Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

コブラ。

この間納めたBPR。
e0149587_11273861.jpg
BPR大きさ比較で並べたバックよりもひと回り大きいです。
縦横プラス5cm。ロール部分もさらにプラス5cm。深い、でかい。
でも、底から入り口に向かって広がるパターンなので、思ったより中身は見やすいなと思いました。
色々バンバンお客さんの思いの詰まったこのバッグ。中でも一番は
e0149587_11310461.jpg
コブラバックルかもしれない。

”理由は単純にカッコイイからです、それだけですが男に生まれた以上それはとても大事な事なのです。”

と熱いメールをいただきました。
ワタシはコブラバックルを全く知らなかったのですが、男のロマンは大事だろう、ということでこのバッグにはハードスペックすぎる気がするけれど取り付けることに。
(実はコゼバッグではお客様持ち込みパーツを受け付けています。結構軍用品の持ち込みが多いな、と思います。多分、男のロマンなんでしょうね。ワタシにはあんまりわかりませんが)
恥ずかしながら、コブラバックルを見たことも触ったこともなかったワタシ。
画像検索で取り付けを模索し、取り付けたのですが、最後の最後で”文字が表である”ことに気づきました。
通常のバックル類(メタルでもプラでも)は大体文字は裏面にくるように作られてますが、コブラバックルは”コブラだぜ”みたいな自己主張強めのパーツで、最後の最後、送る直前に気づいて表裏裏返しました。危ないとこやった。


なかなかお客さんの思いの詰まったバッグを作る重圧というのはすごいです。
コゼバッグもそろそろ10年に足が届きそうになってきましたが、未だに慣れない、というより年数を重ねるごとに重圧が増してる気がします。
思いが詰まるとそれを形にするためにお値段もちょっと増します。増さないようにしてますが、どうしてもお商売なので形をお金に変える必要があるのも重圧に繋がる要因ですが、お値段以上の満足を得てもらえるためにできることは何だろう、お客さんが払った金額以上に喜んでもらえるように、形になるまでの時間も楽しんでもらえるように、いつもそう思って作ってると勝手に重圧に押しつぶされそうになります。
例えば、自分が3万円のバックパックが”めっちゃ安い!”と思える価値観を持てるならいいのですが未だにその辺はドキドキします。
オーダーの受注から材料の発注、裁断、縫製と一個のカバンを自分の手で作るからこそ全部の責任は自分にあって、なかなかこういうカバン屋が増えない(というより時代の逆を行ってる感が半端ない)理由がわかります。



でも、形になった喜びも自分とお客さんと分かち合えるこの仕事はいい仕事だなあと思います。
いつもお客さんには感謝です。
作らせてくれてありがとうございます。






[PR]
# by cosset-cosset | 2017-09-28 04:42

9月の振り返り。

9月も最終週になりました。
e0149587_04400443.jpg
先週とは1週間進んだぶん、山には栗が落ち始めました。

実は、9月に入って(というか夏休みが終わって)10-8の調子がよくありませんでした。
我々の通う幼稚園的なものには一緒に通う日と送り迎えの日があります。
一緒の日はご機嫌ですが、送り迎えの日は”一緒がいいんだよ。別れたくないんだよ”とシクシク泣くのです。”休めば?”と提案するも”休みたくない”と。じゃあ行くしかない。初めて泣く子を預けるお母さんの気持ちを味わいました。
入学以来いつも元気よく登校していた10-8。一番楽しかった幼稚園より夏休みにエンジョイしたワタシとの楽しかった記憶が勝ったのでしょう。

玄関で”チエちゃーん!チエちゃーん!”とワタシの名を泣き叫びながら呼ぶ10-8の声を背中に受けていった先が
e0149587_04444535.jpg
初秋の山の中だった時は光の色が違って見えました。ちょっと後ろめたかったりしたのです。

でも、子も成長するもので、先週からは覚悟を決めた顔で送り迎えの日に登校するようになりました。
ちゃんとワタシが山に行く日も”寂しくなったらこの山の向こうに向かって呼んでな。向こうにおるから”としっかり伝えちゃんとバイバイできるようになりました。
ワタシは10-8との約束どおり幼稚園の山の3つぐらい向こう側から
e0149587_04475673.jpg
必死で自転車担ぎ上げ、
e0149587_04480561.jpg
何個か川を渡り、泥だらけ擦り傷だらけでお迎えに行ったりもしました。(山に向かって呼んでくれたかどうか聞くとそんなことはすっかり忘れていた、というオチつき)
そして、お迎えの時にはお互い笑顔で再開できるようになりました。


赤子の時と比べ、日々の成長が目に見えるものではなくなった3歳の終わりがけ。
でも日々行ったり来たりを繰り返しているうちに気づいたら一個ハードルを超えていた、なんてことが増えてきました。
e0149587_04504129.jpg
横から見るといつもの景色。でもいつも一緒なんてことはなく、時間や季節、天気で見え方は全然違います。
e0149587_04504943.jpg
横から見るだけじゃなくて真上を見ると初めて見る景色。

