Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

カウベルは用意した。

明日30日 31日とシクロクロスの観戦に行ってきます。

ワタシ、実は国内でシクロクロス見た事ありません。
初めてシクロのレースを見たのは、
e0149587_1212471.jpg

2年前。サーリークルーに連れて行ってもらったミネソタ選手権。
大きな大きな公園の原っぱで開催され、ミネソタ中から選手が集まり、カラッと晴れた空の下レースは行われました。
カラッと晴れているけれど、気温はマイナス5度くらい。
サーリーの専属弁護士のヒゲのおじいちゃんもレースに参加するのを見て、シクロクロスが地元に根付いてる事を知りました。
コレが人生発のシクロ観戦。

二度目は去年行ったポートランドのシングルスピードシクロクロス世界選手権。それと一緒に開催されたオレゴンの大会。
会場は公園の原っぱ。しかし、降り続く雨で、
e0149587_124362.jpg

女子たちもドロドロです。
あまりの汚さにワタシは気持ちが萎え、出場辞退することにし、ひたすらビールとフレンチフライでレースをヘラヘラと見てました。
だって、
e0149587_1263871.jpg
コレはいくらなんでも、無理でしょう。

3度目は、明日から行く、野辺山シクロクロスを観戦。
一瞬出場しようかと考えたりもしたのですが、どうやら台風が来ているようで、そんな雨やぐちょぐちょを走るのはイヤなので、応援します。
過去2回の海外経験より、かなりの防寒着、雨具、もちろん長靴、折りたたみのイス、そして、必需品のカウベルの用意は完了しました。
さあさあ、楽しみです。

そんなわけで、明日の30日と明後日31日はアトリエにいません。
どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by cosset-cosset | 2010-10-29 12:22

ワイドローダー

イヌ用にワイドローダーを手に入れた。
9月の東京出稼ぎの後、ふいに注文したワイドローダー。
モトクロスインターナショナルには在庫切れ。モデルチェンジに合わせ、次回入荷は来年2月。。。
イヌはエクストラサイクルのサイドバッグではキチキチの10kg。
ダダをこね、送ってもらった。かなり昔のワイドローダー。
それも赤のアルマイト塗装。

せっかくなので、冷え込んだ今朝、イヌを山へ連れて行ってみた。
e0149587_11492145.jpg

途中の温度計は気温10度。
正直寒い。山は時雨、小雨が空から降ってくる。晴れてるのに、、、

小雨が気になるので、いつもの池まで行かず、途中の林道を散策する事にする。
イヌは驚異的な身体能力をさらけ出し、いつもならビビるであろう小川を越えるために大ジャンプする。
そして、飼い主を従え、ずんずんと山に入っていく。
イノシシのぬた場にて、
e0149587_11531480.jpg
やたらと興奮し始め、
e0149587_1154514.jpg
イノシシの糞を見つけ、必死に食べた。。。

その後も興奮は全く冷めず、イヌはワタシを従えてずんずんと
e0149587_1156125.jpg
進む。
普段は階段も一人で降りられないくせに、丸太の橋も平気で渡ってく。

最近、熊がたくさん出るとテレビで聞くので、ワタシは、正直怖かった。
イヌに向かって「熊がでるよ」と叫んだところで、イヌに言葉が通じる訳もなく、ずんずんと前に進む。
ヒトの歩いた形跡よりも、イノシシとか鹿の足跡ばかりの道は、時雨れる空と合わさって怖かった。
もし、ここで熊が出たら、イヌをおいてワタシだけ逃げよう。もし熊が出たら、イヌを差し出そう。
そう心に誓いイヌの後を歩く。

e0149587_11594329.jpg

そんなワタシの心の中をしるよしもなく、イヌはひたすら歩き、笹の葉やシダを食いちぎり、なにかを漁る。

仕事に行かなくちゃ行けないし、かなり山へ入ったような気になったので、イヌをおいて引き返す事にしたワタシ。

e0149587_1233945.jpg

おいてかれまいと必死で走るイヌ。

そして、
e0149587_1245087.jpg

無事収容。
ウチのイヌは自分でエクストラサイクルに乗れない。
ワイドローダーを付けたからって、それに自分で乗れるほど賢くない。
正直泥だらけのイヌを抱えて自転車に乗せるのは気が引けるけど、仕方がない。

