Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

笑いと涙の情報番組

先日、某アウトドア雑誌の編集の方と飲んでいたときの事。



今の雑誌には「笑い」が足りないという話になりました。


その某アウトドア雑誌にどのくらいの「笑い」が必要かは分からないですが、そのあたりのつぼを得た番組があります。
それは大阪朝日放送の「探偵ナイトスクープ」です。
私の住む家では東京MXが映らないので 東京では見る事が出来ませんが、実家に帰省した際、京都に行った際にはチャンスがあれば欠かさず見ています。
上京当初、友人は番組のDVDを、ダーウィンの店長は読まなくなった「探偵ナイトスクープ」の裏本をわざわざ送ってくれました。

なぜ東京では映らないのでしょう?
軽く憤りを感じますが、、、

が、


が、


15日の日曜日。
探偵ナイトスクープたった一日のゴールデン進出。
それも全国同時!(この番組は地域によって一週間〜二週間ほど放送に時差があるのです)
もちろん東京でも普通に見られるようです。

笑いと涙の原点があるので、時間的余裕のある方は見てください!必見です。


ナイトスクープばりの「笑い」が雑誌に必要なのか分からないですが、私の大好きな雑誌は既に廃刊になってしまってます。
マガジンハウス社の「RELAX」
絶妙な笑いと確かな情報が毎号詰め込まれてました。
私的には野良猫を追いかける女性のレポートと、オッス帰宅部 、焼き肉のページが大好きでした。
ああいう雑誌がもう一度 出てほしいと思います。
雑誌に携わる仕事をする方、リラックスの様な雑誌を作ってください!
捨てられずに大切にほとんどの号を溜め込んでます。



さて、明日15日は定休日です。
そして、その次の16日 月曜日は諸事情により、15時よりアトリエオープンです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。
[PR]
# by cosset-cosset | 2009-03-14 13:29

ドイツから

来たヒト二人。
e0149587_154166.jpg


彼らはケイリンベルリンという競輪カフェをドイツのベルリンで営んでいます。
競輪マニアな彼らは年に一度は日本に仕入れに来ています。
NJSと名のつく所、自転車のモノで日本にしかないものを探してます。

元メッセンジャー、東京の道も熟知していて、渋谷から、このややこしい路地奥にある千駄木のコゼバッグアトリエまで、大雑把な地図一つでやって来ました。

ケイリンベルリンの二人と私が最初にであったのは写真奥のMOさんが言うには5年前。場所は京都。
東京に出て来てから、「京都が恋しいか?」って会うたびに聞かれます。
そりゃ恋しいさ。そりゃ。。。

時間がたてば場所も環境も変わります。
左のゲーリーはかつて京都で泥酔して、鍵のかかったママチャリにまたがり、全力で踏み込んだ次の瞬間、自分一人が前に吹っ飛び、額から流血していました。
せっかくドイツから来てくれた二人をもてなそうと、近くの酒屋へ誘ったら、「もうビールは辞めたんだ」の一言。
???
あんなに昔飲んでたやん!おでこ切ってたやん!
じゃあ、もらったばっかのエビせんべいとお茶でもどう?と聞くと、
「ゲーリーはベジタリアンやし、俺は魚介類は食べないんだ」。
実に寂しい返事が返って来ました。

なので、おもてなしはやめて、色んな話をしました。
といっても、私の残念な語学力では限界があるのですが。

まあ、そんなこんなで彼らを次の目的地、浅草のパンチサイクルさんまで送り届けて、「また秋に会おう!」と約束をしてサヨナラしたのでした。

そう、コゼバッグ、ドイツのケイリンベルリンでの扱いが始まりました。
ちゃんとしたオーダーシステムも確立していないので、どうなるか分かりませんが、桜が散り始める頃、遠くドイツのベルリンで、コゼバッグが店頭に並びます。
[PR]
# by cosset-cosset | 2009-03-12 15:21

こういう

情報が入ってくるたびに 悲しい気持ちになるんですよね。


______________________________________________
2009年3月9日(月)17時頃、TRACKHEADSのTHORのチャリが盗難に遭いました。些細な情報でも下記メアドにください。マジで落ち込んでます。

info@trackheads.be



盗難場所:勤務先の専用2Fエレベーターホール内(京都市中京区)

