Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2017年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

コワモテさん。

昨日は子どもの幼稚園的なものへの登校日でした。
入学式に向けて、”入学式の練習をする”というのです。結構緊張しながら行ってみると、本当に入学式の練習をしました。”親子で入学”がコンセプトの幼稚園的なものなので、子だけじゃなくてワタシも入学します。親子で入学式の練習です。校長に一礼、来賓に一礼、在校生に一礼。。。
覚えられへん。
一番目じゃなくてよかったと、本当に安堵です。
入学式では、”入学証書授与”がメインになるようですが、入学証書って今まで通った学校であったっけ?と長い人生を振り返るきっかけになりました。(おそらく、保育園小中高大とそんなものをもらった記憶はない)
そして、入学式本番である4月15日は土曜日ですがコゼバッグアトリエは入学式のためお休みです。

帰り道。
赤い自転車でちょっとだけ寄り道をして丸太町を爆走していると、
e0149587_04392920.jpg
ブーンと真っ黒なBMWが ワタシたちの横を通り過ぎ、ちょっと先で止まりました。そして、中から運転手がおりてきたのです。
そして、”ちょっと止まって!”と強面の運転手さんが行く手をトウセンボしました。

一瞬そのBMWが覆面パトカーで我々の自転車に不備があるのか?と思ったけれど、中から出てきた運転手さんが明らかに警察っぽくない容貌だったのでその選択肢は却下。次に頭に浮かんだのは、気づかへんうちにそのBMWになんかやらかしたか。そうだとしたら相当面倒くさい。でも、”ちょっとゴメンちょっとゴメン、止まって!”と両手を振りながら叫んでるので、車道の端に自転車を寄せて止まりました。

なんだったと思います?
”その自転車、どこで売ってるんですか?”って聞かれました。
強面の雰囲気で敬語がすごく苦手そう(と見た目だけで勝手に判断です。ゴメンなさい)だけれど、我々とすれ違って、自転車見てびっくりして慌ててUターンして追いかけてきたことを説明してくれました。
”子どもと乗りたいねん”って強面BMWさんはおっしゃってました。この自転車のキーワードである”空井戸サイクル”を強く推しておきました。
e0149587_04391880.jpg


相当目立つこの赤い自転車。
正直、運転するのがとても難しい。子どもと乗るならロングテールが一番です。
何より重たいし、牽引なので曲がるのは難しいし、バックはあらぬ方向へ進む。安定性は最悪です。駐輪場の確保が難しいし、荷物が乗らない。そして、親子の距離が離れるので会話が弾まない。
でも、後ろに乗る子どもにとってはペダルを回す喜びや、空や景色が広がるのが楽しいらしく、しきりに赤い自転車でお出かけしたがります。
長さが法的にOKかどうかは微妙なのでツレは明るい顔をしませんが、今の所乗ってて何も言われてません。


ロングテールに乗り始めた当初、身近にロングテール乗りは東大横で時々すれ違った外国人だけでした。
一度も会話をしたことはなかったけれど、すれ違うたびに手を振りあったのです。
時を経て、今はロングテールは珍しい自転車じゃなくなりました。(手を振りあう相手もいなくなりました)
次はこの赤い自転車とどこかですれ違いたいなあ、手を振りあいたいなとちょっとだけ欲が出てきました。
後ろに乗る10-8は、本当にいろんな人に手を振ってもらっています。(ワタシは恥ずかしいです)

[PR]
by cosset-cosset | 2017-03-30 05:05

レインジャケット

もう遥か10年ほどの話になるけれど、メッセンジャーを辞めた時、”もうこれで雨の日に自転車乗らなくてよくなる”ととても安堵したものです。雨の日でも自転車に乗って荷物を配達するのがメッセンジャー。雨の日は、すごく嫌だったのです。だから、辞めたときは”もう絶対雨の日には乗らん!”と決め、よほどのことがない限り雨の日は乗らなかったこの10年。