ワイドローダー、10kgほどになったイヌにはちょうど良い足置き場となり、絶好調です。
が、イヌを乗せず、一人で乗ってる時、内輪差がまだ頭に入ってないので、縁石にぶつけ、吹っ飛びそうになりますが、まあ、すぐに慣れるでしょう。

一家に一台エクストラサイクルを。
そして、一匹に一セット、ワイドローダーを。
[PR]
by cosset-cosset | 2010-10-27 12:13

ここまできたか。

知人より、
コレ見てみて。って。
うーむ、ココまで来たか、ワタシとコゼバッグ。
割と忠実に再現されてますね。
ちょっと縫い代が違うかなあ。
[PR]
by cosset-cosset | 2010-10-26 14:10

火祭り。

昨夜、鞍馬の火祭りを見に行ってきました。
市内から10km足らず(だと思う)で、かなりの奥地。
鞍馬天狗で有名な鞍馬。
交通手段は、2両編成、マックス一時間に4本の叡山電鉄か、車、もしくは自転車。
もちろん自転車で行きました。

どういう祭りか十分に理解していませんが、到着すると、ものすごいヒト。夜の八時すぎ。
e0149587_1225040.jpg

狭い鞍馬街道イッパイにヒト。でそれをなだめる警察。かなり前の方で行われているであろう祭り。

ちょっと人ごみをさけようと、
e0149587_12271420.jpg
路地へ入ると、叡山電鉄に乗り、市内へ帰るヒトの列。  ものすごく多数。 夜の9時過ぎ。
一時間に4本の、それも二両編成の電車に乗るために、多分1時間待ち。

少し時間をおいて、祭りの方に戻ると、
e0149587_12301260.jpg
だいぶヒトも減り、祭りが見やすくなる。夜の10時頃。

電車の待ち時間とか、帰宅時間を気にしなくていい自転車組の我々は、
e0149587_12314043.jpg

クライマックスまで見届ける覚悟を決める。夜の11時。

e0149587_12325545.jpg



e0149587_1233784.jpg

いよいよ観光客も減り、いいポジションで祭りを間近で見守る。
ちゃんと松の木で作られた松明からは独特の香りが辺りを包む夜の12時頃。不思議な気持ちになってくる。
そして、全部を燃やして祭りは終わる。夜の12時半。

e0149587_1239486.jpg

地の男のヒトたちから、「縁起物だから」とコップなみなみの酒とするめを分けてもらい、気分がかなり良くなってくるけれど、ボチボチ帰る事にする。

行きしにエッサホイサと登ったおかげで、帰りはずーっと下り坂。
帰宅夜の1時45分。
自転車で行けば、電車の心配もなく、深夜に一番盛り上がる祭りを楽しめ、心地よく帰って来れる。
京都三大奇祭と言われる鞍馬の火祭り。
行くならば、絶対自転車。
そして、行くならば、夜9時以降でも十分に楽しめる。
[PR]
by cosset-cosset | 2010-10-23 12:46

わっしょい!

名古屋での展示受注会が終わりました。

ふう〜。

コレが素直な気持ちです。
コゼバッグのコンセプトとして、「コミュニケーションツールとなるバッグ」を掲げたワタシですが、いかんせん一人仕事のため、そして、京都に都落ちしたため、なかなかお客様一人一人と顔を合わせ、話をする機会が減りました。
でも、今回、東京 名古屋とやってみて、作っている人間と話す事、そして、その作っている人間とそれに関わる人間に出会ってみる事がいかに大切か、改めて感じたのです。
もしかすると、今後コゼバッグは変わって行くかもしれない。
けれど、やっぱ、手で一個いっこ作ってる以上、使ってくれる人、興味を持ってくれる人と話をし、より良いものだったり、その人にぴったりな物を作っていきたいと思います。

