Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2016年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

トラになりたい。

ハロウィンで浮かれる街とは関係なく、10-8が自発的に”トラになりたい”と言い出し、以前買っておいたトラ柄の生地を引っ張り出して適当に縫うこと1時間。
e0149587_05384181.jpg
トラの衣装の完成。
e0149587_05385407.jpg
ズボンは簡単だったけれど、上着は難しかった。
トラって、縦縞か横縞かすごく判断が難しい。トラが人間みたいに立ったら横縞。四つ足ついて歩いたら縦縞。10-8は縦縞をチョイス。

10-8、まだ親が”何でも”作れると錯覚している。
そして、壊れたら”何でも”手術で直せると錯覚している。
おおらかで楽観的な性格が親バカながらとても素敵だと思っている。

e0149587_05382785.jpg
そんな10-8も先日3歳の誕生日を迎えました。
親になって3年が経ちました。
1歳の誕生日から熱を出すことも体調を崩すこともなく2年が経過。おそるべし健康優良児。未だに半袖半ズボン裸足の余裕っぷりが羨ましい。
小さなヤワヤワがしっかりした子どもになって、これからどんどん自分の世界を広げていくのをちゃんと見届けたいし、その広がりを全力で応援したい。

親4年目も一番近くで見守りたいと思います。

[PR]
by cosset-cosset | 2016-10-31 06:01

ご褒美ライド。

行ってみたいなあ、と思っていた峠。(と言うにはちょっと語弊があって、大学生の頃登った覚えはあるものの、その内容は全く記憶にない。斜度がきつすぎてビビって帰って来たような気もするし、思い切って前進したような気もするし、、、)
展示受注会というコゼバッグの年に一度のビッグイベントがあった10月はなかなかバタバタ忙しく、サンデーライダーもおやすみしがち。なところ、平日に一日走れるチャンスが巡って来ました。
随分前から約束し、東京行ってる時も”帰ったらご褒美ライド”と心の片隅にご褒美をチラチラ。

e0149587_04305621.jpg
行ってみたかった峠は、なかなかのいい斜度でした。
e0149587_04311290.jpg
カーブで無理やり”クッ”と登る感じ、絶対インでは踏み切れない斜度。
e0149587_04313131.jpg
でも、登り切ってみると峠には名前がありませんでした。
初めて行く(先にも言ったようにちょっと違うけれど)峠はどのくらいの斜度がどのくらい続くのか不明瞭でドキドキします。私は同行者S氏がいてくれたおかげで不安もなく、グーグル先生に事前に頼るようなこともなく、楽しい登坂だったのでした。
だらだらと続くわけでもなく、グッとギュッと登る感じのこの峠、ワタシは好きです。


そして、峠の向こうでは、
e0149587_04314607.jpg
千切れんばかりに尻尾を振って出迎えてくれた子犬たち!
e0149587_04320495.jpg
パッと後ろをみたらS氏も子犬に絡まれ、
e0149587_04330037.jpg
ライドにもついて来ました。

チャロがおらんかったらこの子犬、もらってるな。(っていうか、チャロに似てますよね。チャロが生まれた(と聞いている)場所に似てる飼育環境だったのでこの手の雑種はこういう環境の中から生まれるのかな、なんて思ったり。)


市内とはいえ、随分標高も高い場所は
e0149587_04324419.jpg
空気もパリッと冷えて紅葉も少しずつ進んでいます。
e0149587_04322740.jpg
あー楽しかった。
メーターつけて走ってないので遠くへ行ったような気がしつつも実は全然大したことないパターンの30kmほどかと思ってましたが、S氏のGPSによるとその倍ほど走った様子。人の感覚って、全くアテになりませんね。そして、走った距離を聞いた途端に急に疲れが出て眠くなりました。
あー楽しかった。



[PR]
by cosset-cosset | 2016-10-27 04:55

help.

