Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

買っちゃった。

VIGOREさん。
京都の左京区宝ケ池にお店があります。

VIGOREといえば、京都本店か、コゼバッグが置いてある東京のFIG BIKEさんでしか手に入れられません。(コゼバッグは、VIGOREさんの紹介でFIGさんで扱ってもらっています)京都に暮らすと、ビゴーレに乗る人を良く見ます。

ビゴーレといえば、私のようなレーサーあがりならば、カリスマ的存在の片岡さんが営むお店です。
お店の名前は”ビゴーレカタオカ”
ビゴーレカタオカにおいてあるのは、ビゴーレブランドだけ。

片岡さんは、小柄なカラダながら、自転車屋の3代目として、常に前に進んでいらっしゃいます。

*ツレは少年の頃、片岡さんの作ったフルサスのマウンテンバイクに憧れていたと言ってます。
(まだフルサスペンションのマウンテンバイクが日本に流通していなかった時代、片岡さんはサスペンションを自ら作り、自転車フレームを作り、山野を駆けていたそうです)
*私は、10数年前にトライアスロン用バイクを購入する際、ビゴーレの敷居が余りにも高すぎて入れなかった記憶があります。
(今片岡さんと話をすると、とても気さくでいい方なのはよーく分かっていますが、18才の小娘には、ビゴーレに行ってビゴーレを買うという事が余りにもハイレベルな事に思えました。ちょうど同じ時代に片岡さんと私はトライアスロンの競技をし、ビゴーレカタオカはレースチームも持っていた事を知りました。自分がレースに出るためのバイクを作ってらっしゃったそうです。でも、それは小娘の時代から10数年を経てから知った情報でした)


片岡さんは、今、”街で乗るのに快適なスポーツ車を”と自転車を作ってらっしゃいます。が、その根底には自身のマウンテンバイクやロードレース、トライアスロンの経験があります。

コゼバッグをはじめて思うのは、”背景”がいかに大切であるかということ。
乗っている人の語る自転車と、ただ知ってるだけのヒトが語る自転車は、重みが違いますね。
片岡さんのフレームビルドの歴史や、競技を通しての経験が今に至るまでを知ると、今、片岡さんのコンセプトとする自転車が、どれだけすごいモノであるかが分かります。
そして、何より、片岡さんが、私と同じくらいの身長であることが、とても重要です。
”ボクはチビやから。。。”と片岡さんは言いますが、チビの片岡さんが競技を通して考えた自身のサイズのコンパクトでスマートなジオメトリは、他所ではみられないしっかりとしたまとまりを感じます。

で、

e0149587_1557531.jpg

やっと、注文しました。
クロモレーサーの460。
グレーと紫の中間色。

e0149587_15582317.jpg

グレーのロゴ。

ホイールなどは、昔乗ってたロードから移し替え。
細かいことはツレがヤーヤーとうるさいので任せてあります。


春が、とても、待ち遠しい。
春に自転車に乗り始めよう!と思ったら、そろそろ急いで準備をしないと出遅れますよ。
[PR]
by cosset-cosset | 2012-02-29 16:09