Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

行ってきました バンキン。

だいたいいつもトイレに起きる午前3時に起床。
4時に東山区のダーウィン集合 出発。
の、予定が、1名の遅刻により一時間遅れで出発。

チームコゼバッグ。
もちろんワタシは監督です。

土日開催のバンキンに、日曜日しか行かないチームコゼバッグは、到着早々、前日に行われた1000メートルのタイムトライアルをし、日曜のメインである「ケイリン」に標準を合わせます。

バンキンを企画するのは、名古屋のデイジーメッセンジャー。
そして、それをバッチリサポートする名古屋サークルズ。
名古屋は他都市に比べて、かわいい女子が多く、そして、そのほとんどがしっかりとした自転車教育を受けているため、バンキンというバンクを走るレースにも積極的に参加。
そして、成立するのが
e0149587_10481485.jpg

女子ケイリン。
不思議です。
この日、初めてのピストという女子もいます。
バンク走行には危険が伴うため、ヘルメットは必ず。そして、ブレーキは前後ともはずし、上下ピタピタのレーサージャージに身を包まなくてはいけないのですが、それに臆する事もなく、積極的に参加しています。
緊張する〜といいながらも、目は真剣。
不思議です。

時折訪れる自由なバンク走行時間も、
e0149587_1052089.jpg

みんなグルグル。
心地よい風を受けて、バンクをグルグル。

チームコゼバッグは、みんな素晴らしい走りを見せ、
いつもは見てるだけで、イラっとするコンチが、見事ケイリン優勝。
最初から先頭をひき、そのまま逃げ切った彼を初めてかっこいいと思った一瞬でした。
あくまでも、一瞬でしたが。
で、レースに興奮して、写真を撮るのを忘れました。

e0149587_10571276.jpg


まんなかのおにぎりがコンチです。
太もものレーパン焼けがぴっちりしすぎる感じがしますが、コレが勝利の秘訣です。

ほぼ24時間遊んだバンキン。
京都の夏に忘れてはならない地蔵盆。
他の町内とは違い、29日に行われた、ワタシの家の町内会の地蔵盆。
他所からの新入りとして、本当は行かなくちゃ行けなかったはず。
翌朝、町内会長さんが福引きで我が家が当たったという蕎麦と、本来地蔵盆で振る舞われた近所のお好み焼きやさんのお好み焼きが、ちゃんと取り置きしてあるから、取りに行けという伝達事項を知らせに来てくれました。
ああ、これからもうまく町内になじめるのだろうか?
地味に怖い京都のご近所付き合い。
今晩はそのお好み焼きをもらいに行かなくてはなりません。

まあ、そんな事はさておいて。
今日で八月も終わりです。


e0149587_10583693.jpg

ああ、さよなら2010年の夏。
[PR]
by cosset-cosset | 2010-08-31 11:06

コゼパニアの詳細。

少し前に紹介したコゼパニアの詳細です。

コンセプトは「旅しないパニア。いたって普通のカバンがパニアになった」です。
取り付けは金具ではなく、
e0149587_10840100.jpg

3点のマジックテープ。装着を裏から見ると、こんな感じです。
e0149587_10104625.jpg

表から見ると、こんな感じです。
サイドのスナップボタンは、中身の少ない時に留めておけば見た目もスッキリ。

e0149587_10102678.jpg

この茶色はコゼパニアのサイズは大。
この日の中身は
e0149587_10125920.jpg

時計回りに
ごま油(帰りには閉まってる油屋さんのごま油。とてもおいしいのです)、2リットルのお茶、夕方に行こうと思う水泳のセット、そして、愛夫弁当。
ナカナカの重量ですが、3点のマジックテープで十分にホールドされてますし、中身が例えば、自転車の鍵だけって時は、先に書いたようにスナップボタンでサイドを留めておけばスッキリです。
樹脂加工された帆布の一枚仕立てなので、とても軽いのも特徴です。
あくまでも旅をしないパニア。自転車からサッと取り外せて、持っていても、普段着に本当になじみます。
ただ、トートになっているので、雨には弱い。生地の特性上、水たまりなどを走る程度の水は大丈夫。カバンの中にうっかりこぼしたお茶はパニアの底に溜まってます。

サイズは、4cmきざみで高さを基準に大 中 小とあります。
かかとに当たらないようなサイズにしてありますが、キャリアによっては工夫が必要かもしれません。
さらに、なるべくマルチに対応できるように作ったパニアですが、もしかすると、装着が難しいキャリアもあるかもしれません。
ワタシは自転車屋さんではないので、なんともわからないのですが、やはり、実物を見てみて頂ければと思います。

コゼバッグのアトリエではボチボチ受注を開始していますが、東京方面の方は、9月の9日より東京文京区千駄木で始まるコゼ&REW10の展示受注会へぜひお越し下さい。
背負わないけれど、気負わないパニアはなかなか斬新じゃないかなと思います。

