Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2011年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

年の瀬です。

引越も、無事に全部の荷物を運び、見てて気持ちの良い所へだいたいすべてが収まりました。
ほっとしました。
本当に。


空井戸サイクル3階で過ごした2年間は、あっという間の時間でした。
空井戸さんよ、本当にありがとう。本当に色々と助かりました。そしてとても楽しかった日々でしたね。



引越も終え、毎日どこかを片付けて掃除をし、気づけば冬休み8日目。
あっという間です。
先日、シクロクロスに出ました。
(結果は10位でした。転ばず、どこも痛くならず無事にゴールできてよかったです。でも、シクロクロス会場に行く前にコストコに行けた事もあわせて楽しかったのです。)
クリスマスプレゼントにもらったシンデレラのDVDセットに悶絶しています。
(シンデレラは、実は3話まであるのですよ。ドキドキしますよ)

e0149587_16455456.jpg

ハワイ土産の自転車のプラモデルが思いのほか難しく、組み立てられずにいます。
(ブレーキワイヤーのあたりや、ペダルをクランクに取り付けるのが、難しい。。。)
明日はモチツキ大会です。
明後日から本格的にお正月用のごちそうの準備を始めなくてはいけません。
(そろそろ野菜等値段が上がってきましたね)

今年も一年、ありがとうございました。
みなさん、どうぞあせらずに。
良い年をお迎えください。
[PR]
by cosset-cosset | 2011-12-28 17:00

トレーラー

今日はクリスマスイヴです。
コゼバッグは20日より、少し早い冬休みに突入しています。
11月の名古屋、12月最初の東京、2カ所の受注会を終えて、コゼバッグは久しぶりにとてもとても忙しくしていました。
コレが噂の年末のバタバタというやつか?
と錯覚しかけましたが、なんてことはない、普通に注文を受けたバッグの制作に追われ、そして、20日から始まる怒濤の移転への準備にバタバタしていただけでした。

年末の移転はこれで2度目。
よく、こんな慌ただしい時に、、、とため息をつかれますが、それなりに理由や事情があったりします。
たぶん。
今度の移転作業は、東京〜京都間に比べてはるか500分の1の距離ほど。
移動はおよそ1km。
車を借りてバタバタするより、のんびりマイペースに自転車でやってしまおうと、少しずつ荷物をエクストラサイクルに乗せて運んでました。

小さな鞄屋として、イノチとも言えるかも知れないミシンは、さすがにエクストラサイクルには乗せられないので、
e0149587_941261.jpg
さすがサーリーとも言えるトレーラーを借り、運び切りました。
力の限りラッシングベルトを絞り切ります。
運ぶ様子は、ムービーに撮りましたので、近日中にアップできる予定です。
重たい重たい工業用ミシンが、自転車トレーラーに乗せられて移動する様は、まるで夜中に工場から線路に牽引トラックに乗せられて移動する新幹線のような趣がありました。
なんてね。

江戸の大火事のときの大八車のごとく、今の時代はこのトレーラーが大活躍するのかもしれない。
そう思わせるトレーラ−でした。


何十色とある生地のロールも、ミシンも、そのた諸々の縫製資材も、なんとか新しいアトリエに塩梅良く収まりました。
東京の古美術上田2階を彷彿とさせる極小アトリエ。
四畳半ほどのスペースです。
広ければ広いでどんどんと拡張すべきでしょうが、コゼバッグは小さく小さくなっていきます。
小さくても無限の可能性を秘めていたい。
そう思う2011年のクリスマスイヴ。

みなさん、どうぞステキなクリスマスを!
[PR]
by cosset-cosset | 2011-12-24 09:54

ドイツから

ギフトが届きました。
e0149587_1031327.jpg

パッケージの”取扱注意”のステッカーがどの段階で貼られたかは不明ですが、中身はパチモンのようなコゼバッグのタグのついたニット帽。
しかしこれはれっきとしたホンモノのタグです。
もしかすると、遠くドイツのケイリンベルリンという店で、このニット帽が売られてたりするのかもしれません。

その他、彼のセレクトのステッカーやポストカードがたくさん入ってました。
ドイツに住むドイツ人じゃない彼の手紙は、とても読みにくいローマ字を使い、私でも分かるような優しい英語で書かれてました。
ありがとうね!


今日も京都地方、天気が時雨れています。
ゴミを出しに外へでたら、虹がキレイに北山の方に掛かっていました。
私の住む地域の金属ゴミの今年の回収日は終わってしまいました。早すぎる!
アトリエ移転に向けて片付けをしていると、まだこんな物が大切に取ってあったのか!と愕然とするような鞄の初期サンプルや失敗の数々、そして、捨てるべきか悩み続けたハギレが出てくる出てくる。。。
以前に比べれば、かなり物を処理できるようになったのですが、理想まではまだまだです。
今は叱られる事もなくなったけれど、古美術上田を間借りしてた頃はどれだけドヤされた事か。。。
ドヤされた屈辱の記憶を思い返し、制作の合間にせっせと片付けます。
[PR]
by cosset-cosset | 2011-12-16 10:14

水尾

予定通り水尾へ行って来た先の休日。
嵯峨野を越え、六丁峠を登り、
e0149587_11155573.jpg
保津峡を左手にずっと進みます。

水尾までの道のりは、ただただ道なりに。
紅葉ハイキングシーズンも終盤を迎え、JR東海ツアーズ主催の1000人さわやかハイキングなる物が行われていたために、ただただ道なりに行くいつもは行き交うヒトもなかろう道もにぎやかでした。
嵯峨野から約10kmほどの距離にある水尾。
e0149587_1119974.jpg

