Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2014年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ジャネーの法則

さて。気づけば今日は大晦日。
慌ただしい日々が、ラストスパートをかけて慌ただしくなって数日。
体調不良はゆっくりとゆっくりと回復しているような気がします。
ああ、年内に作ろうと思ってたバッグが作り終えられなかった。。。三ヶ日は仕事を忘れ、4日から一人合宿しようと思います。

昨日は、お正月の料理に添える葉っぱをとりに山へ。
e0149587_12453553.jpg
全部を自転車で行くには体調がまだ本調子じゃないので適当に自転車を止めて歩いたのですが、ちょっとそこまでのつもりが、限りなく土に帰っている獣を観察したり、鳥を見たり羽を探したり。いろいろ見てるうちにとんでもなく歩くはめに。
e0149587_12454305.jpg
e0149587_12455176.jpg
熊笹を探して歩いてたのですが、探していると全然ない。葉っぱはあらかたシカに食べ尽くされ、葉のない茎だけはそこらじゅうに。でも、ハッと視線をあげると、シカが届かない高さのところにはわんさか生えていたりします。
裏白は、買うのもあれやしと、山に生えてるのはただのシダと思われるけれど、まあ手頃なシダを頂戴し、枝払いされた杉の枝を一本持って帰ってきました。



はあ。
毎日が一瞬で過ぎていった一年でした。
ジャネーの法則によれば、ワタシは10-8より34倍早く過ぎる時間の流れを感じているらしい。でも、あきらかに去年までとは速さの感覚が違います。おそらく、今後も速度はどんどんと増すでしょう。そんな中、どれだけ元の自分を保っていられるか?来年は、もう少し余裕ができるのか?

e0149587_13000970.jpg
流れに身を任せ、どんどこと前に進んでいってる感が満載ですが、とりあえず、健康で来年も過ごせますように。
今年一年、みなさんありがとうございました。
飲み過ぎ食べ過ぎ無茶しすぎに注意して、よいお年をお迎えください。




[PR]
by cosset-cosset | 2014-12-31 13:07

一年の疲れ。

クリスマスも終わり、一気に迎春ムード。
ワタシは、この一週間ほど体調がすぐれない。。。
ここ数年寝込むほどの病気にかかることなんてなかったのですが、今月は、月の半分ほどを絶不調に費やし、”ああ、もったいない”と無駄なエネルギーに嘆いてしまいます。
なかなか自転車に乗って出かけようなんてもちろん思わず、暖房を効かせた暖かな部屋の中、ぬくぬくしています。大好きなシンデレラのDVDも10-8と2まで見たし。(知ってますか?シンデレラは3までストーリーがあるのですよ。)

e0149587_10172336.jpg
年の瀬の迫る中、明日土曜日はアトリエ来訪の予約が入らなかったので、アトリエはお休みします。かわりに明後日28日は日曜日ですが、前々より予約をいただいていたので、1日アトリエを営業します。

おそらく、ワタシの体は蓄積された疲れがどどーんと出ているのでしょう。確かに、一年、よく頑張った。皆さんもお疲れの出ませんように。

[PR]
by cosset-cosset | 2014-12-26 10:30

玉のゆくえ。

2ヶ月ほど前に”かなり早いクリスマスプレゼント”として、空井戸マスターよりいただいた玉。向こうでは”虫くん”と呼ばれ、正式名はEarlyRiderのSpherovelo。
9月の試乗の際には
e0149587_09521366.jpg
怖くて泣いた。

2ヶ月早いクリスマスプレゼントとしてもらい、うちに届いた際には、乗り物としての認識よりも、ハンドルの両端に付いたゴムの噛み心地に酔いしれ、ガシガシと歯型でマーキング。つかまり立ちの対象にもならず、白があんまり見えてないのか、興味も薄く。。。
さて。この玉をどうしたものかと思っていたのですが。。。


e0149587_09571250.jpg
ええ。クリスマスを前に、10-8はこの玉を”乗り物”として認識したのですよ。
跨らせろとこちらに指示を出して跨らせてもらい、足で床を押して後ろにちょっと進む。
喜ぶ。
バランスを崩して転んで泣く。

