Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー

<   2013年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

今日のひとしな。

e0149587_1456476.jpg

茶箱。
以前、茶箱にコロをそのままビス止めしたら、生地の重みに耐えられず茶箱の底が抜けました。
今はコンパネで底面を補強し、コロ付きです。
大きい方の茶箱は40kg相当のお茶を入れるようの一番大きな茶箱です。
大きいからと言ってなんでもかんでも入れて行くと持ち上げられなくなることはもちろん、移動すら困難になります。コロをつけても移動はたいがい大変です。

そもそも、コゼバッグが東京千駄木の古美術上田2階を間借りしてた頃、スペースの問題から”この茶箱に収まる生地の量だけストックするように”と古美術上田店主に言われ茶箱を譲り受けました。その頃は生地の色も種類も少なかったし生地屋さんにマメに仕入れに行く事で二つでなんとかなりました。
今は、生地屋さんが東京なのでまとめてドンと送ってもらい、ある程度をストック。生地の色も種類もかなり増えました。そのため、当然二つの茶箱で収まるはずもなく、その奥にもさらに生地がストックしてあり、後ろの生地を取り出すためには茶箱を動かす必要があり、コロをつけるに至りました。
もし、茶箱にコロをつけようと思うなら、底にコンパネをあててコロをつけた方がいいですよ。



コゼバッグ、明日30日は定休日です。
[PR]
by cosset-cosset | 2013-04-29 17:25

今日は。

e0149587_161750.jpg


今朝は四時すぎに起床。オニギリを大量ににぎっていざ岩倉へ。

e0149587_162728.jpg

e0149587_1665646.jpg


カライド コゼバッグ シャカリキチームのスタートを見送りました。

その後、全チームのスタートを見て帰宅。
午前八時。
まだまだ今日はコレからです。
朝は気温6度でしたが日が昇につれて暖かくなってきました。
ワタシはチャロの散歩と家事をささっとこなし、仕事をこなし、途中経過が気になって、しんどい山のてっぺんでレース観戦を楽しむS氏に電話し、ツレのチームの情報を得ました。

そして、そろそろ後片付けを、と思った所でツレが帰ってきました。
チームは4位だったそうです。
大健闘です。

e0149587_16131651.jpg
e0149587_16132437.jpg
e0149587_16133171.jpg

とんでもないトラブルもなく、5人でもめる事もなく、とても楽しかったみたいです。
[PR]
by cosset-cosset | 2013-04-28 16:15

CとT。

いよいよ明日に迫ったジェントルマンズレース。
それに先駆け、ツレと仲間たちの決起集会に参加した先日。
4時間の宴の内、話題の8割五分がCの話。
残った1割五分の内、5分がTの話。
残りの1割がその他の話。

本当に、ほとんどがCの話。
Cって、タイヤの太さのC。
飽きもせず、あーでもないこーでもないとタイヤの太さをどうするか、ヤイノヤイノと談義をし、堂々巡りの話ばかりで結論は全く出ず。
酒の肴にタイヤのCなんて、なんて安いのだろうと思いながら、話に加わるでもなく聞いておりました。

結局、走ってみなきゃ正解は分からないはずなのに、やっぱり地元開催だから、そして、ジェントルマンとしての誇りを持って走り結果を残したいらしい。
そのために、ヤイノヤイノとタイヤのC、ギア比のT、”今、CかTどっちの話?”とチンプンカンプンになりながらも
男のヒトって、羨ましい。
久しぶりにそう思った夜でした。
すごく楽しそうです。


e0149587_16341285.jpg

今朝、パトロールコースを回ると、明日の準備が。
すごく楽しみです。

明日はコゼバッグ、少し早めにアトリエをあけ始め、15時ころには閉める予定です。
[PR]
by cosset-cosset | 2013-04-27 16:39

タケノコ。

大型連休に入る前に、タケノコを手に入れよう。
そう思って嵯峨野へ出かけた今朝。

いつものように、昔むかしサムライが通った山道を通って嵯峨野入りします。
その道は途中から竹林を抜けて行くのですが、

e0149587_158576.jpg
e0149587_159519.jpg

e0149587_1591926.jpg


地下茎でつながった竹の根は砂利道の下までやって来ているようで、畑を越えて生えて来てます。
朝の散歩のおじさんたちはそういうタケノコをとっているみたいで、ちょっと大きいヤツ(もう食べられるタケノコを数日過ぎたようなヤツ)や皮がそこら中にポイポイと捨てられてました。



