Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

赤い自転車

”赤い自転車をもらった”と近所に嘯く3歳。
正確には”赤い自転車”ではない。自転できない。
正確には”もらった”ではなく”借りた”である。

ツレが、”アメリカにはシートポストにくっつけて牽引できるのがある。こういうのが欲しいなあ”というのを空井戸サイクルの大将にぽろっとこぼしてみたところ、”あるで”の一言。使ってないし、持ってってええと。
もらうのはきっと将来的に困るので、3年限定で借りることにしました。(使わなくなったら置き場に困ることは確実なので)

走ってて、後ろを振り返ると、
e0149587_04310856.jpg
お子様は、ラグジュアリーシートに座り、シートベルトでがっちり固定。ペダルにシューズもがっちり固定。
ペダルを漕ぐのが抜群に楽しいらしく、”ああ、赤い自転車乗りたいなあ”と言われ、二日に一回はこれでお出かけです。ただ、駐輪スペースにかなり問題があるので、買い物は無理。行く場所は選びます。”自転車に乗りに行く”が目的の自転車。まさか子どもとそんな日が来るなんて。

e0149587_04320606.jpg
とはいえ、ワタシが今この赤い自転車をつけられるのはゴリゴリのマウンテンバイクしかないので、かなり悶絶します。重い。後ろの子どもがペダルを漕いでくれるとちょっとは楽ですが、寝てしまった暁には、ただの重りを引きずってるよう。
そして、何より長いのが問題です。”牽引”なので、曲がるのは内輪差などを考慮しないとぶつかって子どもが泣きます。バックは何より難しい。後ろの行きたい方向へ絶対に進まない。これを作ったアメリカ人は、日本のこの極小路地、極小住宅など絶対に念頭になかったに違いない。でも、まあ、家の前の植木を整理したおかげで隣家の前へはみ出しはするものの、家の前に駐輪できるようにはなったので、保有することに問題はない。路地を出るときはあらかじめ前方向へ進むだけの状態にすれば大丈夫でしょう。

e0149587_04325969.jpg
というわけで、我が家の赤い自転車は絶好調です。
いろんな人が10-8に手を振ってくれます。
でも、正直運転する方はロングテールの方が数百倍楽だったり。。。

子どもが”楽しい””乗りたい”と言ってくれるうちが花ですからね。



[PR]
by cosset-cosset | 2017-03-06 04:48