Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 1160 )

ニセモノ?ホンモノ?

この間、たまたま会った古くからの知り合いが、珍しいものを持ってました。

e0149587_04581438.jpg
コゼバッグのタグがついてるけれど、コゼバッグじゃない。ワタシが作らないような作りをしてるサコッシュでした。(コゼバッグはワタシ一人でやってるので、コゼバッグのタグがついてたら十中八九じゃなくて100パーセントワタシメイドです)
”え、何それ?”
となったのは当たり前。
10年近く前のタグ流出を思い出し、同じような感じでコゼタグのついたニット帽(ニット帽!)が我が家に送られてきたことを思い出した今夏。
記憶では、世界中に100個ほどコゼタグのついたニセモノプロダクトが出回ってるでしょう。
made from Berlin

[PR]
by cosset-cosset | 2017-08-23 05:05

夏の終わり朝の始まり。

山に入りたいけれど、暗すぎて入れない早朝に鴨川を下の方から北上していると、結構綺麗な朝の始まりが見られました。
自転車が一番手前にあるはずなのに見えてない。。。
e0149587_04371765.jpg
朝が始まっても山に入ると木で光があんまり入ってこず、結局5時半くらいまで山は怖いことを知った夏の終わり。
朝が遅いってすごく不便。
レースに向けてチキンな自分を鍛えようと闇練を試みるも失敗です。

[PR]
by cosset-cosset | 2017-08-21 04:41

乗らなくちゃいけない。

これから1ヶ月ほど先にマウンテンバイクに乗らなくちゃいけない理由ができたので、マウンテンバイクに乗る練習をすることにしました。
”マルマルしなくちゃいけない”はすごく苦手。
e0149587_04461038.jpg
特に、マウンテンバイクは雨が降ると路面状況がとても悪くなるので、天気予報とにらめっこ。
今年はほんと、天気が良くない。

e0149587_04463364.jpg
さらに、子が夏休み中なので乗りに行けるのが盆休みと日曜のみ。その日曜も地蔵盆や二人遠足の予定などでもうすでに八月は壊滅状態。
春からずっと”ディスクロードって素晴らしい”と言い続けていたので、マウンテンバイクには一切目もくれなかった数ヶ月。予想以上に山を下るのがしょぼくなってました。キャプテン翼の名言にあるように、まずはマウンテンバイクと友達にならなくては。

e0149587_04462317.jpg
1ヶ月後に迫ったレースがどんな道なのか下調べをするべきか、それとも自分なりにいつものコースを乗り込むべきか。
e0149587_04455657.jpg
目指すは完走ですが、正直いうと不安しかない。
練習積める時間にもゆとりがなく、ロードバイクみたいにローラー台に乗っとくなんてこともマウンテンバイクでは無意味なわけで。
同じ自転車でありながらマウンテンバイクの人たちに俄然興味が湧いてきました。
あと1ヶ月。どうなることやら。

[PR]
by cosset-cosset | 2017-08-18 04:59

遠足記録。

遠足の記録として。
ツレが絶賛出張中で10-8と二人きり。そして台風が来たりで家に引きこもった反動で、二人で遠足に出かけました。
普段京都から出ない我々。
電車に乗って出かけるってだけでドキドキです。
朝10-8は3時半に起きました。
もう、その勢いで弁当作って犬の散歩、朝ごはんを済ませ、7時過ぎには家を出発。
天王寺動物園からの海遊館。