春の嵯峨野はとても忙しそうです。
e0149587_15123653.jpg

無人の野菜販売所には、タケノコしかありません。
e0149587_15131160.jpg

小さいのは、皮をむくと本当に小さくなってしまうけれど、あんまり大きいのは高い上に鍋に入らないので我が家には小さめがちょうどいい。


リュック一杯にタケノコを詰めて帰って来て早速皮を剥き、、茹でました。


今日はタケノコをソテーに。
明日は、タケノコのパスタに。(ツレはレースに向けて絶賛カーボローディング中。先週タケノコとトマトソースのピザを食べ、トリハダが立つくらいおいしかったので、マネをしてみます)
残りはジェントルマンズが終わったらタケノコご飯とピクルスにしようと思います。


タケノコは、一度にたくさん食べると胸焼けするので、少しずつ楽しみます。
[PR]
by cosset-cosset | 2013-04-26 17:02

今日のひとしな。

e0149587_17343613.jpg

子ねこと犬
クリーニング屋さんでもらう防虫防カビ剤です。なんでこのネーミングなのか不明。
クリーニング一点につき、二つくれます。


チャロとの散歩コースにある小さいクリーニング屋のガラス窓の向こうでおじさんはアイロンをかけています。ガラス窓の向かいには民家の玄関。その玄関先のもみじの木には雑多な鳥の巣がずっとあります。なんの鳥の巣やろかと去年から気になってましたが、先日、ドバトの奥さん(たぶんメスの方だと思うから)が産座に鎮座してました。クリーニング屋のおじさんはアイロンをかけながら、ドバトが産卵し、ひなを育てるのを見るのが楽しみらしく、”去年はな、二羽巣立ったんや”と教えてくれました。
それが、クリーニングを出しに行った10日くらい前。
昨日、出したクリーニングを引き取りにいったら、巣はからっぽ。
おじさんに聞くと、悲しそうに、”カラスが襲いに来た”とのこと。

鳩は、ヒナに虫等をやって育てるのではなく、ピジョンミルク(鳩ミルク)と呼ばれるものが口から出て(それもオスもメスもでるのです)、それで育てます。鳩はやっぱりよく襲われやすくより多くの個体を残すため、他の鳥みたいに”春”に限った子育てではなく、いつでも環境が整った時に子育てする見たいです。(だから、エサの不足しがちな冬でもピジョンミルクがあれば大丈夫というわけですね)
だからきっとまた、カラスの気配がなくなった頃、クリーニング屋さんの向いのもみじに鳩が帰ってきておじさんがワクワクする日々が始まるといいなと思います。


コゼバッグ、明日25日は定休日です。
[PR]
by cosset-cosset | 2013-04-24 17:49

キツネですよ。

ロードバイクパトロールに出かけた今朝。
いつもどおり峠を登り、下る途中で水を飲み、ブッチにおやつを放り投げて遊び、もう一個峠を登ってさあ帰ろうかという所で、キツネに会いました。ホンドギツネ、オスです。

e0149587_1446993.jpg

前にキツネを見た時は一瞬で逃げられたのですが、このヒトは逃げず、こちらの様子をうかがいます。

e0149587_14471632.jpg

ワタシが自転車を降りると、サササッと斜面を登って行きましたが、すぐに降りてきました。


e0149587_14491795.jpg

ちょうど、ジャージの背面ポケットにはブッチにやったイヌ用スナックが数個残っていて、”こんなん野生のキツネに食べさせていいんかな?”と思いながらも投げてやると、おそるおそる食べてくれるじゃないですか!


ワタシが今まで出会った野生動物は全部姿を確認すると同時にありえないスピードで逃げて行くのですが、このキツネは、人間を知っている。ワタシがうまいものを持っていると、知っている。何より、ワタシから1mくらいの所でイヌ用スナックを食べている。
もう、それだけでちょっと興奮です。
もってた5個のイヌ用スナックを食べさせ、サヨナラしました。

e0149587_14534155.jpg

はあ、キツネ、また会いたいなあ。またイヌ用スナック食べさせてあげたいなあ。
北海道に行った事のないワタシにとって、ちょっと前までまさかこんな近い所にキツネが生息するなんて知らなかったし、今日は、そんなキツネがもう手に届きそうな所まで来てくれた事にかなり気分が良くなりました。