その他、9月10日くらいから始まる東京ビックサイトでのギフトショーにも並びますし、10月は3週目に名古屋サークルズで展示受注会します。

ではでは。

あ、一つお知らせが。
8月29日(日曜)はバンキン参加のため、石川に行ってきますので、アトリエはお休みです。
[PR]
by cosset-cosset | 2010-08-26 10:31

レジャーシート

いつかはレジャーシート屋さんになりたいと、密かに夢を抱いていたのです。
原っぱでご飯を食べたり、お茶したり、そして、本を読んだりビールを飲んだり。
そんな時に、必要なのがレジャーシート。
コレって、探してもいいモノがないんですよね。

イベントに協賛させてもらえるってのは、コゼバッグにとってとてもとても嬉しい事です。
で、協賛品を作る時は、いつもコレを手にするであろうヒトの事を思い浮かべて作ってたりします。
よろこんでくれるといいなと。

昨日は来週に迫ったバンキン用にカバンのプライズを作り、そして、来月のナッツ用に、
e0149587_11461770.jpg

レジャーシートを。
いつもいつもカバンっていうのもアレなんで、それにせっかく野外の自転車フェスなので、勝手に数時間だけレジャーシート屋さんになりきって、縫ってました。
裏地がターポリンとなってるため、まあ、湿地でも大丈夫でしょう。
ターポリンが、まあまあな重量があるので、多少の風でも煽られません。
大きさは、
e0149587_11485967.jpg

オトナ三人が車座になって座れば限界です。
ワタシの力と今あるミシン周りのスペースではこの大きさが限界です。

丸めて持ち運びしやすいようにもうちょこっとだけ工夫をして、運営本部に送りつけてやるつもりです。
いやいや、これ、ワタシ的には抜群なレジャーシートだと思うんですが、ナッツフェス的にも喜んでもらえたらいいなあ。

ささやかな夢のかなった数時間でしたが、思った以上にレジャーシート屋さんは大物を縫わなくてはならないので、大変だ。これを商売にするには大変だ。という事がわかったのです。
[PR]
by cosset-cosset | 2010-08-22 11:56

8月18日

夏を謳歌してますか?

コゼバッグは先週ちょこっと休んで、
e0149587_9564572.jpg

海水浴に行き、(ピンクの浮き輪がワタシです)

罰当たりな
e0149587_9574879.jpg
ダウンヒルレースを見に、八幡まで行き、
地元民に
e0149587_9584362.jpg

心もカラダも400円で満たされる八幡フード(ベタ焼きですが)をごちそうになりました。

その他、ただ日陰で寝転がって本を読むだけという、ピクニックや、
e0149587_1001811.jpg

5年ほど続いてるであろう、恒例のシャカリキライド。
締めは空井戸ビルでの五山の送り火。

遊び疲れ、昨日は10時間も眠ってました。
暑さにも徐々に慣れた8月後半。
ヘラヘラと笑っている場合ではありません。
来週末はバンキンが石川で。
9月の始めには、東京でコゼバッグの展示受注会がありますし、
その翌週には、NUTs FESが名古屋の近くで。で、ほぼ日を同じくして、一度行ってみたかったオンパクが。

そして、何よりも大イベントと言っても過言ではないくらいの個人的大イベント、”家のリフォームプロジェクト”が9月くらいから始まります。
極小バラックが、ビフォーアフターに出てくるような美宅に変わる訳はない と思いながらも、心の隅で「あわよくば」的ないやらしい下心が顔をのぞかせます。
せめて風呂だけは欲しい。
でも、築80年と言われるボロ町家。
今日から始まる隣家の外壁工事のため、ウチの屋根に掛けられる足場だけでも屋根が崩れるんじゃないかと心配で、工事の棟梁に一声掛けてしまいます。

さあ、8月も後半戦。
はりきって行きましょう!
[PR]
by cosset-cosset | 2010-08-18 10:15

コゼパニア

いきなり告げられた日程は
9月9日 13:00〜20:00
9月10日  13:00〜20:00
9月11日  11:00〜20:00
9月12日  11:00〜18:00
場所は 東京文京区千駄木の古美術上田
行われるのはコゼ & REW10の展示受注会。

久しぶりの東京です。
ずっと京都に引きこもっていてはいけないと、東京でアトリエを貸してくださっていた古美術上田の店主の計らいで急遽決まりました。

いつか京都へと思っていた関東方面のお客様、このチャンスを活用ください。

そして、今回は、ずっとずっと試作をくり返していた
e0149587_13534524.jpg
コゼパニアが登場です。
ちょっと夏旅には間に合わなかったけれど、旅仕様じゃないコゼパニアには季節は関係ありません。
”本気だけど本気じゃない”がコンセプトのコゼバッグ。
外見は普通のトートです。
でも、自転車のラックにぴったりひっつきます。
試作をくり返し、ああ、ワタシはいったいどのくらいの距離を走っただろう?
この写真の時は、工具、パンク修理キット、携帯ポンプ、ドリンクボトル、お風呂セット(帰りに風呂に寄るため)と、着替えがぎっしり詰まってます。
まあ、その位は軽くはいるコゼパニア。
入れれば入れるだけ坂道ではしんどくなりますが、横揺れにはしっかりと対応しています。
微妙にサイズを変えて大と中と小があります。
自転車から外してしまえば、それがまさかパニアバッグとは誰も気づかない仕様となってます。