e0149587_05381515.jpg
e0149587_05382787.jpg


e0149587_05375283.jpg
e0149587_05513676.jpg
e0149587_05380444.jpg
e0149587_05373118.jpg
e0149587_05374104.jpg
*OSAKA海遊切符(阪急版)という阪急電車と大阪市内の地下鉄バス、そして海遊館のチケットがセットになって2960円というお得な切符を使用。ちなみに、海遊館の入場は大人2300円、10-8は3歳なので無料(4歳より有料)。
*海遊館はチケットを買うための行列がすごかったので、できれば事前にチケットは手に入れておきたい。平日とは言え、ものすごく混んでた。(お得チケットを持っておけば行列に並ばずに済みますが、子どもが4歳以上だとお得チケットはいらないけれど子ども用の海遊館入場チケットは必要です)
*抱っこ抱っこ期を乗り越えたとはいえ、まだまだ体力に不安がある3歳。なるべく乗り換えが少なく座って移動できるように。(案外駅も広いし乗り換えが大変です)
行きの阪急はラッシュ時だったので普通に乗って。海遊館からの帰りは海遊館横のバスターミナルから大阪駅まで届けてくれる市バスに。梅田からの阪急電車は始発なのでどれに乗っても座れます。どれも1時間ほど移動にかかるけれど、座れる、寝られる、体力温存できる、この三つは大切だと思います。
*この回遊切符を持ってるといろんなところで割引が受けられるので、欲張りだけれど動物園も行っておきたいところ。動物園は大人500円が350円に割引になります。動物園と水族館のセットで行くなら断然動物園からがおすすめ。なぜなら暑いし午前中の方が動物が活発です。
*もう少し体力があれば南港のイケアにも寄りたいところ。でも欲張りすぎ。
*水筒のパッキンは必ず確認(リュックがびちゃびちゃだと思ったら水筒のパッキン一つセットし忘れて地獄でした)
*二人遠足の時は調子に乗って大きいカメラを持っていかない。自分の体力を過信しない。


[PR]
by cosset-cosset | 2017-08-10 05:57

朝霧に包まれて。

ヒグラシの鳴き声で耳が痛くなる午前5時前。
じっとり湿度の峠をキリキリ登ります。

e0149587_04411679.jpg
付けてきたライトは家から通りに出る前に電池が切れ、現代社会のブルーライトに弱りかけの裸眼1,5の目に頼ります。
(写真では暗くて自転車見えてないな)

e0149587_04410782.jpg
空のボトルを携えてきたので、峠の向こうの給水ポイントで湧き水を。
5時過ぎでも先客がいる、って。。。。
自動車で大量に水を汲みにきてる人は暗黙の了解で自転車の人に順番を譲ってくれる優しさ。すごくありがたい。

土曜日に来てくれたお客さんは”ブルベ”という超ロングライドレース(レースじゃないな、なんていうんだろう)に出場するツワモノ。今度600kmのブルベに出るらしい。制限時間で走りきるために野営するらしい。ワタシよりだいぶ若いのに異人的世界に行ってしまったお客さんの話を延々聞いてたからか、なんとなく気持ちはロングライド。
のはずですが、、、
e0149587_04405554.jpg
サイクルコンピューターもつけず、いつも何キロ走ってるのかGPS計測もせず、どのくらいの距離を走ってるのかわからないワタシはいつもの2時間コースでお腹いっぱい。そして、まあまあ疲れる。
レースにも出ず、遠くへ行くのが好きでもなく、遠征のご褒美のご当地グルメにも興味なく。一体なんのためにワタシは自転車に乗ってるんだろうかと、朝霧に包まれた下界を眺め、持って来たバームクーヘンを食べながら一人考えてました。
(写真では暗くて自転車見えてないな)
まあ、答えとして、自転車に乗って近くの遠くへ行く(実際距離としては近いんだけれど、街じゃなくなってる時点で気持ちとしては遠くに行ったような気がして、すごく遠くに行った気分を味わえる、という京都的自転車の楽しみ方)を楽しんでるだけだな、と。
あとはシカやら狸やら鳥やら野生動物を見たいとか、なんか拾いたいとか、そういう楽しみだけだな。

e0149587_04430425.jpg
サドルにまたがって楽しければ自転車なんてなんでもイイと思います。
たまたま”自転車”の仕事してるだけでいろんな自転車の楽しみを持ったお客さんとお話しできてすごく楽しい。
この間は”自転車とバッグが大好きだ”というお客さんが来てくれた。
”自転車は微妙だけれど、バッグが好き”というお客さんも。
”たまたま見たこのバッグが気に入った”というお客さんも。

まるで東本願寺の前に掲げてあるスローガンのよう。”みんな違ってみんないい”





[PR]
by cosset-cosset | 2017-08-07 05:02

おめでとう!