※外からは見えない場所ですので、とっさの盗難ではなく、計画的なものと思われます。

※出入りは誰でも出来ますが、勤務先専用のエレベーターホールですので、基本関係者以外は立ち入りがありません。

※他の従業員自転車(BMX、MTB、ママチャリ)も多数置いていますが、被害は1台のみでした。

※すぐそばにAEROSPOKEのフロントホイールを置いていましたが、手つかずでした。

※施錠は屋内で専用エレベーターホールですので、いつもしておりませんでした。


---------------------------------------------------------------------------------------


フレーム:PELOTON(プロトン)ラグ無しフレーム エンド110mm サイズ520mmくらい

傷:ほぼなし。綺麗なフレームです。新車同様です。

特徴1:シートポストが通常より立っている通称「藤野フレーム」というものです。かなり特徴があります。

特徴2:パーツがもう通常では出回らないものが多いです。リム、クランクが特にレアです。

ステッカー:シートポスト上部に「京都踏切倶楽部」。シートポスト下部に「白黒ゴリラ」。トップチューブ、シート下に黒色「TRACKHEADS NIGHT」。ヘッドパーツ上部に「THOR」。その他「PELOTON」ロゴがクリア塗装の下に数カ所あり。「SHITAMORI」のロゴがチェーンステークリア塗装の下にあり。

フレームカラー:やや青みがかったシルバー

サドル:ロールス黄色

リム:カンパニョーロ アトランタ32H

ハブ:サンツアーシュパーブ 32H(エンド110mmに軸交換)

クランク:カンパニョーロ グランスポルト PCD144 170mm

チェーンリング:SUGINO スーパーマイティー 44T

コグ:SHIMANO デュラエース 16T

ステム:NITTO N65 クリスタル

シートポスト:ITM エアロシートポスト 27.2

ハンドル:写真と異なり、ママチャリ用の無名ハンドルを付けてました。

グリップ:odi 黒

バーエンド:MASH

ペダル:MKS RX-1 黒

トゥークリップ:SOMA

ストラップ:MKS スエード黒

BB:カンパニョーロ

タイヤ:ビットリア前青、後赤
2009年3月9日(月)17時頃、TRACKHEADSのTHORのチャリが盗難に遭いました。些細な情報でも下記メアドにください。マジで落ち込んでます。

info@trackheads.be



盗難場所:勤務先の専用2Fエレベーターホール内(京都市中京区)

※外からは見えない場所ですので、とっさの盗難ではなく、計画的なものと思われます。

※出入りは誰でも出来ますが、勤務先専用のエレベーターホールですので、基本関係者以外は立ち入りがありません。

※他の従業員自転車(BMX、MTB、ママチャリ)も多数置いていますが、被害は1台のみでした。

※すぐそばにAEROSPOKEのフロントホイールを置いていましたが、手つかずでした。

※施錠は屋内で専用エレベーターホールですので、いつもしておりませんでした。


---------------------------------------------------------------------------------------


フレーム:PELOTON(プロトン)ラグ無しフレーム エンド110mm サイズ520mmくらい

傷:ほぼなし。綺麗なフレームです。新車同様です。

特徴1:シートポストが通常より立っている通称「藤野フレーム」というものです。かなり特徴があります。

特徴2:パーツがもう通常では出回らないものが多いです。リム、クランクが特にレアです。

ステッカー:シートポスト上部に「京都踏切倶楽部」。シートポスト下部に「白黒ゴリラ」。トップチューブ、シート下に黒色「TRACKHEADS NIGHT」。ヘッドパーツ上部に「THOR」。その他「PELOTON」ロゴがクリア塗装の下に数カ所あり。「SHITAMORI」のロゴがチェーンステークリア塗装の下にあり。

フレームカラー:やや青みがかったシルバー

サドル:ロールス黄色

リム:カンパニョーロ アトランタ32H

ハブ:サンツアーシュパーブ 32H(エンド110mmに軸交換)

クランク:カンパニョーロ グランスポルト PCD144 170mm

チェーンリング:SUGINO スーパーマイティー 44T

コグ:SHIMANO デュラエース 16T

ステム:NITTO N65 クリスタル

シートポスト:ITM エアロシートポスト 27.2

ハンドル:写真と異なり、ママチャリ用の無名ハンドルを付けてました。

グリップ:odi 黒

バーエンド:MASH

ペダル:MKS RX-1 黒

トゥークリップ:SOMA

ストラップ:MKS スエード黒

BB:カンパニョーロ

タイヤ:ビットリア前青、後赤



_____________________________________________
写真など、もっと細かいことはコチラ
なんか、本当に情けない気持ちになるんですよね。盗んだヒトって、どんな気持ちで行動にでてしまうんでしょうね?後ろめたい気持ちがあったら、まっすぐ前を向いてあるけないでしょ?
[PR]
# by cosset-cosset | 2009-03-10 13:55
事がたくさんあるのです。

