Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2016年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

マコ。

10-8は花よりマコである。
e0149587_04341693.jpg
往往にして子供は桜になんか興味はないようです。

10-8はマコがすき。たいてい何処へでも連れていく。
マコちゃんとは、ネコのぬいぐるみ。(大きいマコちゃん、小さいマコちゃん、トラ、黒豹のチビちゃん、レッサーパンダが10-8応援隊です)
e0149587_04340066.jpg
先週連れて行ってもらった神戸どうぶつ王国でも”ネコふれあいワールド”的なところで、備え付けのキャットタワーに大きいマコちゃんと小さいマコちゃんを乗せて喜んでいたほど、マコ好き。

でも、本当は生きてるネコが欲しい。
縁を求めて、我々は落ちてるネコを探しに出かけます。(ただの暇つぶしライド)
e0149587_04334674.jpg
通りすがりの人からのネコ目撃情報に頼って自転車を走らせます。
10-8選手、肝心のネコ探しの時は夢の中。

京都の街中では野良猫は地域猫と呼ばれ避妊手術を受けていて子猫を見かけることが少なくなりました。10-8には悪いけれど、うちではネコは飼えないな。マコちゃんたちで我慢してくれ、と心でつぶやきながら、母は自転車を(無駄に)走らせます。



[PR]
by cosset-cosset | 2016-03-30 04:45

ゾワッとね。

ちょっと思うところがありまして。
e0149587_04243337.jpg
カタコト自転車乗って山へ入りました。
日の出がどんどん早くなって朝が楽になりましたね。

e0149587_04244821.jpg
ちょっと思うところがあったので、いつもより標高が高いところまで行ってきました。
音が、ない。いやいや、人工音が、ない。

e0149587_04250303.jpg
自分の出す音しか聞こえないのです。
ゾワッとします。
鹿が、”ココは奈良か!”と突っ込みたくなるくらい、警戒心なく目の前を横切り、手の届きそうなところをウロウロします。

あまりにも鹿との距離が近いので、いつかこの静けさの中にクマが現れるんじゃないかと思うほど。もしもに備え、背中のポケットに入れたおにぎりは食べずにとっておいて、まさかの事態にはおにぎりを投げよう、そう心に決めたのです。

子供のおやつのポイフルを噛みながらガタガタ。
思うところがあってこんなところまで来たけれど、これ以上行ったら帰れなくなる(実際には繰り返すアップダウンを帰りもまた繰り返すのかと思うと体力的にもう無理!)、と思ってUターン。
チキンです。
体力が、思いの外落ちてる。
チキンなワタシの前を、次はキジがトコトコと歩いて横切って行きました。
キジでよかった。
おにぎり食べよう。

もう、登坂は無理だ。
e0149587_04252642.jpg
近道で、下れる道で帰ります。


結局、ウロウロしたのは家から山の方を指差して”あの辺や”と言えるくらいだけれど、なんだかえらい遠くへ行った気分。いつも走ってるあの辺は、”なんかあったら(例えばパンクとか)自転車おいて歩いて帰ろう、そしてツレに取りに行ってもらおう”と思って走ってるけれど、ちょっと足を延ばすとそれもできない。いや出来ないことはないけれど、歩いてたら日が暮れる。歩いて帰れる距離じゃないところへ行くには、せめてパンク修理の仕方くらいは覚えておかんとアカンなあ。そして、このゾワッとを楽しめるくらいの心の強さを持ち合わせんといかんなあ。

しかし京都って、こんな近くでこんなに楽しめる山があるっていう環境は本当に恵まれていますね。







[PR]
by cosset-cosset | 2016-03-28 04:44

シーズン到来。

”メジロちゃんのハネを拾いたいねえ”と10-8が言う。
合わせて”お弁当食べたいねえ”と言う。

ならばと出かけた御所。
ピクニックシーズン開幕です。
e0149587_04301818.jpg
夏は涼しく冬は寒いが特徴の町家暮らしでは家の中で春を感じることはまだまだ先ですが、一歩外へ出れば、もう春でした。梅は満開、桜は咲き始め。降り注ぐ紫外線がジリジリ肌を攻撃し、飛び舞うスギ花粉が目鼻をダメにする。

