Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー

<   2013年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

夏休み。

e0149587_16395294.jpg



コゼバッグ、8月1日(木)〜8月31日(土)まで夏休みです。
一ヶ月の長い夏休みですが、カレンダーを見ながら色んな予定ややりたい事、やらなくちゃいけない事を頭に浮かべると、一ヶ月なんてあっという間に過ぎてしまいそうです。
ずっとやってみたかった事の一つに、”洋服作り”があるのですが、なかなか腰を据えて勉強しようとなると難しい。少しずつ、作りたいものが作れるようになりたい、そんな感じです。


みなさんも、いい夏をお過ごしください。
[PR]
by cosset-cosset | 2013-07-31 17:07

今日のひとしな。

e0149587_1623874.jpg

アトリエの棚。


明々後日から一ヶ月夏休みのコゼバッグ。
長期休暇を利用して、アトリエは大掃除です。床にオイルを塗ってツヤを出してあげます。外せる建具は水洗いをする予定です。いらんものはどんどん処分する予定です。
縫製でホコリがでるけれど、掃除の度に重たいものを持ち上げるのがイヤなので、ミシンも生地をストックしてる茶箱もワゴンもコロがついて手軽に動かせますが、この棚は、移動するのが大変。一度中身と引き出しを出してエイヤ!と引きずります。
今日も、”コイツを動かすのが一番面倒くさいなあ”と考えてしまいました。


実は、この棚、コゼバッグ東京時代に拾ったモノ。
そして、いささか信じがたい話だけれど、エクストラサイクルに乗せて自宅まで持ち帰りました。
e0149587_1628572.jpg

e0149587_1629476.jpg

ツレに運んでもらったのですが、重たいデカイで二人キャアキャア大騒ぎだった事をふと思い出しました。
最近は、あんまりモノを拾わなくなりました。
そして、エクストラサイクルで無茶して大きいものを運ばなくなりました。
オトナになったのかもしれません。

コゼバッグ、明日30日は定休日です。
[PR]
by cosset-cosset | 2013-07-29 17:16
ブログを見てくださる方に会うと、時々、こう言われます。
”ブログ見る度に、いつもなんか拾ったり見つけたりしてるよね”
って。


そんなことはない。
けっしていつもではない。
確かに、なんにも見つからなかったり拾わなかったりすると、家の近くまで帰ってきたときに、”今日はなんにもなかったなあ”と思うのですが、以前に比べて”拾う事”はほんと少なくなりました。だいぶ分別がつくようになったみたいです。”見つける事”はよくあるのですが、例えば”電線にものすごい数のトンボが止まってて、それがまるで午後の鴨川で等間隔に座るカップルのように見える”とか、そんな自分一人がエキサイトするような事ばかり。


e0149587_1653390.jpg

それでも、まあ、一般的に自転車に乗って山の方へ出かけて行くヒトたちとは明らかに目的と視線の先が違ってるのは自分でも分かってます。


けど、いつも、羽根やホネを拾ってるわけじゃない。
ワタシは、虫は苦手です。特に、背中が黒く光ってるのとか、やたら大きいのとか。
出来れば足は(手と足を含んで)4本がいい。
そして、できれば、フワフワの毛が生えてるのがいい。(哺乳類ですね)
なので、コゼログにはあんまり虫が出てこないのです。


今朝、ツレと出かけたパトロールでは、ホイールに乗った4cmくらいのクモと、茶色とオレンジの足がたくさんついてるヤツを見つけたくらいでした。もちろん、それらをコゼログにあげる事はありません。
ええ、苦手ですから。
[PR]
by cosset-cosset | 2013-07-28 16:59

FB.もう一丁。

今日納品のひとしな。

e0149587_16542624.jpg



隙間を埋めるバッグです。
モンキー独特のフレームに合うフレームバッグは絶対に、絶対に、市販品では存在しないので、こういう場合にこそ、コゼバッグ。


やっぱり縫ってる最中は色んなマジックテープが引っ付き合って、どこを縫ってるか分からなくなるのですが、一つ一つのマジックテープが割と重要な役割を果たします。(ケーブルワイヤの受けの所に引っかかってバッグがずり下がるのを防止したり、、、)



e0149587_1742321.jpg

ウワサによると、モンキーの台湾ボウズというのはワンサイズしかなくて、どうやらこの隙間の大きさもみな一緒らしいですね。
[PR]
by cosset-cosset | 2013-07-27 17:13

FB.