平穏な日々が戻ってきました。(と言いたいけれど、実は割とバタバタした日々です)
東京に出稼ぎに行く時は一週間ほどかけて冷蔵庫の中身を整理して行くので、空っぽの中身を補充すべくスーパーへ行くも、野菜の衝撃的な高騰っぷりに腰を抜かしモヤシしか買えずに帰ってきたチキンな私。
ちょうど、10-8が”お山のプールへ行きたい”と言い出したので、二つ用事を一気に済まそうと考えたのです。

西の無人販売巡りと、お山のプール。
一人ならなんてことない道のりも、ちょっと欲張りすぎました。
路地のおばちゃんたちと合わせて3世帯分の野菜を平等に買うと、芋系なんて絶望的な重さに。(サツマイモなんて、大きなのが3つ入って300円。腐るもんじゃないし、と1世帯1袋にすると3世帯分なので結果9個のサツマイモを運搬することになる、なんて実際自転車に積んでみてからその重さに絶望するのです。リュックだったら絶対に買わないけれど、ロングテールだし、なんて軽く思った自分が残念になります。)
基本100円の野菜を3世帯分。1世帯1000円ほどを目安に買います。
10-8が14kg。
それを積んで、”一条通山越”からのプールまでの小さな峠(劇坂)がやばかった。
ギュッと詰まったヤバ目の斜度と短い距離の峠道。一人なら大好きな雰囲気の峠ですが、いかんせん、後ろに積載した重量が地球の引力にグイグイと引っ張られ、インナーローでも”もう乗れない!”と思って降車して押して歩いてももっともっと引力にグイグイと引っ張られ、尋常じゃない汗。
そして、ヒルトップにあるプールの門を潜っても続く山頂へと誘うスロープ。
言葉通りの”お山のプール”。
e0149587_05411333.jpg


おかげで、東京で食べまくって増えた体重がストンと落ちました。
いや〜、あの斜度、やばかったな。後ろに乗っけてる重さがヤバさに拍車をかけてた。
いつも”お山のプール”へ行く時は峠の反対側から登ってくるので、それはあんまり大したことないけれど、今回登った方向はやばかった。
滅多にいかない峠道は記憶からいろんなものが美化されてるので、久しぶりに行くと新鮮さが味わえます。


”お山のプール、また行きたいな”と帰ってきて早々言っている10-8。
野菜の買い出しと合わせるかどうか、すごく微妙なところ。
どうか、野菜のこの高騰っぷり、早く庶民の値段に戻ってください。





[PR]
by cosset-cosset | 2016-10-24 05:25

遠征記。

10月 14日(金)
毎年前日入りするか当日入りするか迷うけれど、今年は訳あって当日入り。
ついた東京駅は”毎日祇園祭”みたいな人混みで都会の洗礼を受けつつも、谷中の変わらぬ空気に安堵する。
e0149587_04283728.jpg
e0149587_04284763.jpg

e0149587_04290312.jpg
10月15日(土)
遠征先だからと言って寝坊できる優しい体質ではないワタシ。というよりむしろ寝床が変わって早く起きすぎる。(夜は疲れすぎとアルコールで8時半には目をつぶってるけれど)
早朝の築地へ繰り出す。千駄木駅から195円で行ける異世界が嬉しい。(東京の地下鉄はニッカボッカの人たちも乗ってて、いつも不思議な気持ちになります)
去年食べたかったけれどお腹に入る隙のなかったラーメンから始める朝ごはん。
築地も京都の新京極あたりと同じく外国人だらけで、早々に退散。
有楽町までぶらぶら歩く。
e0149587_04292979.jpg
e0149587_04294415.jpg
e0149587_04300269.jpg
10月16日(日)
前夜の忘年会(!!)の影響で寝坊した!と思って起きてみるもまだ5時半。早朝の都会へ散歩に繰り出す。
日比谷から皇居、東京駅を経て大手町まで。
都会の休日の地下街は人気がない分、とてつもなく深く長く続いているように思える。
地下飲食店の看板やポップがいちいち美味しそうに描かれていて、”都会っぽさ”を感じる。

e0149587_04314212.jpg
e0149587_04315745.jpg
e0149587_04321050.jpg
10月17日(月)
日曜日に受注展示会は終わり、月曜日はお子様サービスデー。
帰る準備をしてしながわ水族館へ。
京都水族館以外の水族館は初めての我々。
非常に楽しかった。雨なので、遠足の子供たちで溢れかえる水族館。
最後は品川駅構内の立ち食いお寿司をちょっとしばいて帰京。

e0149587_04342620.jpg
e0149587_04324603.jpg
e0149587_04331929.jpg
e0149587_04333522.jpg
e0149587_04335181.jpg
e0149587_04341599.jpg
帰ってきて早々、10-8は”また行きたいね”と言っているけれど、一年に一回で精一杯のワタシ。
また来年。