それでも、外があたたかく、外でご飯を気持ち良く食べられる。というのはとてもいい。
詰め込んだだけのお弁当も、食卓で食べるより数倍美味しく感じられるし、外ってだけで”特別感”が演出されるのがいい。
そんないいことづくしのピクニックに欠かせないレジャーシート。

e0149587_04295932.jpg
今回コゼバッグがお分けできるのはこの一枚だけ。
約180cm×約150cm(上の写真で10-8が座ってるのは180×120位なのでそれより幅広です)。
裏地は紺。

e0149587_04294688.jpg
大きくて重たく、収納・運搬に困るので、こんな外袋付き。

決して安くはないですが、一家に一枚あってお値段以上の働きをするのは確か。
ご希望の方はコゼバッグまでメールをください。
早いもん勝ちです。



[PR]
by cosset-cosset | 2016-03-23 04:41

首の皮一枚

花粉症といえば、くしゃみがクシュンとでます。
そのくしゃみで、ぎっくり腰手前首の皮一枚状態に陥りました。
腰を、反れないかがめないひねれない。
”ホンマに首の皮一枚やから、気をつけろ。ホンマに気をつけるんやで!”と旧知の柔道整復師に言われました。

一体、何をどう気をつければいいんでしょう?
ただ一つ、くしゃみをする際の姿勢にはかなり敏感に気をくばるようになりました。

もう一つ、原因として思い当たる節がある。



しばらく続いたレジャーシート製作。
コゼバッグ至上、最高に上手にできてる。
何年も作ってるけれど、作る機会は年に2度しかないし、その幾度、どうやったら綺麗に仕上がるか試行錯誤している。なにせ、大きい重たい、というのが辛いところ。
e0149587_04554635.jpg
丁寧に作業した分、予想以上に時間がかかってしまったけれど、いいものができました。
予約していただいた皆さんには、明日発送予定です。

そして、一枚だけ、余分が出ました。
また来週画像を上げた際に募集しますが、”いつかレジャーシートが欲しい”と思っていた方、この機会にぜひ。
(いろんな事情で今後今と同じペースで(といっても年に2度ですが)作れるかどうか微妙です。)
大きさ重さもさることながら、お値段がドキッとするくらいのお値段なので、明日からの連休中ご家族やパートナーに相談されるといいでしょう。
レジャーシートを使った画像は”コゼログ レジャーシート”でググったら出てくるはずです。
どこかの量販店じゃないですが、お値段以上の価値はあります。
ピクニックという日常の延長をより有意義なものにしてくれます。

ええ、春ですからね。
来週お分けできるレジャーシートの画像を挙げます。



[PR]
by cosset-cosset | 2016-03-18 05:06

どうでもいいことです。

日の出時間が日に日に早くなり、朝の活動をメインとするワタシにとってはありがたい季節がやってきました。
昨日も朝暗いうちから峠を目指し、登り始める頃には明るくなりました。
日の出ぐらいが一番気温がグッと冷え込みます。
峠のふもとの気温計は0度。

今の季節、京都の山に植林された杉は葉っぱの先っぽをオレンジ色に染め、花粉症のヒトにとってはどんなホラー映画よりも絶叫すべき光景がみられます。
ワタシも然り。
e0149587_04461881.jpg

丸腰で出かけるのもアレなんで、もう恥もなく(時間的に誰にも会わないし)マスクをつけて峠を登っています。

気温0度でマスクつけて峠に登ったことのあるヒトって、どのくらいいるでしょうか?
びっくりすることが起こります。

峠なので当然ハアハアと呼吸が早くなります。
マスクの中に放たれる呼気。
上がる体温。
マスクの外の外気は0度。

マスク内の結露が半端ない。
何度止まって手ぬぐいで拭ったことか。
e0149587_04450307.jpg
まあ、ほんとどうでもいいことを発見したわけですが。
メガネが曇るくらいは常識の範囲内ですが、半端ない結露っぷりに本当にびっくりした。