でも、なんだかんだとレインジャケットは要るのです。
犬の散歩、
防寒を兼ねて、
などなど。
最近タンスを整理したのですが、3枚出て着ました。レインジャケット。

ところが。
値段の高い安いに関わらず、ある一定の期間を経ると、レインジャケットの内張は劣化するのですね。
着れば劣化する防水性能。それを補う防水スプレー。
着なくても劣化する内張の防水機能。それはメーカーでも補修できない残念なこと。
3着のうち、2着は処分を免れないほど内張がポロポロポロポロ。。。。

確かに、私は登山をするわけじゃないので5万円もするようなレインジャケットを持っているわけじゃないけれど2〜3万円のレインジャケットでも10年も経てばポロポロと内側が剥がれてくることがわかりました。(高いレインジャケットは知りませんけどね)2万円しないものでも経験的には5年かな。首元と手首あたりの内張が剥離して着ます。粉々の内張は吸うとあんまり体には良くなさそう。

そこで、友人知人にレインジャケットについて聞いてみると、案外”消耗品”扱いであることが判明。
登山など生命の危機に関わるような使用目的ではなく、あくまでも普段使いのレインジャケット。着ても着なくてもだいたい同じ時間が経てば品質は劣化する。ならば、価格を抑えてダメになったらあっさり買い換えるほうがいいようです。


この春から幼稚園的なものに通学する我々。
この間雨の中登校する日がありました。
一個向こうのバス停から乗り換えなしで30分で到着します。
でも、傘をさした子どもの足でバス停まで15分。雨のため30分のうち10分くらいは満員バス。正直、精神衛生上良くない。雨でも、土砂降りじゃなければレインジャケットを着て自転車で行ったほうが時間も早く心も軽いと気づきました。
10年頑なに”雨の日は乗らない”と決めてたけれど、ここは折れよう。(と言いつつ、子どもの意見を優先しますが。子どもがバスで行きたいと言えばバス通学します。多分)
で、レインジャケットはどうしよう。

e0149587_04434591.jpg
もしあなたが身長が160cm以下であれば、このレインジャケットがおすすめです。
ズボン付き。収納バッグ付き。モンベルのキッズ用160サイズのレインジャケット。1万円でお釣りがきます。

自転車を買うとき、”160cm”という身長はとても目安になる気がします。
160cmあると、割と見た目がシュッとしたいい雰囲気で乗れる自転車が手に入る。でも、それ以下になると選択肢が減って同じバイクでもカタログとは雰囲気が違ってきます。ワタシは最近”あと5cm身長が高かったら”と悔しい思いをしたのですが、レインジャケットに関していえば、150cm台でよかった。
とりあえず、3年持てばOKのレインジャケット。
ただ、キッズ用なので目立つ色しかないのです。


[PR]
by cosset-cosset | 2017-03-27 05:06

OKKへ。

多分京都に暮らすヒトならば、一度は聞いたことがあるであろう大宮交通公園。
でも、中に入ったことのあるヒトはどのくらいでしょう。
昨日初めて10-8と行ってみました。

入場無料。
e0149587_04341262.jpg
小学2年まで乗れる3輪車がなかなかな感じで、三歳が漕ぐにはハンドルが重たすぎコントロールが難しく、大きめの小学2年が乗るには車体が小さすぎる、という代物。

けれど、何と言っても目玉はゴーカート。
e0149587_04343041.jpg
大人と子ども二人乗り用は250円。マリオカートのようなチープなゴーカート。爆音をあげながら公園内のコースをグルグル。ブレーキを離すだけで結構なスピードが出るので、チキンな私はアクセルを踏むことが一回もなかった。。。正直、怖かったけれど隣の10-8は楽しかったと言ってたのでそれでよし。

e0149587_04344571.jpg
事前情報なく大宮交通公園に行って見てわかったのは、基本ゴーカートのコースがメインなので、コースの中に点在する小さなエリアを交通ルール(信号とか横断歩道とか)を守りながら移動して遊ぶらしい。
e0149587_04350473.jpg
なんか勘違いしてたから持ってったキックバイクの出番は一度もあらず。