[PR]
by cosset-cosset | 2016-10-20 05:01
東京谷中での受注展示会、おかげさまで無事に終わりました。
e0149587_04472751.jpg
e0149587_04465534.jpg
e0149587_04475816.jpg
来てくださった方、気にかけてくださった方、REW10も会場貸してくれた古美術上田の店主もどうもありがとうございました。
ポーチが思いの外好評で1日目にあっという間に売れていき、2日目始まる時には8個しか残っておらず、それもお昼頃には売れてしまいました。2日目の午後以降ポーチ目当てで来てくださった方には申し訳ないことをしました。
コゼバッグとしては、”こういうサイズが欲しかった”という声をたくさん聞くことができて、初めてマーケティング的な事をした(といっても最初は自分が欲しかったから作っただけですが、、、)意味のある事だったと思います。小物は苦手なコゼバッグですが、今後も期待していただければと思います。
子ども向けの”サコッシュに描いてみよう!”も、昨年も今年も来てくれて描いてくれた子は、一年で圧倒的な成長を見せてくれ驚きでした。すごく興味深くて面白い。なので、来年はもう少しキャンバス(サコッシュ自体)を大きくしてスタンバイしようと思います。

e0149587_04484757.jpg
普段は日が暮れた後に外を出歩くことが稀なワタシですが、東京は京都に比べ夕暮れも早く、展示会が終わって外に出ると真っ暗。ぽっかりと浮かぶ月がとうとう昨夜はまん丸に。
三日間、とにかく晴れてよかった。
ワタシ、ずっと半袖でした。だいぶ世間から浮いてたけれど。お客さんからも”寒くない?”って何度も聞かれたけれど。

ええ、無事に終わりました報告です。
ありがとうございました。









[PR]
by cosset-cosset | 2016-10-17 05:10

星いくつ。


①重要度星一つ。
我が家、ザリガニを飼ってます。6月くらいに採りにに行ってから、立派なのが一匹イタチに取られたのと一匹小さいのが脱皮に失敗し死んでしまった以外4匹は健在です。
ただ飼うだけじゃつまらないので繁殖を試みて、2匹ずつのつがい(でも雌雄の区別がつきにくいので、何となく)で飼育することにして二ヶ月。
とうとう、メスが抱卵。
無茶苦茶嬉しい。(最近嬉しかったことのベスト3に入るくらい嬉しい)
赤いハサミはオスのもの。左っ側に卵を抱えたメスのお腹が見えてます。
ああ、東京遠征行ってる間に卵が孵っちゃって、子ザリガニが親の餌食になったらどうしよう、、、
不安はつきないものですが、今後がすごく楽しみなのです。

e0149587_04485140.jpg
②重要度星5つ。
出たばかりのサイクル。
今号は何と”自転車と鳥見”が特集。
e0149587_04482650.jpg
もちろん、ワタシも書かせていただきました。
オタクすぎていろんな箇所をはしょり、コンパクトにまとまっています。
ワタシが写ってる写真を見て10-8が”チエおる”と一言。
最近子どもに呼び捨てにされて悲しい母です。

e0149587_04483853.jpg
フリーペーパーなので、自転車に関係するところや関西一円いろんなところで手に入りますので、ぜひお手にとって見てください。
そして、自転車に乗りながら、ちょっとでも空を見上げたりして”鳥”を意識してください。
ワタシは最近は秋の収穫祭に勤しむ鳥たちの行動が気になって仕方がありません。
そろそろ冬鳥も渡ってくる頃ですし。


③重要度星10個
明日14日からコゼバッグは東京にて展示受注会を開催します。
14日(金)11:00~18:00
15日(土)10:00~18:00
16日(日)10:00~17:00
古美術上田 東京谷中店
東京都文京区千駄木3ー41ー12
ご予約は不要なのでぜひお気軽にお越しください。
子連れの方に昨年好評だった”描いてみよう、サコッシュ!”もちょっとだけ持っていきます。
今年新しくでたポーチはおかげさまで割と好評です。すでに作ったうちの4分の1ほど行き先が決まってしまいました。
購入希望の方は早めにお越しいただいた方がいいかもしれません。
天気予報を見る限り明日から3日間は晴れの予報ですし、谷中へブラッとお越しください。
もちろん、②のサイクルも用意しています。
ではでは、関東の皆さま よろしくです。