どうでもいいことでゴメンなさい。



[PR]
by cosset-cosset | 2016-03-14 04:48

町家あるある。

今住んでいる家を紹介してくれた不動産屋さんの社長さんが、”うちも古くてね。身長の低い子供のほうが建具を開け閉めしやすくて、一番下の子が建具をガチャガチャやって、一緒に倒れていったよ。ガラスは粉々。子供は奇跡的に倒れていったときにテーブルの下に収まってケガがなかったけれどね。”と笑っていた。
そんときは、一緒に笑ったけれど。

e0149587_05015859.jpg
ええ。我が家も同じく。
外で近所のおばちゃんとお話していたが、ガチャーンと見事な音が聞こえました。
うちは子供と反対側に建具が倒れていったので10-8にケガはなし。
不幸中の幸い。

きっと町家あるあるだと思う。
次はどこのガラスが割れるんだろう。
建具を倒すのか?ものをぶつけるのか?
築100年を越すバラック級の極小町家。ガタつきは半端ない。
家が壊れる前に、10-8が大人になってほしい。


e0149587_05022170.jpg
そんな10-8選手。
”オシゴトスル”とレジャーシートの色合わせをお手伝い中。(邪魔でしゃーない)


[PR]
by cosset-cosset | 2016-03-10 05:09

モード。

バスと阪急電車とモノレールを乗り継いで出かけた日曜日。
e0149587_04274814.jpg
初めて目的的に万博公園へ行きました。
食卓の上にペロッと置いてあったチケットがなかったら、来なかったな。
e0149587_04275973.jpg
そのチケットは、サイクルモード。
実は二度目。
前に行ったのは10年以上前。

正直、ナメてました。
めちゃくちゃヒトが多かった。
午後から下り坂の天気予報なんて関係なしに、試走には長蛇の列。
本当に、びっくりした。

e0149587_04281011.jpg
ちゃんと、ご飯食べる広大なエリアも備え付けられ、親子連れにもぴったりなイベントに。そりゃ、ラジオでもバンバン宣伝してるわけだ。

でも、何にびっくりしたって、弱虫ペダル。
作者と一緒に写真を撮る列が、ものすごかった。会場に、弱虫ペダルのサコッシュ持った可愛い女の子がたくさんいた。


e0149587_04282330.jpg
最新鋭の自転車に興味のない我々は行列に並ぶこともなく雰囲気だけを楽しみ、”でんしゃノッテオうちニカエリタイ”を連呼する10-8と一緒にモノレールに乗る前にふらりふらりと巨大ショッピングモールへ吸い込まれていきました。

が、巨大すぎて30分ほどで撤退。
モノレールに乗って、阪急でんしゃに乗って、パスに乗って帰宅。
今日は自転車のイベントに行ったけれど、自転車はなし。




[PR]
by cosset-cosset | 2016-03-07 04:41
前回、パンケーキを食べたところまで書きましたが、愚かな一家はその2時間後、再び山へ入ってました。
e0149587_04305241.jpg
というのも、ツレに”いい感じの道を見つけた”と話をすると、グーグルマップを広げ、”どのへん?”というのです。
等高線すら載ってないグーグルマップに山道なんて見つけられるワケもない。(ちなみに、ワタシは地図上でどのへんを走ってるのかも分かってない)
ならば行こう、ということになったのです。

e0149587_04310801.jpg
一見身軽そうに走ってるツレですが、近くに親戚などいない我が家。
e0149587_04312424.jpg
当然、子連れです。(悶絶しながら峠を登ってました)
e0149587_04313818.jpg
”ガタンゴトン”と言いながら、気分よさそうに乗ってる10-8。

e0149587_04321243.jpg
ワタシにとって”危ない、降りて押して歩こう”、一般的にマウンテンバイク乗りたちにとって”スリルある美味しいところ”を回避できる道を見つけたことで、ロングテールでも難なく山を降りてこられるようになりました。

e0149587_04322824.jpg
”ガタンゴトン、ガタンゴトン”後ろの10-8はブツブツしゃべっています。


余談ですが、1日に2度も峠を登って山を降りてきたワタシ。
午後は日本野鳥の会のYoung探鳥会へ参加する気満々でしたが、家に着替えに帰る余裕がなくなり、バイクジャージのまま探鳥会に子連れで参加と相成りました。
e0149587_04333085.jpg
おおらかな雰囲気のYoung探鳥会ですが、団体行動が全くとれない2歳児は一人カラスとおしゃべり。
”ナニタベテルノ?”
”ヤクルト スキ?”

せや、その調子や。

[PR]
by cosset-cosset | 2016-03-02 04:46