泣いた後はしばらく見向きもしませんが、また数時間たつと跨らせろと指示が出ます。
ああ、よかった。


参考までに。
やっぱり、この玉(虫くん、Spherovelo)は一人で歩けるようになってからの方が楽しめるとおもいます。
80サイズの洋服ががちょうど着られるくらいだと足つきがいいとおもいます。(10-8はまだ80だと大きいです。足つきも悪く、転びます)
色は、うちはツレが”白でしょ!”と言い切ったので白ですが、まだ視力が未発達な乳幼児に刺激を与え、この乗り物に興味を持ってもらうなら、断然”赤色”がいいとおもいます。
ちょうど一歳の誕生日やクリスマスプレゼントにいいかもしれませんね。


クリスマス!
今日は、クリスマスイブ!
もし、この玉にビビッときた(まだプレゼントの用意ができていない)サンタクロースは、明日の朝までにこの玉をどうにか手に入れましょうね。




[PR]
by cosset-cosset | 2014-12-24 10:16

マイナスの。

今期一番の冷え込みとなった昨日。
ずいぶんと遅くなった夜明けとともに、峠のふもとにいたワタシ。
e0149587_09370972.jpg
極寒の、マイナス2度。耳が、ちぎれそうに痛かった。
でも、峠をえっさほいさと登るうち、ホッホッホッホッと体は温まり、足先以外はほっかほか。カイロを背中に貼ったブレスサーモ、キャプリーン、冬用裏ボワバイクジャージ、シャカシャカの重ね着で、シャカシャカは登りで脱ぐほどほっかほか。足先は、へっぽこにはシューズカバーなどたいそうなものを履くとすぐにボロボロになるので、靴のまま。だから足先だけはキンキンに痛い。

でも、峠のてっぺんに登ったならば、あとは山道を下るだけ。そこがマウンテンバイクのいいところな気がします。下りが、寒くない。ロードやとそうはいきません。下りで増すスピードと反比例して体はどんどんと冷えていきますから。

e0149587_09435414.jpg
乗ったり降りて押したり。自分からホワリホワリと湯気が出ているのがわかります。
e0149587_09443531.jpg
サクサクと霜柱を踏みつけながら、進む道はなかなか楽しい。

e0149587_09453167.jpg
いつもならビビってしまう木の根や大きな石も落ち葉の下に隠れてしまい思いの外あっさり下ってこられた山道は、乗り物を担ぎあげられない事情を持つ人たちのおかげか倒木が全部避けられていて快適でした。

しかししかし、寒い。
山の中は不思議と寒さを感じないけれど、山を出てから家に帰るまでがすごく寒い。
でも、早く雪降らないかなあ。二年ぶりの雪中ライドがいまからすごく楽しみなのです。(自転車乗りに行けるタイミングと降雪が都合よく合致すればいいけれど)

[PR]
by cosset-cosset | 2014-12-15 09:53

ホリデーだから。

岩倉の巨匠よりリンリンと電話がなりまして、悪い話かと身構えているといい話でした。
”京都のパタゴニアのお店にディスプレイしてあるVIGOREの自転車に、チエちゃんとこのパニアつけといたから”とのこと。
行って見なくては!と出かけた先日。

e0149587_09472873.jpg
VIGOREの限定車に特別にコゼパニアを取り付けてもらった一台。
背負う系のコゼバッグと比べると、なかなかコゼパニアの実物を見てもらえる機会は少ないので、ありがたい話です。


この秋、実は、パタゴニアで二枚もベストを買いまして。秋の初めに買った一枚をたいそう気に入り、東京遠征が成功に終わったら、ご褒美にもう一枚薄手のやつを買おうと思い、ありがたくも受注会でたくさん注文いただけたので(まだまだバッグは作ってないけれど)買ったつい最近。それも偶然同じ店員さんから二枚も買ったので向こうもワタシの事覚えてくれていたようで。そのベスト連続で買うヤツがまさか今回こういった形でパタゴニアと縁ができるなんて思いもよらず、うれしいんだか恥ずかしいんだか。素性の知れてしまった店での買い物はなんかこそばいものがあります。




そう。パニアと同じく付ける系で、紹介しなくてはと思いつつ紹介しそびれていたバッグ。
e0149587_09552948.jpg
だいぶ前にお客さんから送ってもらった写真です。ブロンプトンのフロントバッグ。不思議と、一つ作り終わってホッとしているとどこかからブロンプトン乗りがやってきてまた作らせてもらうという連鎖が起こるこのバッグ。いたってシンプルな構造でブロンプトンキャリアにくっついてますが、純正のバッグにはこういうあっさりさがないようで、作らせてもらったお客さんには喜んでいただいています。