目線を変えていつでもどんな方向からでも子を見守っていられる、そんな親になりたいと思っています。




[PR]
# by cosset-cosset | 2017-09-25 04:58

アンテナ。

9月も下旬になりました。
山へ行くと秋の気配がプンプンと。
台風一過の連休最終日、台風の後やし栗でも落ちてるかな、なんて下心を持ってロード解禁。
e0149587_12583555.jpg
1ヶ月ほどレースに備え、ロードは一切乗らないというストイックな自転車生活を営んでいたので、本当に久しぶり。
改めて、同じ自転車でありながらロードとマウンテンバイクでは使う筋肉がまったく違うことを再発見。

e0149587_12582158.jpg
杉の葉っぱで埋められた峠道を多分ロードの方が足は太くなりにくいだろうな、なんてどうでもいいことを考えてくるくるペダルを回し峠を越えてマイ栗の木へ。
e0149587_12590434.jpg
たわわに実った栗の木。
もちろんワタシの栗の木じゃなく、車道に転がってきたのを拾う楽しみがあるのです。
が、まだ熟しとらんようであの台風でも一つも落ちてなかった。
路面がビッチャビチャでこの先いいこともあんまりなさそうなので、Uターンして帰ることにしました。
栗、落ちとらんかった。

話はちょっと逸れますが、栗の木の近くにワタシの茶飲み友達のおばちゃんがいます。40ほど年は離れてますが自分と同じような根っこを持つちょっと変わった可愛らしいおばちゃん。ワタシの走りに行く場所や時間がバラバラなのとおばちゃんはご主人の介護でせわしなかったりして会うといっても半年に一回くらい姿が見えたら声をかけて縁側でお茶を飲む、くらいの仲です。(おばちゃんには自転車乗りは全部一緒に見えるらしい)栗は拾えなかったけれど、久しぶりに茶飲友達のおばちゃんには会えました。
e0149587_12592884.jpg
庭に自転車止めて縁側でコーヒーをよばれ、おばちゃんの最近の活動や50年以上前のロマンス話、ジャムの作り方、通院が大変な話(病院行くのに一個峠をのぼらなあかんのは確かに大変)などなど小一時間ほどおしゃべり。
帰りしに栗が拾えんかったことを言うと、”去年のでよかったら持って帰り!”とポリ袋に入れられカチンコチンに冷凍された剥き栗をもらいました。なんか嫌な予感がするなと思いながらも受け取り、”あかんかったらほかしてな”と。他にもジャムや庭で採れた完熟を少しすぎたトマト山盛り。フレームバッグと背面ポケットにぎゅうぎゅうに詰めて峠を登って帰りました。

嫌な予感は的中し、一つ峠を越えてわざわざ持ち帰った栗は冷凍焼けをおこし、残念なことになってました。
旬は自分で拾わなあかん。
栗はもう少し先です。
でも、サンデーライダーのワタシ。そう都合よく拾えるかしらと心配です。
そう思ってたら昨日叔父さんからたわわに実った唐辛子が一箱届きました。
これが届くと12月の柚子の季節に向けて動き出さなくてはいけません。まずは唐辛子をペーストにして冷凍保存。柚子の頃になったら水尾に出かけて柚子胡椒作り。今年は12月に東京の受注会を開催するので柚子が買いに出かけられるか今から心配。

旬って一瞬で過ぎてしまうので周りにしっかりアンテナを張っておかなくてはいけません。
コゼバッグの東京受注会も12月1 2 3日。12月最初の金土日です。
場所は例年と同じく谷中の古美術上田。
こちらもしっかりアンテナを張っておいていただくと、いいことがあるかもしれません。





[PR]
# by cosset-cosset | 2017-09-21 04:52
台風が日本列島を混乱させた三連休。みなさんいかがお過ごしでしたでしょうか?
素晴らしいと噂のダートを走る王滝のレース、悲しいことに中止になりました。
個人的には過去にあったという黄河ような川と化したコースをバイクを担いで横断する、みたいなのをやる気満々だったのですが、スタート地点にも立つことができず、というか、京都を出ることもできず、家でふてくされてました。


結構トレーニング頑張ったんだけどな。(たった2度真剣に走っただけで頑張ったうちに入るのか不明だけれど、自分的には頑張ったつもり)
ツレにそそのかされてうっかり新しいマウンテンバイク買わなくて良かった。
いきって新しい偏光レンズのサングラス買わなくて良かった。
5年ぶりくらいにレース出るはずだったけれど、やっぱりワタシにはレースという名の競いごとは向いてないんだな。