そう、半月ほど前に納品された「ペロン」付きのトート型のバッグ。
e0149587_1236132.jpg


思いもしなかった「ペロン」をつけてくれ!というオプションに戸惑いながらも、ステキな感じに仕上げたはず。

が、お直しで戻って来たのです。

最初 お直しの話が出た時に、なんか不備があったんちゃうか?と不安な気持ちでいっぱいになったのですが、よくよく話をしていくと、「ペロン」の付ける側を逆にしてほしいと言うもの。

この「ペロン」はメッセンジャーバッグと同様に、下から自分側に向かって引き上げて使うように、つまり、背負った時に自分側についています。だってその方が中身を取り出しやすいやん。
本当に、純粋にそう思って付けたのですが、実際使ったお客さんは逆の方がいいと言う意見。

週末、持って来てもらいました。
で、お客さんの使い方と、なぜ逆に付けたいのか?お話をじっくりと伺いました。

ふむ なるほどね。

それが私の意見です。
そして、お客さんが近所へお昼ご飯を食べに行っている間にササッとお直しは完了です。

ダイレクトに使い手の意見が聞けて、とても参考になりました。
ちょうど「ペロン」を付けようか迷ってはったお客さんも、前例を聞き、やはり、外側に「ペロン」を付ける選択をしてました。

実用的なモノを作っているにも関わらず、作り手が一人だとどうしても主観的になりがちです。今回のように作り手にとって思いもかけないオプションをオーダーされ、そして、改良を加えて使い手がより使いやすいものに仕上げていく、そういう仕事が理想です。
やってみなければ分からない事もある、そして、使ってみなければ分からない事もある。
それを反映しやすい環境にある、せっかくだから利用してみませんか?

といいながらも、意外と間口は狭く、出来ない事は出来ないとはっきりお断りする事もありますが、、、、



そう、今朝 家の外の茂みからウグイスのなく声が聞こえて来ました。
あまりにも上手に鳴いていたのでご近所さんが風情を出すためにデモテープを流してたのかもしれませんが、とにかく、朝春の気配を感じたのです。
[PR]
# by cosset-cosset | 2009-03-09 12:53

職人仕事

先日お願いしたスツールを持って来てもらいました。
「はやっ!」と思われた方、そう。早いんです。
なぜならば、スツールというのは、作るのがとても大変で、気持ちがまとまったら勢いよく一気に作り上げるものなのだそうです。いい木を見極めて仕入れ、そこから足になる部分、お尻にあたる部分を削りだし、その木の特徴や木目をいかすような丸みなどを作り出し、スツールに仕上げていくのだそう。だから、相当なエネルギーを要すると言ってました。
なので、ワタシは彼の作品の一つを購入したのです。
一つ一つ売れていくたびに彼は「焦る」と言っていました。
彼のふんわりした雰囲気と、べたべたな京都ことばのなまりが心の疲れをゆっくりとほぐし、彼の作り上げたスツールに座る度、温かな気持ちになります。

そんなCampの岩滝くんがつくるスツールは
e0149587_918568.jpg


コレです。
悩みに悩んだ木の材質はウォールナットとタモ。敢えてお揃いではなく、違う木にしました。
アトリエの雰囲気にぴったりです。そして、時を経るごとに味が出てくるそうです。

そして、裏には
e0149587_9204819.jpg

焼き印が。
コレでcampが作った物と分かります。

そうじゃなくても、この写真をみれば分かるのですが、彼の作るスツールは「三つ足」です。
なので、コゼバッグのアトリエは多少床が傾いているのですが、三つ足なので、常に平行が出ているので、イスがカタカタいいません。
この「三つ足」である訳をcamp岩滝君はとても丁寧に教えてくれました。

いい仕事をしているヒトは目の輝きが違う。岩滝君はきれいな目をしています。
職人仕事、あっぱれです。
[PR]
# by cosset-cosset | 2009-03-08 09:31