツとハイソックス履いてたのに、今は半袖です。アメリカって広いなあ。

ここではJJというカメラマンの家にお世話になってます。JJとは何年か前に京都で写真を撮ってもらった事のあるヒトで、今年の夏、偶然来日中の彼に東京でばったり会った事がきっかけで、今私はロサンジェルスまで来てしまいました。

今日は彼のガールフレンドの自転車を借りて、サイクリング。ロサンジェルスだけど、彼の好きな街を案内してもらいました。
e0149587_9252637.jpg


メッセンジャーの経験のない彼。借りたママチャリで暴走する私にひたすら「気をつけろ」を連呼。「ここはクレイジーなドライバーが多いから!」
でも、ムービーとりながら走るあなたが一番危ないよ。

e0149587_9272780.jpg


3時間ほどサイクリングに連れて行ってくれました。まだロスっぽい景色は見てません。
なんとなくだけど、ここロサンジェルスは自転車文化がそこまで根付いてないような。もちろん自転車は電車にもバスにも乗せられるけど、それ以上に車文化が発達している。自転車専用レーンも少ない。だから、車は自転車が車道を走るという認識が薄いらしい。みんな車を持ってるらしいしね。
[PR]
# by cosset-cosset | 2008-12-06 09:44
今日の一番の目的はJitensha Studioに出かける事。
こことのつながりはちょっと長いです。夏に出かけたSurlyのとあるパーティで出会ったおっちゃんが、自転車ショップを吉祥寺にオープンしたらしく、せっかくなので、吉祥寺に出かけたついでに行ってみた。すると、そのショップ「ベロクラフト」といって、ランドナー専門店で、ゆったりした店内に、旅向けチャリが展示。とてもいい雰囲気のお店です。トーエイとか。で、店内にアドバイザー的おっちゃんがまた一人いて、そのおっちゃん、日本人やけど実は本業はバークレーで自転車ショップを営んでいるという事。そして、EBISというオリジナルフレームを制作しているという事を教えてくれた。
「EBIS」
ヘッドマークは当然エビス様です。

せっかくバークレーにいるんやから!ということで、、、、

e0149587_22324322.jpg


でも、肝心のおっちゃん 実は2日前に日本へ仕事で帰国。お店はお休み。
でも、息子さんが特別に店を見せてくれました。

e0149587_22353759.jpg


店の名前がJitensha Studioなので、店はスタジオの様に自転車が展示され、作業スペースは全部後ろに隠してあります。
アメリカっぽく天井も高い。
そして、EBIS

e0149587_22373152.jpg


ここでは言えないけど、たぶん近いうちにこのEBIS大変なことになるんちゃうかな?今のところ、吉祥寺のベロクラフトでのみ、見れます。買えます。

無理矢理店を見せてもらったあげく、前日に知り合った日本人チャリ友ともその店で待ち合わせ、せっかくバークレーに来たんだからとサイクリングに連れてってもらう。

バークレーはSFから地下鉄で30分くらいの街で、学生街。サンフランシスコの様に急な坂もなく、山側と海側がハッキリしてて、神戸のような町並み。
「ほら向こうがSFだよ」

e0149587_22422288.jpg


遠いなあ〜。きれいやなあ。

で、バークレーのおしゃれスポットにある自転車屋さんに連れて行ってもらいました。
その名も「WheelGirl」
e0149587_22461610.jpg

外観からは自転車ショップとは気づかない雰囲気。
e0149587_22463414.jpg


オリーブオイルと自転車のお店です。
スタッフは全員女性。だって名前が「WheelGirl」
とってもいいお店です。すごかった!
また一つ、理想が増えました。
オーナーさんももちろん女性やけど、彼女の自転車に対する知識も半端なくて、オリーブオイルと並ぶ自転車パーツは彼女の千里眼にかなったものばかり。
店を清潔に保つためか、カウンターの壁の奥の倉庫が作業スペース。
クールやわ〜。

SFに行くヒト、ぜひ、バークレーまで足を伸ばして、この2店 訪ねてみてください!衝撃を受けるから。

そして、一日サイクリングにつきあってくれたメイちゃん タカト君 ナオキ君、そして、ルーク ありがとう!

