Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:未分類( 1189 )

毎年恒例の。

毎年恒例柚子胡椒作り。
叔父さんが畑で作ってくれた唐辛子が送られてくる頃にまず唐辛子ペースト作りをし、冷凍。
ゆずの出回る頃を見計らって、
e0149587_14083178.jpg
みんな大好き六丁峠を登って降りて、
e0149587_14084117.jpg
旧道をえんやこらと走って
e0149587_14092119.jpg
京都柚子の名産地、水尾へ。民家のシャッターをどんどんと叩き、柚子を分けてもらい、直売所を覗き、柚子を買い、リュックいっぱいに柚子を詰め込んだなら、
e0149587_14092812.jpg
落ち葉の下のガレガレトラップに注意しながら水尾を後に。
e0149587_14100731.jpg
一山登って、
e0149587_14101662.jpg
コロコロ変わる路面を楽しんだなら、
e0149587_14102333.jpg
最後は一年に一度の輪行、美味しいとこどりJRで自宅最寄り駅までたったの240円。
e0149587_14104680.jpg
帰宅後は早速柚子の皮むき。そしてフープロで粉砕し、冷凍してあった唐辛子と合わせて合計量の12パーセントの塩を混ぜ込んだなら出来上がりです。
今年は叔父さんが送ってくれた唐辛子が大量で、実は柚子胡椒第一弾はツレの里より送ってもらった柚子で作ったのですが、それでも唐辛子ペーストの3分の2が残り、水尾の柚子で綺麗さっぱり全部柚子胡椒と柚子果汁になりました。今年は年度始めに胃を悪くして刺激物を一切受け付けられなくなったために未だに去年の柚子胡椒を食べてますが、冷凍しとけば1年は持ちますし、柚子果汁で手作りしたポン酢を食べたら最後、市販品は無理!ってなります。
が、しかし、今年は水尾の柚子は不作だそうで。そして、今年の柚子はもう終わりだそうで。
来週に持ち越してたら手に入れられなかった水尾の柚子。
そして、いつも行かない道を楽しく走ることができるし、最後は輪行で峠越えをパスするという大人なこともできて、一年に一度のお楽しみ。チャンチャンです。


[PR]
by cosset-cosset | 2017-12-12 04:44

木曜日のお楽しみ。

毎週木曜日は天気や都合さえ良ければ10-8を送ったら牽引部分を駐輪場に置いて2時間ちょっと走りに行きます。
4月に入学して以来、どのくらいの距離が走れるのか?を模索してました。トラブってもなんとかお迎えに行ける余裕があることが第一条件で、今の所自分的に一番スカッとできるのが琵琶湖までぷらっと走ること。


e0149587_04265058.jpg
紅葉もほぼほぼ終わり閑散とし始めた南禅寺の横を抜け、
e0149587_04262449.jpg
一路琵琶湖へビュン!私生活で琵琶湖には馴染みがない分、近いとはいえ随分遠くへ来たようなお得感がたまらない琵琶湖。写真だけ見るとどっかのリゾートっぽいけど、琵琶湖。
e0149587_04263808.jpg
自分の写真を撮らなくてはいけない事情ができたので、自分撮り。光がキラキラ眩しく、冷たい風が体に吹き付けます。
湖面に浮かぶカイツブリなどをぼんやり眺めてたらお迎えまであと1時間。
琵琶湖の砂浜からワタシの足でも45分で大学に戻れるこのスバラシさ。あまり共感できるヒトがいないのが寂しい。