なかなか自転車に乗るには厳しい季節ですが、暖かいお部屋の中でのネットサーフィンでコチラにたどり着いたなら、コゼバッグのパニアがパタゴニア京都店にディスプレイされていること、ブロンプトンのフロントバッグを作っていること、この二点、そっと誰かに教えてあげてはどうでしょう。

[PR]
by cosset-cosset | 2014-12-12 10:06

手すり。

子供乗せ、快調です。
ただ、この子供乗せには手を置くところがない。(手すりなしのジェットコースターって大人でも怖いですよね。)
座り悪そうなあと思っていたので、DIYをオーダー。
出来上がった手すりを取り付けてみると、あらぴったり。
しっかり握っています。


e0149587_10530314.jpg
シートポストからもういっこステムとハンドルつけて云々が一般的ですが、この子乗せとわたしの座るサドルとの距離、角度では難しいようで。
e0149587_10581265.jpg
街で用事を済ませ(鳩居堂でご祝儀袋の筆耕を頼みました。入れるお金も持って行ったので、完璧なご祝儀袋が完成し、一安心です)、行ってみたかったフライングタイガーへ寄った帰り道。撃沈中の10-8のうしろには大きな虹が。
冬に虹は時雨空の証。京都の冬らしいなあと、晴れなのにパラパラと小雨の舞う中家路に着きました。

[PR]
by cosset-cosset | 2014-12-10 11:06

写真を撮りに。

12月。年賀状の写真を撮りに行かなくては、と絶好のピクニック日和だった先週はツレの出張で出かけられず、寒さに震えながら昨日決行されたわけです。

自転車と徒歩で90分ほど。

e0149587_09360692.jpg
自転車を適当に止めて、ワタシはこちらさんのリードを持ち、さっさと歩いて峠で待ちます。
歩きがあると言っているのに、背負子を忘れたツレ。
e0149587_09361398.jpg
何を肩に乗せてるのかと思ったら、10-8でした。

e0149587_09361913.jpg
久しぶりの池。さぶい。こんな寒い日にピクニックしてるのは、ハイカーと、トレイルランナーを除けば我々だけ。それも、撮影だからちょっといい服だし。
e0149587_09363163.jpg
でも先に広げた昼食で、結局衣類は汚れてしまい、どうでもよくなるのです。


撮影は、イヌと子供を同じタイミングでカメラの方を向かせるのに苦戦しましたが、なんとか終了。寒いのでとっとと下山です。


e0149587_09363749.jpg
池に行くだけで1日がかり。
自転車で下ってると前歯が痛くなるくらい寒かったですね。
e0149587_09362634.jpg
ネクラな学生の頃から一人トレイルランニングで訪れていた池に、増えた家族とともに来る日が来るなんて思いもよらなかった15年前。
12月。
また一年が終わります。

[PR]
by cosset-cosset | 2014-12-08 09:49

もみじとイチョウ

秋の最後は絶好のピクニック日和。
e0149587_10544520.jpg
赤く色づくもみじの下でピクニック。

この間、レジャーシートを洗いました。洗濯機でガラガラと。綿と防水布。とても重たい。濡れると、もっと重たい。乾くのに二日かかりました。結構大変。そして、やっと、このピクニックで気づきました。このシートを使うコツを。
この日の昼ご飯はたこ焼き。たこ焼きをを右手に持ち、あいてる左手をレジャーシートの上に、うまいことハイハイ移動を試みるも、たこ焼きを持つ手は何度となくレジャーシートの上に置かれ、こちらはヒャーとなるわけです。
コツとは。
とんでもなく汚れるうちは、レジャーシートの上にさらによごれてもいい布を敷く。
せっかくのレジャーシートですが、まあ、これはもう少し大きくなった時に本体をさらけ出すとして、いっときは封印するのがよろしいかと。ワタシは自分で作ってるので汚れたら洗って、あかんくなったらまた作ればいっかと思いますが、そこそこのお値段を頂戴するレジャーシート。重たさと防水性がメリットのレジャーシートですが、洗うのは大変!なので、子が上手に食べられるようになるまではちょっと工夫が必要なようです。


e0149587_11013248.jpg
最高のピクニック日和を境に、京都には完全に冬がやってきました。
アトリエの気温は10度ほど。一人の部屋に暖房はもったいないと、気合で製作してますが、布を切るハサミがキンキンに冷えきり、ターポリンは寒さでゴワゴワです。
ああ、もう師走。
楽しいお正月は一月後。
10日過ぎたら黒豆を催促しなくては。
15日ごろにはだし巻きを予約しなくては。

[PR]
by cosset-cosset | 2014-12-03 11:06