Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

レインジャケット

もう遥か10年ほどの話になるけれど、メッセンジャーを辞めた時、”もうこれで雨の日に自転車乗らなくてよくなる”ととても安堵したものです。雨の日でも自転車に乗って荷物を配達するのがメッセンジャー。雨の日は、すごく嫌だったのです。だから、辞めたときは”もう絶対雨の日には乗らん!”と決め、よほどのことがない限り雨の日は乗らなかったこの10年。

でも、なんだかんだとレインジャケットは要るのです。
犬の散歩、
防寒を兼ねて、
などなど。
最近タンスを整理したのですが、3枚出て着ました。レインジャケット。

ところが。
値段の高い安いに関わらず、ある一定の期間を経ると、レインジャケットの内張は劣化するのですね。
着れば劣化する防水性能。それを補う防水スプレー。
着なくても劣化する内張の防水機能。それはメーカーでも補修できない残念なこと。
3着のうち、2着は処分を免れないほど内張がポロポロポロポロ。。。。

確かに、私は登山をするわけじゃないので5万円もするようなレインジャケットを持っているわけじゃないけれど2〜3万円のレインジャケットでも10年も経てばポロポロと内側が剥がれてくることがわかりました。(高いレインジャケットは知りませんけどね)2万円しないものでも経験的には5年かな。首元と手首あたりの内張が剥離して着ます。粉々の内張は吸うとあんまり体には良くなさそう。

そこで、友人知人にレインジャケットについて聞いてみると、案外”消耗品”扱いであることが判明。
登山など生命の危機に関わるような使用目的ではなく、あくまでも普段使いのレインジャケット。着ても着なくてもだいたい同じ時間が経てば品質は劣化する。ならば、価格を抑えてダメになったらあっさり買い換えるほうがいいようです。


この春から幼稚園的なものに通学する我々。
この間雨の中登校する日がありました。
一個向こうのバス停から乗り換えなしで30分で到着します。
でも、傘をさした子どもの足でバス停まで15分。雨のため30分のうち10分くらいは満員バス。正直、精神衛生上良くない。雨でも、土砂降りじゃなければレインジャケットを着て自転車で行ったほうが時間も早く心も軽いと気づきました。
10年頑なに”雨の日は乗らない”と決めてたけれど、ここは折れよう。(と言いつつ、子どもの意見を優先しますが。子どもがバスで行きたいと言えばバス通学します。多分)
で、レインジャケットはどうしよう。

e0149587_04434591.jpg
もしあなたが身長が160cm以下であれば、このレインジャケットがおすすめです。
ズボン付き。収納バッグ付き。モンベルのキッズ用160サイズのレインジャケット。1万円でお釣りがきます。

自転車を買うとき、”160cm”という身長はとても目安になる気がします。
160cmあると、割と見た目がシュッとしたいい雰囲気で乗れる自転車が手に入る。でも、それ以下になると選択肢が減って同じバイクでもカタログとは雰囲気が違ってきます。ワタシは最近”あと5cm身長が高かったら”と悔しい思いをしたのですが、レインジャケットに関していえば、150cm台でよかった。
とりあえず、3年持てばOKのレインジャケット。
ただ、キッズ用なので目立つ色しかないのです。


[PR]
by cosset-cosset | 2017-03-27 05:06