Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

描いてみよう!今年VER.

東京での展示受注会でおなじみになった ”描いてみよう サコッシュ!”の詳細です。
子どもを連れて展示会とか受注会とか、とにかくお出かけが大変だ、と子どもを持ってから気づいたことがきっかけで、来てもらった子にちょっとでも楽しんでもらえるよう布用クレヨンでコゼバッグ製サコッシュに絵を描いて持って帰る、という企画を毎年行なっています。
今年はベースとなるサコッシュを帆布で4色作りました。なので、まずはベースとなるサコッシュの色を選んでクレヨンを手に取り、
e0149587_15564737.jpg
e0149587_15574537.jpg
e0149587_15573731.jpg
勢いよく描きます。
内側2面、外側2面、表裏のこだわりさえなければ4面描いて好きなの、上手なのを表に持って来ればいいと思います。
e0149587_15584595.jpg
もういい!というところまで描き上げたら次は親の出番です。
e0149587_16003409.jpg
上下とサコッシュの真ん中にキッチンペーパーを挟んでアイロンがけ。アイロンの熱でクレヨンの油分を溶かしペーパーに吸わせることでインクが布に定着する仕組みです。
e0149587_16004177.jpg
ここまでやると出来上がり。

展示受注会にお越しの子どもたちは是非描いてってください。
もちろん無料です。ただ、数に限りがあるので早めにお父さんお母さんときてくださいね。
そして、子どもにこの企画やらせてみよう!と思ってるご両親は是非ビニール袋を持って来てください。書くところまでは会場で、アイロン作業は自宅でとなります。持って帰る途中でインクが他に写らないようにするためのビニールです。


毎年埼玉からやって来てくれる(ごめんなさい名前知らないです)今年は小学2年になる子は毎年の成長が素晴らしく今年も楽しみにしてますよ!
そして葛飾のAさんのお姉ちゃんが描いたドキンちゃんがいいサンプルとしてアトリエに鎮座してます。レベルアップしたイラスト、今年も期待しています。


毎年の成長、というのは大人は大したことありませんが、子たちは驚きの連続です。
一昨年の 10-8も大概です。
紙に描いた絵は飾るかファイリングするしかありませんが、使えるモノとして残るとそれはそれで嬉しいもの。
無料なので、是非。


そんなコゼバッグの東京展示受注会はいよいよ来週です。
12月1日 11:00〜18:00
12月2日 10:00~18:00
12月3日 10:00~17:00
谷中の古美術上田にて。


ご心配をおかけしたツレのスカタン事件はいいホテルに6日宿泊したような支払明細とともに終焉を迎えつつあります。
まだちょっと色々続きますが、片道2時間の病院通からは解放されました。
今回のことで自転車に乗って一人楽しく山に出かけることにちょっとビビってるワタシです。




[PR]
# by cosset-cosset | 2017-11-24 04:41

踏ん張りどころ。

ついこないだ忙しぶった記事を書いたところですが、さらに今、踏ん張りどころです。

e0149587_04372746.jpg
我々の野口家始まって以来の事件が起こり、
e0149587_04372006.jpg
いつも冷静沈着を努めるワタシもテンパっています。
(ワタシがセミファットの前後輪をきちんと外してロングテールに積載するという丁寧な所作の時点で普通じゃない頑張りを見せてます)

e0149587_04371266.jpg
ツレが起こした最悪のスカタン事件は正直ワタシの寿命を縮めています。そして近しいみなさんに迷惑をかけています。
10-8のお迎えを頼んだり預かってもらったりご飯食べさせてもらったり犬の散歩をお願いしたり。近くに親類のいない我々ですが最高のサポートメンバーによって支えられ、その優しさが身にしみるこの数日。