フレームバッグは、と書き始めたものの、フレームバッグに限らず、コゼバッグのオーダーの多くは遠方の方からのオーダーです。
なので、なかなか納品で直接渡したり、フレームバッグは、実際にバイクに装着される所を見る事が少ないのですが、先日お納めしたフレームバッグ、オーナーさんが写真を送ってくれました。


e0149587_180186.jpg

空井戸サイクルで注文したマキリを納車後、その足でコゼバッグへフレームバッグの注文に来てくださいました。(そしてその後、オオサカまで自走で帰って行かれました)


一面にするか、分割にするか、それともサンカク内の一部にするか。
色々使う用途などを話した末、分割にしました。


e0149587_182176.jpg

ボトルを付けるときは、下半分を外してボトルゲージを付けられます。
自転車のカギ、ジャケット、財布、工具など、細かいものがサンカクのなかでごっちゃになる事もありませんし、重みでサンカクの下半分がもったりする事もありません。


作ってる時は、もちろんフレームから取った型紙から作ってるのでピッタリ作ってる自信があるのですが、やっぱりこうやってピッタリと自転車に収まるFBの写真を送ってもらえるとうれしいものです。




作ったバッグ、全部の写真を撮っていればいいのですが、逆に全く撮っていないずぼらなコゼバッグ。
使ってくださってるみなさま、使用時の写真を送ってくれると作り手は、すごく喜びます。
[PR]
by cosset-cosset | 2013-07-26 18:10

今日のひとしな。

e0149587_1727159.jpg

アトリエ唯一の空調、扇風機。ナショナル製。

アトリエ来訪の連絡をくださるお客さまに、”エアコンがありません。心づもりをしっかりと”と付け加えるように言ってしまう季節です。
たしかに、暑い。
しゃべるとなぜか余計に汗が出てきます。不思議です。
そろそろアトリエにエアコンが欲しいなあと思いつつ、エアコン入れたらもっとしっかり働かなあかんようになるしなあ、と考えたり。(夏休みを長期とる理由の半分くらいは”アトリエが暑いから”なのです)
この扇風機、カタカナで”ナショナル”と書かれたナショナル製。
3が弱く、1が一番強い風が出ます。
いきなり3を押すと羽根がまわりません。
2を押して助走をつけて3に切り替える。
そうしないと3の風は浴びられません。

我が家の3台ある扇風機はどれもこのくらい古く、それぞれに長所と短所があります。古い扇風機の使用による火災のニュースを見聞きする度ドキっとします。そろそろ処分せなあかんのかな、と思うのですが、いかんせん、古すぎて全く壊れる気配がない。3スタートできないとか首振りしかできないとかそれぞれの欠点はありますが、致命的な壊れはないのです。前に使ってた割と新しめの(リモコン付きの)はボタンをうっかり踏んでしまって壊れ、サヨナラした事がありますが、古いのはやっぱりものすごくタフネスです。毎年仕舞う時には(自分なりに)しっかり分解してホコリを取り、グリスアップしてあげてます。
古いのはやっぱり丈夫です。
なかなかサヨナラしがたいです。
けれど、火災が怖いので異音異臭には常に敏感でいなくてはなりません。


ああ、暑いですね。
明日25日はコゼバッグ定休日です。
[PR]
by cosset-cosset | 2013-07-24 17:40

ツバメに思う。

たくさんのツバメが空を舞っていたはずなのに、羽根を手にする機会が一度もなかった今年。
こんだけツバメが飛んでるんだから、一羽くらい、一枚くらい、羽根を落としてもいいはずなのに、ツバメづかなかった今年。(逆に、今年はウグイスを数羽拾いました。といっても車道で死んでしまってるのを道ばたに避けたという意味ですが)


京都輪界のカリスマのお店には、
e0149587_1635118.jpg

ツバメの絵の入った自転車が数台並んでました。

会う度に、”大変なんですよ”とか”忙しいんですよ”と言ってはCycle誌とARAYAの合作ツバメ号について熱く語ってくれたカリスマ。カリスマが関わって手頃で乗りやすい女性用自転車を作ったということで、今や品切れ状態らしいツバメ号。


e0149587_1640579.jpg

この間のお休みに、ツレと”御手洗祭”の見学に行った帰りにふらりと久しぶりに寄ったカフェ工船での写真です。
カリスマは、ツバメ号を機に店の屋号を変えて、女性専門の自転車店に変えるとか言ってたような言ってなかったような。
今まで見た事ないくらいすっきりした自転車スペースになってました。


e0149587_16425969.jpg

エアコンの効いた店内でいただいたコーヒーは、相変わらずおいしかった。
家に届けてもらってるのと同じ豆なのに、全然違う。
朝、寝ぼけ眼にいれるコーヒーと、プロのいれてくれるコーヒーはやっぱり違う。
ワタシはカフェオレを、ツレは、アイスコーヒにアイスクリームを乗っけてもらってました。
御手洗祭で、かき氷を食べるか食べないかでさんざん迷った挙げ句、食べない選択をした後なので、ツレはすごくうれしそうでした。