平日だったからかそんなに混んでおらず、まあ、楽しかったな。
春休みはきっと激混みでしょうけれど、ゴーカートデビューにはもってこいです。



[PR]
by cosset-cosset | 2017-03-24 04:45

cycle letters

あっという間の三連休でした。
19日日曜日に行われたcycle letters,おかげさまで盛況だったようです。
我々は開始から三時間ほどしか会場にいませんでしたが、その間にもバッグは次々お買い上げいただき、
e0149587_04285409.jpg
写真を撮ってへんやん、て気付いた時には少し寂しいブースとなってました。
会が終わってみると、完売とはいかなかったけれど時々こういうセールをするといいのかも、なんて自分でお商売を始めてもうすぐ10年というのに、今更そんなことに気付いたcycle lettersでした。
cycleの皆さん、ありがとうございました。

e0149587_04290928.jpg
いつもコゼバッグは会場だったOVEさんに置いてあります。
数は限られていますが、実際手にとってご覧頂けます。
OVEは南青山店もこちらの中之島店もラグジュアリ感漂う雰囲気です。ソファの座り心地も良く南からの明るい光が差し込み、穏やかな時間の流れる素敵な場所です。


e0149587_04292003.jpg

OVEのある中之島フェスティバルゲートから駅までの遊歩道。温かな日曜日。10-8はずっと半袖でした。
その後心斎橋に移動し、外国のパレードかと思うほどの人混みに揉まれ所用を済ませ、電車に揺られ、京都に帰りました。

帰りの阪急電車では疲れがどっと出て来たのですが、向かい側に座ったリクルートスーツの可愛らしい女の子も相当疲れた雰囲気が。イヤホンを耳に渋い顔をしてましたがスマートフォンがブルっとなりそれをみた途端、ものすごく可愛い笑顔になったのがものすごく印象的でした。電車でのスマートフォン、悪くないやんか。
ワタシは乗り物酔いが激しいので車内でのスマホは無理でした。ぼんやりと車窓を眺め空っぽの心をすっきりと。










[PR]
by cosset-cosset | 2017-03-21 04:42

明日は。

明日はいよいよcycle lettersですね。
コゼバッグは、販売用のバッグを会場であるOVEさんへ送り、明日我々が会場に行くだけです。

コゼバッグの全部のラインナップが揃うわけではありません。
比較的日常使いしやすい大きさ、色、形のバッグです。
アトリエに置いてあったサンプルなので、通常取扱店に置いてあるバッグにはないカスタムが施してあったりします。
なので、”コゼバッグちょっと気になってたけれど、手に取る機会がなくて、、、”なんて方はこの機会をぜひご利用ください。
そして、ワタシはオープンの10時から13時頃まで会場にいます。
もし今後のオーダーバッグのご相談や、どんなヤツか見てみたい、という方はぜひお昼過ぎまでに。
そうでなくても、通常の2~4割引でバッグが並びます。
お手頃にトライするにはもってこいのチャンスと思います。

ああ、久しぶりの大阪遠征。
使いこなせてないiPhoneよりもやっぱり手書きの地図を握りしめて出かけるような気がします。


話は変わって。
ワタシには”犬友”がいるのですが、その存在に気づきだしたのは、実は最近です。
チャロが逃げてった時、全然知らないおばちゃんが”お宅のワンチャン、今〇〇におるよ〜”と言いに来てくれました。その頃から、あれ?って思うようになったのですが、気づくと、北の犬友、西の犬友、東の犬友、南の犬友、がいます。犬友の皆さんの連れてるワンチャンたちはみんな高齢化で何かしらの病気や老いを抱え、最近はそんな話題を立ち話します。
犬友の皆さんも大概なお年頃だったりしますけど。
で、犬友の皆さんは、犬の名前はすごくバッチリ覚えられるみたいです。うちなんて、”チャロ”だから。(逆にワタシは犬の名前は覚えられないので敢えて聞くことはしません)
先日、東の犬友さんに”あんた、チャロちゃんとすごく目が似てるね。やっぱりよーく似ているね”と言われてしまいました。
なんだかなあ。言い返すわけにはいかないけれど、その犬友さんは愛犬シーズーのなんとかちゃんにものすごく似ている。逆かな、シーズーがおばちゃんに似てるのかな。まあいいや。愛犬と飼い主はすごく似てくるらしい。

では大阪近郊の皆さん、明日はcycle lettersで会いましょう!