今回名古屋の場所を提供し、そして、たくさんの方々に呼びかけてくださって名古屋サークルズさま、ありがとう。また一緒にやりましょう。

e0149587_1115032.jpg

実家で母のたっぷり朝ご飯を食べ、さらにサークルズ前の喫茶店で、二度目の朝ご飯を食べた。
で、たっぷりとおやつや差し入れをもらい、食べ過ぎな3日間。


e0149587_11161867.jpg

くたびれ始めた頃、「元気をだして!わっしょい!」と子供神輿が窓の下をとおる。何回も。元気をもらう。


e0149587_1118529.jpg

オタクな世界がひろがる会場内。手作り自転車関係ショーなので、主にマニアック製品が並ぶびます。主にメンズが多く来場。


e0149587_1121223.jpg

そのなかで異色のコゼバッグ。女子率高。


e0149587_11222334.jpg

夜に開かれた自転車オリエンテーリングイベントは10月=ハロウィンという事で、仮装がメイン。だったらしい。
たまたまグループになった仲間はダルマにのるモモイロ、と、アオレンジャー、アカレンジャー、そして、コゼバッグを背負うピンクレンジャー。路行く名古屋人の熱い声援を受ける。


e0149587_112759.jpg

最後に。今回の展示会で初めて見せてもらったsim worksのフロントキャリア。コゼパニアSサイズがぴったりです。キャリアを2個予約してしまいました。
早く欲しい。


色々とね、思うところ考えるところ、そして、それを伝えなくちゃいけない事、表現しなくちゃいけない事、いつもたくさん抱えてるんですが、なかなか自分のなかのモニャモニャを形として送り出して行く事はとても難しく、どうやったらいいのか、まだまだ不明です。
その逃げ道として、一日10時間眠り、眠りの世界でモニャモニャと考え事をするのです。
[PR]
by cosset-cosset | 2010-10-19 11:37

今週末からの動き

今週金曜から、いよいよ名古屋にて、REW10worksとコゼバッグの合同展示受注会です。
会場は名古屋サークルズ
ワタシとREW10だけでなく、RaphaやIF、見てみたかったcieloなどなども一緒に展示され、題して、『2010 What a beautiful moment show』です。
時間は
15日金曜日 16日土曜日は10:00〜20:00
17日日曜日 12:00〜19:00
です。
もしコゼパニアが気になるという方、ぜひとも自転車(キャリアの付いた)を一緒にお持ちください。
付くか付かないかの判断とか、S M Lのサイズを決めるのに、自転車が必要となってくる場合もありますので。
コゼパニアが気になる方、こちらをご覧ください。ワタシが説明不足だった事がきちんと書かれてます。
そういや、いままで値段も公表してなかったなと。。。
一個で16800円。二個同時なら31500円。
なんとなく、パニアは二個で1セットって感じがするので、二つだとちょっとだけお得になってます。

そんな名古屋へワタシは14日より行ってきます。
どうぞ名古屋の皆様、あたたかく迎えてやってください。

さてさて、気づけば10月も中旬で、バタバタとしているうちに、あっという間に時間だけが過ぎて行きます。
来週より、コゼバッグのアトリエは変則的なオープンとなる予定です。
今のところ、
10月21日(木)   10月28日(木)  10月30日(土)  10月31日(日)
はお休みをする予定です。
11月も木曜日をベースにお休みをする予定ですので、もし、コゼバッグに行ってみようと思われる方、事前にメールか電話で問い合わせをお願いします。

上記の臨時の休みには市の1歳未満のイヌのしつけ教室がありますし、その他にも、いろいろと用事が偶然にも木曜に重なったりしています。
e0149587_11514415.jpg

どうぞよろしくおねがいします。
[PR]
by cosset-cosset | 2010-10-12 11:57

ザ ベンチャーズ

先の京都音博にて、ザ ベンチャーズが「キョートロコ!」と叫んでいた記憶もまだまだ新しい今日このごろ。
何をもってどんな意味合いでベンチャーズが「キョートロコ!」と叫んでいたのかワタシに分かるところは何もないのですが、KyotoLOCOは今日明日です。
e0149587_11362391.jpg


メッセンジャーを辞めて一線を退き、KyotoLOCOに対しスタッフから出場者へ、そして今年初めてスタッフやりますが、、、
今更ながら、メッセンジャーとは何なのか?そして、キョートロコとは何なのか?
モニャモニャしたモノが腹のそこにどんよりと溜まってます。