e0149587_22523894.jpg

[PR]
# by cosset-cosset | 2008-12-04 22:54

SF自転車に乗る1

まいど Cossetです。

サンフランシスコでも自転車借りて乗りまくってます。この地で私を泊めてくれてるメイちゃんは、バークレーの大学生。夏まで京都に留学をしていて、SFに帰るために一度東京に来た時、京都に住む私の友人TKから「東京に行くならCossetに会うべきだ!」と言われ、電話番号を書いた紙を渡され、純粋なメイちゃんは素直に電話をかけてきてくれたのです。
突然「TKの紹介で電話しました」って言われてもって思ったけれど、私はそれまで東京で出会った「京都に行きたい」という外国人を、さんざんTKのもとへ送り込んだので、おあいこ。
そういう出会いもなかなか楽しい物です。

今、私はそのメイちゃんをたよりにサンフランシスコに来て、80年代のあまりブレーキの効きのよくない自転車を借りて、サンフランシスコを駆け回ってます。
ロードでありながらブレーキの効きがあまりよくないのは、ここ坂の街SFでは命がけ。

e0149587_2193171.jpg


でも、きれいな所です。

簡単な観光マップしか持ってないので、とりあえずメッセンジャーを捕まえて、いろいろと聞くのがベスト!

e0149587_2212512.jpg


私が色々聞きたいのに、やっぱり来年のCMWCの話になる。
左の彼は「俺は日本への片道切符しか買わないぜ!だって高いやん。帰りはなんとかなるやろ?だから俺はもちろん行くぜ!日本語だって知ってるし!『こんにちわ』『おはようございます』『ありがとー』  どうだ?おれの日本語は?」
ってな具合でがんがんに話してくる。きみの日本語、多分大丈夫よ。私の英語でもなんとかなってんねんから。ってな具合で、肝心の郵便局の場所を聞くのに相当な時間がかかるけど、こういうコミュニケーションがとれるのもメッセンジャーならでは。
メッセンジャーやっててよかったなあ。

一日二日と街を自転車で駆け回り、

e0149587_2332984.jpg



e0149587_2352975.jpg

こんな景色や
e0149587_2354793.jpg

こんな景色が見られる。

たぶん普通の観光バスに乗ってたら見られないような物が自転車だったら見られるし、途中で泊まったり、休憩したり、走りながら大きな声で歌を歌ったり、自由にできる。
自転車サイコーやなあ。
坂の多い街も、海岸沿いは意外とフラットで走りやすく、ゴールデンゲートブリッジを渡った向こう側へ本気のローディーが何人も渡って行きます。いい環境が整ってるみたい。

サンフランシスコは坂の多い街。
自転車じゃあ登れない、そして、下りも怖くて下れない、そんな坂がいくつも。メッセンジャーが歩いて登る姿も見たしな。
かつて、フリー&ノーブレーキでデリバリーするメッセンジャーがいて、その彼はなんとVANSからスポンサーを受けてた。なんで靴メーカーがスポンサーに?って思うでしょ?靴の裏を後輪にあてがってスピード制御。無理やでそんなんって思ってたけど、実際この地に来てみて、やっぱ無理やで そんなん。って改めて思う。
でも、やってたから彼は「神様」
今何してるのか知らんけどね。

せっかくSFに来たのだからZoバッグのErickZOに会いたいなあと思うけど、捕まらず。
また案の定 メッセンジャーを捕まえて訪ねると、「彼のワイフならそこのカフェによく来るけど、Erickは。。。」てな感じで会えず終い。ま、またいつか会えるやろ。

ここサンフランシスコも残りわずか!この長旅も残りわずか!
[PR]
# by cosset-cosset | 2008-12-04 02:58

本当のトリックは?

サンフランシスコに来ました。
ミネアポリスからフィラデルフィアを経てここに来ると、南国気分っていうくらい暖かい。
昼間の街には半袖のヒトが歩いているくらい。
アメリカって広いなあと思います。

休日の今日、中心部を歩いていてもメッセンジャーを見かける事もなく、サンフランシスコ=ピストのイメージな私を奮起させるヒトがいないかパトロール。

すると、発見しました。昼間の3時、とある公園で。

e0149587_8525892.jpg


以下 すべて盗撮です。
なぜ盗撮かというのは 最後のお楽しみ。
ここからの画像の彼は最後まで一切足をついてないです。地面に腰を下ろしてるようにみえるけど、そうじゃない。足は宙に浮いてます。
e0149587_8533775.jpg

e0149587_8535313.jpg

e0149587_854637.jpg

e0149587_8542031.jpg

e0149587_8543513.jpg

e0149587_8545049.jpg

e0149587_855592.jpg


メッセンジャーっぽい雰囲気ないし、きっと彼らはピスト好きなヒトなんやろな。

サンフランシスコは坂がとても多い街。MASH効果でピストのイメージがついてるけれどそんな事もなく、この写真をとる私の背中ではBMXボーイたちがトリックの練習を。そして、湾岸にあるこの公園の横はサイクリングを楽しむローディーたちの姿が。
ピストに限らず、自転車を楽しむヒトが多い街なようです。