時々チャロを散歩させてると、すれ違う子供に”キツネみたい”と言われますが、実際のキツネを見ても、チャロみたいだと思います。
この”キツネポイント”は、ついに先日発表されたジェントルマンズレースのコース上にありますし、ジェントルマンたちも運がよくて、キツネの存在に気づくくらい心身に余裕があれば、キツネに出会えるかもしれませんよ。



e0149587_1505095.jpg

今日の勝因はもしかするとツレの買ってくれた”森みたいな模様のヘルメット”がキツネに安心を与えたのかもしれません。
前の玉へルみたいなbernのヘルメットとディオールのサングラスは相性良しでしたが、この軽量スポーティなヘルメットとはやっぱりオークリーみたいなサングラスが似合うんじゃないかと複雑な気持ちです。
[PR]
by cosset-cosset | 2013-04-23 16:22

新聞。

昨日の朝、届いた新聞を開くと自分がいました。
e0149587_15263811.jpg

まだ恥ずかしくて文章は読めてません。(恥ずかしいので写真も小さめです)
けれど、いいように書いてくれてる事は確かみたいで、記者さんはしっかりと取材をしてくださったし、同じ路地のおばちゃんは、”新聞、載ってたねえ”と嬉しそうに教えてくれました。
たいした看板を出さずに、そして、ご近所にもただ”カバンを作ってる”とだけ伝えてあるヨソ者のワタシですが、こうやって地元密着の京都新聞に載ると、ご近所さんにやっと知ってもらえるというか、やっときちんと自分のやってる”カバン作り”を理解してもらえるというか。
自転車の雑誌に載る事ももちろん嬉しいですが、新聞はまた違います。

来週はこの勢いで地元密着のラジオに出ます。



話は変わって。
昨日のS氏の内職の産物。
e0149587_1533107.jpg

牛乳パックなどのパックのためのボトルゲージ?というか、パックゲージをどこぞから仕入れてきたS氏が型を起こし裁断をして、ワタシが縫った専用バッグ。
なかなか完成度は高めかと。
S氏はこれに、工具類と小さくなるウィンドブレーカーを入れ、ロードバイクに取り付けるらしい。
ただ縫うだけの係は非常に気が楽です。
[PR]
by cosset-cosset | 2013-04-22 16:53

ジェントルマン。

Raphaという自転車ウェアをご存知ですか?
ワタシは訳ありで一着持ってますが、なかなか機能的でオシャレでいい感じのウェアです。

来週、京都でRapha主催のジェントルマンズレースが開催されます。
ジェントルマンです。
一チーム5人で、オンロードメインの、オフロードも含む130kmくらい(獲得標高3000m)をチームで協力してチェックポイントをクリアしてゴールを目指すというルールらしいです。
全部で27チームが出場するらしい。
紳士のようにスマートさを求められるレースです。

出たいなあと、思ってもこのレースは残念ながらRaphaからの招待制となっています。
ツレは、”京都枠”という枠で、ツレと愉快な仲間たちで出場する事が決まっており、今日は試走に行っています。
試走と言ってもまだコースは発表されておらず、”おそらくこのルートを行くんじゃないの?”と出場が決まった時から愉快な仲間たちとあーでもない、こーでもないと話し合った結果のルートを試走に言ってます。
それぞれが選んだタイヤの太さやパーツのチョイスを確かめ合ったりもするらしい。
それだけでもすごく楽しそう。

ツレは、先週、ワタシが寝た後、コソコソと、本当にコソコソと自分がレースに出る自転車をいじり始めました。
朝ツレが出勤したあと、土間に落ちてるワイヤーの切れ端で気づきました。
その翌日には、ふと見上げると、ツレの乗る自転車のクランクがアルテグラに変わり、またある時は、インターネット通販で買ったタイヤが届きました。
昨日は、一応”レース仕様”に仕上げた自転車でワタシと出かけ、一人ダートに寄り道し、その確かな手応えを感じたそうです。
ジェントルマンであるためには、チームメイトとある程度足並みを揃える必要があるということで、10日間ほど、めずらしく本気で食事制限をしてシュッとなろうと努力しています。
それに、チームメイトも、レースに備え、スペシャルな自転車をそれぞれが手に入れ、非常に面白い事態になっています。
一応、”地元”で開催なので、それなりのプライドをもってレースに備えているようです。

ワタシも、来週が非常に楽しみです。
なんか、インスタグラムという写真のアプリでジェントルマンズの所にそれぞれのチームのレース前、レース中の写真がそれぞれ挙げられているらしいです。
ワタシにはよく分からないインスタグラムですが、興味のある方はそちらをどうぞ。


それにしても、レースに向けてワイワイとみんなで楽しんでる姿は非常にうらやましいかぎり。
ワタシは今日も仕事です。
ワタシが縫製をする後ろでS氏が内職です。
e0149587_1681224.jpg

