Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

<   2014年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

白菜。

この間の週末のリハビリライドのもう一つの大切なミッションが、”白菜を手に入れて帰る”事。
白菜は、やっぱり一玉買った方がモチがいい。
くるりと新聞に巻いておけば、ひと月くらいは持ちます。
なかなか近くのスーパーでは一玉売ってないし、10-8プラスチャロの散歩で白菜一玉買おうものなら、相当な覚悟を持って買い物に出かけなくてはいけません。

せっかく一人身軽に峠の方へ行くのだから、帰りに鷹峯の無人販売を巡ればどこかで売ってるだろう、と。


えっさほいさと峠を登り下って、白菜ミッション敢行です。
坂を下ってると、京野菜農家として有名なヒグチさんがオモテにいはったしせっかくだから、”白菜を分けて欲しい”と正直に告げると、畑に連れて行ってくれました。ヒグチさん、ばつぐんにおいしい京野菜を作る事でとても有名で(面識は全くないけれど、テレビや新聞でよく見るので顔は知ってるのです)、レストランや料亭のシェフが直接買い付けにくるという、スーパーなどには並ばないブランドモノを作っている農家さん。
e0149587_09065296.jpg
持って帰るサコッシュの大きさと予算に見合った穫れたて白菜を分けてもらいました。
なんでも言ってみるもんやな。
畑の奥に見える大型クレーンと畑の右側に見える建設中のリゾートホテルの防音壁がとてもアンバランスでシュールでした。
ホテル建設のおかげで地下水の出が悪なった、とのこと。


e0149587_09070093.jpg
サコッシュに入れて持って帰った白菜とおまけに付けてくれた人参。
白菜は、とてもシャキシャキと新鮮で、鍋で煮ればくったりと柔らかく、それはそれはばつぐんに美味しい。
人参も(あんまり人参て好きじゃないけど)蒸してオリーブオイルと岩塩で食べたなら、まるでレストランみたいな美味しさでした。

ワタシは自転車の格好のまま、それもヘルメットもサングラスもつけたままだったけれど、ヒグチさんは快く立派な白菜を分けてくれました。なんでも言ってみるもんやな、そう思った白菜ミッション。



[PR]
by cosset-cosset | 2014-02-27 09:21

我慢の限界。

随分と自転車から遠ざかっていたけれど、出産で痛めた尾てい骨も緩んだ骨盤も調子が良くなってきたら、暖かくなるのを待てず我慢の限界。

e0149587_10264426.jpg




ツレにそう告げ、半年ぶりにロードバイクをオモテに出しました。
そして、10-8をツレにまかせ、
e0149587_10265036.jpg
半年ぶりにヘルメットとビンディングシューズを履きました。
そして、半年ぶりに、いつもの峠へ行くと、
e0149587_10265626.jpg
バイパスが完成してました。


久しぶりに跨がるロードは、思いのほかサドル位置が高いなと感じ、久しぶりに登る峠は、ものすごくしんどかった。けれど、キンキンに冷えた空気の中(峠のふもとで3℃)、シカのなく声を聞きながら登る峠はすごく新鮮で楽しかった。
e0149587_10270174.jpg
ああ、もっと早く峠を登れるようにならなくちゃ。今までの一人パトロールと違って、家で待ってるヒトがいる。早く帰ってやらなくちゃと気持ちだけ焦ります。それに、平日パトロールに行こうと思ったら、早起きをしてツレが会社に出かけるまでに戻らなくちゃいけない。となると、ケツが決まってるわけで。これからは少しでも早く走れるように心がけなくちゃいけない。。。

e0149587_10271086.jpg
”登った峠をそのまま下る”なんて、好きじゃないけれど、リハビリライドで無理は禁物。おとなしく登った峠をそのまま下りてきました。バイパスの完成によってかつての道は”旧道”になり、もはや自動車は通る事ができません。ヒトの体も道も使わなくなると一瞬で荒廃しはじめます。ワタシは半年で落ちてしまった足の筋肉を少しずつ”自転車に乗る事”で取り戻したい、旧道を下りながらそう思いました。

そして、今日はお約束の筋肉痛です。思った以上に筋肉って落ちるのが早いです。



[PR]
by cosset-cosset | 2014-02-24 10:56

ウィスキー

すごくウィスキーが飲みたいのです。
サントリー角瓶黒を愛飲していた頃が懐かしい。
e0149587_13561402.jpg
ノンアルコールウィスキーがあればいいのに、と思うけれど、そんなのはウィスキーじゃないし。
ここ10日ほど、ウィスキーが飲みたくて仕方がないのです。
サントリーの角ハイボールのコマーシャルに完敗です。
そしてandymoriのウィスキーの歌がグルグル頭の中を回ります。