[PR]
by cosset-cosset | 2017-03-18 04:41

帆布の立場。

コゼバッグにおける帆布の立場、というのは、すごくすごーく危うくなってきています。
なくなるものではないけれど、どんどんコーデュラに座を奪われて、で、状況をブログで説明することができないようなことがこの間起こってしまって、”コゼバッグ的帆布危うし” みたいな感じになっています。

でも、先日納めたバッグは、ふと原点に立ち返るような内容でした。
e0149587_04412035.jpg
”帆布で、同じのが欲しい”
そう言われると、グッと来るものがあります。
メッセンジャーバッグは、もう今は8割くらいはコーデュラでオーダーを受けるようになりました。いや、8割どころじゃないな。もっとです。だって、やっぱり素材のことをアレコレ説明すると”せっかくオーダーで作るんだから”と長持ちするようほとんどの方がコーデュラを選ぶ。多分ワタシも実際オーダーする立場になったらコーデュラを選ぶはず。(トート型メッセンジャーになると、コーデュラと帆布を選ばれるお客さんのの割合は帆布に軍配があがるくらいになります)
でも、それが10割にならないのは、やっぱり帆布には帆布でしか出せない味があるから。
帆布で作ったメッセンジャーバッグはあんまり他で見つからないから、と。

さらに言うと、このお客さんの使ってくれていたバッグは、5〜6年くらい前に取引が一瞬だけあった関東の鉄道会社が運営する緑の手のひらがトレードマークのなんでも揃う大型量販品店で買ってくれたもの。
そんなところと取引があったことすら私の記憶からすっ飛んでました。
大型量販品店で一目惚れして、買って使い続けて、で、やっぱりおんなじのがいいって、ブランド名入ってないバッグ(コゼバッグはネコが自転車に乗るマークしかつけてないですから)のタグをヒントに探してアトリエまで来てくれるなんて、泣けてきます。


コゼバッグの帆布は関わるヒトの高齢化でこれからのことを考えると心臓がギュン!てなるくらい先が明るくないのですが、またこのお客さんが数年後に”もう一度おんなじの”って言ってもらっても”もちろん喜んで!”と応えられるよう、素材を確保して作り続けなあかんなあ、と思うのです。


今週末19日は大阪中之島OVEにて行われるcycle letters に出店します。
サンプルセールです。
20%から40%オフでほんの少しだけバッグが並びます。
リリースから一年経つ次の秋にはちょっとだけ値上げを検討しているあのポーチも5個、店頭に並びます。
コゼバッグは10時の始まりからお昼頃まで会場にいる予定です。
バッグはcycle letters開催時間内はお買い求めいただけますが、何しろ全部一点ずつのセールなので、気になる方はお早めに。
イベントは、なんだか楽しそうなワークショップが盛りだくさんですね。






[PR]
by cosset-cosset | 2017-03-15 05:04

花粉休暇中につき。

最近は、なかなか一筋縄ではいかないオーダーバッグが増えて来て、それ自体はものすごく嬉しいけれど、実際作ってる時間より考えてる時間がはるかに長いことが多い。
でも、天から何かが降って来た暁には、いいものができる。

土曜日。台所の向こうの外に干していた牛乳パックを回収し仕事場へ運んでいるのを10-8に目撃され、”それ、牛乳パック?ねえ、牛乳パック?”連呼。”ねえ、牛乳パックお仕事で使うの?ねえ、使うの?”
e0149587_04274146.jpg
なかなかしんどい質問が続くけれど、私の頭には何かが降臨して来たので、牛乳パックを開き(でも、開いた瞬間、予想していた展開図とちょっと違ってしまった、という。。。)布に書いたり切ったり。
カンのいい方なら何を作ってるかわかるでしょう。あんまり自転車に詳しくない方ならナンノコッチャわからないかもしれないですが、牛乳パックを使った型紙はとてもいい仕事をしてくれました。
ワタシの記憶が確かならばコゼバッグの牛乳パック系ホルダー、2個目です。