峠道に霜がびっちりだったりすると装備的にロードはそろそろ終わりかな、と思える季節になりました。
冬バージョンの木曜2時間を模索しなくては。

[PR]
by cosset-cosset | 2017-12-08 04:35

東京展示受注会2017


12月1日〜3日まで、東京展示受注会2017@古美術上田谷中店にお越しくださった皆さん、興味を持ってくださったみなさんありがとうございました。
書き出したらキリがないほどの”思い”というのが今回は特別にあって、なんだかんだ言いながら自分はコゼバッグが好きなんだなあという感想です。
納期をきちんとお約束したお客さんには約束通り(おそらく完全に桜は散ってる頃まで)にはお届け予定です。
納期が曖昧な返事だったお客さんには、下手したら季節があと2つぐらい巡ってしまうかも知れませんが、気長にお待ちいただければと思います。
とにかく、作ることが仕事である人間にとって誰かに必要とされてる実感を得る、というのはとてもとても大切で、生きるための栄養となります。オーダーをいただけるというのは本当にありがたいことです。
e0149587_05042520.jpg
e0149587_05043388.jpg
e0149587_05043943.jpg
e0149587_05051030.jpg
e0149587_05065843.jpg
e0149587_05070571.jpg
e0149587_05074245.jpg
e0149587_05080742.jpg
実は今回”築地で塩づけの筋子を買う!”と息巻いて保冷剤と保冷バッグを持って行ったのですが、日曜日はまさかの築地定休日。去年までは土曜日に行ってたんでしょうね。完全に忘れてました。空いてる築地ほど寂しいものはなかったのですが、数少ない開いてるお店で塩筋子を手に入れることができました。京都って塩筋子売ってない。ついでにマグロの頬肉とか京都では食べられないようなもんを購入。(イチゴ大福ももれなく買わされました)
今日月曜日から再び日常が戻ってきます。
もう少ししたら洗濯機回して朝ごはん食べて幼稚園に送っていかなくてはなりません。
日常と仕事と。そして忘れてたけれどもう12月。一年の締めくくりと新しい年の幕開けの準備を始めなくては。
そして留守番してたチャロが散歩の催促を始めました。
非日常の反対には愛すべき日常が待っている。




[PR]
by cosset-cosset | 2017-12-04 05:23

明日から。

今日で11月も終わり。
明日はワタシ一人早朝より東京へ移動し、いよいよ一年に一度の東京展示受注会です。
色々目白押しな3日間になればと思っています。

おさらいです。
e0149587_04383783.jpg
ポーチは随分前より準備を始めたので、余裕を持ってハギレを可愛く再利用できました。途中プラスティックパーツがなくなり、仕入れをひと月ほど待っていたのですが、それも間に合いました。たくさんあるように見えますが、一人で作れる数は知れてます。きになる方はお早めに。

そして、帆布製コゼバッグをお持ちのお客様にメンテナンスアイテムを。
ガード アンド ガードというファブリック用の防水プラスUVカットスプレー。
ワンロット6本だけですが、ダンボールに詰めて送りました。
業務用スプレーでなかなか手に入れにくいアイテムなのでこの機会に是非。
コゼバッグ以外にもキャンバス地のスニーカーにも絶大な効果を発揮します。

バックパックも大中小キッズと各サイズ揃いましたし、展示のバッグもお気に入りが見つかれば日曜日でしたらお手頃価格でお分けすることもちょっとだけ考えています。と言いながら、今年はかつてないほどの各バッグのサンプルストック不足なのでお分けできないこともあるかも知れませんが、気になる方はお声掛け下さい。


年に一度の展示受注会。
ワタシはせっかく同じお金を使うならば、ぜひ作り手にあって話して満足のいくいい買い物がしたいと常々思っています。なので、受注会というのは作り手と買う側が顔をあわせるいい機会。是非谷中までお越しください。
12月1日(金)11:00~18:00
12月2日(土)10:00~18:00
12月3日(日)10:00~17:00
東京都文京区千駄木3-41-12
古美術上田 にて。


素敵なDMはこちら。

[PR]
by cosset-cosset | 2017-11-30 04:56

リハビリライド。

脳を激しく震わし手指の付け根の骨が靭帯ごともぎ取れたツレはポンコツとなったものの10-8の相手だけはできるくらいになってるので、
e0149587_16422144.jpg
ワタシは心のリハビリをしにお久しぶりのお一人様パトロールへ。
e0149587_16423114.jpg
イチョウの葉っぱで有名な神社もピークを過ぎたようで、出遅れ感満載。
e0149587_16445238.jpg
大型台風が京都を通過した爪痕を確認する暇もなく、ひと月以上、栗を拾いにまともに出かけることもできなかった。。。乗ってなかった時間のブランクは大きく、そしてツレのスカタンからの精神的ダメージが大きく(次自分に何かあったら我が家は完全に終わりだ、と思うと冒険できない大人な事情)がれた登りをロードでホイホイと登れなくなりました。

e0149587_16444301.jpg
それでも、水たまりが凍るほどの山頂も快く、高いところは気持ちいい。こういうところに来るのがワタシは好きなんだ、と高みから市中を見て思うのです。
健康があればこそ、健康であればこそ。
そして自分も家族も。

e0149587_16451399.jpg
下り道、杉の幹から枝が出ないように巻くストローがピンクのエリアがありました。白しか見たことがない。
この下り道、逆から登ると結構えげつない斜度と長さの登りが続くのですが、好々爺が一人、サドル極低めでペダルをくるくる回し登って来ました。ワタシはあの爺のような婆になれるんだろうか、ピンクのストローによってなんとなく地面までもピンクに見えてくる目の錯覚を覚えながら自分の健康があと10年、いや20年、さっきの爺の歳まではあと40年くらいはこのまま持続できるよう努力しなくては、と思ったのです。