一時期、旅の途中でコゼバッグに来てくれるお客さんには”ぜひに行ってみて”と勧めていたものの、最近はオススメもせず。(今のアトリエからだとちょっと距離がありますからね)
ぜひ京都にお越しの際は、カフェ工船へどうぞ。(ググってみてね)
おいしいコーヒーと、ツバメだけの自転車がありますよ。
[PR]
by cosset-cosset | 2013-07-23 17:27

掲載情報。

e0149587_17262456.jpg

Loop Magazine vol.17
三栄書房


コゼバッグのメッセンジャーバッグとコゼパニアを紹介してもらいました。
こういうストリートっぽい雑誌の、それもメッセンジャーバッグ特集のようなページに載せるブランドにコゼバッグを選んでもらってなんだか恐縮です。
コゼバッグと言えば、トート型のメッセンジャーがやっぱり一番人気なのですが、貸し出したのはメッセンジャーバッグとコゼパニア。
なかなかオツな組み合わせで紹介してもらえてます。


普段は開く事のないこういう雑誌ですが、見てみると面白いですね。
ワタシが10年近く前に出会ったNYのメッセンジャーが紹介されていたり、写真集っぽく外国のメッセンジャーが1ページ一人ずつ紹介されていたりと、なかなか最近では向こうのメッセンジャーを見る事がなかったワタシには新鮮でした。



ぜひ、書店等でお買い求めください。
[PR]
by cosset-cosset | 2013-07-22 17:37

ヨガ的な?

コゼバッグ、夏休みまで10日となりました。
すでに夏休みに入ったであろう近所の子供たちが遊ぶ嬌声が表通りから聞こえてきます。
うらやましい。
ワタシは、夏休みが終わる頃に残った宿題の量に怯む子供のように、今、残り10日、約束の納期を守るため一日の油断も許さない状況に追い込まれています。といいながらも、一日に作ることのできる数も限られているし(絶対に夜なべや徹夜はしません)、切羽詰まった所でいいモノなんてできないのでアレですが、”一日の油断もできない”というだけで、緊張しますね。普段お客さんからも”急いでないから”と言ってもらい、それに甘えてものすごくマイペースに制作させてもらってますが、決めた期日に追い込まれるというのは、あんまり気持ちのいいもんではありません。が、1ヶ月という長期休業に入る前にこれだけ仕事をさせてもらえるというのはありがたい限りです。



切羽詰まってる。と、いいながら、今朝も、

e0149587_15302525.jpg

ツレとパトロール。
とてもすがすがしい気持ちのよいライドでした。
京都にいるはずのない名古屋の猛者に途中ですれ違い、絶対に声をかけられそうにない集団(目の見えないマラソンランナーとその伴走者の練習会)とすれ違う時にもまた大声で名前を呼ばれ、これまた滅多に会わないヒトに会い、いつものパトロールコースなんだけれど、非日常が味わえました。
ツレの顔があまりにも特徴的だからかそれとも我々の組み合わせが一般的ローディの姿とちょっと違っているからか、滅多に会わないヒトたちもある程度のスピードが出ててもパッと気づくみたいですね。


e0149587_15395577.jpg

ちょっと切羽詰まっただけでふうふうと大騒ぎをしてますが、パトロールに行く事で自分の心の均衡を保っています。多分、ヨガとかするヒトってこんな感じなのかなと時々思います。
ヨガした事ないので本当の所はわからないけれど。
[PR]
by cosset-cosset | 2013-07-21 17:24

今日のひとしな。

e0149587_1744039.jpg

缶ビールホルダー。(と思う)

祇園祭も終わり、本格的な夏が到来です。けれど、先週ほど暑くもなく、比較的過ごしやすい日が続いてますね。ビールのおいしい季節です。
過去のSURLYからの配給品である缶ビールホルダー。
初めてアメリカに行った時、外でビールを飲もうものなら”パッケージを隠せ!”と紙袋やこういったホルダー的なものを渡され、何でやねん?と思った事がありました。アメリカでは、ビールを外で飲む事は違法なんですね。だから、”隠せ隠せ”とうるさい。店でビールを買うにも、バーでビールを飲むにも、(もしかするとワタシが童顔だったからかもしれませんが)パスポートを提示しなきゃ飲ませてもらえない。意外とその辺はきっちりしてる国みたいですね。
けれど、こうやって”隠すためのツール”がしっかり存在するあたりがいいですね。
アルコールを外で飲むという事に限って言えば、日本はおおらかでいい。
アメリカカナダカブレのツレは”こういうのをコゼバッグでも作れば”と言ってきますが、日本では目的が本質的に変わってくるし、とりわけこのホルダーで冷たさをキープできるモンでもないし、面倒くさいので作りません。

ホルダーは、ワタシは右側のように”水筒の傷よけ”に使ってます。サイズ的にピッタリ。サーモスの保温マグにぴったりです。



明日20日はコゼバッグ定休日です。
[PR]
by cosset-cosset | 2013-07-19 17:54