[PR]
by cosset-cosset | 2014-02-20 14:07

昨日は。

昨日は京都マラソン。
一回目の開催の時は当選したものの法事でキャンセル。以来マラソンとは縁遠い生活を送っていますが、こう見えてもワタシは元トライアスリート。人生初のフルマラソンは20歳のときに出場した宮古島トライアスロンのランパート。155kmのバイクパートを終えてからの42kmは”あとたったの42kmで終わりだ がんばろう”と妙な錯覚をしたまま完走したのですが、その後出場した純粋なフルマラソンは42kmが果てしなく思え、それはそれはしんどかった記憶があります。

そんなフルマラソンに挑戦するために鹿児島よりやってきた辻さんを応援しようと平野神社前に待機した午前10時すぎ。
そこには15000人のランナーが続々と前を通過して行きます。
事前に、当日走る服装を聞いていたものの、”上は白、下は黒”の格好をしたランナーは山ほどいてて、到底探しだせません。
シクロクロスのレースは、まあ、着ているジャージと自転車でだいたい誰か分かるし、同じコースをグルグル回るし、せいぜい一レース7〜80人なので応援するヒトを見つけやすい。
いやいや、フルマラソンの応援と言うのを舐めてました。
本当に、まったくわからない。
1/15000を見つけるのはとても難しい。
そして、ランナーはそこそこ早いスピードで自分の前を過ぎてゆきます。
e0149587_12542654.jpg

たまたま居合わせたトレイルランナーの知人に、”マラソンの応援は、ランナーに見つけてもらうべし”と教わり、家から作って持ってきたへなちょこバナーを手に辻さんの出現を待っていると、”チエちゃーん”と声が。
辻さんに、無事に見つけてもらいました。
カメラを構える余裕もなく、一瞬で辻さんは行ってしまいました。
みなさんも、もしいつかマラソンの応援にいく事があれば、こういったバナーを作って行くことをおすすめします。
そして、できれば、応援ポイントをピンポイントでランナーに事前に伝えておく方が見つけてもらいやすいみたいです。
走る方も、応援する方も、”ウォーリーを探せ”みたいにならず落ち着いていられますよ。


無事にミッションを終えて帰り道。
北野天満宮の脇道を通って帰りました。
e0149587_12543516.jpg

生け垣の向こうの梅林を覗き込むと、もう梅の花が少しずつ咲き始めてました。





[PR]
by cosset-cosset | 2014-02-17 13:07

体内時計

10-8の体内時計が明らかに狂いだし、昼夜が完全に逆転してしまって一週間ほど。
深夜0時頃になると目がキランと輝きだす。。。
そして、明け方まで泣きわめいてみたり笑ってみたり指を吸ってみたり。。。
逆転してしまった事に気づいたときは、”どうなってるんだ!”と困り果てたものですが、だんだんと慣れてきました。

そもそも、時計を見られない10-8に”今が夜ですよ”とか”さあ、お昼の時間です”と知ってもらう方がおかしな話とふと思い、ならばワタシも時計なしの暮らしをしてみようと思い立ちました。
ラジオをつけていると、ラジオがご丁寧に時間を教えてくれます。
日中は、誰かしら玄関前を通るので、番犬チャロが来客を知らせてくれます。
鳴った電話を取れば時間が表示されます。
。。。
なかなか時間を知らずに体内時計をたよりに暮らすのは難しい。
大人って、思ったより”目に見える時計の時間”に縛られているようです。
二日で断念しました。(でも二日もトライできるだけヒマですね ワタシ)
ならば、10-8に合わせて早寝しようと思い立ち、8時半には床につき、魔の12時を待つ事にしました。
いつか、近い将来昼は昼、夜は夜と分かってもらえる日が必ずくるはずなので、その日を待ちます。


今日の京都は明け方に雨が雪にかわってそれからしんしんとつもっています。
午後には10-8の予防接種に行かなくちゃいけないのに困ったな、外を見て思います。(なんだかこの間も予防接種の事書いた気がするけれど、もう一ヶ月経ったんですね)

e0149587_09451406.jpg
裏に降り積もる雪を見ながら食卓で一人食べる疲れた体に酸味がうれしい頂き物のポンカン。
そして、”自転車の事忘れるなよ”とメッセージが含まれているような頂き物の手ぬぐい。(sousou×ZoBAGS)