なぜ 盗撮かというと、コレ。
e0149587_8551858.jpg

すがすがしい休日の3時に鞠○を。
勇気を出してハローと声をかけようかと思ったけれど、この行動でその気持ちは折れました。
私こういうの嫌いです。ここはアメリカやしって思うけど、、、
メッセンジャーとかピストとか、言葉が古いけれど、チャラいって思われてるイメージが強いんです。私の勝手な思い込みかもしれないけれど。
たとえば、ギャルが渋谷の街を清掃して、イメージ転化をはかる活動をするような、そういうことをしなくてはいけないメッセンジャーやピスト乗りはよくないと思うんです。ごくごく当たり前に、クールなローディたちともコミュニケーションをとる事が出来なくてはいけないと思うんです。自転車という大きな枠組みの中で、勝手にカルチャーと騒ぎだして、言ったら輪界の一部に含まれる自分たちは、ずっと以前から輪界にいる人たちからすると新しい人間な訳で、法律を犯すような事はもちろんのこと、マナーを守らない、素行が悪いなど、当然煙たがられる訳です。
ま、せめて自分くらいはまともでありたいと思ってます。

なんだか おばちゃん臭い事言ってますが、ここ、サンフランシスコでこんな事を考えてしまいました。
私自身が元々競技者だったからなのかもしれませんが。
[PR]
# by cosset-cosset | 2008-12-01 09:16

感謝祭

日本人の私はアメリカの感謝祭という盛大な祝日を知らずに渡米したのです。
驚く事に、とてもとても多くのヒトが感謝祭に帰省し、街はどのお店も会社もお休みになり、家族で「ハッピー サンクスギビングデー」をするのです。
本当にびっくりするくらいみんな大人しく帰省するし、家族の時間を大切にするし、飛行機の国内線のチケットとれへんし(それくらい多くのヒトが家族のもとへ帰省するのです)、いわゆる日本のお盆みたいなもんかなあと理解してます。

ステイ先のBABA君は奥さんのクレアの故郷に来て二年目でまだパレードを見た事がないというので、
e0149587_8355446.jpg

閑散とした街を自転車で走り、

e0149587_8363097.jpg

国民的異常事態を見に行くのです。

朝からテレビでパレードの生中継を見てたにもかかわらず、会場へ来てみると、やっぱり異常事態としか思えへん。

e0149587_8394081.jpg


寒空の下、州内から集結したブラスバンドやらレオタード姿のお姉さんやら、ボーイスカウトやら、感謝祭を祝う人々が集結し、4時間練り歩くヒト、パレードを見るヒト。私には異常事態としか思えへん。
BABA君曰く アメリカ人パレード好きみたいって。

本当に一昔前の日本の元旦のように街のお店はどこも閉店で、ヒトも少ない。
みんな何をしているのかというと、七面鳥を料理して、ホームパーティ。
アメリカに来てから「感謝祭はどうするんだ?」って聞かれまくり、つい先日Squidにも「感謝祭はどうするんだ?七面鳥は好きか?」って聞かれ、そんなにみんな七面鳥食べるんかいな?って思ってたら、本当に、本当に

e0149587_8452680.jpg


家庭のオーブンで丸焼きに!
そして、パーティーに持って行くのです。私はクレアのおばあちゃんのパーティに招いてもらいました。

そして、今日がフィラデルフィア最終日の私にどうしても会いたいというヒトが深夜にパーティを開いてくれました。

e0149587_847555.jpg


2002年のKyotoLOCO以来!っていうか、まさか会えるとは思わなかったよErick!
私の大好きなRELAXという雑誌にもKyotoLOCOの時に取材を受けてた彼!結婚した今もなおメッセンジャー続けてます。
いや〜 うれしかった!あれから6年もたったなんて。。。そりゃ年とるわなあ。
この日最後までパーティに残ってくれたフィラデルフィアのメッセンジャー(ご近所さん)ありがとう!

e0149587_8494294.jpg

[PR]
# by cosset-cosset | 2008-11-29 08:51