もうちょっと難しいのが今月はあといくつか抱えてて、常に頭の中はそれらを使った妄想ライドでいっぱいです。(といってもオーダー品なので使うのはお客様ですが)
今、ワタシは花粉休暇という名の”休みの日でもお山にいかない期間”なので、妄想ライドで十分です。
やっと治まってきましたが、マスクはしてるので大丈夫ですが、メガネの隙間から入る花粉で肌が痒くて仕方がなかった。花粉によって肌が荒れるのは辛い。もちろん、鼻も喉も目もやられるので完全防備必須ですが、フルフェイスのマスクが欲しい。

昨日は祖母と子どもサービスデー。
水族館で、山ほどある可愛い系のぬいぐるみが積まれたから
e0149587_04264757.jpg
”カチッとちゃんや!”と大きなザリガニのぬいぐるみを祖母にねだった10-8は案外信用できると改めて思いました。





[PR]
by cosset-cosset | 2017-03-13 04:41

サンプルセール

見えない花粉が飛びまくり、いよいよ春も始まりました。
コゼバッグ、サンプルセールを行います。
東京の展示受注会では置いてあるサンプルをポツリポツリとセール価格で販売したりしてますが、関西では初めての試みです。
通常ほとんどオーダーのバッグですが、アトリエにたくさんあるサンプルのうち、一部をお手頃なお値段でお買い求めいただけます。

フローペーパー"Cycle"のイベントである"cycle letters”に参加します。
場所は大阪中之島にあるOVE中之島
来週3月19日(日)
時間は10:00~20:00
入場は無料です。

展示会的なものですが、ワタシ、モノが買えない展示会があんまり好きじゃありません。”お、いいやんか!”と思っても、”帰って他所で買ってね”なんて寂しいから。そして、物販するにはコゼバッグ、商品があんまりありません。基本オーダーですし。受注会みたいにするには準備の時間と受けたオーダーのバッグを作る時間の余裕が今の所全然ないので、ならば!とサンプルセールをすることにしました。

セール価格になるバッグは以下のもの。
メッセンジャーバッグSサイズ×1
メッセンジャーバッグSとMの間のサイズ×1
トート型メッセンジャーSサイズ×1
トート型メッセンジャーSとMの間のサイズ×1
トート型メッセンジャーMサイズ×1
パニアが1〜2個(サイズはまだこれから考えます)

昨年の東京展示受注会で瞬間的に売れたあのポーチも数個のみですが、通常価格で販売します。
オーダーバッグにはオーダーの良さもありますが、吊るしには吊るしの商品の良さがあります。
京都まで行くのはちょっと、、、という方、
アトリエの予約は敷居が高い、、、という方、
お手頃にコゼバッグを使ってみたい、、、という方、
それよりも、一度コゼバッグの商品を見てみたい、、、という方、
ぜひこの機会をお見逃しなく!


あと、cycleのワークショップイベントとして、描いてみよう!サコッシュ!が行われます。
こちらもぜひ。


せっかくの展示会ですし(コゼバッグはセールですが)もっと気前よくいろんなものを出せればいいのですが、いかんせん、結構今バックオーダーが溜まっていて、気前よく出しすぎるとアトリエが空っぽになってしまいますので、上記のバッグでご勘弁を。(本当は子ども用バックパックとか出したかったです)

e0149587_05061084.jpg
売り切れ御免のコゼバッグサンプルセール。
3月19日cycle lettersと手帳にチェックです。

[PR]
by cosset-cosset | 2017-03-09 05:28

赤い自転車

”赤い自転車をもらった”と近所に嘯く3歳。
正確には”赤い自転車”ではない。自転できない。
正確には”もらった”ではなく”借りた”である。

ツレが、”アメリカにはシートポストにくっつけて牽引できるのがある。こういうのが欲しいなあ”というのを空井戸サイクルの大将にぽろっとこぼしてみたところ、”あるで”の一言。使ってないし、持ってってええと。
もらうのはきっと将来的に困るので、3年限定で借りることにしました。(使わなくなったら置き場に困ることは確実なので)

