Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

昨日久しぶりにデニムを履いたところ、スカスカになってました。。。
いやいや、痩せた自慢とかじゃなく、今まではたいていのズボンはウェストよりも太ももが入るかどうかが決め手だったのに、ピチピチで履いてたデニムにゆとりが発生。そういえば、もう半年も峠登ってないもんな。峠を登るためについた筋肉はことごとくしぼんでいっています。腹回りは、変わらずです。妊娠でそんなに体重増えなかったし、産んだらすぐに戻ってしまったし、まあ、元が元なので。

代わりに、毎日何十回と上り下りする家の急な階段によって今までになかった筋肉がつきつつあるようです。
それに、
e0149587_16491317.jpg
この、毎日の散歩ですよ。
10-8をおぶって毎日チャロ散歩。こちらが気を使わなくてもだっこひもの中身の重さは勝手に増して行きます。
すれ違うヒトに”大変やねえ”と言われる事も多々。
”大変やねえ”という視線を投げ掛けられる事も多々。
そんなに大変じゃないけれど、一散歩につき、一度は必ずやらなくちゃいけないスクワットが大変です。
10-8は小さくうまれたので、もう今や産まれたときの3倍に近い体重になり、チャロ様の”おとしもの”を拾うときは、やりたくなくても勝手にスクワットです。それも負荷は日々増していき、日々それに耐える体は鍛えられているようです。
ああ、マジックハンドの先っぽがイヌのお尻にあたって”おとしもの”を楽にすくえる道具が本気で欲しい。。。



最近のチャロ様は、今までと変わらず暮らしています。

e0149587_16492673.jpg

よく”赤ちゃんがくると嫉妬に狂う”と言うらしく、”チャロは大丈夫か?”と聞かれます。至って普通です。ちょっと飼い主の愛情が自分に向いてない事に気づいているようですが、まだ10-8をヒトとして認知してないみたいで10-8を近づけると手のひらや耳の辺りをちょろっと舐める程度です。そして、 10-8はまだチャロの事をくさい毛布ぐらいにしか思ってないみたいです。



フワフワとした時間軸の中、あっというまに毎日が過ぎてゆきます。

[PR]
by cosset-cosset | 2014-01-28 17:13

雪とモビール

久しぶりに雪のつもった日曜日。
e0149587_12034866.jpg
雪と戯れにチャロをつれて御所へ。

e0149587_12035798.jpg
雪の上なら鳥が見やすいかもしれない、とワタシは双眼鏡を覗き込みます。
今更ですが、鳥の動きはとても早い。なので、”あ、見つけた!”と思って双眼鏡を覗き込み、ピントを合わせる頃には鳥は飛び去っている、という事が多い。裸眼で見るのが一番見やすい。けれど、裸眼ではどうしても限界があるし、双眼鏡越しでうまく鳥を捉えられたときには羽根の一枚一枚が良く見られてうれしかったりします。



羽根部は、再開しているものの、なかなか拾うに至りません。
ドバトとカラスの羽根ばかりが目立つ中、この日はアオバトのきれいな黄色とみどりの羽根を一枚だけ拾いました。
きっと、心の乱れが原因と思います。落ち着いて羽根に向き合わないと、茶色の地面に落ちてる茶色の羽根なんて目に入りません。



最近はコゼ手芸部と称し、こつこつとモビールを作っています。
e0149587_12040807.jpg
思ったより簡単だけれど、思った以上に奥が深い。
毎日微調整を繰り返してるので、なかなか糸の端っこを処理できません。
社長が喜んでくれたらいいなと思って作っているけれど、まだ社長の興味はこちらに向いてくれません。
いつかハネコレ(羽根コレクション)の中からきれいな羽根を使って、素敵すぎてびっくりするようなモビールを作ってみたいと企んでます。




[PR]
by cosset-cosset | 2014-01-21 12:22

BIRDER

この間、市内にもうっすらと雪がつもった翌日にコゼバッグは6年目に突入しました。
e0149587_11103648.jpg
人生で、こんなに自転車に乗っていない日々があったろうか、、、と、雪化粧した北の山を見て思います。



ワタシは京都新聞を購読してるのですが、毎月月中くらいになると、朝刊一面の下に、"BIRDER"という名の雑誌の発刊広告が載ります。広告を見るたびにツレに”バーダーを買ってきてくれ”とお願いするも、マイナー雑誌なのかなかなかその辺の本屋さんでは手に入らないようで、ずっとずっと気にはなっていたものの手に取れずにいたのですが、社長のお世話でなかなか外に出られない鬱憤から、バックオーダーを含め、お取り寄せしてしまいました。

e0149587_11105491.jpg
内容が濃くてすごく面白い。ワタシが鳥にド素人だからか、ものすごく面白い。鳥の図鑑なんかよりよっぽど読み応えがあって、見飽きる事がありません。
特集の”キュート♡なカラ類”なんて、心を鷲掴みです。
広告は双眼鏡や望遠レンズ、鳥見ツアーなど。業界ツウであろうライターやカメラマンがいい仕事をしています。
まさに自転車雑誌の鳥バージョンなのですが、素人故にすべてが新鮮で楽しいのです。
きっと、自転車雑誌もまだ自転車始めたばかりのヒトにとってこんな気持ちになるんだろうなあ、というのを味わっています。
それにしても、鳥って奥が深い。もちろん自転車もですが。
だって、ワタシの持ってる双眼鏡は2万円ちょっとのものですが、それは自転車に例えるとママチャリからちょっと高価なクロスバイクを買うような感じ、らしい。
上を見るとキリがなく、ハイエンドモデルはまるでトレックのドマーネやマドンのような存在、みたいです。
鳥見にも、”あなたは何派ですか?”というのがあり、素人には”え、派まであるのか!!”とドキッとします。(羽根派はないみたいですが)