[PR]
by cosset-cosset | 2016-10-13 05:18

秋の深まり。

急に秋が深くなりました。
行く先にあんなにあった栗がもうほとんどなくなってしまいました。
e0149587_04532546.jpg
二日前から10-8が”モチコシ行きたい”というので、一緒にモチコシへ。
e0149587_04540669.jpg
実際”モチコシ”へ到着してみると、食べ物とか食べ物屋さんじゃなかった事がちょっとがっかりだったようで、後ろに10-8を乗っけて峠をエッサホイサと登ったツレもちょっと悲しそうでした。
きっと大人の会話に頻繁に出てくる”モチコシ”が”モチ(餅)”に関わるものと勘違いしてたみたいで、”漢字が解らないって難しいよね”って思った下り道。

e0149587_04542287.jpg
秋も深まり、ワタシはもう半袖半ズボンじゃ厳しくなって来ました。
週末の東京遠征、何を着て行ったらいいのやら。


コゼバッグの年に一度の東京展示受注会
10月14日(金)11:00~18:00
10月15日(土)10:00~18:00
10月16日(日)10:00~17:00
古美術上田 東京谷中店
東京都文京区千駄木3-41-12
ご予約不要、お気軽にお越しください。

先日お知らせしたポーチが思ったよりいい反響をいただきまして、数は結構作ったつもりですが、もしかすると早い段階で売り切れる、または選べるものが減ってしまう可能性があります。もしポーチが欲しい!という方はお早めにご来場ください。
尚、オーダーしていただいたバッグはオーダー確定順に製作を始めます。早い方で一ヶ月ほどでお手元にお届けできると思います。(逆にゆっくりでいいとおっしゃっていただけると桜の咲く頃です)早く欲しいぜ!という方も、ぜひお早めにご来場ください。
とお知らせすると日曜日がぽっかり空いてしまうのですが、日曜日は比較的落ち着いて、自分のペースで選んだりご相談していただけるので、時間的制約がない方は日曜日がオススメです。(昨年と一昨年を参考に)





[PR]
by cosset-cosset | 2016-10-11 05:11

ラディカル。

ワタシがロングテールバイクを手に入れてから8年が過ぎようとしています。

”ラディカルとラディッシュをかけてる意味、わかるかしら?”

この質問をエクストラサイクル代理店MXのO社長から耳にタコができるほど聞いたけれど、結局未だによくわかってない。
(ラデュッシュとは、エクストラサイクルが日本に入って来たときにエクストラサイクル社の”完成車”として売り出された自転車の名前で、ラディカルは有名なエクストラサイクルの象徴とも言えるあの後ろの部分の名前(フリーラディカルキットのラディカル)です。)
わからんことはないけれど、上手に言葉で表すことはできない。8年経った今でも。(そして、O社長ごめんなさい)


なんかいま、エクストラサイクルがクールになって来ているようですが、わたしが8年も乗ってる愛車はマイナーチェンジを繰り返しています。壊れる気配なし。

e0149587_04505307.jpg
まあ、バッグはエクストラサイクル純正品があまりにもボロボロになったので、何の工夫もなく作ったコゼバッグ製。
10-8が握ってるハンドルは我が家御用達のS氏のお手製。
10-8が足を置いている鎧は北海道のヒゲおじさんお手製。

そして、
e0149587_04511973.jpg
何気にキックバックもバージョンアップ。S氏が手を加えてくれました。
実は10-8が重くなってプラスティックの先っぽがすぐになくなるようになりました。
そこで、S氏に相談し、パイプを鉄製に、そしてカチャンと前輪をはめる式の駐輪場で駐輪してもキックバックがブラブラしないように高さを出すために先っぽにゴム製のモノをはめてもらいました。
パイプが鉄になって重たくなったことでキックバックのバックが難しくなったので隠れているバネを二倍に増強。
これで減りを気にすることもなくなりました。

あ、そのほかにも、Kライドサイクルマスターに”ここに穴を開けてくれ”とか無茶苦茶なこと言ってバッグの枠組みを簡単にはずれんようにしてありますが、雑すぎる仕業で恥ずかしいためお見せしません。



時々街でピカピカのロングテールとすれ違うと泣きたいような気持ちになるくらいヤレ感たっぷりのロングテールですが、本来エクストラサイクル社から出てるフリーラディカルキットって、ヒッピー上がりな雰囲気をプンプン醸し出し、値段も抑え気味で、こういう”みんなでカスタマイズ”ができるような余白というか、機能を単純化することでどこでも誰でも何とかできる、みたいなのが売りだったような気がするんですが、次にでる新しいモデルって、ちょっと値段も高めなハイソサエティなイメージがあるような気がします。


