Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2014年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ちょっとは。2。

鳥見も一緒に。
e0149587_08202157.jpg
見えてるかわからない、というか、見えてないけれど雰囲気だけでも一緒に。
e0149587_08203315.jpg

はて、自分が子供の頃、親の趣味につきあった事ってあったろうか?と考えます。バブル真っ盛り。仕事が趣味の父につきあって何をしたのだろう?派手趣向の母につきあって何をしていたのだろう?

e0149587_08204235.jpg
子育ては親育てと言いますが、大人になってからのワタシの時間の中でこんなにも穏やかで豊かな時間はあっただろうかというくらい、とてもいい時間を過ごしています。今まで駆け足で生きてきたけれど、ゆっくりと歩むのも悪くないな。ものすごく、楽しい。忙しいけれど、とてもいい。
e0149587_08210641.jpg
カワセミのホバリングと捕食をゆっくりと観察できる、というのはイラチな性格では難しいけれど、子供にペースを合わせるとミラクルなタイミングに巡り会う、そんな事に気づくのです。


[PR]
by cosset-cosset | 2014-04-30 08:31

人にやさしく。

ポンコツ君というニックネームのベビーカーに10-8を乗せて出かける事が多いこのごろですが、ポンコツ君は10-8で6ユーザー目のがんばり屋さんです。なかなか重く、なかなか思うようにスムーズに動いてくれない。ちょっとの段差を乗り越えるのも”エイヤッサ!”と一声要ります。ちょうど一年くらい前かな、七本松の下立売上がった所をチャロと散歩していると、車道のはじっこを白杖ついたおじさんがコツコツと道をたたきながら歩いてまして、思わず、”もう二歩左に歩道がありますよ”と声をかけてしまいました。するとおじさん、”車道の方が段差が少ないから。おおきに。”とそのまま車道を丸太町の方へ歩いて行かれました。そのときはただなるほどなとしか思わなかったけれど、ポンコツ君を押すようになって、歩道がいかにガタガタだらけであるか、再確認させられます。ただでさえガタガタの狭い歩道に駐車中の車が乗り上げてたり駐輪の自転車が邪魔だったりで、意外と歩道をまっすぐ進むのは大変だったりします。かといって、車道のはじっこをベビーカー押して歩くのもどうかと思うので、”エイヤッサ!”と気合いを入れるばかりです。

また、最近バスや地下鉄にも良く乗るのですが、親切に席を譲ってくれるのはたいてい若い感じの老人か外国人。(いや、ワタシは立ってるままでも平気ですが、親切はそのまま素直に受けるようにしています。)先日はイタリア人が席を譲ってくれましたし、ポンコツ君をバスに持ち込むのを手伝ってくれたのはうちの親より年上のおばちゃんでした。そういうとき、いつも”ああ、弱者の助け合いだな”と感じます。
地下鉄乗るのも一苦労。エレベーターって、ちょうどいいところにないですね。地下に降りて地下から上がってくるのがこんなにも大変かと最近知りました。

そして、先週ハッと気づいたのは、京都の細い一方通行の道は、歩くときは逆走する方が走ってくる車に気づきやすく避けやすい。そもそも車が徐行してくれればいいのですが、なかなか車のヒトたちはそれ以外のヒトたちに優しくない気がします。最近の車はエンジン音が静かなので後ろから来てても気づきにくいですしね、すぐ後ろに来ててブーとならされてあわてて路肩によけるなんて事はしょっちゅうです。


まあ、何が言いたいのかというと、目線変われば色々変わる訳で。今まで見えてなかったものが見えるようになり、今まで感じなかった事を感じるようになり。自転車だけ乗り回してたら知らなかった事をたくさん経験するようになりました。ええ、世の中助け合い。みなさんに助けてもらって今があります。困ってるヒトを見たらさっと動けるようになりたいですね。
e0149587_20542879.jpg



話は変わりますが、今日は郷ひろみを間近で見ました。隣にはウェンツ君。近所のちびっ子はウェンツ君に夢中でしたが、ワタシより年上の皆さんは郷さんに夢中でした。ジェネレーションギャップですね。

[PR]
by cosset-cosset | 2014-04-25 21:19

レンゲ狩り。

レンゲ狩り。
畑一個を二人で貸し切り。
最初レンゲを踏む事にちょっと抵抗があったけれど、明日には田んぼの肥料となっちゃうレンゲ。
一人パトロールでは行かないような所へも、二人なら。



e0149587_20345516.jpg




[PR]
by cosset-cosset | 2014-04-23 20:39

そうかそうか。

外がうっすら明るくなってきた頃、隣で眠る10-8が絶好調にしゃべりだし、いつもより早く起床時間が来た日。
e0149587_09323851.jpg
ツレに10-8を見ててもらい、私は峠へ。
随分と日の出が早くなったもんですな。そして、随分と暖かくなったもんですな。