なかなか鳥見羽根拾いにでかけられない日々を、こうしてBIRDERでごまかしています。
このプクッとした感じがかわいい、とか、この羽根の感じが美しいなあ、とかとかとか。


そういえば、ここ何年も自転車雑誌って買ってないなあ、と今更思います。(BIRDERは定期購読を申し込んじゃったけどね)
そして、今日は社長はじめての予防接種に出かけてきます。鳥同様、子育ても知らない事だらけで、今時のちびっ子たちの予防接種のスケジュールがこんなにもハードなものであると最近知りました。ああ、社長泣いちゃうんだろうなと、親のワタシがドキドキしています。

[PR]
by cosset-cosset | 2014-01-17 11:40

なんでもはじめて。

遅くなりましたが、みなさん、あけましておめでとうございます。
毎年待ちに待って迎えるお正月。
12月に入ったところからちょっとずつお正月のごちそうの準備を始め、今年のお正月は、31日の夜、年越し蕎麦を食べる頃には完全に燃え尽き、ぐったりとしていました。
我が家からほんの少し下がったあたりは数件のお寺が並び、お盆、お彼岸、節分の頃はやたらと賑わいますが、31日夜から2日頃までは、お寺参りをするヒトがゴンゴンゴンゴンと鐘をつき、除夜の鐘とか全く関係なく、ゴンゴンゴンゴンと3日間ほど賑やかに鐘の音が響いてました。

しかし、いいですね、お正月。静かでしっとりしていて、ダラダラしてても罪悪感がなくて。
家族が増えて、お酒が飲めない今年の正月は、食い気に走る事もなくただいつもの日常の延長のような感じで特別感は薄かったものの、ちょっと上等なお肉を食べたり、甘く甘く炊いた黒豆やおぜんざいを食べたり、いつもの友達や、帰省や旅行で京都に来た友達に会ったりして、楽しい時間を過ごす事ができました。

が、月曜から冬休みを終えたツレが会社に行くようになり、テレビもラジオの番組もいつも通りになり、平常が戻ってきてしまいました。
また次の正月を待つ。
さあ、今年もがんばろう、そう思うのです。


冬休みの終わり、ツレが出場する関西シクロクロスへ応援に行ってきました。
e0149587_11113249.jpg
近しいピーターパンたちのユニフォームも新調され(正月期間中毎日モチを5〜8個も食べてたツレはシュッとジャージが着られず、醜態をコゼログにあげる訳にはいかないので、写真はチャロ係のピーターパンです。)、レース中も目立つようになりました。
寒い季節に行われるシクロクロス、レースに出るヒトはもちろん、応援するヒトも応援しやすいようなコースになってて楽しいのですが、いかんせん寒い。
ワタシはツレのレースを見終わると、10-8と一緒にすぐ近くの琵琶湖博物館へ行ってきました。
一度訪れてみたかった琵琶湖博物館。
淡水魚の魚がわんさか。
駆け足で見て回りましたが、なかなか楽しかったです。
e0149587_11164380.jpg
10-8がもっと大きくなったら、このザリガニの遊具で遊ばせたい。(子供しかザリガニの頭の中に入れないけれど、バーチャルザリガニごっこです。中からハサミを操り、オタマジャクシやミミズを捕まえるというシュールな遊具がありました)




最近は、10-8をつれて色々と出かけられるようになりました。
はじめてのバス、はじめての地下鉄、はじめての自動車、はじめての自転車。はじめてのお店、何をするにもどこへいくにもはじめてだらけ。もちろん親であるワタシにとっても子連れははじめてだらけ。
いつもの何気ない外出も、ああ10-8にとってははじめてなのか、と思うとちょっと新鮮です。
そして、一人の時よりも3倍の時間がかかります。
子供が親を育てるとよく聞きますが、まさにその通りだなと。
一瞬で過ぎて行く毎日ですが、今年は毎日を大切に過ごしていこうと思います。


10年前は、”触ったらヤケドするぜ”といわんばかりに尖ってた自分ですが、年を重ねるごとに川を転がる石のようにだんだんと角が取れまーるくなってきました。10-8が来て、さらに角が分からなくなるくらい、丸くなったように思います。丸くなってすり切れて、形が分からなくなって、、、というのがヒトの人生なのかもしれません。
もしかすると、コゼバッグ面白くなくなったぜ、と思ってる方も大勢いらっしゃるかも知れないですが、どうぞ今年もおつきあいください。よろしくお願いします。








[PR]
by cosset-cosset | 2014-01-08 11:36