一歳のお誕生日というのはすごく大切だと思います。
今の時代一歳のお誕生日を迎えられることは当たり前になりつつあるけれど、一挙手一投足全てで両親をはじめ周りのみんなを幸せにさせた1年、生まれたことも大概すごいけれど、たった1年で驚きの成長を遂げた1年、そんな全部がお祝いみたいな一歳のお誕生日はとても大切だと思います。

そのお祝いのお手伝いをさせてもらえてすごく嬉しい。
お客さんから甥っ子の記念すべき最初のお誕生日プレゼントにと来てくださったのですが、そのお誕生日がオーダーから10日後という、ちょっと軽く目眩がしたのですが、誕生日には間に合わせたい!と要らんおばさん心が欲を出しました。


e0149587_04483177.jpg
叔父さんがカラーオーダーした気持ちのこもった誕生日プレゼント。
4歳までは確実に背負えます。(何歳まで背負えるか10-8で実験中です)

この写真、生活感に溢れて実家感丸出しで、ワンコが2匹赤と青の服着せられて(赤は人間に興味なしだし)、真ん中にお誕生日さんがいて、なんだか泣きそうになってくる写真です。
お誕生日おめでとう。君の歩き出す世界が広く豊かなものでありますように。そう願わずにはおれません。


[PR]
by cosset-cosset | 2017-08-03 05:01

朝の夕立。

日曜日の朝、早く目が覚めたのでパパッとジャージに着替えて自転車にまたがって家を出た4時15分。
e0149587_05134190.jpg
思ったより暗い朝です。
登りに行く西の方の山を見ると、なんだかピカピカ光ってる。
どうやら、雷らしい。
そうこう言ってる間に小さな雨が降ってきて山に向かうにはよくない雰囲気に。
Uターン。
e0149587_05111020.jpg
人っ子ひとりいない朝の上七軒。
一瞬で終わったパトロール。
4時間は走れるかな、と思って家を出たはずなのに。。。
帰宅後、近づいてきた雷と本格的な雨。
梅雨明け後、なかなかスッキリ晴れない毎日が続きますね。

[PR]
by cosset-cosset | 2017-07-31 05:21

子どもと夏休み。

絶賛(子どもが)夏休み中です。
うちの子は、こんなにパワフルだったかな?と思うほど付き合うのが大変。体力はなくはない方だと思うけれど、”ちょっと昼寝しよう”と誘いたくなるほどくたびれる毎日です。
長年自営業という縛りのない仕事をしていたせいで、幼稚園入学後に”毎日決まった時間に学校に行く”という生活は若干ストレスでした。せっかくの夏休みしばらくは毎日その日暮らしをしようと思ってたので、毎朝”今日は何する?”から始まる生活も悪くない。

昨日は動物園へ。
e0149587_04491503.jpg
トラに自分のトラのぬいぐるみを見せる10-8。3歳的発想に安堵。
e0149587_04492302.jpg
”京都の森”エリアのキツネ。犬にしか見えない。
ちなみに、時々山でもキツネを見ますが、やっぱり犬にしか見えない。
e0149587_04493250.jpg
路肩で眠るキツネは本当に犬かと思う。(3年前の7月に撮った写真ですがやっぱり動物園の方が栄養状態がいいのかフサフサしてます)
見たことないクマより野犬の方がよっぽど怖いので(人生の中で犬に追いかけられて噛まれた経験は何度かあるのです)こういうキツネを見ると心臓が跳ね上がるのですが、野生動物というのは向こうが勝手に逃げてくれるので犬じゃないとわかるのです。

動物園。
先日の京都新聞に”動物にとっての福祉”について載ってましたが、すごく難しい言葉です。
外来の動物についてはよく分からないですが、京都の、身近な動物は自転車で山を走ってるとたくさん見かけます。
できれば10-8にも動物園で見る動物より山で見るホンモノを見せてやりたい。でも、山に連れて行ける体力がない。そういうジレンマを抱える36歳の夏です。

e0149587_04470509.jpg
子どもは絶賛夏休み中ですが、コゼバッグの土曜営業日は休まずに営業です。ボチボチと8月もご予約をいただいているので、もし”休み中にコゼバッグへ”とお思いになったなら、早めにご連絡をいただければと思います。
平日でも10-8の神様的接客付きでもよろしければご来訪いただけます。

