Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2016年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

噂話。

この間、3人で出かけた今年の初ロード。
峠の入り口でツレを待っていると、目の前をマウンテンバイクの二人組が通り過ぎて行きました。

A”この間な、さっき抜いてきた親子連れを山の中で見たんや”
B”あの自転車で?”
A"そう。びっくりしたで。ほんで、後ろから奥さんが別の自転車でついてきてはってん”
B"マジで?”


。。。
その日はロードバイクだったので、会話中の”奥さん”がまさかワタシだとは気づかず、ワタシの目の前を我々の話で盛り上がりながら通過して行きました。
確かに、Aさん(全然しらないヒトだけれど)とあの時山ですれ違いました。Aさん(全然しらないヒトだけれど)すれ違いざま”マジで?”を連呼しながら爆笑したはりました。

噂ってこんな感じですよね。
ワタシは何年か前も同じような噂話を目の前で繰り広げられたことがありまして。
ああ、目立つんやな、と自覚したものです。

e0149587_04454968.jpg
ワタシは、初めて手に入れた上下お揃いのジャージに身を包み、気分軽めで峠を登ります。
ツレは、イキって小さめサイズをオーダーしたものの、ファットボディに合わず、チャックが閉まらないというお粗末ぶり。(いや、実際にはジャージなんて伸びるのでチャックは閉まるけれど、閉まった途端、”それ、ジャージとしてどうなん?”となって、とてもジャージ一枚で着られないということです。ジャージは適正サイズを購入しましょう。決して安くないですから)

e0149587_04460110.jpg
10-8は過去のSKRKジャージを”キリンや!”と言って、時々着ています。(ワンピース化してるけど)
サイクルジャージの着方はそれぞれの自由です。


10-8誕生から2年半の時を経て。。。
10-8、誕生から10kg増。正しい成長です。
ワタシ、10-8誕生前夜から−12kg。以前が肥え過ぎだったので、今が適正体重です。肉のつき方は随分変わったけれど。
ツレ、10-8誕生から10kg増。同じ献立を食べているとは思えない。隠れて買い食いしてるに違いない。






[PR]
by cosset-cosset | 2016-04-28 05:00

解禁日。

スギ花粉の飛散も終わり、ずいぶんと暖かくなりました。
朝のパトロールを基本とするワタシは普段最高気温より最低気温が気になるのですが、そろそろ行けそうな気配。
前夜の雨もあってマウンテンバイクに消極的ならこれはもう、”今日でしょう!”
ということで、ロードバイク解禁日。(遅!)
そして、初SKRKジャージ。
e0149587_04341029.jpg

[PR]
by cosset-cosset | 2016-04-25 04:37

花盛り。

ソメイヨシノが終わってからの方が、いろんな場所にいろんな色の花が咲いて目に心地よい。
e0149587_04355035.jpg
e0149587_04360323.jpg
e0149587_04362199.jpg
e0149587_04353389.jpg
e0149587_04391614.jpg
2年前に我々だけで行ったレンゲ祭りも、今年は3家族で参加できてよかった。
ついでにまさかのNHKデビューを果たしました。
自分がテレビに出たのは怖くてまだ一度も見た事ないけれど、子供が出るとなると、親バカになるものです。
初めて知る親心。


[PR]
by cosset-cosset | 2016-04-22 04:43

実は。

九州地方での大きな地震、被災された方々には心からお見舞いを申し上げます。
e0149587_04302094.jpg
当たり前にしていることが、いつか当たり前じゃなくなる時がくるかもしれない。
そう思うだけで心臓がギュッと痛くなります。
e0149587_04304202.jpg
コゼバッグは所詮カバン屋です。
ああいう自然の脅威には何の役にも立ちません。

e0149587_04305644.jpg
ワタシが生まれてからとんでもない地震が各地で起こってますが、幸いワタシは大きな地震を体験したことがない。
でも、いつどこで起きるかわからない。
熊本城があんなふうになって、京都へのなんかよくわからない自信もなくなってしまいました。
e0149587_04311310.jpg
まずはできることから。