それでも、ロングテールバイクのいいところは、機能面だけじゃなくて全然知らないロングテールの人でも道ですれ違ったら”とりあえず会釈しとくか”みたいになるところもすごくいい。





[PR]
by cosset-cosset | 2016-10-10 05:17

ポーチの話。2

作ったポーチを並べてみました。
なんか、めっちゃ作ったのに並べてみると案外たいしたことないっていう残念な感じです。
それに、もっと色合いが可愛くなるように作ったのに、口をくるくるって丸めてこうやっておいてしまうといいところがぜんぜん映らないっていうもっと残念な感じです。
e0149587_04362938.jpg


表面の佇まい。

e0149587_04364367.jpg



裏側には、一個ポケットがあります。
ワタシは、水族館の”プー”とファミレスでもらうウェットティッシュが入ってます。
e0149587_04372399.jpg




中身は、左上から、iPodに財布、携帯電話に女の嗜み、ティッシュと手ぬぐいです。
身の回り最低限セット。
e0149587_04374734.jpg



自分のこの容量に合わせて作ったので、もちろんぴったりです。
e0149587_04380995.jpg



これに、時々10-8が脱ぎ捨てる帽子とメガネも入っちゃいます。

e0149587_04383345.jpg


バックパックを使っているとどうしても細かなものの出し入れが面倒になりますが、このポーチを併用すればその辺は問題なし。トート型を使うときもこれを入れておけば身の回りの大事なものを忘れることはなし。
最近は子どものモノを持つことも減ってきて、近場ならこれ一個で十分出かけられるようになり嬉しい限りです。
ワタシは財布が小さいので身の回りのモノが十分入りますが、二つ折りの財布なら入るでしょう。でも、長財布は残念ながらはいりません。(ポーチ欲しいのに財布が入らないなんて!と嘆く前に”サイズをオーダーする”という手がありますよ。それがコゼバッグのいいところ。)

背負った感じはポーチの話。を見てみてください。
まだ、ショルダーベルト(25mm幅の厚めのテープを使います。長さは子供でも大柄な大人でも使えるようアジャスター機能はもちろん搭載です)を作っていないというスカタンプリですが、次の受注展示会までにはもちろん用意します。
肝心のお値段ですが、3800円+税です。


コゼバッグの秋の展示受注会は来週です。
10月14日(金)11:00〜18:00
10月15日(土)10:00~18:00
10月16日(日)10:00~17:00
古美術上田東京谷中店
東京都文京区千駄木3-41-12
ご予約は要りません。お気軽にお越しください。




[PR]
by cosset-cosset | 2016-10-05 04:58

お駄賃稼ぎ。

激しい雨が降った早朝。
記録的日照不足による野菜の高騰。
この二つが揃うと、ワタシの足は西へ向かいます。
e0149587_10461969.jpg
気合を入れて畦道を走り、
e0149587_10450894.jpg
第一チェックポイント。
e0149587_10452557.jpg
第二チェックポイント。
e0149587_10454050.jpg
第三チェックポイント。
e0149587_10463827.jpg
第4チェックポイントにて買いすぎた野菜を一度リュックから全部出し、パッキングしなおす。

路地のおばちゃんたちから”今度行ったらウチの分もこうてきて”と頼まれてたから、沢山買いすぎた。
背負えへんかと思うほど買ってしまったけれど、美味しい野菜は嬉しい重み。
スーパーの野菜は本当にすごく値上がりしてて、100円という金額はありがたい。
土曜の夜には雨の気配は薄く、明日は峠やなと意気込んでいたのでおばちゃんたちに相談もせず、たっぷり買いすぎた。
路地モン野菜はいつも同じ野菜があるとは限らないので、なかなか買いに行く約束がし難いのが難しいところだけれど、おばちゃんたちはすごく喜んでくれるので、ワタシも走りがいがあるってものです。
帰宅後、トマトオクラ万願寺ゴーヤを一人暮らし用に小分けにして持っていくと、野菜のお金とお駄賃、10-8のオヤツをもらう。
コレって新しいバイトやんか。

e0149587_10465136.jpg
お駄賃握りしめていった星野道夫展。
なんだかすごくお腹の底の方をくすぐられるような展示でした。
最近いろんなことを言葉に表すのが難しいなと思っているけれど、こうやって写真を通して伝えられるってすごく羨ましい。
10月10日まで、京都高島屋で開催しています。


[PR]
by cosset-cosset | 2016-10-03 10:59