日本有数の柚子の産地です。
ここでは12月になると、とりすきと柚子風呂の接待を受けられる、予約制のレジャーがあるのですが、四人以上からしか予約は受け付けてもらえず、あまり友達のいない我々夫婦は、とりすきと柚子風呂にものすごく憧れを抱いています。
ただ、この日は、JR東海ツアーズのイベントと重なり、地元のヒト曰く”水尾始まって以来の盛り上がりを見せた日”ということで、
e0149587_11221144.jpg
地元特産のみの出店があって、少し淋しい気持ちを紛らわしてくれました。
私は、柚子を絞っただけの果汁と、柚子塩を購入。

ちなみに、水尾は京都市右京区です。
まさかココが京都市?と思いたくなるほどの場所ですが、とてもいい所です。
観光などで京都にいらっしゃる方は、ぜひ、水尾を目指してもらってもいいかもしれません。
といっても、なにもないですが。そして、なにもないのがいいと思います。


さて、目的の水尾の柚子を見終えた我々は、
e0149587_11253424.jpg
どこから向こう側の亀岡市に降りるか考え、一つ目の道はスズメバチの警告と、この先の道があまりにも景色が開けすぎ、へっぽこマウンテンバイカーのワタシは下腹部がモニャモニャとすくむ思いがし、引き返しました。
すぐ近くの二つ目の道は、
e0149587_11281118.jpg

e0149587_11282017.jpg

へっぽこでも、なかなか楽しく下って行く事ができました。


下りでとてもとても冷えました。
そろそろ、ロードの季節は終わりでしょう。
山の向こう側は、白く雪が山頂部分に色を付けてます。
おそらく、峠の向こう側は路面が凍り始めているでしょう。
まさに冬ですね。もう12月も中旬ですからね。
[PR]
by cosset-cosset | 2011-12-12 11:33

黄色

e0149587_1121662.jpg

今朝の御所。
黄色い絨毯です。
時雨模様の今日の京都。
紅葉は今週末が見頃のピークでしょう。


e0149587_1123167.jpg

こちらは、先週末の東京上野。
東京は空気がパリッと乾燥していて、空気が透明な感じがいつもします。
京都にはないカラリとした空気が魅力的だなと。


黄色とは関係のない話ですが、夏頃にコゼバッグは新しいアイロンを購入しました。
コゼバッグがスタートして四代目。
毎日生地のしつけに使われるアイロンは、ことごとく壊れ、前から気になっていた少し上等なアイロンに買い替えたのです。
”重さが良い”と暮しの手帖編集長が押していたものです。
e0149587_11985.jpg

同じ物を使っているお客さんから「このアイロンのスチームがスゴい」と聞き、使った事のなかったスチーム発射ボタンを押すと、
e0149587_1110766.jpg
その威力にちょっと感動しました。
感動は、昨日の話です。
数ヶ月もこのスチーム機能を使っていなかった事を少し後悔しています。

余談でした。

明日の休みは、黄色の果実”柚子”の名所である水尾に行くのが楽しみで楽しみで。
今日のように時雨れない事だけを願ってます。
[PR]
by cosset-cosset | 2011-12-09 11:13
東京より戻ってきました。
三日間のREW10+コゼバッグの展示受注会に来てくださった皆様、気にかけてくださったみなさま、どうもありがとうございました。
e0149587_11374211.jpg


コゼバッグ、リピーター率がかなり高いと思われます。
お客様のカスタムオーダーのリクエストも、レベルがかなり上がって来ています。
いろいろなリクエストをクリアしていくことで私の技術力も格段に上がっています。
3年前にできなかった事が、今は簡単にできるようになっていたりします。
使い込んでいい感じにくたりとなった鞄の修理をさせてもらえるのは、作り手としてとてもとても喜ばしい事。
出来上がった時に手に取って喜んでもらい、日々の暮らしにそっと寄り添って月日を経たバッグは、新品ではとてもとても表現できない味を持っています。
使い込むうちに、”この部分がこうであったらいいのに” というポイントを、後から追加工もできたりします。(もちろんできない事もありますが。)
コゼバッグは、バッグ自体の値段はお世辞にも”安い”とは言えないですが、修理や追加のカスタムは、”安め”です。

大量生産大量消費社会に対抗してなんて、全然全く思ってませんが、ただ安易に消費するだけの生き方に辟易している自分には、不器用ながらもこうやってお客様の温かさを直に感じられるくらいの距離感を保っている方が性にあっているようです。

決して、”昔の方が良かった”なんて、がっかりさせないように、しっかりと、前を向いて行かなければなりません。

そろそろ移転の準備も始めなくては!
コゼバッグ、現在の空井戸サイクル3階アトリエは、とりあえず、19日までは通常通り稼働します。
20日の定休日からは、冬休みモードに入りつつ、引越の準備を本格的にはじめます。
移転先は、現アトリエより1kmほど真西です。
オーダーくださった方、今しばらくお待ちください。
年内納期をお約束したお客様へはクリスマス前に、お手元に届くよう、制作します。
[PR]
by cosset-cosset | 2011-12-06 11:58