明日は密かに産後初のマウンテンバイクに出かけようかと思ったけれど、ブランク長過ぎのこの体にこの雪は危険すぎると断念せざるを得ません。明日は図書館で調べもの。明後日は京都マラソン。鹿児島の辻さんの応援に出かけます。

[PR]
by cosset-cosset | 2014-02-14 10:07

子椅子。

友達から”絶対必要だから”と譲ってもらったチャイルドシート。
e0149587_09070176.jpg
うちのどのイスより高級かつスポーティ。
ただ、最大のオチとして、我が家には自動車がないのです。
最近はツレと”どうやったら自動車を保有できるのか?”という会話をしますが、どう算段しても我が家は自動車を買って維持する経済的余裕がない。自動車がないと生活できないとかで切羽詰まればどこかから”秘密のお金”が出てくるかもしれませんが、そこまででもない。
いつか自動車で出かけるときがくるまでアトリエでの社長のラグジュアリーソファとして活用することになりそうです。

ここ数日は、このイスをなんとかしてエクストラサイクルの天板に括り付ければ最高のチャイルドシートになるんじゃないかと密かに企んでいたりしますが、そんな事をした暁にはたとえ我が子のことであろうが世間様から総スカンを食らいそうなので実行できずにいます。


そろそろ花粉も感じ始め、春に向けて準備をはじめなくてはいけません。
アトリエ再開に向けて少しずつ気持ちも体制も整えつつあります。
久しぶりに気持ちよく晴れている今日、まずは銀行へ行こうと思います。

[PR]
by cosset-cosset | 2014-02-12 09:21

イカル

今朝、所用の前に御所をブラブラあるいていると、例えるなら木の枝につもった雪が地面に落ちるような音が聞こえました。
バラバラバラ。
バラバラバラ。
小雪の舞う今日の京都ですが、御所には雪はつもってません。


音のする方を凝視すると、
e0149587_14473822.jpg
イカルの群れがドングリを貪り食ってました。

e0149587_14474604.jpg
それも大群です。この写真の中にも50羽ほどいますが、ほんと、ものすごい数のイカルの群れです。おそらく数百羽。
久しぶりに、鳥を見て興奮しました。
しかし、なんで鳥って人間のように自分の姿を鏡で見る事ができないのに、自分と同じ種類の鳥と群れる事ができるんでしょうねえ。すごく不思議です。



家から御所まで歩いて25分ほど。
御所を歩いて30分ほど。
用事のあるところまで御所から15分ほど。
だっこのウェイトは6kgほど。
とてもいい運動です。



もっと自転車に関係する事を書かなくちゃいけないけれど、今日は鳥で。





[PR]
by cosset-cosset | 2014-02-05 15:05

節分

日曜日。
ずっと一緒にメッセンジャーをしていたかつての同僚の結婚式に参列してきました。
元来の真面目さも手伝ってメッセンジャーから華麗なる転職を果たし、勝ち組的なニオイもプンプン。
一緒に社長のデートの探りを入れたり待機中に良からぬ事を企んだりした日々はもう遠すぎて思い出すのに時間がかかるほど。
かわいい奥さんとステキな幸せな家庭を築いてほしい、心からそう願った日曜の夜。

昨日の節分では10-8と近くのお寺と神社の節分祭をはしごし、夜は大人だけ恵方巻きを食べ、くちたお腹をさすりながら(恵方巻きで米3合近くを食べてしまった!)マメを33粒数えて口に放り込み、”いつの間にマメが33粒になったんだろうか”と流れる時の早さにドキッとしました。その動揺を”鬼役”のチャロに無駄にマメをぶつけながら、ワタシの知ってるみんなが(もちろん知らないヒトもだけれど具体的じゃないから省いておいて)しあわせであればいいなとほんの少しだけ思いました。


最近気づいたけれど、以前自分の身に起きたいい事も悪い事も記憶からどんどんと遠のいています。
思い出すのにずいぶんと時間がかかったり、ほんとにこんな事あったんかなと首をかしげたり。
結婚した同僚と一緒に京都の街をわんぱくに走っていた日々は、もう10年ほど前のこと。そのときはそれが一番と思っていたけれど、辞めてしまえばあっさりと次のステージに身を置く事は容易でそしてその事に案外あっさり順応していくものです。
きっと今が充実しているからそんなこと思うんでしょうね。
最近、昔のわんぱく仲間が結婚したり子供が産まれたり(自分もやけど)で、どんどんとまっとうな大人になりつつあります。



まあ、そんな感じの立春の今日なのです。

[PR]
by cosset-cosset | 2014-02-04 12:43