写真は熊本で最初の地震が起きた翌日の一日。
岩倉への納品前にお子様接待をしました。
強風が吹きすさぶ中、北へ向かって自転車を走らすのはなかなかヘビーだった。
大変な思いをしてるひとたちがこの空のずっと向こうにいると思うと、ワタシなんて大変なことは全然ない。(全然レベルは違うけれど)
晴れた空の下、子供連れて自転車に乗れて、ピクニック出来て、お仕事も出来て。
そういう当たり前のことが実は一番幸せだったりするのかもしれません。


[PR]
by cosset-cosset | 2016-04-18 04:46

落し物。

平素、一人で乗っているワタシは自分で自分がどんな感じで乗ってるか、全くわかってません。
でも、雑誌に記事を載せてもらう時はどうしても1カットくらいは自分が写っている写真が欲しいと編集さんはおっしゃるのです。
どうやって一人で撮るねん?と思っててもどんどん締め切りの時間は迫ってくるばかりなので、ツレの平日休みを利用して”撮影をする”ことを目的に出かけた親子三人。(かなり前の話です)

e0149587_19385091.jpg
山の中で誰にも見られることもなく、ほのぼのとした時間が過ぎます。
e0149587_19395335.jpg
”ガタンゴトン”となんてことないようなフリでチャイルドシートに座り続ける10-8。
ヤツが一番すごいと思う。

e0149587_19400837.jpg
遅めの昼ご飯を倒木に座りながら、食べる。
ここまでは良かった。
なんとか、ツレはワタシの走る姿をカメラに収め、まあ、なんとか一枚くらいは使ってもらえるやろうと安堵して帰路につきました。

と書きたいが、山を下り、生協の時間ギリギリに焦るワタシの後ろでツレが”グローブ忘れた!”と一言。
上の写真のおにぎりを食べたポイントにグローブを置き忘れた模様。(次に取りに行ける可能性があるのは2〜3週間後、という絶望的なスケジュール)
ワタシは、生協が来ちゃうので帰宅。ツレと10-8はチェックポイントに戻るためにもう一度峠を登りに出かけて行きました。

忘れ物はいかんですね。

そして、もう一個、後日大変な忘れ物に気づくのです。忘れ物、というより落し物。
ロングテール乗りなら大抵知ってる高級スタンド”キックバック”の先っぽを、山のどこかにノコノコ落としてきた模様。
普通の人には全く伝わらない話ですが、キックバックは地面と擦れるプラスティックの部分が磨り減ったら交換できるシステムになってるのです。交換したての先っぽの、それも片方を、山の中に落としてきた。
ペットボトルの蓋くらいのもので、安いものですが、モノの割に決して安くはない。
そして、先っぽは、ないと後で取り返しのつかない出費につながるために、なくてはならないものなのです。
広大な山で、自分の辿った道を通ればきっとどこかに黒いペットボトルの蓋のような先っぽを見つけられるはずだけれど、シカのツノを探すようなロマンは微塵もなく、わざわざ見つけに出かけたいと思うような情熱はゼロ以下である。
でも、きっといつか見つけた時はめちゃくちゃ喜ぶんだろうな、とは想像できるけれど。

ロングテール乗りのみなさんへ。
キックバックの先っぽは、落とさないようしっかりと取り付けましょう。
え?交換したことない?
そんな方は、取り返しのつかないくらい減ってないか今すぐチェックです。


ワタシとパトロールエリアがかぶってる紳士のみなさんへ。
もし、我が家のキックバックの先っぽを見つけたら、ぜひご連絡をください。
薄謝をさしあげます。



[PR]
by cosset-cosset | 2016-04-14 05:00
また日の出時間を間違えて4時台に家を出発してしまった昨日の休み。(でも路地を出ると町会長さんがパジャマ姿で犬の散歩しててドキ!っとしました。)