[PR]
by cosset-cosset | 2017-07-27 05:10

エンジョイパトロール。


朝起きて犬の散歩に行き、朝ごはんを作り、食べ、出発の7時半。
とてもいい時間です。
e0149587_04344680.jpg
けれど、峠道はもうたくさんのローディが。
ワタシは峠道を外れてさらにグングン登ります。
e0149587_04343003.jpg
気温の割に湿度がえらく高い。
谷間から吹いて来る風になんとも言えない獣臭がモワンモワンと漂います。
e0149587_04343938.jpg
なんか、そういうのっていい気がしません。(というか内心超怖いのです)
この臭いってなんやったやろか。
e0149587_04341940.jpg
あ!と気付いたのです。
動物園のキツネ、タヌキ、アナグマのいるところの臭い。
多分、これらの糞尿の匂い!
と気付いたら、俄然気持ちが楽になりました。(クマってやっぱり野生で見たことないぶん怖いですよね。キツネもタヌキもアナグマも走ってる最中に出会っても全然平気です)
e0149587_04340484.jpg
一番高いところまで登って、さあどうしよか。山の中を下って家に帰るか峠を戻るか。前日の夕立の影響か結構路面状況は良くなくてロードで下っていける様子でもなし。登ってるだけでも何度か踏み込んだ拍子にツルリといったし。というかそもそものんびり下ってる時間がない。なぜなら、10-8と水族館へ行く約束をしてしまったから。

大急ぎで戻ってからの、
e0149587_04354531.jpg
水族館。
ザ夏休み!ってぐらい混み合う水族館。
我々も今日から夏休み。毎日が楽しみで仕方がないのですが、まずはラジオ体操です。




[PR]
by cosset-cosset | 2017-07-24 04:51

メッシュの背当て。

夏が来ました。
毎年、夏が来るとちらほらオーダーをいただくこちら。
e0149587_04170085.jpg
じゃん!
メッシュの背当て。
コゼバッグオリジナルではなく、市販のモノです。
ミネルバ製Lサイズ2000円。
コゼバッグが材料仕入れて作るよりはるかにお手頃なので、オーダーいただく際のお客さまとお話ししてて夏仕様を希望される場合は、ワタシが買いに出かけて取り付けます。
e0149587_04165194.jpg
トート型メッセンジャーにはメッシュの背当てについて来る付属品だけで取り付けが可能ですが、取り付けることを想定しているならば、バッグを作る前に一言言ってもらえるとさらに安定して取り付けられるようにちょっと細工をバッグにします。

e0149587_04211019.jpg
メッセンジャーバッグだと、ショルダーベルトの取り付け位置の問題で、ミネルバが販売している状態ではちょっと取り付けが難しいかもしれません。それもオーダー時に一言言ってもらえればメッシュの方とバッグの方、両方にちょっと細工をします。

もともと市販の登山用バックパックに取り付けるために作られたメッシュなので、斜めがけバッグには適さないのですが、夏場、背中にベチャッとひっつく背中部分。そこに空気の流れる層があると快適なのは間違いなしです。

コゼバッグでは、オーダーの時に一言言ってもらえればメッシュの買い出しから取り付けまでメッシュを買う実費のみで取り付けます。
夏が終わっても、”次の夏につけたいな”と思ったら、ぜひ一言おっしゃってください。
そして、コゼバッグ持ってるけど、暑いしこれつけたい!とおっしゃる方、バッグに追加工は難しいですが、メッシュの方にはチャチャッと取り付けやすくできるような加工を施しますので遠慮なくどうぞ。


ただ一つ、メッシュはとても快適なのですが、デリケートな素材との相性は抜群によくありません。ワタシはTシャツに着心地のよさを求めるのでなかなかメッシュの背当てをつけてバッグを背負う勇気はありませんが、やはり快適なのは快適と思います。
そして、もう一つ。
確か、某サイトでこのミネルバに別注をかけてメッセンジャーバッグに取り付けやすいようにアレンジをしたメッシュの背当てを売っているという話を聞いたことがあるようなないような。。。脳みその遠くにそんな記憶があるような気がします。気になる方はキーワードを打ち込んでググってみてください。もしかするとヒットするかも。



[PR]
by cosset-cosset | 2017-07-21 04:32