走ってて、後ろを振り返ると、
e0149587_04310856.jpg
お子様は、ラグジュアリーシートに座り、シートベルトでがっちり固定。ペダルにシューズもがっちり固定。
ペダルを漕ぐのが抜群に楽しいらしく、”ああ、赤い自転車乗りたいなあ”と言われ、二日に一回はこれでお出かけです。ただ、駐輪スペースにかなり問題があるので、買い物は無理。行く場所は選びます。”自転車に乗りに行く”が目的の自転車。まさか子どもとそんな日が来るなんて。

e0149587_04320606.jpg
とはいえ、ワタシが今この赤い自転車をつけられるのはゴリゴリのマウンテンバイクしかないので、かなり悶絶します。重い。後ろの子どもがペダルを漕いでくれるとちょっとは楽ですが、寝てしまった暁には、ただの重りを引きずってるよう。
そして、何より長いのが問題です。”牽引”なので、曲がるのは内輪差などを考慮しないとぶつかって子どもが泣きます。バックは何より難しい。後ろの行きたい方向へ絶対に進まない。これを作ったアメリカ人は、日本のこの極小路地、極小住宅など絶対に念頭になかったに違いない。でも、まあ、家の前の植木を整理したおかげで隣家の前へはみ出しはするものの、家の前に駐輪できるようにはなったので、保有することに問題はない。路地を出るときはあらかじめ前方向へ進むだけの状態にすれば大丈夫でしょう。

e0149587_04325969.jpg
というわけで、我が家の赤い自転車は絶好調です。
いろんな人が10-8に手を振ってくれます。
でも、正直運転する方はロングテールの方が数百倍楽だったり。。。

子どもが”楽しい””乗りたい”と言ってくれるうちが花ですからね。



[PR]
by cosset-cosset | 2017-03-06 04:48

こんなのも喜んで。

猛烈に働くお母さん、それもロングテール乗りからのご依頼でした。
さて、これは何を入れる袋でしょう?
(ワタシの生活には全く必要ないものですが、ああ!なるほどね!と唸るものでした)
e0149587_04353356.jpg
依頼主のお母さんからは、”たすき掛けできること”と”防水であること”が必須条件。
e0149587_04354409.jpg
さて、なんでしょう。
こういう依頼があることにびっくりしたのですが、
e0149587_04355580.jpg
正解は保育園のお布団入れ。
お子さんの通う保育園は月曜日にふかふかのお布団を持って行って、金曜日に持ち帰るシステムなんだそうな。
で、雨でもロングテールで送り迎え。だから防水がいい。
そして、市販のものは全部ショルダーバッグみたいに肩掛けで、たすき掛け仕様になってない。
たすき掛けしないと運転が危ない、とのこと。
確かに。

なるほど、考えもしなかった。
そして、もういっちょ。
e0149587_04361844.jpg
そのお客さんの好きそうなカラーで作った大きななんの工夫もないトートバッグ。
e0149587_04360655.jpg
園に持って行ったり持ち帰ったりする大量の細々したものを”ポイポイポイ!!”っと放り込めるロングテールのバッグにぴったりサイズの大型トート。
確かに、こういうのあるとすごい便利。


働くお母さんは、すごく忙しそうな感じがします。
一応、ワタシも働くお母さんだけれど、お勤めするのと自分で仕事を管理できるのでは雲泥の差があります。こういうアイテムを作ることで時間に追われる働くお母さんの手助けになると嬉しいかぎり。
”こういうの、あると嬉しいけれど売ってない!”なら”作ってしまえ!”です。
コゼバッグの通常ラインナップにないものは、実際の材料費と工賃だけなので思いの外安かったりします。(その代わり、なんの工夫も見栄えのパッとさもなかったりしますが、、、)

それにしても、本当に働くお母さんは忙しそう。
ワタシは、子どもの通う幼稚園的なものに改めて春からの新生活に備え必要なもの、記名の必要なものを聞いたのですが、”何にもいりません。用意しなくて大丈夫です”と言われました。
気づけば3月です。お友達からの”入園グッズ作って”が増える季節です。



[PR]
by cosset-cosset | 2017-03-02 04:52