。。。。。。



することもないので、ツレが10-8の新車を組む横でドラマを見ながらやけ酒を飲んでました。
そして、昼寝をしました。
深くて浅い眠りの途中途中で外から聞こえる10-8の歓声。
そして、午睡から目覚めると、
e0149587_17144223.jpg
10-8が自転車に乗れるようになってました。

e0149587_17141887.jpg
e0149587_17140335.jpg
まだ踏み出しが難しいらしいけれど、うちの前のゆるやかな下り坂ならOKらしい。
e0149587_17135596.jpg
e0149587_17134227.jpg
たった2時間で乗れるようになってました。(乗れるようになった瞬間は不遇にも立ち会えずでした)
それだけでもこの連休があって良かった、と思いたい。



行くはずだった王滝では、レースを早々に終えてぶどう狩りや梨狩りを楽しむ予定だったのに、それすら叶わず。うちにはスーパーに並ぶ各種ぶどう(お値段抑えめ限定)を大人買いし、冷蔵庫にスタンバイ。なんちゃってぶどう食べ放題を楽しんだ3連休。
ふうむ。連休初日の学園祭から台風に踊らされた3連休。
そして、レースには性格的に向いてないという暗示だと思わざるを得ないこの台風によるレース中止のアナウンス。
ワタシのセルフディスカバリーは他所ではなくいつものパトロールコースが一番向いてる。まだまだ京都で走ってない近くの未知なる道がたくさんあるので、そこをセルフディスカバリーすることにします。
そしてそして。そろそろ秋の味覚パトロールに忙しくなる頃です。






[PR]
# by cosset-cosset | 2017-09-19 04:56

BPR 大きさ比較。

この頃、BPRばかり作っているような気がします。もちろんそんなことはないのですが、常にBPのバックオーダーが数個あるっていうのは今までになかったことです。
作る機会が増えるということは作り手冥利に尽きますし、いろんな要望を形にすることを繰り返すうちに逆にお客さんにこちらから提案できることも増えてきます。
最近はサイズ変更が多々。
ちょっと比較をウェブで公開です。
残念ながらウェブサイトのプロダクトを更新するスキルを持ち合わせていないので、このコゼログを参考にしていただけると嬉しいです。
モデルはワタシ157cmと10-8が100cm、ツレ169cmです。


1 基本の大きさ。インナー付きで33000円+tax
e0149587_11465219.jpg
2 キッズサイズ(主に歩き始めから幼稚園まで使えると思います。思います、というのは10-8で実験中なので)
12000円+tax
キッズには軽さ重視でインナーは基本的にはつきません。
e0149587_11464593.jpg
3 キッズと基本の大きさのちょうど真ん中の大きさ。
e0149587_11481575.jpg
e0149587_11482300.jpg
e0149587_11483625.jpg
  多分、小学生さんくらいになるとこの位は十分かなと。もちろん大人もOK。最初にこのサイズをオーダーしてくれたのは可愛い女性でした。ツレ曰く、この大きさならこれからのマウンテンバイクに適しているかも、ということでした。(ワタシは手ぶらライドを好むのでよくわかりませんが)

4 基本の形に幅5cmを足した大きさ(A4の紙を挟んだバインダーや重厚なケースに入れた13inchのコンピュータなどが余裕で入るようになります。基本の形からたった5cmですが、全然容量が変わります) 
35000円+税 
コゼバッグではどのバッグでも幅や高さを足す場合ベースとなる大きさにそれぞれオプション料として2000円いただいています。
幅だけだとプラス2000円
幅と高さでプラス4000円。
あまりに極端に大きくなるようですと、手間と材料費が変わってくるのでそれはまた別途です。
逆に、小さくする場合も手間賃として同じ代金をいただきますが、逆に材料費が安くなる分バッグが小さくなるとお値段をお安くできる場合があります。
e0149587_11501872.jpg
e0149587_11501034.jpg

この他にも、基本の形から縦にマイナス5cmや、基本の形から縦横プラス5cmなどオーダーを頂いています。また紹介できる機会があれば紹介したいと思います。
どこが自転車用やねん?と言われてしまうと微妙ですが、インナーターポリンをつけることで防水機能を持たせ(縫製しているので完全防水ではありません)たっぷり荷物を入れてヘルメットをかぶってもヘルメットの後ろがリュック上部に干渉することはありません。5mm圧のクッションを入れたショルダーベルトは登山用に比べるとなんとなく頼りなく感じますが、逆にゴワゴワしすぎずハンドルを握る腕の動きを妨げません。バッグの形を工夫することでサドルから腰を下ろしたり再びサドルにお尻を乗せる時に荷物がサドルに当たらないですし、登山用のように腰のベルトをなくしたことでサドルにうっかりベルトを引っかける心配もありません。
アトリエでのオーダーのみの商品なので何なりと聞いていただければお答えしますし、サイズももっと細かく指定できますし、軽くしたければインナーを省くことができますし(お値段もほんの少しお安くなります)、まあ、何なりと。





[PR]
# by cosset-cosset | 2017-09-14 04:53