コゼバッグの東京展示受注会はいよいよ今週末です。
12月1日(金)11:00〜18:00
12月2日(土)10:00〜18:00
12月3日(日)10:00〜17:00
文京区千駄木3-41-12
古美術上田 谷中店にて。




[PR]
by cosset-cosset | 2017-11-27 04:47

描いてみよう!今年VER.

東京での展示受注会でおなじみになった ”描いてみよう サコッシュ!”の詳細です。
子どもを連れて展示会とか受注会とか、とにかくお出かけが大変だ、と子どもを持ってから気づいたことがきっかけで、来てもらった子にちょっとでも楽しんでもらえるよう布用クレヨンでコゼバッグ製サコッシュに絵を描いて持って帰る、という企画を毎年行なっています。
今年はベースとなるサコッシュを帆布で4色作りました。なので、まずはベースとなるサコッシュの色を選んでクレヨンを手に取り、
e0149587_15564737.jpg
e0149587_15574537.jpg
e0149587_15573731.jpg
勢いよく描きます。
内側2面、外側2面、表裏のこだわりさえなければ4面描いて好きなの、上手なのを表に持って来ればいいと思います。
e0149587_15584595.jpg
もういい!というところまで描き上げたら次は親の出番です。
e0149587_16003409.jpg
上下とサコッシュの真ん中にキッチンペーパーを挟んでアイロンがけ。アイロンの熱でクレヨンの油分を溶かしペーパーに吸わせることでインクが布に定着する仕組みです。
e0149587_16004177.jpg
ここまでやると出来上がり。

展示受注会にお越しの子どもたちは是非描いてってください。
もちろん無料です。ただ、数に限りがあるので早めにお父さんお母さんときてくださいね。
そして、子どもにこの企画やらせてみよう!と思ってるご両親は是非ビニール袋を持って来てください。書くところまでは会場で、アイロン作業は自宅でとなります。持って帰る途中でインクが他に写らないようにするためのビニールです。


毎年埼玉からやって来てくれる(ごめんなさい名前知らないです)今年は小学2年になる子は毎年の成長が素晴らしく今年も楽しみにしてますよ!
そして葛飾のAさんのお姉ちゃんが描いたドキンちゃんがいいサンプルとしてアトリエに鎮座してます。レベルアップしたイラスト、今年も期待しています。


毎年の成長、というのは大人は大したことありませんが、子たちは驚きの連続です。
一昨年の 10-8も大概です。
紙に描いた絵は飾るかファイリングするしかありませんが、使えるモノとして残るとそれはそれで嬉しいもの。
無料なので、是非。


そんなコゼバッグの東京展示受注会はいよいよ来週です。
12月1日 11:00〜18:00
12月2日 10:00~18:00
12月3日 10:00~17:00
谷中の古美術上田にて。


ご心配をおかけしたツレのスカタン事件はいいホテルに6日宿泊したような支払明細とともに終焉を迎えつつあります。
まだちょっと色々続きますが、片道2時間の病院通からは解放されました。
今回のことで自転車に乗って一人楽しく山に出かけることにちょっとビビってるワタシです。




[PR]
by cosset-cosset | 2017-11-24 04:41

踏ん張りどころ。

ついこないだ忙しぶった記事を書いたところですが、さらに今、踏ん張りどころです。

e0149587_04372746.jpg
我々の野口家始まって以来の事件が起こり、
e0149587_04372006.jpg
いつも冷静沈着を努めるワタシもテンパっています。
(ワタシがセミファットの前後輪をきちんと外してロングテールに積載するという丁寧な所作の時点で普通じゃない頑張りを見せてます)

e0149587_04371266.jpg
ツレが起こした最悪のスカタン事件は正直ワタシの寿命を縮めています。そして近しいみなさんに迷惑をかけています。
10-8のお迎えを頼んだり預かってもらったりご飯食べさせてもらったり犬の散歩をお願いしたり。近くに親類のいない我々ですが最高のサポートメンバーによって支えられ、その優しさが身にしみるこの数日。