早起きは”三文の得”といいますが、この日仕入れたどうでもいいネタを少々。
その①。
e0149587_09460323.jpg
京都でロードに乗る人ならば、誰でも知ってるであろう、あの”イヌ”。バナナの箱は6男。レタスの箱は3男。写真には写ってないけれど、配列一番左はお父さん、そのとなりは5男。ちなみにお母さんは死んでしまったそうです。ワタシが学生の頃はヒモなしだったから何度か追いかけられて怖い思いをしましたが、今はみんなつながれていて安全です。女の人が好きらしい。けれど、汚いし猟犬だし、怖くて近寄れません。


その②。
e0149587_09533467.jpg
シカは、チューリップが好きらしい。花を食べ、葉と茎を食べ、最後は球根を掘り起こして食べるらしい。チューリップ、美味しいらしい。


その③。

e0149587_09551326.jpg
峠を登っている途中、谷を挟んだ向こう側がすごくきれいでした。



そうかそうか、街も春だけれど、当然山も春。
来週もパトロールに行けたらいいな。もう少し遠くまで行けるようになるといいな。ああ、シカの角拾いたいな。

[PR]
by cosset-cosset | 2014-04-22 10:01

1st SURLY

10-8の最初のSURLY。
e0149587_15210476.jpg
紫外線の気になる季節。赤ちゃん用のいい帽子が探してもなかったので、SURLYのサイクルキャップのサイドを詰めたらピッタリに。

タンスの中の数あるサイクルキャップからSURLYになったポイントは、
*外国人の顔にぴったりなサイクルキャップである事。(逆に言えば、日本人には残念なくらい似合わない形のサイクルキャップが良い。そういうのって、ありますよね?)
*ツバに固い芯が入ってない事。


手縫いで詰めたので、今後さらにぐんぐんと大きくなるであろう頭に合わせて縮めた分を広げて行く事は簡単です。
大人が着る服とおなじような雰囲気の子供服って意外とないですよね。ましてや赤ちゃん用になると、どうしても。。。


ということで、10-8の最初のSURLYはサイクルキャップになりました。


[PR]
by cosset-cosset | 2014-04-18 15:32

ちょっとは。

ちょっとは一緒に出来る事がある。

e0149587_11091683.jpg
ちょっとした縫製や、(カバンを作るのはもちろん無理)
e0149587_11090686.jpg
消費税率が変わったのでバッグにつけてある値札の交換。

親の背中を見る事が、今の10-8にどのくらいの影響があるのかは不明ですが、少しずつ少しずつ。



[PR]
by cosset-cosset | 2014-04-16 11:13

受注会。

毎年春と秋に行われている恒例となったREW10&コゼバッグの合同展示受注会。
ワタシの出産育児で昨春を最後に会は途絶えています。
楽しみにしておられる方もたくさんいてくださるようで、コゼバッグにも問い合わせがきます。
REW10にも問い合わせがくるそうです。
そして、いつも会場を貸してくれる古美術上田にも。。。

産む前は、”春くらいには受注会が開催できるだろう”と安易に捉えてましたが、全然無理です。
楽しみにしてらっしゃる方々、すみません。
今は、こつこつとオーダーのバッグを作るのに精一杯で、受注会用の準備はもちろん、子連れで東京へ行っていざ受注を受けてもお客様の手元に届ける自信と余裕が全くありません。
秋頃には、10-8も一歳になりますしもう少しワタシも育児と制作の両立が上手にできるようになっていると思います。


受注会の相方である東京REW10はREW10グッズ即売会を近々開催するらしいです。
”いつものアレ”が開催されず、モヤモヤ気味の方は相方の顔でも見に行ってやってください。




ここ一ヶ月くらいの10-8さんは夜は800に就寝、朝は700起床のリズムが型につき、親は随分と生活しやすくなりました。さらにここの所、午前中を”朝寝”に当てるため、仕事がしやすくなりました。天気のいい午後は外へ出てひたすら歩きます。おかげで妊娠で増えた体重5kg、現在その時よりマイナス10kg。ちょっとだけ体が軽い今日この頃。10-8のポンコツ君を押す手の甲だけがどんどんと日に焼けて行くのを見かね、
e0149587_11485066.jpg
自転車用グローブをはめて散歩です。