ボトルゲージにつける工具袋を作りたいと裁断をしています。
ワタシは縫う係として、裁断が終わるのを待っています。
[PR]
by cosset-cosset | 2013-04-21 16:11

今日のひとしな。

e0149587_16572870.jpg

裁ちバサミ2種。
右がステンレス。
左が鉄。


今日は裁断デーでした。
全部の生地を一反ずつストックできるくらいのスペースがあればいいけれど、極小アトリエのコゼバッグは到底そんなことできません。ただでさえ、帆布が30色くらい、ターポリンも20色弱あるので、全部を均等に持つのは難しいのです。(それでも、なるべく切らさないように全素材全色にキラリと目を光らせてます)ここしばらくの仕事でちょっと生地ストックが寂しくなってきたので、これから先一ヶ月くらいで作るバッグの生地を裁断し、不足しそうなカラーを発注するため、今日は裁断デー。の予定が、結局全部終わる訳も無く。。。


ステンレスのハサミは、ターポリンやナイロン地を切るのに、そこそこの切れ味をずっと保ってくれます。
鉄のハサミは、ある程度の重さがあるので、帆布を切るのにいい感じに切れます。
昔、何にも知らなかった頃、鉄のハサミでターポリンも切ってました。浅草雷門横の刃物屋の鉄のハサミがすぐに切れなくなってしまいました。鉄のハサミとナイロンは相性が悪いという事を、そのずっと後になって知りました。なので、一応、裁断用とはいえ、2本持って使い分けるようにしています。
もし、D.I.Y.でメッセンジャーバッグ的なものを作ろうとお考えなら、鉄のハサミでうっかりターポリンを切らないように注意した方がいいですよ。ほんと、あっという間に切れ味が落ちますから。逆に、ステンレスのハサミはあんまり良くない切れ味だとしても、帆布もナイロンもそこそこ切ってくれます。だから、ステンレスの裁ちバサミが一般的なんでしょうね。


コゼバッグ、明日は20日定休日です。
ツレを従えて、この間峠で見つけた鳥の巣を取りに行こうと思います。天気がちょっと心配ですが。
[PR]
by cosset-cosset | 2013-04-19 17:55

せやせや。

先週、一般のローディよりかなり出遅れて、今年初のロードバイクに乗り今日で一週間くらい。
やっと、去年さんざん同じ道をパトロールしたおかげで顔見知りになった皆さんと”お久しぶりで!”の挨拶をすませました。”あけましておめでとう”的なノリですが、ワタシ以外の皆さんは、冬ごもりでマウンテンバイクばかり乗っていたワタシと違い、誠実に日々走ったり歩いたりしておられた様子。


峠の向こうのブッチにも、今年初めてのおやつをポイ。
e0149587_14263438.jpg

12月以来というのに、ワタシが”ブッチ!”と呼びかけると条件反射で大量のよだれが口からだらだらと。
賢いやんかとスライスぶたみみと、砂肝ジャーキーを投げてやる。たぶん初めて食べるおやつだからか(とくにぶたみみ)怪訝そうだったけれど、ペロリ。
ブッチの好きな骨の形のイヌ用スナックを買ってきてやらなくちゃ。


e0149587_14302919.jpg

やっぱり、ロードバイクパトロールはいいですね。そして、春っていいですね。
花が咲くと虫が増えて、虫が増える鳥が喜ぶ。
今日はずっとマルハナバチが至る所でブンブン言って、色んな鳥がおしゃべりをして、遠くでシカが鳴いてました。


e0149587_14335237.jpg

気持ちいいなあと走っていると、行く手にポトリと落ちてるシマヘビ。少しだけ車と接触したみたいでとても元気が無い。このままだと車にぺちゃんこにされちゃうからと、杉の小枝にヘビをひっかけ道ばたの繁みに投げやる。ああ、ワタシのパトロールって、こんな感じやったわと、久しぶりの感触を思い出しました。去年はいったい何十匹のヘビをこうやって繁みに放り投げた事か。(は虫類や動物などが車に当たったりして道に落ちてた場合、ぺちゃんこになってなかったら、どうしても道路脇へ避けてやりたくなって素通りできないのです)



せやせや、こんな感じやったと、久しぶりの感触です。
マウンテンバイクだと、山の中を必死に走ってますが、ロードバイクは路面に危険が少ない分余裕をもって五感を使い、いろんな事を感じられます。
今は花と緑の良いにおいがします。
[PR]
by cosset-cosset | 2013-04-18 17:06