どう?気になるでしょ?
特にロングテールにまたがる皆さん、”背負わない楽さ”を知ってしまったら、もうメッセンジャーバッグやリュックサックはしんどいですね。
ラックを持ってるけれど、旅する訳じゃないから、ハードなパニアはちょっと、、、なんていうみなさん。
そんなあなたにぴったりなコゼパニア。
詳しい写真などはまた近いうちにお見せします。


9月のコゼ&REW10合同展示受注会をどうぞお見逃しなく!
[PR]
by cosset-cosset | 2010-08-11 14:08

39.8度の3階。

e0149587_124236.jpg

アトリエの窓辺にある電波時計です。
右下の数字、「39.8」は気温を表します。。。

アトリエは3方向に窓がありまして、周りに高い建物もなく、風がいい感じに吹き抜けて行きます。
しかし、上の屋上に降り注ぐ太陽の熱がコンクリートを通過し、そして、窓から降り注ぐさんさんとした光が熱を伝えます。

さて、屋上の話です。
この空井戸ビルの屋上からは五山の送り火が見事に眺められます。
ええと、左大文字と、大文字と、、、舟形ですね。
地上にいてはなかなか3文字を同時に見る事はできませんし、見られるナイスな場所はどこも人でイッパイのことでしょう。
せっかくなので、解放します。
普段は土禁な3階アトリエですが、この日ばかりは屋上への歩みを止めないために、思い切って土足OKにいたします。
涼しい夜風を受けながら、そして、人ごみにもまれる事なく優雅に送り火を楽しみましょう。
送り火は、8月16日の夕方、日が沈んでから灯火されます。
参加条件は、オトナである事です。(年齢じゃなくてね)

先日、
e0149587_12524317.jpg

京都より自転車で40分。
浜大津まで花火を見に出かけました。
マンション15階の友人宅。
目の前に花火です。

空井戸ビル屋上も、こんな感じではありませんが、なかなか通常見られぬ風情を楽しめるはずですよ。
[PR]
by cosset-cosset | 2010-08-08 12:58

野菜を買いに。

暑いですね。
自転車で遠乗りするには、ちょっときついですね。

実はワタシ 家計を守る主婦です。
でも、自転車もタンと乗りたい。
「ちょこっとだけ遠くへ、おいしい野菜を買いに出かける」という目的を持って自転車にまたがる事、週に2度。
だいたいが100円〜200円。スーパーにはない味の濃さが魅力的。
同じエリアの3カ所の無人販売所を巡ります。

一カ所はキュウリとなすが抜群においしい。
もう一カ所はおいしい色んなトマトが並んでる。味見付き。

もう一カ所は、万願寺とうがらしと三度豆がおいしい。
e0149587_1215826.jpg

そこに貼られた貼り紙。

やりきれない思いが伝わってきます。
[PR]
by cosset-cosset | 2010-08-04 12:07

Yo! NO FLAP

今から5年以上前の話。
当時職と食と住を共にしていた京都のカリスマ自転車野郎。
メッセンジャーの世界大会に出場するためにニューヨークへ行くワタシに、
英語のスラングを自分なりにまとめたA4用紙11枚にわたるテキストを制作し、渡してくれました。
今もなお捨てられず手元にありますが、ある一枚には、
「F☆CK の使い方。
誰もが知っているのに意外と難しいのがF☆CKという言葉です。
この言葉を知らないと、メッセンジャーの会話の約75%が理解できません」
とあります。
簡単に言えば”F☆CK”の5段活用的な事が書いてあります。
また、あるページには、
「相手の着ているジャージ、Tシャツ、自転車をもらうための英会話」が時と場面に応じた英語で表記されています。

こんな感じの参考になるんだか、ならないんだか、カリスマの海外生活の経験をもとに作られた英会話テキスト、面白いけれど、ワタシの海外旅行にはあまり活躍しなかったのは言うまでもありません。

そんなカリスマが、抜群な内容のフリーペーパーを作りました。
高速インクジェットプリンターによる1000部の発行です。
コゼバッグの広告は、
e0149587_12414012.jpg

彼の抜群のセンスによってコラージュされてます。
そんなカリスマとその仲間の作るフリーペーパーは、京都市内のごくごく限られた所で配布されてます。
ワタシが思うに、このフリーペーパーを手に入れる一番いい方法は、とびきりのカワイ子ちゃんがとびきりクールな自転車に乗り、偶然を装って、カリスマから手渡しで受け取る事だと思います。



東京ではシャレたイベントが開催されてます。
京都は、やはりぬるくとろっとした中に、自転車が存在している。そう痛感せざる終えないフリーペーパーです。
[PR]
by cosset-cosset | 2010-08-02 12:50