e0149587_04454732.jpg
もう少しの辛抱だと思いたいです。

[PR]
# by cosset-cosset | 2017-11-20 04:49
この頃、10-8を送っていった後お迎えまでの2時間ちょっとで琵琶湖行くのが面白くって隙アラバと出かけていきます。
e0149587_11011410.jpg
紅葉真っ盛りの観光エリアをそそくさと抜け、山を越えます。
e0149587_11014319.jpg
フラフラっと入った道が思いの外いい道だったりするとすごく嬉しい。
e0149587_11012643.jpg
とにかく”時間に限りがある”というのがポイントかもしれません。
e0149587_11020551.jpg
限られた時間をどう使うか?がこの頃のワタシのキーワードだったりします。
週に一度の午前保育の日は10-8を送った後お迎えまでの2時間ちょっとをどう使うか?
ぼんやりしてても、お買い物に出かけても自宅に戻って仕事しても(これは自宅との往復に1時間弱かかることを思うと2時間ちょっとの空き時間の中では非効率的)時間というのは絶対的に平等なので、やっぱりイラチなワタシは”何かしないと!”となるわけです。4時間あれば自宅で仕事する。ツレは”どうやって毎日仕事してるのか?”とか”本当に2時間で琵琶湖に行って帰ってこれるのか?”とか聞いてきますが、できるな。琵琶湖と10-8の通ってるところはたった一山しか間にないし、琵琶湖の砂浜から40分もあれば大学に戻れる。もっというと4時間あれば花背登って京北を回って一回家に寄って10-8を迎えに行ける、とすら考えてしまうけれど4時間は貴重なので仕事や別の用事に当てています。


この頃は時間がものすごく短く感じられ、目が覚めてコーヒー飲んでフルスロットルで動いてたら気づけば次の朝になってたりします。そしてそんな毎日なので1週間がものすごく早く、この間2学期が始まったと思ったのにもうあと1ヶ月もすれば終わり。そして恐ろしく体調を崩しまくり2週間に一度は発熱。こんだけ運動してご飯食べてしっかり寝て(だいたい7時間半睡眠)ってしてるのに不思議です。


2時間しかない、か、2時間もある、か。
昨日10-8を送ったあとの2時間で山をふらりと散歩してる時にアカゲラ(赤いキツツキ!)を見つけ大興奮し、そのあとコンピュータさえあればできる事務仕事をし、、、限られた時間をいかに効率よく気持ちよく過ごすか、とても難しいですね。でも、2時間しか、か2時間も、か捉え方次第で時間って短く感じたり長く感じたりできるので、気持ちだけは前向きでいようと思っています。
e0149587_11084183.jpg
時間の有効活用は永遠のテーマかもしれません。
イラチなワタシは自宅出発で琵琶湖に行くことはこの10数年してなかった事実があるので、多分10-8の送り迎えのおかげで月に数回琵琶湖に向かってペダルを回すことができるのです。琵琶湖って案外近いけれど京都の街中を横断してまで行こうという気にはなれない不思議な場所です。
そして、今更ながら砂浜はロードでは走れないと知り、カイツブリがプカプカ浮かぶ湖面を眺めながら時計を気にするのです。



[PR]
# by cosset-cosset | 2017-11-16 05:36
ロングテールバイクに乗ってると純正サイドバッグの使い勝手が当たり前のように使いやすいのです。
当たり前すぎて何にも思ってなかったのですが、お客さんから”ああ言うパニアが欲しい”とオーダーを頂きました。
e0149587_04543092.jpg
入れるものは決まってる。
e0149587_04541878.jpg
それに合わせた大きさで、使い勝手はロングテールのサイドバッグみたいなの。
e0149587_04544187.jpg
わかる人にはよくわかる、分かりやすい話です。

そう言われると、パニアってこう言うざっくりした感じでいいんだよね。と納得です。
(そしてエクストラサイクル社にリスペクトです)


e0149587_04545908.jpg
ごちゃごちゃ要らない潔さ。ありがとうございます。

[PR]
# by cosset-cosset | 2017-11-13 05:01

いい!

いいDMができました。

e0149587_11483445.jpg
いつか自分が撮った写真を使ってもらいましたが、雰囲気がすごくいい!

e0149587_11482743.jpg
REW10は展示会でも受注会でもないですが、毎年勝手に巻き込んでます。
まだまだ先と思ってるけど、あと3週間です。



[PR]
# by cosset-cosset | 2017-11-09 04:53