Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2009年 01月 25日 ( 1 )

中深インド400g

実は私 コーヒーが好きです。

アトリエでは、気が向いたらささやかな「おもてなし」としてコーヒーが出てきます。
アトリエで出すコーヒーは京都の美山町という恐ろしく山深いところで焙煎されている「オオヤコーヒ焙煎所」のものを出しています。
コーヒーが好きな人なら、この「オオヤコーヒ焙煎所」って一度は聞いた事があるでしょう。
有名らしいです。
コーヒー特集の雑誌をひらくと大抵オオヤさんが出てて面白い時期もありました。
京都時代から密接につながっているので、オオヤさん本人も私も彼自身の偉大さが分かりませんが。。。



彼の仕事ぶりはとても好きです。
まず第一に、誰にでも売らない。
コーヒーという嗜好品を、個人面談をしてその人の好みを探り出した上で、売買の商談をします。だいたい、人の紹介というのがポピュラーです。
そして、京都市内ならば、オオヤさんが毎週配達してくれます。


第二に、その購買方法が独特。
まず、5キロ分 もしくは10キロ分の豆代を先払いします。値段はあえて書きませんがその額はコーヒー豆に投資するにはあまりにも巨額です。(わたしにはそう感じます)
ただ、一般的に毎日1〜2杯のむ程度ならば、その金額を消化するのに1年半ほどかかるので、その期間のコーヒー代を先払いすると思えばかなりお手頃です。
そして、東京でコーヒー豆を100g買うと、オオヤコーヒの先払い分を100gに置き換えた金額より遥かに高いです。(最初その高さにびっくりしました)
しかし、コーヒー豆を買うには先にまとめて払う額が大きいので、第一条件をクリアし信頼関係を築きあげなければならないという事がわかりますね。いいタイミングでいい豆を仕入れるために、この先払い方法があります。

第三に、とても丁寧な仕事をする。
送られてきたコーヒー豆はとても美しいのです。私は中深煎〜深煎をお願いしているのですが、いい感じにつやが出て、豆の形はすべてそろっていて、欠陥豆や豆の薄皮といったものはすべて取り除かれています。この状態にするまでに、ピッキングという作業を焙煎の間に数回いれるそうです。一つ一つの豆を丁寧に選り分ける作業です。(はっきり言って気が遠くなる作業です)
この「オオヤコーヒ焙煎所」から送られてくる豆を見て、某スター○○○○社の豆を見ると、正直飲む気をなくさせます。それくらい、豆がきれいでそろっています。

第四に、1月は冬休み、8月は夏休みをとる。
色んな意味を含めたメンテナンス期間ということで、一ヶ月間、個人向けの仕事はストップです。


そんな1月の大切なメンテナンス期間中にも関わらず、今日届きました。

e0149587_221423100.jpg


無理矢理仕事をさせて送ってきてもらった「中深 インド」。
いい仕事っぷりを感じながら、私もいい仕事をしようと思います。







余談ですが、片付けのできる女を目指す私。
とてもうれしい事に、ピカピカの靴を2足、かわいいルームシューズを1足プレゼントしてもらいました。
靴をしまうため、下駄箱を片付けていると、「NITTO 天返しステム」がなんと2本も出てきました。どないやねん!!!
そういえば、最近使ってないし、見てなかった。
さらにストレートのハンドルが一本。
やれやれ、これでは「片付けのできる女」にはほど遠いと痛感した久しぶりの休日なのでした。
[PR]
by cosset-cosset | 2009-01-25 22:59