そろそろアレの季節ですから、それにまだちょっと肌寒いですから、いくら周りに”ロードに乗らへんのか?”と言われても”まだちょっとアレなんで、、、”と言葉を濁しがち。
e0149587_04380787.jpg
なんか、最近はマウンテンバイクが楽しくなってきた。
時代遅れ感プンプンの愛車に跨って、一人の世界を満喫します。
e0149587_04400625.jpg
そう、そろそろアレの季節ですから、アレを探します。
そんな簡単に見つかるわけないけれど、確率と運次第だと思うので、今やサンデーライダーになってしまったワタシはその言葉通り日曜日の朝しか探しに行く時間がない。

e0149587_04385483.jpg
ワタシの狙ってるアレを携えた生体はポンポンと目の前に現れるけれど、肝心のアレは見当たらない。
お腹が空きすぎたのでご飯にしました。
e0149587_04433540.jpg
フレームバッグに突っ込んだ、みかんとチーズを挟んだパン。わざわざボトルを持って出かける季節じゃないから水分代わりにみかんは二個。
でも、いざアカンもんに出会った時用に一個は残しました。


結局、山の中をウロウロしたけれど、アレは見つけられず。
e0149587_04494302.jpg
”シカの残したモノ””シカだったモノ”はたくさん目にしたけれど、肝心のツノは落ちてへんかった。
でも、帰宅後にグリップとグローブ、そして服に大量の動物の毛がついてて”なんや〜?”と思ったけれど、なんてことはない、山ん中で出会った猟師さんの連れてる猟犬とジャレあった名残でした。猟犬、臭かったな。


例年GWあたりにツノを落とすらしいシカですが、奴らにカレンダーなんてありませんし、ちょっと前倒しで”そろそろツノでも落としとこか?”とシカ界では噂が飛び交ってるような、気がするのです。気がするだけですが。
落ちてるはずのものが見つけられない、という焦れったさもまた楽しいのです。








[PR]
by cosset-cosset | 2016-04-11 04:59
また日の出時間を間違えて4時台に家を出発してしまった昨日の休み。(でも路地を出ると町会長さんがパジャマ姿で犬の散歩しててドキ!っとしました。)

そろそろアレの季節ですから、それにまだちょっと肌寒いですから、いくら周りに”ロードに乗らへんのか?”と言われても”まだちょっとアレなんで、、、”と言葉を濁しがち。
e0149587_04380787.jpg
なんか、最近はマウンテンバイクが楽しくなってきた。
時代遅れ感プンプンの愛車に跨って、一人の世界を満喫します。
e0149587_04400625.jpg
そう、そろそろアレの季節ですから、アレを探します。
そんな簡単に見つかるわけないけれど、確率と運次第だと思うので、今やサンデーライダーになってしまったワタシはその言葉通り日曜日の朝しか探しに行く時間がない。

e0149587_04385483.jpg
ワタシの狙ってるアレを携えた生体はポンポンと目の前に現れるけれど、肝心のアレは見当たらない。
お腹が空きすぎたのでご飯にしました。
e0149587_04433540.jpg
フレームバッグに突っ込んだ、みかんとチーズを挟んだパン。わざわざボトルを持って出かける季節じゃないから水分代わりにみかんは二個。
でも、いざアカンもんに出会った時用に一個は残しました。


結局、山の中をウロウロしたけれど、アレは見つけられず。
e0149587_04494302.jpg
”シカの残したモノ””シカだったモノ”はたくさん目にしたけれど、肝心のツノは落ちてへんかった。
でも、帰宅後にグリップとグローブ、そして服に大量の動物の毛がついてて”なんや〜?”と思ったけれど、なんてことはない、山ん中で出会った猟師さんの連れてる猟犬とジャレあった名残でした。猟犬、臭かったな。


例年GWあたりにツノを落とすらしいシカですが、奴らにカレンダーなんてありませんし、ちょっと前倒しで”そろそろツノでも落としとこか?”とシカ界では噂が飛び交ってるような、気がするのです。気がするだけですが。
落ちてるはずのものが見つけられない、という焦れったさもまた楽しいのです。








