Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー

<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

えーと、さてさて。

今年も残すところあとわずかです。
すでにワタシはぬくぬくと自宅にてストーブを付け、ホットカーペットの上でぬくぬくと正月を迎える心づもりをしています。
ストーブの上では、年が明けてから食べるためのお肉をぐつぐつと煮ています。
おいしく出来るといいなと思ってますが、いささか八角を入れすぎたみたいで、スパイシーなにおいが畳の部屋に充満しています。

さてさて、今年も残すところ、あと僅か。
コゼログを見ててくださった皆様、そして、コゼバッグを気にかけてくださった皆様、本当にどうもありがとうございました。
コゼバッグをはじめて一年足らずで京都に移転し、そろそろ京都での生活も一年になります。
”千駄木に あると思うな コゼバッグ”
東京にコゼバッグがあると思って、ご迷惑をおかけした事も多々ありました。
京都で暮らすという事、京都で商いをするという事、なかなか難しいです。
変わるのは簡単だけれども、変わらない事はとても難しい。
変わりたくないけれど、変わらないといけない部分も見えて来たりで、この一年のうちの半分くらいはモヤモヤとしてました。欲張りな性格だもんで、絶対に表向きはいいように見せたいと意気込んでいたりもしました。
しかしまあ、現実というのはいつだって現実的で残酷だったりします。
幸い京都は四方を山で囲まれているため、不思議と情報すら入ってこなかったり。それがいいのか悪いのかは別として、自分が動かなければ何も始まらない。そんなこんなを考えているうちに年末を迎えてしまいました。

来年は、どうなる事でしょう。
みなさまあってのコゼバッグ。
来年の今頃も、今日みたくあったかな部屋でぬくぬくしていられれば。そしてみんないつでも笑っていられれば。そして、健康でケガなくニコニコと自転車にまたがっていられれば。
こういう時じゃなきゃ、いつもの平凡さのありがたみというのが実感できなかったりします。

みなさま、今年一年、どうもありがとうございました。
そして、年末年始には、食べ過ぎ飲み過ぎないように。
よい年をお迎えください。
e0149587_9581567.jpg

[PR]
by cosset-cosset | 2010-12-28 13:17
わいわいと行われた山珈琲。
e0149587_11491933.jpg

誰もテーブルを持ってきていないけれど、テーブルの代わりになったエクストラサイクル。
e0149587_11523258.jpg

山奥に、トータル5台のエクストラサイクルが集結。

噂のコゼバッグ製レジャーシート、
e0149587_11531223.jpg

裏面が防水なので、濡れた路面でも大活躍でした。

「本当にやるとは思わなかったぜ」
e0149587_11542119.jpg
と言い、カリスマ焙煎師が登場したところで会はお開きになりました。

誰もこなかったらどうしよう という不安の主催者を気遣い、わざわざ、京都特有の時雨空の中、あんな分かりづらい場所まで来ていただいた方々、どうもありがとうございました。
皆さんが、冷えたカラダを珈琲で暖め、甘いモンで消費したエネルギーを補給し、そして、チャロで癒されてもらえたならば、何よりです。
次は、、、いつでしょうねえ。
また、こういうのがあればいいですねえ。

愛犬を、こういう山奥の、自動車禁止催事に連れて行けるというのは、飼い主として、おそらくイヌ的にも、とても幸せな事。
e0149587_1234665.jpg

登りはイヌを乗せていると、全然登っていけないので、もちろん自分で走らせますが、ハイスピードで下る峠にイヌはバランスよく”落っこちない秘訣”という物を彼なりに体得し、時に立ち上がってみたりしながら、スリルを味わっている様子。
向かって右側にイヌ、左側に食料を。そして、天板にはレジャーシートや銀マットやイスを。
積載量満載のエクストラサイクル。
やっぱり、一家に一台あると便利。
だと、思います。
[PR]
by cosset-cosset | 2010-12-24 12:07
になるんじゃないかと思われるコチラの山珈琲

朝8時から12時までなので、そこにスタンバイしなくてはいけない私たちは色々と装備を持っていかないと、凍えそうな予感がするので、当然ワタシはロングテールバイクで参加です。
山珈琲が行われるのは京都市内から絶対に絶対に誰もが一個は峠を経ていかなきゃ行けない場所です。
元々1×1に装着したエクストラサイクルは、昨年後ろに変速が付き、今朝、ツレは23日の山珈琲に向けてフロントまで多段化するべく、ゴチャゴチャと愛車をいじっていてくれました。

絶対に寒い。

はずなので、23日までにイヌはペットのKojimaに連れて行き、シャンプーセットをお願いしておこう。(山珈琲へ連れて行って寒くなったら臭くなくなったチャロを抱えて暖をとろう)。
そして、この前、人気だったあのレジャーシートを年末だからとハギレの処分を兼ねて3日も費やして作った。
e0149587_11522063.jpg
忘れかけてた大変さは3日も費やした事で大変とかどうとかよりも、とりあえず作り終えなきゃアトリエが全く片付かない訳で、
e0149587_11534065.jpg
ハギレをつなぎ合わせて作ったレジャーシート8枚は、とりあえず休憩とか言って落ち着こうにもアトリエはその8枚でイッパイ一杯なので、その上にゴロンするしかなく、、、今のところ、そのうちの3枚が旅立ち、1枚がコゼバッグ用として、やっと23日の山珈琲で初めて実用化される訳です。(残り4枚ありますので、もし、気になる方は連絡ください)