[PR]
by cosset-cosset | 2014-04-13 11:53

二世の会。

先週、ちょうど桜が満開の日にお花見に誘われ出かけてきました。
普段は集まらないメンバー4家族。
各家族に一人ずつ、元メッセンジャー。それも、今はなき京都メッセンジャー風。
それぞれに子がいて、二世は6人。

e0149587_21275908.jpg
昔はみんな自転車ばかりで移動してたから、どこで群がろうが自転車がそのへんにたくさん駐輪されていたけれど、(で、遅れてきたヒトはその自転車を目印にしてたはずだけれど)この日はさすがに誰も自転車じゃなかった。。。かわりにベビーカー。

e0149587_21274667.jpg
楽しい宴も子がいると昼から夕方早い時間でお開きです。
帰り道、ふと、10-8が大きくなって”メッセンジャーになりたい”と言い出したらどうしようか、と頭に浮かびました。ダメだと言う権利はワタシには全くないけれど、うーん、どう違う道へナビゲートしようか。とりわけ悪い仕事ではないけれど、できれば10-8にはホワイトカラーの完全なる勝ち組になってもらいたい。ごちゃごちゃと考えてしまいます。




話変わって、今日、さっき、チャロの予防接種に出かけた(諸事情により打ってもらえずしょぼくれていた)帰り、近くの無印良品でシーツを選んでいたら、横にいたお姉さんがいい感じのメッセンジャーバッグ背負ってたので、あ、いいバッグだなと思ってよーく見たら、なんと自分が作ったコゼバッグでした。いやいや、いい感じやった。お姉さんの選んだカラーが雰囲気にドンピシャでサイズ変更のオーダーもそのときはちょっと煩わしいなと思ったけれど、お姉さんの体にぴったりしていてすごく良かった。うん、仕事がんばろうと思った。ええ、これはただの独り言です。





[PR]
by cosset-cosset | 2014-04-07 21:47

蛤御門。

気がつけば、春爛漫。桜も満開です。
お花見の季節ですが、
e0149587_10061876.jpg
円山公園ではブルーシートでのお花見は禁止だそうです。ま、見た目も悪いですし、やっぱ風情がない。
鞄屋のコゼバッグですが、密かに人気商品の”レジャーシート”。
見た目がいいのはもちろん、濡れたところでも大丈夫だし、その重さ故に風に飛ばない翻らない。重たさをメリットに捉えればいいことづくめ。
でも、今年のワタシには重さは一番のデメリットです。

そこで、お一人さまシートの登場です。
まだ10-8を自転車で連れ回す事ができないので、もっぱら歩いてばかり。
e0149587_10113723.jpg
60cm×60cmのお一人様シート。子用に一枚。親用に一枚。
うまいこと二人で寝転がると、親は足がでますが、地面の湿気で濡れるほどではありません。
子供は転がるだけで喜び、親は双眼鏡で鳥を見て喜びます。


e0149587_10142163.jpg
親子で転がってると、通りがかりのヒトに”ワンちゃんかと思ったら赤ちゃんや”と言われ、今年のピクニックにはチャロが不在な事にハッと気づきました。


ああ、早く自転車に乗って遠くへ行きたい。
歩くだけではどうしても限界がある。。。

e0149587_10200255.jpg
お一人様シート、最初にこの大きさで注文をくれた方は”自分はハイキングで使うけれど、赤ちゃんのオムツ替えシートにぴったりなはず!”と言ってくれました。
たしかに。(といいながら、我が家では肝心なときに持ち合わせておらず、この間は親戚宅で座布団を一枚汚して帰ってきました。)
他にも、この間10-8の病院のロビーでベビーカーにコゼバッグを引っさげているヒト見かけましたし、ママバッグとしてオーダーを受ける事も多々。
ええ、子育てにも優しいコゼバッグでありたい、と思います。



表題の蛤御門ですが、10-8のベビーカー通称ポンコツ君。6ユーザー目のベビーカー。ポンコツ君なので御所の砂利の上を走る事ができず、いつも門の裏手において御所内はおぶりヒモで歩いてます。昨日、そのいつもの門扉があの蛤御門である事を知りました。観光タクシーのドライバーの解説を盗み聞きしちゃったんですけどね、ココが弾丸の跡で、、、って。京都に住むと近すぎて知らない事だらけです。



[PR]
by cosset-cosset | 2014-04-02 10:36