[PR]
by cosset-cosset | 2016-04-11 04:59

桜前線

今年は、桜前線の北上が気になって仕方がないのです。
e0149587_05173455.jpg
北海道から来てくださったお客様が、”北海道の春は5月ですから。春までに届けばいいです”とオーダーしていただいたのが、確か去年の10月か11月。
e0149587_05175776.jpg
ちょっとイレギュラーなオーダーなので、”もうちょっと余裕が出来てからじっくり挑もう”と伸ばし伸ばしになり、とうとう京都では桜が散り始めてしまいました。
e0149587_05181379.jpg
今、桜前線はどの辺を通過してるんだろうか?怖くてニュースが開けない。
でも、今日は時間がありそうな予感。
北海道の桜の開花宣言の前にはお届けしたい。
さて。自分を鼓舞してミシンに向かいます。




[PR]
by cosset-cosset | 2016-04-09 05:24

さくら。

今の家に住んで7年。
あまり桜の名所には縁がないのですが、地元の人が”ちょっと今日は遠回りして見ていこか”となるような地元の桜の名所があります。
住むまで、全然知らなかった。
もちろん、観光客はなし。

e0149587_04383989.jpg
もちろんライトアップもされないし、ブルーシート広げてお花見、なんてのもない。
”そろそろ満開みたいやで”という言葉を合図に、遠回りしてでも見に行っとことなる桜。

e0149587_04385435.jpg
ここに住んで7年。
来年はもしかしたら見られないかもしれない、と思うとついつい頻繁に足を伸ばしてしまうもの。
京都の街の桜は昨日の雨で満開を過ぎたようです。


[PR]
by cosset-cosset | 2016-04-05 04:46

ラスト。

今発売中のBICYCLE PLUS vol.15
e0149587_13385093.jpg
の、中に連載しているコゼ日記。
e0149587_13390208.jpg
なんと、最終回!
月刊誌でもなく、油断してると依頼が来て雑誌が発売されるので、今まで何回連載されたか記憶があやふやですが、絶賛発売中。
もう最後なので、好き放題書いたれ!と思って書きました。
まあ、冒頭がナメクジですから、どんな内容かはぜひ書店で。
ちなみに、子ども羽根部員は立派に羽根部員に育ちつつあります。
動物園では孔雀の前で”おかあさん、孔雀の羽根、欲しいねえ”とつぶやき、母親を震撼させました。(ワタシ、孔雀の羽根は欲しいとは思わんのです。だから、そんなこと10-8に一言も言ったことはないはず。)
おかげさまで、DNAは引き継がれている、と思っています。
こんなワタシの素人文章を長いこと雑誌に連載させていただいてありがとうございました。

文章続きでもう一個。
e0149587_13391755.jpg
ワタシとは、そして、友人知人とも何にも関係ないのですが、今出されているパタゴニアのカタログがなかなかいい。表紙がSURLYのファットバイク。表紙を開くと、”ああ、この人たちは自転車に乗ってこういうところへ出かけるのね。”って世界が広がってて、なかなかいい。
なにより、カタログ後半に出てくるパタゴニアのマネージングエディター、ダイアンフレンチさんの文章がすごくいい。
勝手に紹介してるだけで、パタゴニアには何にも関係ないのですが、ああいい写真と文章だなと思ったので勝手に紹介。
カタログなんで、パタゴニアでもらえます。



さて。
今日は我が家の父子が郷里へ泊りがけで里帰り。
2年半ぶりの一人きりナイト。
明日は、買い物行って家の掃除を徹底的にしよう。
でも、その前に、今日はまだお客さんが一人いらっしゃるし、メッセンジャーバッグも一個作らなあかん。
一生懸命仕事して今夜一人美味しいお酒を飲むのが今からとても楽しみです。(夜は9時には就寝してしまうので飲みに行く気力は0なのです)





[PR]
by cosset-cosset | 2016-04-02 14:01