キョートロコ、行ったところで何もわかるはずはない。けれど、
とりあえず、行きます。
雨ですけれど。

今更ですけれど、メッセンジャーってほんと、何なんでしょうねえ。
[PR]
by cosset-cosset | 2010-10-09 11:43

チャロさん。

涼しくなったので、もう一度、愛犬を山へ連れて行ってやろうと、自転車に乗せます。
前に行ったのは7月下旬。
そこから2ヶ月以上たち、体重は倍以上。
推定6ヶ月。10kgのイヌをエクストラサイクルの後ろに乗せての登坂は非常に厳しい。
立ち漕ぎすると後ろは揺れる。イヌはえずきだす。
でも、しんどいから立ち漕ぎする。するとイヌは吐く。。。。

しょうがないので、サドルに座ったまま踏ん張り、汗だくになりながらも踏ん張りきれないところは押して歩くけれど、それを後ろに乗ったまま見守るイヌに非常に腹が立ってくるけれど、我慢する。
イヌはいつでもしれっとしている。

とりあえず、自転車で行ける突き当たりまで行って、イヌを自転車から下ろして歩かせる。
一度しか来た事ないはずなのに、山道を「オレに付いて来い」と言わんばかりに先を行くイヌ。
e0149587_1535433.jpg

いつもの散歩より数倍楽しそうに見える。

で、目的地。
e0149587_15353956.jpg

とても穏やかで、寒くなく、暑くなく。
ワタシは、
e0149587_15392026.jpg
弁当を広げ、ピクニックの準備を始める。
イヌ用には水とドックフードを。ワタシ用にはおにぎり5つとお茶。
当然、ワタシは5つも食べきれなかった。
イヌはドックフードが気に入らなかったのか、
e0149587_154605.jpg

自分の頭と同じくらいの大きさの魚の頭のミイラを見つけて来て、本気でかじる。
水も池の水とか、水たまりの水を飲み、ワタシが持って来た水は飲まない。
一時間ほど本を読んだりしてまったりと過ごし、再びイヌと歩く。
帰りは、やはり、
e0149587_1550163.jpg

「オレに付いて来い」といわんばかりに先を行くイヌ。
ずっとイヌの尻ばかり見てる。
でも、イヌは路を間違えず、来た路を歩く。

いざ自転車のところまで戻って来て、自転車に乗せようとすると逃げるので、「ワタシに付いて来い」といわんばかりに、ワタシはイヌを無視して自転車に乗る。走る。
かなり人里離れた舗装路を、
e0149587_15523417.jpg
飼い主に置いてかれまいと走るイヌ。
下り坂になってるので、エクストラサイクルはかなりのスピードで走ってるにも関わらず、付いてくるイヌ。
ドックフードはイヌの成長を助ける綜合栄養食というが、ほんと、ドッグフードだけで10kgまで成長し、コレだけ早く走るのだから、素晴らしい。と走りを見ながらつくづく思った。

そろそろイヌを自転車に乗せないと と思い、イヌを回収。リードを付ける。
2kmほど全力で走ったせいか、あっさり収容。
e0149587_15571839.jpg

なんとなく満足げな表情を浮かべる。

自宅に帰り、ぐったりと眠るイヌを見て、飼い主はとても満足。
もう少しいう事を聞いてくれたら、本当はもっといいのに。
[PR]
by cosset-cosset | 2010-10-06 16:09

インコと風呂。

特に自転車ともコゼバッグとも関係のない内容です。

テレビで京都へ行こう特集などがやってたりで、そろそろ観光が盛り上がる季節。

京都に越して来てからずっと気になってた場所が一つありまして、
で、先日フラッと行ってみたんです。
インコ風呂。と勝手に呼んでる松葉湯。
インコを見ながら風呂に入ります。
インコ好きなら絶対に行った方がいいし、特にインコが好きじゃなくても、面白いと思います。
ワタシが行った日は、阪神がもしかしたら優勝するのかもしれないとか言う日だったみたいで、地元民ばかりの風呂は阪神戦に夢中で、インコに夢中なのはワタシだけ。
ぜひ、時間があれば行ってみてほしいインコ風呂。
銭湯を写真には撮れないので、詳しくはココを見てね。
京都はね、まだまだ銭湯が残ってます。
スーパー銭湯顔負けのゴージャスな銭湯もあれば、
自宅近所の銭湯は、汚すぎて、ほとんど人がいなかったりもする。
どこも同じく410円。
ま、もし、ひとっ風呂浴びる時間があれば、ぜひインコ風呂を。
[PR]
by cosset-cosset | 2010-10-04 17:10