e0149587_04454732.jpg
もう少しの辛抱だと思いたいです。

[PR]
by cosset-cosset | 2017-11-20 04:49
この頃、10-8を送っていった後お迎えまでの2時間ちょっとで琵琶湖行くのが面白くって隙アラバと出かけていきます。
e0149587_11011410.jpg
紅葉真っ盛りの観光エリアをそそくさと抜け、山を越えます。
e0149587_11014319.jpg
フラフラっと入った道が思いの外いい道だったりするとすごく嬉しい。
e0149587_11012643.jpg
とにかく”時間に限りがある”というのがポイントかもしれません。
e0149587_11020551.jpg
限られた時間をどう使うか?がこの頃のワタシのキーワードだったりします。
週に一度の午前保育の日は10-8を送った後お迎えまでの2時間ちょっとをどう使うか?
ぼんやりしてても、お買い物に出かけても自宅に戻って仕事しても(これは自宅との往復に1時間弱かかることを思うと2時間ちょっとの空き時間の中では非効率的)時間というのは絶対的に平等なので、やっぱりイラチなワタシは”何かしないと!”となるわけです。4時間あれば自宅で仕事する。ツレは”どうやって毎日仕事してるのか?”とか”本当に2時間で琵琶湖に行って帰ってこれるのか?”とか聞いてきますが、できるな。琵琶湖と10-8の通ってるところはたった一山しか間にないし、琵琶湖の砂浜から40分もあれば大学に戻れる。もっというと4時間あれば花背登って京北を回って一回家に寄って10-8を迎えに行ける、とすら考えてしまうけれど4時間は貴重なので仕事や別の用事に当てています。


この頃は時間がものすごく短く感じられ、目が覚めてコーヒー飲んでフルスロットルで動いてたら気づけば次の朝になってたりします。そしてそんな毎日なので1週間がものすごく早く、この間2学期が始まったと思ったのにもうあと1ヶ月もすれば終わり。そして恐ろしく体調を崩しまくり2週間に一度は発熱。こんだけ運動してご飯食べてしっかり寝て(だいたい7時間半睡眠)ってしてるのに不思議です。


2時間しかない、か、2時間もある、か。
昨日10-8を送ったあとの2時間で山をふらりと散歩してる時にアカゲラ(赤いキツツキ!)を見つけ大興奮し、そのあとコンピュータさえあればできる事務仕事をし、、、限られた時間をいかに効率よく気持ちよく過ごすか、とても難しいですね。でも、2時間しか、か2時間も、か捉え方次第で時間って短く感じたり長く感じたりできるので、気持ちだけは前向きでいようと思っています。
e0149587_11084183.jpg
時間の有効活用は永遠のテーマかもしれません。
イラチなワタシは自宅出発で琵琶湖に行くことはこの10数年してなかった事実があるので、多分10-8の送り迎えのおかげで月に数回琵琶湖に向かってペダルを回すことができるのです。琵琶湖って案外近いけれど京都の街中を横断してまで行こうという気にはなれない不思議な場所です。
そして、今更ながら砂浜はロードでは走れないと知り、カイツブリがプカプカ浮かぶ湖面を眺めながら時計を気にするのです。



[PR]
by cosset-cosset | 2017-11-16 05:36
ロングテールバイクに乗ってると純正サイドバッグの使い勝手が当たり前のように使いやすいのです。
当たり前すぎて何にも思ってなかったのですが、お客さんから”ああ言うパニアが欲しい”とオーダーを頂きました。
e0149587_04543092.jpg
入れるものは決まってる。
e0149587_04541878.jpg
それに合わせた大きさで、使い勝手はロングテールのサイドバッグみたいなの。
e0149587_04544187.jpg
わかる人にはよくわかる、分かりやすい話です。

そう言われると、パニアってこう言うざっくりした感じでいいんだよね。と納得です。
(そしてエクストラサイクル社にリスペクトです)


e0149587_04545908.jpg
ごちゃごちゃ要らない潔さ。ありがとうございます。

[PR]
by cosset-cosset | 2017-11-13 05:01

いい!

いいDMができました。

e0149587_11483445.jpg
いつか自分が撮った写真を使ってもらいましたが、雰囲気がすごくいい!

e0149587_11482743.jpg
REW10は展示会でも受注会でもないですが、毎年勝手に巻き込んでます。
まだまだ先と思ってるけど、あと3週間です。



[PR]
by cosset-cosset | 2017-11-09 04:53