そして、なぜロングテールバイクミーティングになるのかというと、今のところ3〜4台のロングテールバイクが集結する予定になってるというだけの話です。
ただ、やはり、絶対に一山越えなくては行けないので、現地に到着するには変速付きのシュッシュって走る自転車の方が絶対にいいかと思うのですが、せっかく珈琲がタダで飲めるんだから、その日はソコに到着するのが目的なら、まあゆったりと構えて来てもらってもいいんじゃないかなと思ったりするのです。

最近ワタシは自転車はちょっと寒いので、万歩計をポケットに入れてひたすら歩く事が楽しかったりしてますが、こんなヒトたちを自転車に誘い出すための企画ですから、寒くても、自転車行きましょう。

ちなみに、コーヒサーヴィスをしてくださるのは、京都のカリスマ焙煎屋として名高いオオヤコーヒ。噂によると、東京の婦女子からかなり一目置かれる存在で、”写真を一緒に撮ってもらえますか?”とか言われちゃったりするらしい。
そして、ワタシはアメリカカナダカブレなツレがよく作っている”トレイル非常食”なる、トレイルミックスとか、甘い甘いモンを用意しておこうと思います。峠越えの下りで冷えきったカラダを珈琲で暖め、甘い甘いモンでエネルギーを補ってもらって、休日の朝からオオヤコーヒとカライドマスターとワタシというあり得ない組み合わせでほっと一息ついてもらえたらと思います。
ではでは、23日に。


あ、お知らせです。
コゼバッグ、年末は、12月27日からお休みです。
年始は、まだ決めてませんが、おそらく1月6日からスタートです。
[PR]
by cosset-cosset | 2010-12-19 16:50

FSCX

e0149587_1138647.jpg

12日早朝。シクロクロスの草レースに出るために、名古屋へ向かう。
e0149587_11385131.jpg

あまり”レース”という響きが好きではないけれど、なんとなく出てみようという気持ちで、
e0149587_11392558.jpg

ちゃんと家からレーサージャージを着ていった。
e0149587_11395668.jpg

カーブなのに指をブレーキにかけてなかったり、
e0149587_11402584.jpg
必死でシケイン越えてるのに、
e0149587_11404646.jpg
終止笑顔で走ってる自分がカメラに残ってました。

京都より、一緒に行った、
e0149587_11415254.jpg
東山二条のMASH代表は、終止辛そうな顔してたくせに「シクロ楽しいなあ」と言っていたし、
e0149587_11433562.jpg
ワタシのツレは、シクロクロスのレースで思いのほか好成績だったりしてました。(コイツも辛そうなカオしてたくせに楽しい楽しいと言ってました)

泥まみれになるのだけはごめんだけれど、次はビンディングペダルでシクロクロスに出てみよう。そう次への意欲をかき立たせるようなFSXC。
名古屋サークルズのみなさん、楽しかったです。
ありがとう。
[PR]
by cosset-cosset | 2010-12-14 11:48

お針子ですから。

針仕事でご飯食べてます。
で、いつも、ミシンには、本当に本当に世話になってます。
友人から「オレ 楽器の機材買いたいし、ミシン安くしとくから、機材と同じ値段で買ってくれ!」と言われ買ったミシン。
不思議とトラブル無し。
ミシンに必要不可欠な針。縫ってる途中にミシン針が折れるなんて事もなく、ずぼら故、あんまり交換しないミシン針。コレも感謝感謝です。
いつもミシン針は交換するとき、どうやって捨てたらいいのか分からないので、いつもジャムの瓶に貯めてました。
貯める事2年。
瓶にまあまあ溜まりました。

先週新聞で、”針供養”が行われるという記事を発見し、そりゃ針仕事でご飯食べさしてもらってるんだから、針の供養は行かねばならんだろ と出かけた8日午前。

かなり遠回りをして、まず、
e0149587_15461544.jpg

鯉やらフナやらを養殖している広沢池を見、
e0149587_1547167.jpg
嵯峨野で野菜の無人販売をはしごして野菜を買って、
e0149587_15474760.jpg
久しぶりに渡った渡月橋。コゼパニアには弁当と水筒と野菜がたっぷり入ってます。

11時からと新聞に書いてあった事を思い出し、ちょっと時間を過ぎてしまって焦って向かった法輪寺。
意外と盛り上がる事もなく、ひっそりと、針供養。



*********************************************************************

 法輪寺針供養は、皇室で使用された針をご供養せよとの天皇の命により始まったといわれています。現在でも毎年12月の針供養の際には皇室からお預かりしました針のご供養をしております。

 針供養当日の法要の際、ご供養にこられた方には蒟蒻に大針をお刺し頂いております。これは、これまで一所懸命働いてくれた針を蒟蒻にさして休んでもらおうということであります。
************************************************************************



