Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

閲覧注意です。

昨日の朝は金環日食でした。
みなさん見られました?
先週のサルサツアー以来、太陽と共に目が自然と覚めます。昨日は、チャロの散歩をしながら日食を見てました。やっちゃいけないパターンの一つ、サングラス越しにチラチラと。日食のときは動物の行動がおかしくなるとか聞いた事もありましたが、チャロはいつも通り。ほんとうにいつも通りで何も面白くありませんでした。


昨日の朝は、補陀落山荘の私のロッカーにシカの角が大量にストックされていて、しばらくぶりにロッカーをみて大興奮するというとてもいい夢での目覚めでしたので、そのポジティブな気持ちと雰囲気をそのまま心に抱き、ロードバイクに出かけました。
峠を二つ越え、なにも”特別”な事がなかった事にいささかがっかりしながら賀茂川上流から街をそして自宅を目指し下っているときに、黒いベンツのオープンカーに乗った紳士とすれ違い、ああ、昔、真っ赤なオープンカーに乗ったたかじんを見た事があるな、そういえば最近たかじんテレビで見ーひんな、などと下りながら独り言をぶつぶつと。すると、地面にいきなり”赤色”が現れて、ああ、たかじんの車の色はこんな赤やったわと思った瞬間、ハッと我に返り、この赤は何なんだ?と急ブレーキです。


ごめんなさい、ここから閲覧注意です。
ブレーキを握って振り返ると、
e0149587_1318348.jpg

轢かれたてのシカがそこ死んでました。

普段よく見るのは、生きてるシカか、もう白骨化したシカかその一部とかなので、横たわる死んだばかりのシカの迫力に一瞬怯みました。この場所は、ヒトの住むマチとヤマアイの境目付近。

e0149587_13211447.jpg

死んだシカをよく見ると、お腹に赤ちゃんが入っているようでした。
自分の体ほどの大きさのシカを目の前に、今までシカの猟に出たいとか捌いてみたいとかいう妄想が一気に吹き飛び、自分には、死んだシカをもっとヒトメにつかない所まで引きずって行く事すらできませんでした。血量ほどに外傷は見当たらずきれいな死んだシカでしたが、動かぬ物体はとても大きく見えました。


これが、奇跡の金環日食の日の朝の話です。
シカと車がぶつかる話は時々聞きますが、奈良や、京都でも京北や美山などもっと北の方の話だと思ってました。街のすぐそばで、こんな光景に出くわすとは、いやいや、やはり特別な日だったのかなと思います。


e0149587_13344537.jpg

そして今朝、シカがどうなったか見に行こうと出かけてきましたが、きれいさっぱり片付けられていました。


写真を見て気分を悪くされた方ごめんなさい。
[PR]
by cosset-cosset | 2012-05-22 14:29