という事らしいです。
ワタシは神仏にはほとんど興味はないですが、なんかあったらイヤだなと、ミシン針をジャム瓶に貯めだした頃から、
e0149587_15562658.jpg
瓶には”針の神様ありがとう”と書き、一本ずつ丁寧に瓶に納めてました。
それを、この日は、お寺に納めてきました。
e0149587_15574222.jpg

ワタシは一人仕事なので、ジャム瓶ですが、大きな工場などは大箱に、職人やら内職のおばちゃんの手を経たであろう針がぎっしり詰まってます。(つまるところ、この入れ物の大きさが仕事量を表すような気がします)
実際の法要では、まな板ぐらいの大きさのこんにゃくに、これまた信じられないくらいの針を刺して、心の中で”針の神様ありがとう”と言いました。お経が唱えられてる間、畳にすわり、お寺さんの口元の息がとても白く、この行事もまた、12月の年末の行事として、イチお針子であるワタシには毎年ココに通えるほど、ささやかでもたくさんの針を通して仕事ができればと、心のなかで思ってました。
[PR]
by cosset-cosset | 2010-12-09 11:17

トレイル犬への道

愛犬チャロ。
そろそろカラダも大きくなった事なので、自走で山を目指そうという思惑の飼い主に従い、
e0149587_12151857.jpg

登る京見峠。

途中の小川で水を飲ませ、
e0149587_1216249.jpg

走る事1時間強。
田園の中の天然シケイン。
e0149587_12171979.jpg

我々人間は膝ほどの高さの電流が走るであろう天然シケインをおそるおそる自転車を担いで越える。
が、
e0149587_12182539.jpg

イヌ、見事シケインに絡まるけれど、電流は夜間のみ流れているみたいで、イヌはシレっとしている。

e0149587_12202574.jpg

天然シケインの越え方を教えてやろうにも、全く言う事を聞かなかったりで、飼い主二人、イヌ一匹、そろそろ疲れ始める。

トレイルに突入すると、イヌは喜び始め、
e0149587_12222698.jpg

割といい感じに走って付いて来てくれる。
e0149587_12225330.jpg

そして、疲れてイヌが遅れ始める。

家からトレイルまで数キロ走らなくちゃ行けなくて、トレイルから出た後も家までしばらく走らなくちゃ行けない訳で、今までは、自転車に乗せていってあげてた道のりをイヌ自らの体力に任せたところ、ヘロヘロに疲れ切り、帰り道はほんと、イヌ用のおぶりひもでも作るべきかと真剣に悩むほどイヌの疲れ具合は見ててかわいそうでした。約20kmの持久走。チャロはそんなに強くない。
イヌ付きのトレイルライドは人間だけで行くトレイルライドに比べ、諸々の問題から約2倍の時間がかかる事が分かり、やっぱ、多少しんどくてもエクストラサイクルに乗っけていってやるべきかと悩んだりするのです。
[PR]
by cosset-cosset | 2010-12-07 12:29

11月末日。

朝刊の”今日の紅葉”の欄に、そろそろ北の紅葉は終わりですよ〜と書いてあったので、慌てて出かけた休日の午前。
12日のレースに備え、珍しくレーサージャージとレーサーパンツで割と本気な身支度を整えて、
e0149587_11202460.jpg

エッホエッホと峠を登りました。
エッホエッホと登っていると、カラダは太陽と自分のエネルギー消費による発熱で暖められ、12月寸前とは思えない汗。

が、下り。
日陰に入ると、すべての熱が冷気によって持っていかれ、
e0149587_1123197.jpg

太陽が恋しい3℃。
e0149587_11235626.jpg

パールイズミ6分丈レーパンでははみ出たスネとふくらはぎがトリハダ立ちます。

e0149587_11253092.jpg

磨き丸太で有名な集落で、干された杉の木を眺めながら「ジャージの上にヤッケを羽織ろう」と思ったけれど、太陽が照っているところではポカポカなので、結局羽織らず。

ああキレイと、最後の峠で
e0149587_11274865.jpg
写真を一枚。
”用心の 目配り 気配り 思いやり”
。。。。。
下りでカラダを冷やし、登りでカラダを暖め、で、市内に戻ってくると、北の方では感じなかった温かな空気。
まだ、穏やかな気候の京都市内。たぶん東山の紅葉を見るなら今週末が最後でしょう。
高尾の方は、おそらく、今夜からの雨でダメになると思います。

さてさて、久しぶりにレーサーパンツでマタの間にパッドのモコモコとした違和感を感じながらも12日に控えた変態レースに向けて、ちょこっとだけ、自転車乗ってきました。
変態レースとは、
e0149587_1133479.jpg

コレ。
もし、興味のある方は、コチラをクリック。
まあ、たまにはレースにも、出てみようと思います。
なので、12日、コゼバッグはアトリエお休みです。
もし、名古屋の方、”12日に生地見本見てみたいぜ”っていうならば、連絡を。
[PR]
by cosset-cosset | 2010-12-02 11:41